真相とプロパガンダ  社会・政治



社会・経済 ブログランキングへ



やっと夜勤が終わったが通勤前は酷い天気だった。その上明日も悪い予報なのでうんざりだ。結局は

昨日帰宅後に寝てから起床はお昼位だった。それから映画のメイキング等を観ていたのだが、こんな

日はあまり神経に障らないものを観るのが一番である。 ジャンルによってはレコードでも良いのだが

疲れを多少でも感じる時は、不思議と視覚も伴ったものの方が気が楽なのだ。さて夜勤の翌日である

本日は休みだ。なのでゆっくり寝れるのはありがたいのだ。だが次の日は早番なのでやはり疲れる。

そんな感じなので気楽にやるつもりだが、これで天気が良ければ言う事もない。今日の帰宅後は体調

が良ければ何か聴こう。頼んだレコードも届く予定だ。帰りの息抜きは、バスターミナルの待合室で飲

む発泡酒である。それが良い。お腹も減るので何かの惣菜と合わせよう。自身の定番はいくつかある。



クリックすると元のサイズで表示します



シリアで拘束された日本人とされる人は、東京都江東区にある民間軍事会社(PMC=Private Mili

tary Company)の代表を務めていた人物ではないかとネットで指摘されてる。 だが真相は不明だ。

一部情報では「朝日新聞」の下請けジャーナリストだのカメラマンだのと言われてた。共通してるのは

テレビ・ニュースでは報道カメラマンとしている事だ。 しかしながら現在は何処にでも日本人は居る

ものだと感心する。だが何故そんなに情報が錯綜するのだろうか?その理由も是非とも知りたい。


メディアを利用した印象操作は「プロパガンダ」として思想統制の道具としても使えるが、半島メディア

とても本当に抜け目がない。それに実に色々と姑息な手を使う。今回訪韓をしたローマ法王はやはり

プロパガンダとして韓国政府が、「政治利用」をしようとしている。失礼なのはソウルで行われたミサに

於ては最前列に元慰安婦を座らせ、法王の教義が終わった後に厚かましくも、その元慰安婦は自身

の写真と共に日本への恨み辛みを書いた名刺を渡す言語道断な事をしている。そこにはあろう事か

天皇も「謝罪」しなさい。と書かれていたそうだ。ローマ法王がすっかり玩具にされている。これは侮辱

としか言いようがない。因みに韓国メディアではローマ法王が元慰安婦を擁護したような解釈で報道

をしている。思った通りだが、これはあまり調子に乗り過ぎると「ヴァチカン」から事実認否についての

クレームが入りそうだ。「朝日新聞」が韓国政府を巻き込み「産経新聞」と綱引きをしている。互いに守

るものがあるのは解るが、朝日新聞の非は既に明白なだけに展開は気掛かりだ。どちらも正念場だ。



【シリア】拘束された日本人は民間軍事会社代表
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140818/mds14081801440004-n1.htm
【慰安婦問題】イ・ヨンス「教皇様と握手して私の写真と'日本天皇も謝罪しなさい'と書かれた名刺を差し上げた」[08/17]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1408370151/
<法王訪韓>女性の差別・暴力からの解放に共感した法王…慰安婦被害女性ら慰める
http://japanese.joins.com/article/997/188997.html
産経記事巡り朝日新聞社が抗議書 「吉田調書」報道
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/trial/ASG8L5S9DG8LUUPI006.html
【韓国】産経支局長の虚偽報道疑惑、韓国検察は結論急ぐ方針[08/19]
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/08/19/2014081900547.html



クリックすると元のサイズで表示します



此処からは編集後記みたいなものだが、このブログの運営会社はサーバーには限界があるのか頻繁

にメンテナンスばかりをしていて「リアルタイム」で更新が出来ないと全く意味のない案件があった場合

は本当に残念な思いがする。帰宅後は連日の夜勤の疲れが出たのか起きたのは昼も大分廻った時間

で、やはり勿体無い。今は「ベニー・グッドマン」のレコードでも聴いて軽い気持ちで再更新をしているが

天気もどうやら持ち直したようで、前記の内容とは違ったものになっている。「リアルタイム」とはそう言

うものだ。これから「サラ・ヴォーン」でガーシュインでも聴いてみようか?とっておきのアルバムがある。


余った時間は全部休養に廻そう。明日は普通に仕事がある。然も早番である。 それとウィンドウズの

更新プログラムで、マイクロソフト社がポカをやったようで、余計なプログラムを削除する作業が必要に

なった。それでなくともユーザーは、OSの対応に振り廻されてばかりなので本当に迷惑な話である。

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ