尊敬される人とは、感情を理性でコントロール出来る人。  ニュース



人気ブログランキングへ 



「尊敬される人とは、感情を理性でコントロール出来る人。知識や教養のない人は、感情的になって、何の手立ても出来ない」。と言ったのは歌手で俳優で演出家でもある美輪明宏氏だが、この人、知識や教養は確かにあるかも知れないが、感情を理性でコントロール出来てるかと言えば、今までの発言からは怪しい処だ。さて今日は休みで、然も連休を取ったので、その時間を謳歌しようと計画をしている状態だが、こんな書き出しで始まるのは、大してネタもない場合だ。巷の話題には元々興味もないので尚更だが、何となくあの「もりかけ」にしても沈静化しているようにも思える。(特定野党は兎も角として?)視聴者からも「こればっかり」と批判もあったので取り敢えずの処置かも知れないが、北朝鮮の動きは、やはりその手の放送局には一番の感心事だろう。反面、「ワールドカップで隠したいものもあるのかな?」とも思うが、そこで隠れている事を探ってみるのも良いだろう。(ちなみにワールドカップのスポンサーは中華系企業ばかりである。)海外メディアのニュースの記事でも閲覧してみよう。DAILY NKに朝鮮中央通信(北朝鮮国営)の記事を掲載していた。題して「日本は深く考えてみるべきだ」である。そこでは「日本が相変わらず『国際的な対朝鮮圧力』を唱えている」。「年頭からわれわれの主動的かつ平和愛好的な措置によって和解と緊張緩和の局面に入った地域情勢の流れを一番快く思わず、ブレーキをかけようと振る舞った日本の醜態は口にすることさえ鼻持ちならないほどである」等と批判をしているが、これは如何に安倍政権に於いての北朝鮮の扱いが、どれ程の効果があったかを示すものであり、北朝鮮が負け惜しみでこんな記事を出したとも言えるだろう。その上で「わずか数カ月前までだけでも軍事的衝突の危険が極に達していた朝鮮半島と地域に平和と安定の雰囲気が到来し、はては数十年間持続してきた敵対的な朝米関係が時代発展の要請に即して画期的に転換される大きな出来事が起こった」として「これは、対話と協商を通じて現実的な方法で問題を解決するのが大勢になっているということを示している」と指摘をしたのだが、過去の北朝鮮政府の対外政策では、どんな約束事を交わそうとも常に反故される。だからこの記事の結びにある『「日本の行為はむしろ、自ら自分らを孤立させる結果だけをもたらした」「なぜ、日本だけが地理的に近い朝鮮と『遠い国』になっているのか」』等との主張は負け惜しみなのだ。こんな記事もある。朝鮮日報によると「マイク・ポンペオ米国務長官が4月に北朝鮮を初めて訪れ、金正恩朝鮮労働党委員長に会った時、「私はまだあなたを殺そうと思っている」と冗談を言い、2人で一緒に笑ったと米国の雑誌「ヴァニティ・フェア(Vanity Fair)」が18日(現地時間)、報道した」とある。実は本音の探り合いみたいにも思えるのだが如何なものだろう?これはポンペオ長官の元側近の話を引用してのものだが「金正恩委員長はポンペオ長官に会うなり、長官が昨年、『北朝鮮の人々は金正恩委員長が追放されるのを見たがっているだろう』と暗殺を暗示した発言に言及した」との事。そこでポンペオ氏、「(私は)まだあなたを殺そうと思っている」と。此処が両名の落し処か?その件については朝日新聞も記事として取り上げているが、「私とこんなに気が合う人は初めて」と語ったとの報道。子細には触れていないのが朝日新聞らしい。ではロイター通信だが「首脳会談のため準備を徹底的にしている賢い人物」「いろいろ知っていて、複雑な議論にもたけている」と金労働党委員長は肯定的に評価したと報道しているので、その辺が朝日新聞との温度差か?



では国会だが、審議の時間が足りないと特定野党が批判をする為に会期を延長したのだが、そんな野党6党の会派は呆れたもので、学校法人「森友学園」「加計学園」問題や外交等をテーマに衆参両院予算委員会での集中審議を求めてきた。またいつものアレだが、その要求を与党が応じない限り、新たな日程協議に入らない方針だ。「次は早い夏休みですか?」と嫌味も言いたくもなるが、折角、党首討論で存在感を示した国民民主党もそれならば「やはり性根から腐っているのだな?」としか言いようもなく、これで内閣不信任案を検討しているのだから、単に「気に入らないものは潰せ!」としているだけで、もちろん潰した後のプランもヴィジョンもないのでは、増々特定野党とされる政党支持率も下がる一方だ。たぶん本気で政権交代なんかする気もないのだろう。唐突だが、TBSに「水曜日のダウンタウン」なる番組がある。そこでの企画にお笑い芸人を路上で連れ去り、ゲームをさせるなんてナンセンスなものがあるのだが、これが警察沙汰になった。それは目撃者が誘拐事件だと思い、警察に通報したからだ。現に警視庁も本当の事件として捜査していた。なのでこの記事は警視庁発表となる。その内容は、テレ朝ニュースの記事によると「先月22日、東京・渋谷区恵比寿の路上で「男の人が車で連れ去られた」と110番通報が相次ぎました。警視庁が誘拐の疑いで捜査したところ、車はTBSテレビのバラエティー番組「水曜日のダウンタウン」が使っていて、番組の関係者に事情を聴いたところ、お笑い芸人の男性を連れ去る企画だったということです。警視庁は混乱を招いたとして関係者に厳重注意しました」とある。テレ朝ニュースで報じられたのも味噌だが、この手口はまるで日本海側で発生した日本人拉致事件をも連想させてしまう。この番組の企画が危険なのは、これが人気企画となった場合に本当の拉致事件との区別が曖昧になる点だ。TBSやテレビ朝日には北側の工作員が多数居るとの噂もあるが、それが噂では済まなくなってしまう。(事実そうかも知れないと暈しておこう?)それにしても「実際の北朝鮮による日本人拉致事件も、こんな感じだったのでは?」と思ってしまう。



朝鮮中央通信論説「日本は深く考えてみるべきだ」
https://dailynk.jp/archives/112214
米国務長官が金正恩委員長に冗談「私はまだあなたを殺そうと思っている」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00001227-chosun-kr
2018 FIFA World Cup Russia™ - FIFA.com:https://www.fifa.com/worldcup/organisation/partners/
国会 延長初日から空転 野党、集中審議要求
http://mainichi.jp/articles/20180621/dde/001/010/055000c
通報多数で捜査していた TBS“芸人連れ去り”撮影
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000130069.html



クリックすると元のサイズで表示します

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ