中傷は石よりも  ブログ



社会・政治blogランキング

「中傷は石よりも冷静に受け止めるべきだ」。これは古代ギリシアの哲学者であるアンティステネス(紀元前446年 - 紀元前366年)氏の名言。ちなみに氏は同時代人であるソクラテスの影響を受けつつも、独自の思想を展開し、所謂、ディオゲネスらキュニコス派の祖としても知られている。まあこれは「中傷も評価のひとつだ」と考えれば「どおって事ないさ」てなものか?それこそ「なんくるないさー」だ。今日の札幌の最高気温は23℃、昨日が34℃だったので11℃差だ。極端なものだが、元来はこんなものだ。(その割には蒸している。)そろそろホームムービーのデジタル化として機材を(ようやく)揃えたが、たぶん納得行かないだろうから、その方法を改良する予定だ。思わず「それでは買う事も無いのではないか?」との疑問もあるが、取り敢えず一通りの方法は試す必要はある。予算が¥4000程浮いたので、レコードかカセットテープでも買おう。テープのデッドストック品は割とある。

昨日、ネットのニュースを閲覧していたら「到頭、やりやがったコイツら!」てな事があった。アイヌ新法自体も無茶苦茶だが、これが北海道の司法機関の現実なのかも知れない。最近、毎年のようにアイヌ協会の地方支部で「儀式の為」と言う事で届け出も出さずにサケの密漁をしていて問題になっているが、何でもかんでも"先住民族の権利"とするのは無理がある。何の許可なく、川でサケを捕るのは密漁だ。それこそ法の崩壊だ。「儀式」と言う大義名分もあるのに何故、許可を取らないのだろう?然もこれは別にアイヌ民族だからと差別をしている訳ではない。民族関係なく、日本人でも密漁は逮捕案件だ。そこで「アイヌ協会」の言い分を通したら、北海道(と言うよりも日本)の司法は崩壊してしまう。その組織も創立当時から比べると、相当内部事情が荒れているのが隠せなくなった。しかしそれに沿った法律を作った国家にも問題がある。その「アイヌ新法(アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する知識の普及及び啓発に関する法律)」だが、これは地方条例ではないのが怖い。協会の暴走振りは白老の「ウポポイ」と言う施設で昇華したが、そこでのアイヌ舞踊が「ほんまかいな?」状態だ。

私見で申し訳ないが、あれでは創作舞踊だ。そこで「どうしてこうなったか?」だ。「最近、アイヌ協会がしている事が変だ?」と、このblogで問題視したのは、4年程位前だったか、道議会議員(札幌市議)の金子快之氏が「アイヌ民族はもういない」とTwitterでつぶやいた時からだ。しかしそれが道議会では大騒動となり、金子氏は自民党を除名されるのだから、事は尋常ではないのだ。その発端は、Twitterではあるが、自身の疑問さえ、発言が出来ないのでは、それこそ「民主主義の崩壊」だ。おまけにこれでは自民党自体も問題がある。つまり道議会ではアイヌの話をする事自体がタブーなのだ。それにしても、あの「アイヌ新法」では、「協会が許可すれば、誰でもアイヌになれる」ってんだからデタラメ過ぎて頭が痛くなる。既に治外法権状態だ。小生もそれをblogで問題提起をしたら、各方面から御叱りを頂き、「歴史を勉強せい!」とまで批判されたが、その(アイヌの)歴史の勉強をすれば、する程に疑問が募るのだからどうしようもない。そこで到頭、こんな事が起きた。

「河川での経済的なサケ捕獲は先住民族の集団が持つ権利"先住権"だ」北海道浦幌町のアイヌ民族団体が提訴
https://news.yahoo.co.jp/articles/5f4651ffd17f32260d335f597036d046c61a8f9c
【利権誕生】総額200億をかけた「ウポポイ」がついに開業!在ヌの在ヌによる在ヌのための空間!
https://gamp.ameblo.jp/nihonkaigi-yachiyo/entry-12610508858.html
恐るべしアイヌ利権!!ウポポイは「ウソッポイ!」
https://gamp.ameblo.jp/lirakumamonmon/entry-12610974237.html
特集・アイヌ利権 | 金子快之のひとりごと
https://ykaneko.net/ainu-concesseion

クリックすると元のサイズで表示します

UHB(北海道文化放送)のニュースによると「北海道十勝地方の浦幌町のアイヌ民族の団体が、河川での経済的なサケ捕獲は先住民族の集団が持つ権利だとして、8月17日札幌地裁に提訴しました」と。その提訴だが、浦幌町のアイヌ民族の団体「ラポロアイヌネイション」がしたものだ。その訴状では「河川での経済的なサケ捕獲は先住民族の集団が持つ権利「先住権」だとして、これを禁じた法律が適用されないことを国と道に求めています」との事。いつの間にか儀式用から『河川での経済的なサケ捕獲』に発展している。これは漁協との問題にしか思えないのだが如何なものだろう?ちなみに道は「訴状が届いておらずコメントできない」としているが、惚けているようにしか思えない。それにしても外交では何かと特定アジア(中国、南北朝鮮)には厳格な印象のある安倍政権だが、こんな致命的な案件に関わっている。その黒幕も思った通りだが、こんな処で譲歩をしては、香港問題で幾ら中国共産党に対して、辛辣な批判をしても全く説得力がない。日本から沖縄と北海道の分断工作か?

0

愛情と歓び  ブログ



人気ブログランキングへ 

「忍耐心を持たなければならないようでは、教育者としては落第である。愛情と歓びを持たねばならない」。これはスイスの教育実践家で、シュタンツ、イベルドン孤児院の学長を務めたヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチ(Johann Heinrich Pestalozzi 1746年1月12日 - 1827年2月17日)氏の名言だが、現在はそこが欠けている感じがする。教育者は嘗て聖職と言われたものだが、所謂、団塊世代の学生左翼運動が収まると、その後に就職活動から溢れた者達が「教師でもやるしかないか?」てな理由で教員資格を取る者が増えたら事から「でもしか教師」となる人が増えたと学生の頃に担任のみならず、学科教員からも、そんな話を聞かされた。そんな先生だからこそ(聖職意識がないので)人情味もあったのだが、それは「昭和の話」だ。現在は色々な意味で劣化している。その産物が「モンスターペアレント」であったりするのだから、その元となる組織を解体するしかないだろう。然も今更ながら、戦後の米国占領期に於ける「GHQ政策」に従順な組織だ。だが韓国内でも「慰安婦問題」がひっくり返りそうになっている現状では、(韓国の国民自体も)自虐史観からの束縛から解けるのも時間の問題か?

しかし媒体も学生運動から溢れた人ばかりだ。そこに現在は、韓国政府による対日政策費が導入されている事から、左派思考に「反日」がプラスされた形だ。それにしても地上波は酷い。テレビ東京は独自な路線なのが救いだが、各局共に内容が横並びでチャンネルを変えても何処の局の番組かが解らない始末だ。何かにしろテレビが面白くない理由を予算のせいにする批評家もいるが、問題はそこにはないと思う。寧ろ企画力の低下で工夫まで頭が回らない事が、全ての原因を招いているようにしか思えてならないのだ。余談だが、その流れは民主党による政権交代の少し手前辺りから始まった感がある。それにしても劣化したものだ。政権批判ばかりをしてるので、満足に番組作りが出来なくなった。バラエティー番組が全然バラエティーじゃなくなった。特番番組が新年度の節目でもないのに矢鱈とそればかりだ。Mynavi Newsに、そんな民放キー御局(日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョン)の今年度第1四半期決算(4〜6月)がの結果が記事になっていた。6日に発表されたとの事だが「新型コロナウイルスで各局CM収入が大きく減少し、番組制作費も軒並み削減されている現状が明らかになった」とは書かれてはいるものの、本当に「それだけが問題なのか?」と疑問だ。

●タイムCM収入
・日本テレビ:290億7,000万円(前年同期比△1.1%)
・テレビ朝日:185億6,700万円(△10.6%)
・TBSテレビ:189億6,500万円(△10.2%)
・テレビ東京:103億6,200万円(△13.1%)
・フジテレビ:196億3,600万円(△10.3%)

●スポットCM収入
・日本テレビ:196億4,700万円(△36.6%)
・テレビ朝日:152億600万円(△33.5%)
・TBSテレビ:141億3,100万円(△33.4%)
・テレビ東京:45億9,400万円(△29.1%)
・フジテレビ:154億円(△35.3%)

●番組制作費
・日本テレビ:185億6,800万円(△24.9%)
・テレビ朝日:149億7,800万円(△28.8%)
・TBSテレビ:131億8,600万円(△31.9%)
・テレビ東京:71億7,300万円(△24.8%)
・フジテレビ:138億1,800万円(△25.9%)

これが以上だが、確かに別な(悪い)意味で「新型コロナウイルス」が原因だろう。報道バラエティーでは専門外の専門家ばかりを呼んで現場を混乱させるし、何でも政府批判に結び付けようとするので辻褄が合わず、何の参考にならないのでは見る人も減るだろう。内容が過ぎると視聴者から番組スポンサー企業にも直接、電凸される事もあるので色々とキツい。日本経済の華やかな時代は、一社提供も当たり前だったので、番組の放送内容も企業イメージに沿ったものだったが、現在はそんな時代ではなく、余計なもの(資金)まで入り込んでいる。面倒な時代になったものだが、テレビ朝日は何かと問題が多く、「羽鳥慎一モーニングショー」での同社解説員の玉川徹氏への注目が集まりやすくなっている。然もその番組での態度が、あまりにも傍若無人なので正視出来ないからだ。小生も玉川氏が騒ぎ出すともう見てられない。それでこの番組を見るのもやめてしまったが、これじゃあスポンサー収入が減るのも解る。で、これは東京スポーツの記事だが、吉本芸人をほんこんさんも呆れていた。記事によると3日放送の「モーニングショー」での「玉川徹氏の新型コロナウイルスの検査拡大の主張に苦言を呈した」とある。それは玉川氏が「専門家に対し「唾液と咽頭、2つ取れば90%以上の確率で偽陰性は避けられる」「検査を増やして何十万に持っていく必要がある」なんて事を言ったのだが、ほんこんさん曰く「この方騒ぎ過ぎ。Jリーグでの検査で陰性4日後に発熱 PCR検査で陽性 これで わからんのかな?」と批判。そりゃそうだ。検査の後で感染する事もあるのだから当たり前だ。物事の道理なんてものは大体、そんなものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな玉川氏だから「コロナ禍」の中で閉会している国会についても騒ぐ。だけどそれこそ三密だ。そこで比較として、民主党政権時代の2011年の東日本大震災の時に国会が「通常国会が8月末まであった。だからまだ東日本大震災の時は今も国会は開いていました。9月は18日間、10月から12月に51日間、国会は開いているそうです」と指摘した上で「安倍総理は『悪夢のような民主党政権』と言っていたんですけど、それ言えますかね?と僕は思いますよ。事実として」(記事元:スポーツ報知)とコメントしていたのだが、事情も違う。だがその末裔政党とて、国会を開けば各委員会では邪魔ばかりだ。更にそれで済まずに気に食わなければ途中で退場。挙げ句の果てには審議拒否だ。未知のウイルスと大災害を同じ尺度でものを言う事自体がナンセンスではないか?なので国会も内容次第だ。その玉川氏だが、そこまで言うなら「新型コロナウイルス」に対する対策を審議する必要があった時の退場やら審議拒否、関係のない話ばかりをした民主党系政党に何故、批判をしないのか?悪夢は野党になっても続いている。国会で民主党系政党の政策論争なんぞ聞いた事がない。

国内感染者 新たに1584人 1日としては過去最多に 新型コロナ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200807/amp/k10012557431000.html
「消費増税中核に」 政府税調、財政悪化を懸念
https://www.jiji.com/sp/article?k=2020080501143&g=eco
民放キー局、4〜6月決算でコロナ影響深刻 番組制作費は大幅削減
https://news.mynavi.jp/article/20200807-1203192/
玉川徹氏、国会を開催しない安倍首相へ「『悪夢のような民主党政権』と言っていたんですけど、それ言えますかね?」
https://news.yahoo.co.jp/articles/5da5671945e48c44ccfdc7cbd24a8c8fea7e13aa
ほんこん「この方騒ぎすぎ」 モーニングショー・玉川徹氏に苦言 
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba6831602c56cdf8bfd910837ee55950c37397c3
【反日左翼?】加入率20%「日教組とは」君が代歌わない教師の正体
https://iirou.com/kimuga-yo/?amp=1

クリックすると元のサイズで表示します

では現与党政府の税制調査会(首相の諮問機関)だが、「そもそもこれは?」と問い質したくなる意見があった。「消費税増税を中核に据えた、骨太の議論が必要ではないか」と。これは時事通信の記事だが、5日にウェブ会議方式で総会を開催したそうだ。何故、そんな意見が出たかと言うと、「新型コロナウイルス対応」で財政悪化が一層深刻となっている事を懸念したらしい。だが政府の経済政策の失敗に対し、国民がペナルティーを請け負う義理はないだろう。それが政府が企業丸投げのマスク支給だったり、無計画な「Go to」だったりする。政府支援金も30万ならば少しはマシだったかも知れない。しかしこれでは財務省に大義名分を与えたのと変わりないだろう。記事によると、「総会を開くのは今年1月以来。出席委員からは「次世代の負担を増やさないため、どういう税収確保が望ましいか議論する必要がある」などの指摘が相次いだ」との事だが当たり前だ。

0

それも才能  ブログ



社会・政治blogランキング

「特別な才能がなくても、特別な才能がある人と沢山仲良くなれれば、それも才能であり、他人の才能に気が付き、他人の才能を見つけられるのも才能」。これは占い師で、現在では作家(放送作家)やタレントとしても活躍しているゲッターズ飯田さんの名言だが、人の才能と言うものは、その何処の部分が開花するかは解らない。だからそれぞれの才能を認めて伸ばした方が良いに決まっている。だからこの名言には賛成だ。今日は休みだが、「新型コロナウイルス」の影響による自粛も『緊急事態宣言』が解かれると、正直こんなに休めないだろう。と言うのも小生の現職は「土日祝日」が忙しい業種だからだ。なので日曜日に家に居るのは(本当は)珍しいのだ。ついさっきだが、父の要望で敷居の段対策でスロープを作った。材料は以前に使っていたレコード棚を解体したので、その板の再利用だ。取りあえずフローリングの化粧板もあったので利用した。仕上げには滑り止めとしてウレタンを貼った。何だか色々と作ったが一度、テストで作ってみて置き場所に困ったので結局は分解した物もある。8ミリ映写機に長尺の映画フィルムを掛ける時のユニットだ。小生の場合は幸い(?)手の掛かる趣味をしているので、只でさえ時間が足りない。そこで今回は事情により、空き過ぎた時間を有効に使ったのだが、今にして思えば、「まだ時間の使いようがあった!」と残念な点もある。そんな事は後から浮かぶものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

話は変わるが、日曜日となるとチェックしている番組がある。「サンデーモーニング」と「サンデージャポン」だ。揃って極左番組だが、後者の方は世論そのものさえ理解していないのにレギュラー芸能人が思い込みだけで勝手な発言をするので、ゲストが同調圧力に負けるか、意外と正論を述べる事があるので意外と前者の赤旗爺さん方の番組よりは割と見れる。爆笑問題の太田のコメントも的外れだが、狙っているのも見え見えなので、「こんなものだ」と思えば良い。確率的には杉村太蔵氏が正論を述べる確率が高い。流石、元政治家だ。今回も「桜の会」の件について取り上げていたが、政治資金パーティーにせよ、後援会の集いにしても、野党の議員達は取りあえず政治家なので、どんなやり方をしているのか既に承知の筈だ。そこで火のない処に放火して人のせいにしている。そこを杉村氏は突いていた。「その何処が問題かと?」。その件では弁護士の有志達が提訴したようだが、どうせ揃って労働組合関連の弁護士ばかりだろう。その杉村氏だが、ある日、急に出馬するような事があれば、自身がレギュラーだった番組に注意すべきだろう。何かする度に「この番組に出ていた時もそうだった」と因縁をつけられそうだ。だから逆に政治家には復帰する気もないのかも知れない。世知辛い世の中である。

記事関連Twitter:枝野幸男 りっけん 立憲民主党 @edanoyukio0531
https://twitter.com/edanoyukio0531/status/1263443375560126465
福山哲郎・立憲民主党(りっけん) @fuku_tetsu
https://twitter.com/fuku_tetsu/status/1263488976603607040

クリックすると元のサイズで表示します

さて今日も大したネタはない。それだけ在り来たりなのだ。立憲民主党が結果的に支持母体の自治労を裏切った形になったのも自業自得だし、そこで逆ギレしてもどうでもいい。国民には公務員の定年年齢なんか関心すらない。だって関係ないのだから当たり前だ。実害もない。ちなみに「国家公務員法改正案」が廃案になった事について枝野代表は、こうtweetした「黒川検事長に対する訓告というのは処分ですらなく、法務省が認定している事実を前提としても、前例等に照らして軽すぎると言わざるを得ません。一緒に麻雀をしていたとされる朝日新聞従業員の証言と法務省の認定は食い違っています。辞職を認める前に厳重に調査し厳しく処分すべきです」。更には同党参院幹事長の福山哲郎氏は「黒川検事長の辞任が発表されました。昨夜から今朝にかけて永田町は黒川検事長の賭け麻雀の話題で持ちきりでした。1月31日に解釈を変更してまで定年延長を閣議決定をした安倍政権の責任をきちんと問わなければいけません。検察庁法改正案の分離を、強く求めていきます」と。

尚、このtweetでは動画付きで、再生前の字幕には「この騒動はなんだったのか?」から始まるが、それはそちらが言う台詞ではない。しかしながら「解釈を変更してまで」とは恐れ入る。検察庁が行政側なのに(わざわざ)切り離して反対をするのだから「どちらが法規上の解釈を変更してまでなのか?」と思ってしまう。即ちこいつらが国政でしていた邪魔は全てブーメランなのだ。今更ながらだが、「国家公務員法」の中には『検察庁法』が含まれており、だからこそ束ねて改正をする案が出ていたのに反対だ。芸能人を扇動してのハッシュタグも御苦労な事だが、それで廃案になったのに文句はなかろう。これこそ御望み通りの結果でめでたいではないか。更に言わせて貰うと「検察庁法改正案の分離を、強く求めていきます」とは何事だ。政府が検察の人事まで介入したら"三権分立が崩壊"してしまうではないか?だが代表の枝野幸男氏は元弁護士。福山哲郎氏も京都大学大学院の法学研究科修士課程を修了しており、法曹界には縁のある人。なのにこんな事になった。馬鹿なのか?

0




AutoPage最新お知らせ