テレビの功罪  社会・政治



社会・経済 ブログランキングへ



 「風は秋色」と言えば、松田聖子さんのアイドル時代のヒット曲だが、本当に秋らしくなったものだ。

なので今は涼しいを通り越えて寒い位だ。すっかり風の質が変わってしまった。真夏日が懐かしい。

現在では「Sapica」カードなる現金カードが定期券にも流用されているが、システムも新しく、バスの

運転手も不慣れな為か、何かとトラブルもあるようである。 私もそれと見られるエラーも何度もある

が、到頭定期券なのに降車時の処理ミスで換金0になってしまう事態に遭遇してしまった。傍目では

そんなトラブルは何度も見ているのだが、「まさか?」である。やはりシステムを使う者が不慣れだと

色々と不具合を生じるものだ。これは単に交通会社の指導不足としか受け取れない。困ったものだ。

「文明の力」は、人間が造ってる筈なのに翻弄される。不甲斐ないが、それが人間の限界だろうか?


何のイベントかは知らないのだが、英国の「ユリ・ゲラー」氏(67)と元日本テレビの「矢追純一」氏(79)

が顔を会わせる機会があった。互いの年齢もそうだが人間は歳を取るものである。つまり「もうそんな

年齢なんだ。」と感銘も深いが、1970年代中期に盛んだった「オカルト・ブーム」は凄いものだった。

その立役者も歳を取ったが、私も歳を取った。だからこその「昭和」の思い出だが、その頃のテレビは

面白かった。だがテレビ放送は嘗て「一億総白痴化」と批判をされたものだ。その結果こそ現在だが

思えば「南京大虐殺」も「従軍慰安婦」の歴史的プロパガンダもテレビだった。 然もこの媒体は洗脳

には最適だ。つまりドイツ労働者党が仕掛けた情報工作は、時代が変われど有効なのだ。そこに多く

の大衆が騙される。しかしながら現在では民生用のコンピューターもインターネットも普及をした事で

「闇」に明かりを照すのも可能だ。然もその殆どが内部告発のようだ。そこで浮き彫りにされる「真実」

には衝撃を受ける。これぞ「情報化社会」だが、余りにも膨大な情報量の為にユーザーは、「千里眼」

を磨かねばならない。真実の中にも嘘がある。嘘の中にも真実がある。情報操作はこう言うものだ。


「朝日新聞」は「従軍慰安婦」問題の論点をすり替える事で「吉田証言」を切り離したのだが、それに

伴い、朝日新聞の逃げの一手と開き直りを否定すべく、元朝日新聞記者からの「暴露」も到頭出た。

朝日新聞が損ねた国益は、そう簡単に回復が出来ない程に傷も深いが、当の朝日新聞とて海外向

けには「吉田証言」の撤回は何もせずに放置なのだから呆れる。何せ韓国政府から擁護される唯一

の日本の?新聞社である。この異常事態を国民は知る必要がある。本来なら「外患誘致罪」として既

に処分される事案なのに安倍内閣になってようやく動き出したのはやはり遅い。そこに憤りを感じる。


さて朝日新聞にとっては祖国の韓国の記事だが、東亜日報では「韓国政府」が日本政府に対して趙

太庸外務第1次官を9月上旬に日本へ送り、斎木昭隆外務事務次官との会談を実現させたいとの

意思を伝えて返答を待っているとの事だ。韓国政府の狙いとしては、日韓の対話を拒んでいるのは

日本側だと強調する思惑があるらしい?では韓国政府側の意見を呑まなければ「日韓首脳会談」

とてあり得ないと常々、朴大統領が念仏のように唱えているのはどう説明するのだろう? だが論理

破綻も韓国なら当たり前か? とても恥ずかしい国だ。正に恥も外聞もない。だからこそ韓国か?



【超能力】ユリ・ゲラー3年ぶり来日
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140826-1356998.html
【朝日】元朝日新聞記者が書籍「慰安婦虚報の真実」(1404円)を発売
http://yukan-news.ameba.jp/20140827-15509/
【韓国】高官の訪日を打診。韓国紙「対話拒んでいるのは日本側と強調する思惑」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140827/kor14082711580006-n1.htm

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ