フランシスコ・ザビエルの憂鬱  歴史・文化


ザビエルも困った「キリスト教」の矛盾を突く日本人

日本の各地でザビエルは布教するのですが、出会った日本人が彼に決まって尋ねた事があります。

それは、「そんなにありがたい教えが、なぜ今まで日本にこなかったのか」ということでした。


そして、「そのありがたい教えを聞かなかったわれわれの祖先は、今、どこでどうしているのか」

ということだった。つまり、自分たちは洗礼を受けて救われるかもしれないけれども、洗礼を受けず

死んでしまったご先祖はどうなるのか、やっぱり地獄に落ちているのか・・・・・

当時の日本人はザビエルにこういう質問を投げかけた。


元来、キリスト教においては、洗礼を受けてない人は皆地獄ですから、ザビエルもそう答えました。

すると日本人が追求するわけです。「あなたの信じている神様というのは、ずいぶん無慈悲だし、

無能ではないのか。全能の神というのであれば、私のご先祖様ぐらい救ってくれてもいいではないか」


ザビエルは困ってしまいまして、本国への手紙に次のように書きました。

「日本人は文化水準が高く、よほど立派な宣教師でないと、日本の布教は苦労するであろう」

と。当時の中国にも、韓国にも、インドシナにもこうしたキリスト教の急所(?)

を突くような人間はいなかったわけです。


この他にも、『もし神様が天地万物を造ったというなら、なぜ神様は悪も一緒に造ったのか?

(神様がつくった世界に悪があるのは変じゃないのか?)』などと質問され答えに窮していたようです。


ザビエルは、1549年に日本に来て、2年後の1551年に帰国しますが、日本を去った後、イエズス会の同僚

との往復書簡の中で「もう精根尽き果てた。自分の限界を試された。」と正直に告白しています。


集団原理の中で生きてきた日本人にとって、魂の救済という答えは個人課題ではなく先祖から子孫に

繋がっていくみんなの課題であったはず。「信じるものは救われる」=「信じない者は地獄行き」

といった、答えを個人の観念のみに帰結させてしまうキリスト教の欺瞞に、

当時の日本人は本能的に気づき、ザビエルが答えに窮するような質問をぶつけたのではないでしょうか。




人気ブログランキングへ 

元ソース:哲学ニュース
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4384349.html


「信じるものは救われる。」それは別に宗教に限った話ではなく、勧誘行為が必要な媒体全てに関る常套手段

でもある。「信じない者は地獄行き」もそうだが、それは「地獄に落ちろ!」なんて罵声にさえ転嫁する。

世の中に全能のものなんてない!「割れ鍋に綴じ蓋」でもないが、それぞれが分野を補いバランスを取ってい

る。「信じるものは救われる。」は無責任な思想だ!それであれば御題目を唱えているだけでも幸せになる筈

である。宗教とは思想文化である。なので本来であれば利権も発生しない筈である。似たような傾向に陥りや

すいものにネットワーク・ビジネスが在る。これも「信じるものは救われる。」である。
0

戦争と危機感  歴史・文化


「戦争なんか起こるわけがない」は思い込みだという歴史的実例

日本は長らく平和を謳歌してきました。そんな中で防衛体制の整備には「戦争なんか起こるわけがない
のに…」という懐疑論が常にともないました。 どころか、「危機がもし起ったら」と考えること自体が
危険思想である、 戦争が好きな軍国主義者だ、という風に非難された時代もありました。ところが歴史
的に見て「戦争なんか起こるわけがない」という見通しが外れたことは多くあります。

「アルゼンチンが戦争なんかするわけない」

いまから30年前の1983年4月、「フォークランド紛争」という戦いが起こりました。 アルゼンチン
とイギリスとの紛争です。きっかけは、イギリス領フォークランドに対し、アルゼンチンが突然侵攻を
開始したことでした。

ですが紛争勃発の直前まで、戦争なんか起こるわけがない、意見が強くありました。それはかなり論理
的なものでした。例えば83年4月5日に発売された雑誌ビジネスウィークは、戦争にいたる可能性は
低い、と論じています。その根拠は、・アルゼンチンのインフレ克服政策が最終段階に入った・アルゼ
ンチンは財政赤字削減のため、軍事費の10%削減を打ち出しているということでした。不景気とはい
え先行きが見えつつあり、軍縮を打ち出している国が、危険を冒してイギリス領を攻撃したりするでし
ょうか? まさか、そんなことはない、実に説得力のある意見です。

しかし実際には、アルゼンチンは4月2日にフォークランドに侵攻しました。 この雑誌が書店に並ぶ
3日前の話です。 そしてこの冷静な分析が発売された4月5日当日、イギリスは、こちらも周囲の
予想を裏切って、思い切った反撃に出るため海軍を出撃させました。その結果、第二次世界大戦以来、
なんと最大規模の海空戦がくりひろげられました。 「まさか、戦争なんか起きないだろう」
「相手が攻めてくることなんてないだろう」 という思い込みが裏切られた例です。

「勝ち目がない日本が、戦争なんかするわけない」

予想できなかったといえば、太平洋戦争もそうです。当時、日米交渉は難航していました。アメリカは
日本が戦争に訴える可能性を考慮していたものの、その可能性は低いと見積もっていました。なぜなら
日米の間には絶対的な国力の差があるからです。  戦争になれば日本の負けは確実。それくらいなら、
交渉で妥協するのが当たり前です。




ですが日本政府の考えは違いました。いつまでも続く日中戦争による閉塞感と、暗礁に乗り上げた日米交
渉に絶望し、もう開戦のほかに道はない、と既に思い込んでいたのです。在日アメリカ大使館のエマソン
書記官はその空気を感じとり、 「このまま交渉していたら戦争だ」と考えました。そこで国務省の重鎮
ホーンベック政治顧問に報告しました。「日本は交渉で追い詰められ、絶望している。このままでは戦争
に打って出るに違いない」と。

しかしホーンベックはこれを一笑に付します。「歴史上、絶望から戦争をしかけた国の名を、1つでもあ
ったら挙げてみよ」と。戦争は勝てそうだからやるので、絶望して戦い始める馬鹿はいません。ホーンベ
ックはエマソンの意見を退けます。 その数週間後、日本は負けると分かっていて敢えて開戦。戦争の恐
れはあるものの、おそらく交渉で片付くだろうというアメリカ国務省の見通しは外れ、太平洋戦争が始ま
りました。 頭のよい現実主義者は、相手も自分と同じように合理的に判断する、
という思い込みで失敗します。

「ただの脅しだ。フセインはカネが欲しいだけで、本当に戦争をする気はない」

これまで見てきたように、相手に戦争に打って出る意図があるか、ないかを判断することは極めて難しい
ことです。この難しさは現代でも同じです。偵察衛星で相手国を頭上からのぞき見ても、その心まで覗く
ことはできません。湾岸戦争がその実例です。湾岸戦争はイラクの独裁者フセインが、クウェートに侵攻
したことで始まりました。 フセインはクウェートに向けてイラク軍を移動、集結させており、アメリカは
それを偵察衛星で見ていました。それなのに、フセインが本当に戦争をする気だとは思っていませんでした。
イラクと文化的に近い湾岸諸国も同様でした。

“当時のアメリカの国務長官だったジェームズ・ベーカーは言っています。サダム・フセインの好戦的な
言動が改めて関心の対象になっていたが、危険な兆候だとまでは思われていなかった。イラクの暴君がク
ウェートに侵略をちらつかせて、自国の巨額な負債を肩代わりさせようとして、脅しをかけているに過ぎ
ない。 というのが、アメリカ政府高官の大方の見方だった。
J.A.ベーカー 「シャトル外交:激動の4年(上)」 新潮社 1997年 p23”

イラク軍の行動をただのブラフ、脅しに過ぎないと解釈していたのです。相手の心を読み違えていたのは、
フセインの方も同じでした。クウェートを侵略してもアメリカはわざわざ介入しないだろう、と誤解して
いたのです。 アメリカは「イラクはクウェートと戦争をする気はない」と誤解し、イラクは「アメリカは
クウェートのために戦争をする気はない」と誤解。その結果が湾岸戦争の勃発でした。このように現代に
おいて、偵察衛星を何個もっていても、相手の開戦意図を常に読みきることは不可能です。

「戦争なんか起こるわけがない」という楽観は常に危険

このようなわけで、私たち日本人がついつい思いがちな「戦争なんか起こるわけない」は、非常に危険な
思い込みです。それは相手の意図を読み間違えているだけかもしれません。「まさか」と思うような不合
理な行動も、相手は敢えて行うかもしれません。ただの脅しだと思っていたら、実は本気かもしれません。

「戦争なんか起こるわけがない」と決め付けて安心するのではなく、具体的な努力が必要です。まずこち
らが平和への堅固な意志を持つことですが、それだけでは足りません。なぜなら、結婚と平和には双方の
同意がいるので、一方が友好的でも、他方が敵対的なら、争いになり得るのですから。

だから、「戦争が起こらないためにはどうしたらいいか」と考えて外交を行い、あわせて「万一、戦争に
なっても被害を抑えられるように」と考えて防衛力を整備しておく必要があります。細心の外交で戦争回
避に全力を挙げる事と、それが失敗した時に備える事は、本来、矛盾なく両立すべきことがらです。

平和への道を拓くのは、祈りや楽観ではなく、常に具体的な努力です。そのためには、戦争なんて起りっ
こない、という思い込みではなく、冷静な危機感が必要です。(おわり)




人気ブログランキングへ 

元ソース:http://blogos.com/article/46992/
前スレ(★1: 2012/09/20(木) 01:00:54.10)
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1348100780/
http://gogono.net/archives/52008981.html


よく纏め上げた文章だが、それぞれに複合的な理由が在り、決して一概的には言えないのだが、危機感

は常に持っておいた方が良い!だが現在では過去のような大戦は無いだろうとも言われている。それは

経済的には極めて複雑に世界規模で絡み合っており安易に開戦するとダメージが仕掛けた側に波及する

からだが、結局、相手国次第である。嘗ての大東亜戦争がそうだった。現在では中国がそれに辺る印象

が在るが、それでも開戦を望むのなら当然ダメージが在る。しかしながら平和ボケした日本国民が久々

に直面した脅威である。そんな時に日本側に恰も落ち度が在るような発言を繰り返す自民党の石原伸晃

幹事長には憤りを感じてしまう!結局、駄目にしているのは政治家達か?




0

嫌韓は、こうして.....  歴史・文化


韓国好きの有名モデルが、「韓国旅行で現実を知ってしまった」とブログで激白

本田麻里絵「韓国の現実を知った旅」
2012-08-18 15:19:00
http://ameblo.jp/allongeblog/entry-11329837375.html

先週はしほと三泊四日で韓国また行ってきたんです〜(・∀・)/
、、がしかし

今回サッカーの日韓戦、韓国大統領の竹島訪問、日本からの独立記念日
いろいろなタイミングが悪く
韓国の現実を知ってしまった旅でした。。

私も韓国に親近感を感じていたし、しほもティアラのお迎えに空港に行くほど!
大好きだったんですが、、 帰ってきて二人とも途方にくれていたくらいですよ…
帰国してからいろいろ調べてみますが、調べれば調べるほどにますます…

コミニュケーションのために一生懸命韓国語を勉強してきましたが、
それが原因で、あちこちで悪口を言われてるのが分かりました。

親しくしてくれてた女の子の友達が、『日本どうか負けろ』『日本に負けたら国の恥』
『私達の領土を私達のものと主張してオリンピックはなにを怒っているのか』と言ってる始末。

初めは信じられなくて、諦められなくて『なぜ日本負けろと願うの?(日本対メキシコ戦)自国
を応援すればいいでしょ?どこの国の選手も皆死ぬほどがんばってるんだから』

『私は韓国が好きだから日本も頑張ってほしいし、韓国も頑張ってほしい』
とコメントを書いたけどそれに対しての知らない人からのレスが酷すぎてみてられなかった…

『歴史の問題だからねー』とか
『永遠のライバルだからねー』
『歴史を知らない国は勝つ資格ない』とか
全部ちょーナーバスw

選手に関係なくない?

竹島取り返したくて勝ちたい選手なんて一人もいないぜ?
竹島問題、歴史問題を置いといても

オリンピックであんなことするのはルール違反。
神聖な場所を汚した罪は重く問うべき。
だけど
『なにがいけないのですか?』と真面目な顔して言ってる友達にドン引き…

韓国が好きで、興味があって観光で来てる日本人にいい顔しても韓国語で悪口を言う。。
韓国語わからないと思い、言いたい放題するマッサージの人。

ウリのご自宅に招待していただいて、たくさんおみあげ持ってお邪魔した時も
会って20分くらいで
『独島は私達のものだから!』と笑顔で言う…お母様

ダイシダンスの音楽フェスでも
日本人とわかり、
『くそ猿野郎』
『独島は我が国の領土』
と聞こえるように言うばかたち。

売り言葉に買い言葉じゃよくないのわかってるんだけど
普段怒ったりしない私が
『おまえがくそじゃ!キムチ野郎』
と喧嘩になりそうでした…

ウリのお母さんも、フェスのばかたちもそうだけど、

『それ私にいってどうなるっていうの?で?』
ってこと。

言ったもん勝ちじゃないんだけど…

『極めて遺憾でございます』
とかいって何も言わない日本の政府もどうかとおもうけど。

すっげー失礼と思ったのが
今回の旅で
『とてもかわいいですねー!オリジナル日本(お父さんもお母さんも日本人)じゃないでしょ?絶対!』

と何回か言われたこと。

誉められることは嬉しいけど、
日本にかわいい人たくさんいるぜ?

日本人の女と付き合うことは世界中で
ステータスなんだぜ?

…なんか見下されてるみたいで!バカにされてるみたいですごく不快だった…

clubで知り合った男の子から言われてむかついたから
『整形しすぎて同じ顔した、悪口大好き化け物たちより、よく笑って人の気持ちを思いやれる日本人
 の方が世界で人気なんですけど…』

ってキレた(笑)

いろいろ残念だった…

悲しかった…

ウリや、ジユルや、ヨンスや…
優しい理解ある友達はもちろん大好きだし、一生大事にするけど

韓国に親近感を持ち始めていたし仲良くしたい気持ちが強かったし、大好きだったから余計に…( p_q)





前スレ:韓国好きの有名モデルが、「韓国旅行で現実を知ってしまった」とブログで激白
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1346236685/

ツイッター:http://twitter.com/xxxmarie1212xxx
参考ソース:http://gogono.net/archives/52002413.html


これについてはコメントなし!私も仕事で懲りた事が在った!


英国人 「韓国人とは関わりたくない。劣等感から火病おこすし 日本人が可哀想だ」

英国でも報じられた日韓の関係 ユーザーからは「日本がかわいそうだ」の声も24日、ロイター通信は、

急速に悪化した日韓関係について報じた。記事では、「米国の安保同盟国である両国間の関係が悪化した

のは、韓国の李明博大統領が紛争中の島に上陸したのがきっかけ」とし、李大統領の天皇陛下への謝罪

要求発言以降、「日本国民が政治と経済を分けることができなくなった」と伝えた。


また、「野田政権は外交ギャンブルをしている」と報じた韓国紙や「これら口喧嘩の多くは国内向けのもの。

日韓ともに選挙が控えており、中国も10年に一度の共産党指導部の人事入れ替えが年末に行われる」と、

識者の意見を紹介した。 一方で、24日、国会で「韓国は我が国にとって重要な隣国であり、難しい問題が

あっても大局的な観点から冷静に対応すべきである」と述べた野田首相の決意文を関係改善の兆候として

紹介している。


ヤフーUKに掲載された同記事のコメント欄には「世界大戦はいつも不景気の後、訪れるものだ」

「(第二次大戦中に)極東地域の英国軍がどのような扱いを受けたか、識者たちは忘れたようだ」

「インドネシアで慰安婦だったオランダ人は日本大使館に毎年行っている」と、日本に対して冷や

やかな意見が多く寄せられた。


一方で、「仕事で韓国人に会うことが多い。できれば関わりたくない。複雑な劣等感を裏に持っていて

メチャクチャな態度に出ることが多い。日本人が可哀想だ」「(韓国人は)いい人たちだが、劣等感で

理性を失うと、ロンドン五輪で政治的メッセージを掲げたような行動もする。

あの島だって岩2つがそびえているだけのものだ」など、韓国を非難する意見も寄せられている。




人気ブログランキングへ 

元ソース:http://getnews.jp/archives/246409
参考記事:http://gogono.net/archives/52002150.html


なんだか世界中に懲りた人が増えてきてますな?理解が在れば見えるものも違うだろう?
0
タグ: 韓国 嫌韓




AutoPage最新お知らせ