自分を変える事。  コラム



社会・政治blogランキング

「改革を実行すると言う事は、まず改革にあたる者が、自分を変える事だ。自分を変えると言う事は、生き方を変える事だ。かなりの勇気がいる」。これは小説家の童門冬二(本名:太田 久行:1927.10/19 - )氏の名言。結局はそう言う事だ。補足は要らない。昨夜に帰宅するとトイレの温風ヒーターの電源が入らなかった。それでプッシュスイッチを開いてみたら、バネで押さえているピンが外れていた。それがないとカムに引っ掛からず止まらないのだ。そこでピンを元の穴に嵌めるのだが、何せ細かい部品なので「こんな事ばかりをしていたら(そりゃあ)目も悪くなるわ!」と、改めて「自業自得」を認める事となった。そんな感じなので利き目は老眼に乱視が入ってしまった。近視も更に進んだ。それでメガネも新調する事になった。恐らく(こちらも解り切った事だが、)細かい作業ばかりをしているのが原因だろう。何だか日常でもこんな事ばかりをしている。そのうち日立Lo-Dの古いカセットデッキのモーターを交換する予定だ。ガバナー(回転速度調整)が不調なだけだが、長く使いたいので新品にしよう。話は変わるが、北海道の大雪は酷い。小生は札幌住まいだが、そろそろ市の方で大掛かりな除雪でもしないものか?それは何処も雪山が高く危険だからだ。それとも「その予算はコロナ対策に回ったのか?」とさえ思う程にまどろっこしい。

クリックすると元のサイズで表示します

さて時事だが、岸田総理は親中派の極左媒体には大評判だ。そこで、その手のテレビ局が放送している報道バラエティー番組のコメンテーターにも大好評だ。だからその手の新聞社やら傘下のテレビ局が内閣支持率を調査すると「こうなるのかな?」と思ってしまう。「案外、媒体の忖度も、相当あるのではないか?」と。

JNN世論調査 1/8-9

内閣 支持率 66.7%(+2.7) 不支持率 29.0%(±0)

政党支持率
自民39.6%(+0.9)
維新7.6%(-0.9)
立憲5.5%(-2.5)
公明3.8%(-0.1)
共産2.0%(-0.1)
国民1.1%(-1.0)
れ新0.7%(+0.2)
社民0.6%(+0.3)
N党0.2%(-0.1)
支持なし35.8%(+5.9)


クリックすると元のサイズで表示します

これは所謂「TBS系列」の世論調査だが、あの「サンデーモーニング」等でコメンテーターとして出ている青木理氏のような反日で知られる政治評論家にも評判が良いので尚更だ。実際、その手のテレビ局が諸手を挙げての大絶賛だ。だからまるで「民主党政権の再来のようだ」と、こちらのblogでも評したが、最近は益々そう思う。そりゃあコロナもオミクロン株が流行をしている最中でも(今では見直しの検討はあるものの、)外国籍家族や留学生等は、一部緩和なんて感じなのだからソッチ系の人にも好都合だろう。そんな感じなので「これじゃあね?」と不安なのは経済政策だ。蓋を開けてみると、自民党総裁選で掲げた事は上の空で、寧ろ「真逆ではないか?」てな事をしている。Mag2 Newsによると、京都大学大学院教授の藤井聡氏による岸田総理の大きな間違いを指摘している。藤井氏は、内閣発足直後から、“怪しい空気”が立ち込めた事を挙げ、岸田総理が掲げた「新自由主義からの決別」がデタラメだった事を明かした。確かに総理のしている事は「本質からズレているのではないのか?」と思うような事ばかりである。日本の国民の事を先に考えて頂きたいものだ。

竹中平蔵の起用は“逆走”だ。京大教授が指摘する岸田首相「決別」のウソ八百
https://www.mag2.com/p/news/518824
水際対策、一部緩和へ 外国籍家族・留学生ら念頭に政府調整
https://news.yahoo.co.jp/articles/2859ecd5a5899563ba9d11fefebefb092a4591e2
岸田内閣 支持率は?調査日 2022年1月8日,9日 定期調査
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/yoron/backnumber/20220108/q1-2.html

クリックすると元のサイズで表示します

記事によると「「新自由主義からの決別」という金看板とは裏腹に、新自由主義の権化である竹中平蔵氏と、スーパーグローバル企業ヴェオリア・ジャパンの社長野田由美子氏を、首相直属委員会のメンバーに任命したのです」。として「こういった人達は、まさに新自由主義の理念に基づいて規制緩和・民営化を進め、国民の所得を吸い上げる事を通してカネ儲けを企むビジネスマン達です。ですから、岸田さんが彼らの声に耳を傾ければ傾ける程、「成長」や「分配」とは真逆の「貧困化」と「格差の拡大」が加速することは避けられません」と。正にその通りだ。特に竹中平蔵氏の起用は疑問だ。それで「成長」や「分配」とは真逆の「貧困化」と「格差の拡大」が加速しているのは事実なのだ。それで極左の媒体は、岸田総理を応援しているのも頷ける。だから立憲民主党辺りはやりづらいのだろう。政治に対する方向性があまりにも似すぎている。正に民主党政権の再来である。支持率も上がる理由が解らない。

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ