反日と海難事故  ニュース



人気ブログランキングへ 



昨日は、前回の会社での健診で再検査との結果が出たので早速主治医の処に行って来たが、血圧の

治療で掛かり付けになってた病院だったので、診断書と照し合わせて「それでは?」と言う事になった。

来月末に大腸の検査をする事となった。 それもそれだが大腸に関しては別段、自覚症状はないのだ。

とは言え素人判断は禁物だ。しかし不安材料は早く払拭するに限る。 所詮は、それだけの事である。

斯くして、その結果如何によっては、また治療に専念すれば良い。取り敢えず食事には気をつけよう。


話を変えよう。キーワードは、沈没と座礁である。2014年10月1日、環球時報によると、日本の第8管区

海上保安本部は、1日の未明に島根県隠岐諸島沖の北約390kmの公海上で中国漁船が沈んで、乗組

員14人のうちの9人が行方不明になっていると中国当局から救助要請があったとの発表をしたのだが、

この報道を中国各紙のニュースサイトが報じると、中国のネット上には、コメントが相次いだが当然だ。

そこでは結局、日本を頼る当局の不甲斐なさと落胆ばかりだった。 誠に情けないと思う。これでは逆に

中国政府の信用が落ちないか?だから「なんだかんだいっても結局日本に助けてもらうんだな」と言う

意見や「日本からあれだけ離れてるのに、日本に救助要請?なぜ中国が救助しないのか」と疑問もあっ

たが「日本と中国が手を結べば、向かうところ敵なし。日中友好!戦争反対!」との書き込みもあった。

これは嫌味としか受け取れず、こんな失態ばかりを見ている中国のネットユーザーが気の毒に感じる。


次は座礁である。それも韓国だ。聯合ニュースの記事によると韓国・全羅南道新安郡の紅島沖で遊覧

船「バカンス」が座礁した事故で乗客104人、乗組員5人の全員が救助されたのだが、同船は、1987年

に日本で造られたもので、老朽化による事故を心配する紅島の住民らが運航に反対してたと言うのだ

から恐ろしい。しかし乗客乗組員の全員が救助されたとのニュースには、韓国のネットユーザーからは

懐疑的で「本当に全員救助したのか?また誤報を流していそうで怖い」と全く信用すらされていない。

その上「セウォル号が沈んでから、まだ1年もたっていないのに…本当に学ばない国だ」と呆れられて

「韓国の船のほとんどは日本製だ。日本を捨てれば、韓国が生きる」と手厳しい。この国も結局自国で

開発は出来るものはない。だからと言って、その責任を否定するのは間違いである。困ったものだ。


次は国連の話題だが、事務総長の潘氏も御役御免のようで、国連人権高等弁務官事務所の人種差別

特別報告官が、韓国内で人種差別の実態調査を行っており、担当官は「韓国の民族主義と差別の現状

は、もちろん韓国政府の人種差別防止のための取り組みも把握したい」と述べている。最終報告書は

来年の国連人権理事会に提出される。 それについて海外メディアは今回の調査については、「韓国人

は無意識に人種差別をしている」事を理由として、「テレビ番組で芸能人が黒人のマスクをかぶる」とか

「CMでアナウンサーや記者の格好をしたチンパンジーを出演させる」と例を挙げている。だがこれとて

「劣等感」の裏返しのようにも感じられる。だから極端な行動に走ると思えるのだが如何なものだろう?



中国漁船が島根県沖で沈む、中国は日本に救助要請、「結局、日本に助けてもらうんだ」とあきれる中国人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141002-00000009-rcdc-cn
韓国で座礁した遊覧船は日本製だった!=韓国ネット「学ばない国だ」 「日本を捨てれば韓国が生きる」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141001-00000012-rcdc-cn
欧米人が想像する”醜い韓国顔”が韓国人には『物凄く不快』と判明。まったく関係ない話題で日本叩きを続ける
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/396909/
既に手遅れになった『日本の衆知』の凄まじさに韓国人記者が恐怖。韓国が日本に追い抜いたのは錯覚だ
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50431604.html



クリックすると元のサイズで表示します



これは韓国での新刊で、ユ・ミンホ氏の著書『日本の内面の風景』(サルリム社)からの抜粋なのだが、

そこで氏は「日本は落ち目」とか「韓国は日本をとっくに追い抜いた」との認識するのは危険極まりない

と説いている。つまりこれは「韓国人は、日本人が韓国を理解しているほどには日本のことを知らない」

と警戒している訳だ。更に本書では現在の日本は「ハードパワー」はもたついてしまったが、その間に

ソフトパワーは周到綿密に勢力を拡大したと分析している。即ち日本は、安倍首相のような政治家数

人だけが動かしている国ではない。無言の「衆知」が示す方向に従って一糸乱れずに動き、一度それ

が始まってしまうと「おしまい」だと言う。それは正解だと思う。それが現在の日本だ。だが寝た子を起こ

したのは特亜二国だ。あれだけ反日政策をしてれば無理はない。今頃気がついたと言う事だろうか?

0
タグ: 沈没 座礁 韓国



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ