同意識の昂奮   社会・政治



社会・政治blogランキング

英国でロマン主義運動の先駆けとなったロマン派詩人にサミュエル・テイラー・コールリッジ(Samuel Taylor Coleridge, 1772年10月21日 - 1834年7月25日)氏なる御仁が居たが、その名言に「不当な軽蔑を跳ね付ける必要に迫られると、どんな謙虚な人もプライドと同意識の昂奮(こうふん)に否応なしに追い込まれる」なるものがある。「そりゃそうだろうな?」だが、こんな不当な軽蔑を国会で政府に向け、大臣のプライドを当たり前に傷つけるのが立憲民主党等の(所謂)特定野党の議員達である。それを幹事長だの国対委員長を務める者がやらかす。この手の野党は何かがあれば「人権」を叫ぶ割には大臣に対し、簡単に人格攻撃をする。「これってなんだろう?」と思う位だ。それでいて(共産党の方の)中国がやらかしている香港やウイグル自治区での問題はスルーである。だから民主党政権時代は台湾(中華民国)を蔑ろにして問題視されたし、とにかく立ち位置が(まるで)中国政府なのだ。東日本大震災時の復興物資も中国や韓国が儲かる仕組みにしていたので呆れたものだが、だからこその『悪夢の民主党政権』だった。これで政権運用がマシならば、あんな終わり方もなかったろうが、今や傀儡化はしないまでも親中政権だ。それで“民主党政権”の事も言えなくなったのは残念。その東日本大震災から早や10年である。朝のNHKは、それ関連の番組ばかりだ。長年の付き合いなのか(オーストリア放送協会絡みで)、あの「花は咲く」をウィーン少年合唱団に歌わせていた。とてもあざとく感じられたが、こんな事ばかりをしてはNHK予算が国民から疑問視もされる。グループ会社も結構あるが、それで儲けても足りないのか?国から金貰ってるのに偏向報道なんてしやがる。



クリックすると元のサイズで表示します

その親中だが、現在の日米政府もそんな状態なので色々と不安だ。当然、日米安保理にも影響しており、感覚はトランプ政権以前の状態に戻った感がある。そこで尖閣諸島に於ては1日に中国国防省はホームページ上だが「中国固有の領土であり、中国の公船が自国の領海の範囲内で法執行活動を行うことは正当かつ合法的だ。争う余地はなく引き続き常態化していく」と宣言する始末。そもそもその解釈とて、中国政府が勝手に言ってるだけだ。

クリックすると元のサイズで表示します

NHK News Webによると「岸防衛大臣は、閣議のあと記者団に対し「尖閣諸島は、歴史的にも、国際法上も疑いのないわが国の領土で、現にこれを有効に支配している。独自の主張に基づいた、中国の海警船舶の活動は国際法違反であり、断じて受け入れることはできない。関係省庁と連携して情報収集を進め、警戒監視に万全を尽くしていく」と述べ、茂木外務大臣は「尖閣諸島は歴史的にも国際法上も、疑いのないわが国固有の領土であり、中国の主張は全く受け入れられない。中国海警局に所属する船舶が、尖閣諸島周辺のわが国の領海に侵入を繰り返していることは誠に遺憾であり断じて容認できない」と述べたが、台湾とのパイプを持つ岸防衛大臣の見解はともかく、中国外相の王毅氏訪日時に日本の尖閣防衛に対し、苦言を呈されてもデレデレの茂木外務大臣の声明に関しては「形式的な事ばかりを言ってんじゃねぇーよ?」と叱咤したくなる。この人はあれ以来、何を言おうが信用出来ない。

中国国防省 沖縄 尖閣周辺の活動「正当かつ合法的 常態化」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210302/k10012892621000.html
日本共産党・志位和夫委員長が習近平・中国共産党を痛烈批判「尖閣諸島は疑いなく日本の領土だ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/75ca981b97e193b9510a0b487a0419fe7c369762
中国はライバルでありパートナー、次期USTR代表が議会証言へ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-02-25/QP22NFT0G1L301

クリックすると元のサイズで表示します

処が日本共産党の志位和夫委員長は尖閣諸島の領有権問題に関しては、かなり活発な意見をしている。志位委員長は週刊ポスト(2月26日発売分)でのインタビューによると「私たち日本共産党は、節目節目で中国政府に対して直接ものを言ってきました。私自身が発言したものだけでも、チベットの人権問題、(民主化運動でノーベル平和賞を受賞した)劉暁波氏の投獄問題、南シナ海や東シナ海での覇権主義的行動、香港やウイグルでの人権抑圧など、問題が起きるたびに、是正を求めてきました。しかし、彼らは批判を受け入れる様子がない」と前置きした上で。「そもそも日中国交正常化の時の交渉に問題があった」として「尖閣諸島の問題は、1972年に当時の田中角栄・首相と周恩来・首相が日中共同声明を出すにあたって議論をしています。その際に周氏が『いまこれを話すのはよくない』として“棚上げ”を主張し、日本側は事実上同意してしまった。日本政府は尖閣諸島の領有権について、この時にはっきりと主張するべきだったのです。日本の外務省は簡単な記録しか表に出していませんが、中国側は詳しい議事録を出しています。そこでは、日本側が何も言っていないということが明確になっています」と。更には「中国側が初めて公式に領有権を主張したのは1971年のことです。その翌年に国交正常化となったわけですが、交渉の際にはっきりとものを言わないだらしない態度をとったことが、現在に至るまで尾を引いています。正面切って、尖閣諸島は日本の領土であるという国際法的、歴史的な根拠をぶつければ、争う余地がない問題のはずです。にもかかわらず、日本政府はずっとそれをやってこなかった」と猛批判をしているのだ。


クリックすると元のサイズで表示します

そもそもこれは茂木外相が言うべき事。「口だけでは、どうとでも言える」とは突っ込む事は出来るが、その時代的な背景から此処まで言及した意見が何故か与党たる自民党からはさっぱり聞いた事もないので、この記事を取り上げた。尚、志位氏は「中国共産党はたいへんに大きな政党だが、正論で向かってこられることを嫌がるところがある」。「だからこそ、事実と道理と根拠を示して述べ、国際社会の同意を得ることが重要になる。日本政府は弱腰の態度を改めて、今こそ言うべきことをきちんと言わなければならない」と指摘しており、思わず「今の政権はなんだ?」と不信感が募る。日本共産党も、そこまで言うのならば正式に中国政府に意見を述べよ。

0

破滅の種  社会・政治



社会・政治blogランキング

ギリシア悲劇(アッティカ悲劇)の確立者で古代アテナイの三大悲劇詩人のひとりであるアイスキュロス(紀元前525年 - 紀元前456年)の名言。(代表作:オレステイア三部作)曰く「人間は高慢な思いを抱くべからず。高慢は花をつけ破滅の種を実らせる。実りの秋はとめどなき、涙を刈り取る」と。とても恐ろしい例えだ。これについては余計な説明は無用だろう。話は変わるが『東京五輪』だ。テレビ報道で見たが「ずいぶんとインスタントだなぁ〜?」と呆れたのが、その組織委員会の女性理事の比率を40%にすべく、昨日(2日)の理事会で方針を決め、本日(3日)の評議員会に提案するそうだ。尚、その先駆けなのか、国際オリンピック委員会(IOC)プログラム委員の荒木田裕子理事をジェンダー平等推進を担当する副会長に選んでおり、正直傍目で見ていると「なんだかなぁ〜?」と思う。何処が世論誘導をしたのかは知らんが、組織委員会の橋本聖子会長も短絡的な判断をしてる印象しかなく、こんな土壇場では如何にも急場凌ぎではあるまいか?新理事候補としては、マラソン五輪金メダリストの高橋尚子さんや、アルペンスキーのパラリンピック金メダリストの大日方邦子さんら女性12人の名が上がっているのだが、この一連の流れを見てると「そう言う事ではないでしょ?」とアホらしくなる。「この人方は五輪をどうしたい?女性運動の糧にしたいだけではないのか?やはりもう純粋なスポーツマンシップなんてものは存在しないのではないのか?」と疑問ばかりだが、五輪の商業化の行き過ぎで、五輪本来の“原理原則”すら何であったかすら忘れ去られているのが近年の五輪ではなかろいか?今や政争の具でもある。あの騒動での国会に於ける(野党の)女性議員の(白いスーツによる)パフォーマンスなんぞ、正にそれだ。あほらし。

クリックすると元のサイズで表示します

そのまま女性議員の話題だ。立憲民主党が参議院に提出した「難民等保護法案」「入管法の改正案」について同党参議院議員の徳永エリ氏が先月末(2月26〜27日)にTwitterでこんな事を発信していた。「本来、「適切な国際基準で判断し、難民として認定され保護されるべき人たちが保護されていないことが、わが国の現状」であるのにも関わらず、難民申請は例外を除いては2回までなど、閣法が成立すれば、現状以上に日本の難民保護制度に関して国際社会から批判の声が大きくなることは否めない」「「在留資格のない人は、早く母国に送還してしまえ」という意図が見え見えの法案になっている」。「私たちが参議院に提出した「難民等保護法案」「入管法の改正案」こそが本来あるべき入管行政の姿なのだ」と。そこで思うのは「難民を税金で養うべきか?」だ。

理事候補に高橋尚子さんら12人 女性比率向上へ東京五輪組織委
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021030200935&g=spo
立憲・徳永エリ議員「私たちが参議院に提出した「難民等保護法案」「入管法の改正案」こそが本来あるべき入管行政の姿なのだ」
https://sn-jp.com/archives/31391
徳永 エリ参議院議員(北海道選出)@tokunaga_eri
https://twitter.com/tokunaga_eri/status/1365318913869762562

クリックすると元のサイズで表示します

それと「これって今すべき事なの?」だ。大体、コロナ対策にしてもこの政党、ウイルス相手に「ゼロ対策」なんて事を宣う位なので前後の見境すらないのだ。そうかと思えば翌日のTwitterでは「だからなんだ?」レベル。取り敢えず「名前を並べておけば同情を買えるのか?」と。何せ「フレディマーキュリーも、ジャッキーチェンも難民だった。避難先の国が受け入れたからこそ、活躍の機会が得られたのだ。日本では毎年約一万人が難民申請をしているが僅か0.4%しか、難民として認定されない。なぜ認定されたか、されなかったのか、認定基準も不透明なのだ!」と発信だ。それと在留資格のない人を母国に送還するのは当たり前。紛れ込んでどんな者達が来るのかも解らず、犯罪が増えたりで治安が悪化する原因にも成り兼ねない。更には国家さえ、乗っ取られるのも目に見えている。経済も揺らぐ。雇用にも影響する。国家に忠誠心がない外人が権力を持つと国は潰れる。何故、難民を作らない方法を考えないのだろう?人権問題にも触れるのならばウイグル自治区でのジェノサイド(民族粛清)も含めた人権侵害に対し、中国に抗議せよ。Twitterの内容は観点からして変だ。プロパガンダにさえならない講釈師程度のいい加減さだ。

0

真の謙虚さ  社会・政治



社会・政治blogランキング

「真の謙虚さとは自分の長所を正当に評価する事であり、長所を全て否定する事ではない」。これは英国の作家で医者のサミュエル・マイルズ(Samuel Smiles, 1812年12月23日 - 1904年4月16日)の名言だが、その活動は後年、作家が殆どとなった。まるで渡辺淳一さんを彷彿とさせるが、そんな感じだろう。それにしても自身の長所を媚びずに見つめる事は、当然欠点も目につくだろうから、そんな客観性は必要だと思う。さて何気にカセットデッキをチェックしてたら消去ヘッドの老化なのか、肝心の消去が完全ではなく、中途半端にしか作動しない。幸い同機種のデッキがあるので外して交換するが、その為にジャンク品を購入したので丁度良かった。このカセットデッキこそ、1972年製造の「TEAC A-450」だ。つまり49年前の製品だ。そちらのヘッドの通電チェックをしておこう。

クリックすると元のサイズで表示します

此処で「巷では?」だが、テレビの報道番組まがいのワイドショーでは総務省と東北新社の収賄事案ばかりだ。(まだ提訴もされず、事件化していない。)しかしこれ、やった側よりも受けた側の方が刑罰化するので矛盾だらけだ。立憲民主党等の特定野党は政府を責める為の総理案件だが、そもそも別案件である。そんな野党の総理への質問には「息子さんとは別人格ですか?」との不思議な内容。それを言えば総理たる菅義偉氏とは関係なく、東北新社と総務省の案件だ。その総理の子息は降格されたが、何故仕掛けた方が軽いのだろう?刑法上の解釈ならば法律に欠陥がある。だが元官僚の政治評論家等が接待に関し、時折自慢話とも取れる話をするのは呆れる。

クリックすると元のサイズで表示します

それで山田広報官が辞任した訳だが、緊急事態宣言解除に於いて26日に総理が記者会見をしなかった事については「やっぱり山田広報官隠しかしら」と疑問視したのは他ならぬ立憲民主党副代表の辻元清美氏だ。これは辻元氏自身のTwitterからだか、28日には「明日私が質問する前、今晩中に更迭の決断を!」と責めて、思惑通りに山田広報官が辞めると3月1日の会見では「官僚がまた潰されたのかしら?」だ。「なんと一貫性のない発言かしら?」と呆れた。特定野党はそうやって人を追い詰める。そして辞めたら人のせいだ。気楽な仕事だ。

蓮舫氏、丸川五輪相の別姓反対署名「個人の信念」主張に、菅首相の任命責任問う
https://news.yahoo.co.jp/articles/9038a9ef2031fc5d7730ada0cb4169af9d431091
日本を腐らせた"立憲民主"はもう不要…玉木雄一郎、今こそ「みんなの党」復興だ!
https://president.jp/articles/-/38110
Mi2 @mi2_yes
https://twitter.com/mi2_yes/status/1366280571912028164?s=19

クリックすると元のサイズで表示します

そんな辻元氏が所属している立憲民主党には同格の議員が居る。同党代表代行の蓮舫氏だ。この人も物事の辻褄も考えずに批判ばかりをする。1日のTwitterでは五輪相担当五輪相担当と男女共同参画担当相を兼ねる丸川珠代氏を批判。その内容がこれだ。(記事元:デイリースポーツ)「『個人の信念』で、選択的夫婦別姓に反対し、地方議会に圧力とも取れる文書を発出した方を『男女平等担当大臣』とした菅総理の理由を聞きたい」と。確か立憲民主党は、その名がデタラメでなければ立憲主義の筈?即ち「政府の統治を憲法に基づき行う原理で、政府の権威や合法性が憲法の制限下に置かれていることに依拠するという考え方」だ。(Wikipediaより)それを民主主義的な観点から捉えた政党の筈だが、蓮舫氏の思想は絶対主義だ。これこそファシズムなのだが、そこに気づいていない。こんな議員の居る政党が“立憲民主主義”を名乗るのだから終わっている。そもそも夫婦でどちらの姓にするかも「個人の信念」だ。ジェンダーとはまた違う問題だ。勉強して出直して来い!

クリックすると元のサイズで表示します

かと思えばバカ発見だ。デイリースポーツの記事によると「自民党の野田聖子幹事長代行は25日のインターネット番組で「私たちは個人の思いで国会議員になっているわけではなく、代弁者である」という視点から、「別姓反対」を「個人の信念」と述べた丸川氏の現在の立場を踏まえて問題提起した」と。おまえは共産主義か?

0




AutoPage最新お知らせ