落胆と希望  ニュース



人気ブログランキングへ



さてどうなる事かと思われた甘利経済再生担当大臣の秘書と建設会社絡みの贈収賄事件だが、その主犯であ

る当事者不在の状態ながら「今後の国会審議に影響が出る事は避けたい」との意向で、甘利氏は閣僚を辞任す

る事となった。しかしながら謎の多い事件だ。 とは言えTPPに関しては既に交渉済みで、後は調印だけだ。それ

でその調印には後任として、 自民党の元幹事長の石原伸晃氏が決まったのだが、このいつも人を小馬鹿にして

いるような人物が、重要閣僚となるのは納得がいかない。 この御仁は、国会中継を見ていてもそうだが、相手の

質疑を鼻であしらい「へっ」 てなもので、せせら笑いを浮かべながら、いつも上から目線で、質疑をする議員を常

に見下げる。「あの態度はなんだ?」こいつは何を勘違いしてるのだ?そんな人物なので、国民も同じような扱い

をされては堪ったものではない。 正に親の七光りだろうが、なれば弟の方が慎ましく社会的な常識もあるように

思われる。それはイメージではなく、メディアでは実際に散々見ているのだから困ったものだ。 ぼんぼんとはこう

言うものと思う位の典型だ。赤塚不二夫氏の人気漫画に「天才バカボン」があるが、それはそんなぼんぼんを風

刺したものだ。巷では、二代目で会社を駄目にし、三代目で会社を潰すとは言うが、その典型を国会中継では見

る事が出来る。これでは国民も浮かばまい。これこそ閣僚の器ではない。人間性すらも疑っている人物である。



此処から内政問題だが、それは何かと批判される「移民政策」だ。 その件について安倍首相は、28日午後の参

院本会議で、人口減や人手不足からくる外国人労働者の受け入れ拡大が、それに辺るとして心ある心は危惧し

てるが「所謂、移民政策を取る事は全く考えていない」と否定している。 そこで「外国人技能実習制度」に関して

「多様な経験、技術を持った海外の人材が日本で能力を発揮し、また習得した技能を母国で生かせるよう、適正

に運用される必要がある」と強調している。 その反面、昨年だが、法務省の2015年当初の調査に於て、日本国

内に残留する外国人の不法残留者が6万7人だった。それは前年比で、946人(1.6%)増加したと発表していた。

しかし不法残留者の数は、1993年の 29万8646人をピークに一貫し、減少していた。それが昨年は、22年振りに

増加していた。その背景には「外国人技能実習生」が失踪をする現状が、全体の数字に影響したとされている。

そこはもっと問題視をする必要がある。移民は御免だ。世界の各国でも失敗しているではないか?



さて国防だが、これは日米同盟の絡みの記事で記事元は読売新聞である。米太平洋軍のハリー・ハリス司令官

は、27日にワシントン市内で講演し、中国が滑走路の運用テストを実施した南シナ海・スプラトリー(南沙)諸島の

人工島については「明らかに軍事化されており、相当数の軍事力を支援できるようだ」と述べている。 それは中

国が軍事拠点化を進めているとの認識でもあるが、米海軍が昨年10月、中国の人工島の12カイリ内で実施した

イージス駆逐艦による巡視活動についても「航行の自由は米国にとって重要で、今後も実施する」と語っている。

更にハリス氏は南シナ海での岩礁埋め立てに関し、領有権を主張するフィリピン、ベトナム等の4か国が過去40

年間で計約200エーカー(約0・8平方キロ) を埋め立てたが、中国の埋め立ては 「この約2年間で3000エーカー

(約12・1平方キロ)」もしており「中国の行動は挑発的だ」と批判をしている。それもあるのか沖縄県・尖閣諸島に

も触れて「中国に攻撃されれば、我々は尖閣を明確に守る」と明言した。此処で気になるのは、それが米国政府

の意向と見解が一致してるか?と言う事だ。 それこそ「集団的自衛権」だが、軍事同盟には不可欠なものであ

る。実は米国民主党も結構中身は赤いのだ。中国共産党との繋がりも色々と怪しく不安だ。



【政治】甘利経済再生相が辞任を表明
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160128/k10010389231000.html
【政治】甘利氏の後任に石原氏:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160128/k10010389371000.html
【国会】安倍首相「移民は全く考えていない」 参院本会議
http://www.sankei.com/politics/news/160128/plt1601280025-n1.html
不法残留の外国人が22年ぶり増加、技能実習生の失踪が押し上げ:http://dailynk.jp/archives/37652
【「中国に攻撃されれば尖閣守る」…米軍司令官】
http://www.yomiuri.co.jp/world/20160128-OYT1T50103.html
「比犠牲者、決して忘れない」=陛下、大統領主催晩さん会で
http://www.jiji.com/jc/ci?g=soc_30&k=2016012700922



クリックすると元のサイズで表示します



これは時事通信の記事だが、フィリピンを公式訪問中の天皇、皇后両陛下は、27日夜に首都マニラのマラカニア

ン宮殿(大統領府)で、アキノ大統領主催の晩餐会に出席された。 然も今年が日本との国交正常化60周年に辺

る事からアキノ大統領は、両陛下が同国を1954年振りに再訪した事に対し 「深い喜びと感慨を覚えるものであり

ます」と意を表した。 その上で陛下は、太平洋戦争で多くの同国人が日米の戦闘に巻き込まれ犠牲になった事

に触れ「私ども日本人が決して忘れてはならない事であり、この度の訪問に於ても、この事を深く心に置き、旅の

日々を過ごすつもりでいます」と述べている。 その御言葉に対し、アキノ大統領は、日本から受けた経済援助等

に触れ、日本語で「どうもありがとうございます」と述べ、更に「今宵、あまねく平和を実現する敬愛の象徴たる両

陛下に御臨席賜った事を心から名誉に思うと共に全出席者の総意でもあると申し添えます」 と謝辞を述べてい

る。尚両陛下はこれに先立つ同日午前、宮殿での歓迎行事に臨んでおり、宮内庁によるとアキノ大統領がフィリ

ピンでは自動車の需要が急増しており、日本の自動車の人気が高い評価すると陛下は「両国の交流がますます

盛んになっている事を嬉しく思います」と終始和やかだったとの事だ。両陛下は同国政府が設立した英雄墓地も

訪れている。そこでは太平洋戦争時にで命を落としたフィリピン人兵士らを祭る「無名戦士の墓」に花輪を供えた

のだが、同国側戦没者の慰霊は、両陛下の意向を受けて行われた。なのに日本の政治家ときたら、英霊を敬う

処か売国や反日の者まで居る始末だ。なんと嘆かわしい事だろう。これでは国が潰れてしまう。

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ