何かする事  社会・政治




 
「何も考えない方がいい。何かする事が残っているうちは…」。これは英国の詩人であるサミュエル・ロジャース(Samuel Rogers (1763年7月30日 - 1855年12月18日)氏の名言。「確かにそうかな?」と思う。仕事でも何でもそうだが中途半端になってしまう。さてこれは趣味の話だが、やはりカセットデッキのフラッター(細かい回転ムラ)が気になる。昨年末にヤフオクで落札したカセットデッキだ。原因はピンチローラーの劣化だが、落語等を聴いても、まるで都はるみが歌っているような状態になる。なので取り敢えずは在庫の在る物から選んで交換をしてみよう。近似値の物で合わせるが、消耗品なので、これは幾つも在庫が在れば何とかなる。値段も安い物なので、早速探そう。

さて今朝にテレビを付けると災害警報。「何の事かな?」と思ったら昨日15日、13時10分頃にトンガ諸島で大規模な火山噴火が発生した事による影響で翌日早朝に日本には津波が来たと言う事だ。岩手や奄美には、何と3メートルの津波だ。しかし場所柄、気象庁によると、当初は影響はないだろうとした見解だったが、何故か日本周辺には、その影響が在った。そこが不思議なのだが、危惧しているのが、どうした事か、極左政党が政権を担った時には未曾有な規模の大地震が発生している事だ。然も大体が発足の翌年だ。振り返ると、やはり2011年3月11日に起きた「東日本大震災」は、民主党政権時代の菅直人内閣。その前の社会党政権だった村山富市内閣(1995年1月17日発足)時には「阪神淡路大震災」が発生している。更に言うと1948年6月28日に発生した「福井地震」も社会党政権である片山哲内閣発足(1947年5月24日)の翌年なのだから気味が悪い。


クリックすると元のサイズで表示します


然も『社会党政権』時なのだ。(民主党も社会党が合流して、現在の立憲民主党に至る。)。それで現在は立憲民主党さえ霞む自民党親中派政権である岸田文雄内閣なのだから、その偶然の一致が無い事を願いたい。南海トラフ大地震や富士山噴火の予兆もあるだけに尚更心配なのだ。起きたら正に天罰だろう。現内閣も国を売るような真似をしており、国民の権限を無くそうとしている。GDP(国内総生産)は、自国民の力で上げないと何の意味もなく、バブル前の水準には戻らない。そこに欠陥のある経済政策ばかりを推進しているので日本国民の平均所得は落ちて、少子化の原因になっている。雇用も従業員を解雇しやすい制度ばかりが出来た。「中流層」も今や昭和の思い出だ。労働力も何故、外国人に頼る?表向きだけグローバルな社会になった。「令和版所得倍増計画」なんて絵空事を言うのはやめてくれ。


【津波】岩手県にも津波警報 ただちに高台などに避難を (5時33分現在)
https://news.yahoo.co.jp/articles/56c7a245e0942e47a5b511fa2ed1209488fa6e6f
立民・泉氏、資金提供問題の説明終了を宣言
https://www.sankei.com/article/20220114-SZT4OOTICBMOVMB6WWWGYBPKFQ/
福山前幹事長の処分を立民が見送り、党内で波紋…若手議員「けじめ必要」
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20220114-OYT1T50120/
共同通信、編集局長ら処分 「遠山元議員起訴」と誤報
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022011401002&g=soc
キリン、中国飲料の合弁解消へ 1000億円で持ち分売却
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC05D1M0V00C22A1000000/
使い捨てプラスチック製品削減 対象の12品目や義務化業種決定
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220114/k10013430131000.html
NHK、24時間同時配信へ テレビ画面で見逃し配信も
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2201/14/news087.html

0

人生を変える一言。  社会・政治



社会・政治blogランキング

誰の名言か忘れたが、こんなものがある。「時に、人生を変える一言と重要なタイミングがある」と。しかしそれを察知するアンテナが当人に無ければ、そのタイミングも活かせまい。チャンスとは、そう言うものかも知れない。さて家の方は、母の病の完治で全てが変わる。つまり生活が戻るのだ。それで「いつかな?」と思ったら、この前に病院に行った時はリンパ性浮腫の治療中で下げてる尿パックについても「(既に)外す準備段階になった」と言われ、ようやく安心。約1ヶ月を掛けて外すそうだ。(そんな状態なので、家で介護が出来ず、施設行きとなった父が不憫だ。早く迎えに行きたいものだ。)何だかいつも同じ事を書いているが、そこが解決しないとスッキリしない。だからとても趣味処ではないが、それもないと心が荒むだろう。だけど所詮はレコードと機械いじりだ。感覚は少し違う。

クリックすると元のサイズで表示します

此処で時事だが、相変わらず(ネットでは)しょうもない記事ばかりだ。文春オンラインによると「月刊「文藝春秋」による政治アンケート「5年後の総理候補」ランキングでトップになった福田達夫氏が、同誌のインタビューに応じ、盟友・小泉進次郎氏や、元総理の安倍晋三氏に対する本音を明かした」との事。後者は割愛するが、小泉進次郎氏については、こんな事を言っていた。「だいたい、小泉さんについては、みんなが変な期待をかけすぎですよ!(笑)。たしか、4年前の若手議員による国会改革についての会見の場でも、本人がいる前で同じことを言いました。当時は彼もまだ37歳だったのに、記者から厳しい質問を浴びていた。でも考えてみてください。皆さんがその年齢の時に『日本を背負え』なんて言われましたか。言われていないでしょう」。「近頃、彼は色々と揶揄されていますが、人の心をつかむ能力は高いですし、一緒に海外に行った時、外国人と堂々と英語で渡り合っていました。付け焼刃じゃなじゃない。彼の能力は絶対に日本のために活かすべきだし、もっと長い目で見るべきです」と。そりゃそうだ。だが「経験値が低い割には暴走したな?」と言うのが正直な感想だ。レジ袋やプラ製品のサービス品の重要性を蔑ろにし、数々の発言では「そんな事を今頃知ったの?」なんて事ばかりだったので「只のお金持ちの世間知らずのお坊ちゃん」なのがバレただけではないか?こんな世間知らずだったので、日本学術会議には良い鴨となった。少し持ち上げるとネギも鍋も用意したような仕事振りだった。然も後になってレジ袋等の有料化について、それは「あまり自然界には意味がない事」とおっしゃる。これでは自身のした事に対し、あまりにも責任感が無さ過ぎだ。そんな事をコロナ禍で国民が(経済的に)疲弊する最中にやっていた。その点は兄貴の方が世間を知っているだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

それ程までに環境相時代は酷かった。さてこちらもしょうもない。相変わらずの「立憲民主党」だ。その泉健太代表は7日の記者会見でこう言う。朝日新聞によると「同党がネットメディア「Choose Life Project」(CLP)に資金提供していた問題について、「知らなかった。少なくとも現執行部では行っていない」と」。更には「CLP側は、2020年3月から始まり、同年夏ごろに資金繰りのめどがついたため、立憲側に終了を申し出た」とした事を踏まえ「旧立憲は解散し、新たな政党としてできあがっている」と説明をしたのだが、これってこの政党が「民主党政権」に対する言い訳と同様で「逃げてどうする?」だ。解党と解散では、その意味からして違うだろう。結局、この政党は変わらない。

「安倍官邸で働きたかった」「小泉進次郎さんの能力は…」
https://bunshun.jp/articles/-/51267?page=1
首相、連合新年会に出席 参院選に思惑も自民
https://www.sankei.com/article/20220105-QJYPT6AJNRP3JPDKLQEV344CL4/
立憲・泉代表「知らなかった」 ネットメディアへの資金提供問題
https://www.asahi.com/articles/ASQ175FCMQ17UTFK00Y.html

クリックすると元のサイズで表示します

そんな政党だから、そこの支持母体である「連合」が同じような思考ならば、(自民党親中派の)岸田内閣の方が安定感がある」と立憲民主党を見捨てる。産経新聞によると、5日に開催された「連合」の新年会に岸田総理が出席。現職首相の参加は平成25年の安倍晋三元総理以来、9年振りだ。更には、岸田総理「肝煎りの「新しい資本主義実現会議」のメンバーに(連合会長の)芳野氏を指名した。先月8日には芳野氏が自民党本部を訪ね、茂木敏充幹事長、麻生太郎副総裁とそれぞれ会談した」との事。つまり立憲民主党は「連合から見捨てられた」と言う事だ。共産党との共闘も相当痛かったと言う事だろう。岸田内閣は保守層からは見捨てられても「親中派の層を大切にすれば」とでも思っているのだろう。今回のそれは、やはり利害関係の一致が、こんな状態に発展したのだろう。

0

ビジョンは大きい方がいい。  社会・政治



社会・政治blogランキング

「ビジョンは大きい方がいい。たとえ自分が実現出来なくても、バトンタッチすればいいのですから」。これは医学博士(医師)の日野原重明氏の名言だが、何かのプロジェクトではそうだろう。だが個人レベルでも、ビジョンが大きいと見識も変わって来ると思う。さて今日は運転免許証の更新で手稲だ。(そこはローカルネタだが、)それで半日潰れる。昨日は父が元々行く筈だった施設に移転をしたが、母の話では「元気だった」と言う事なので、取り敢えずは安心した。残るは母の病が完治するかだ。現在は、腎臓系の病気で尿パックを下げているが、明日の検診次第では、それが外れるかどうかだ。と言うのも、もし外れたら早く体力を取り戻して父を迎えに行かなければならないからだ。(そんな感じでとばっちりを受けていた。)それにしても掛かるのは医療費だ。両親は共に後期高齢者医療制度に引っ掛かるので、その制度に伴う補助が受けれるが、今回は時期が悪く難儀した。なので全ての体制が戻ったら美味いものでも食いたいものだ。そこから元の生活を実感するだろう。そんなものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

さてネットから拾った記事でも取り上げよう。「北京冬季五輪」開催は、既に1ヶ月前となったが、結局はウイグル自治区での(ジェノサイド等の)人権侵害や武漢肺炎ウイルスの多大なる被害は上の空で普通に開催される事だろう。なのでこんな事が在っても驚きはしない。昨年のクリスマスには、東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長と同委員会の名誉会長の(「キヤノン」のCEO兼会長兼社長)御手洗富士夫氏が、駐日中国大使の孔鉉佑氏を神奈川県茅ヶ崎市にあるゴルフ場『スリーハンドレッドクラブ』で接待ゴルフをしたようだが、これが現実なのだ。FRIDAYが報じたがアホらしくなる。現内閣が親中なのは残念だ。だが「国民まで巻き込まないでくれ!」と言いたい。「TikTok」は中華系なので危険視をされてはいたが、ほとぼりが冷めると「法務省がTikTokと連携」なんてニュースが在った。然もそれが「若い人の契約トラブル防止で特設サイト」だと言うのだから頭がクラクラする。これでトラブル防止になるのか?セキュリティー面で初期に問題になったのを忘れたか?そこが岸田内閣の怖さである。(「台湾より先に尖閣諸島が取られるのではないか?」と思ってしまう程に不安だ。)そうかと思えば北朝鮮では久々のミサイル発射だ。しかし相変わらずの「遺憾の意」とて、もうそんな段階ではないだろう。野党も然りだ。早速、立憲民主党の摂津市議会議員は、そこの日本人拉致問題に関して「今年、不甲斐なかったのは摂津の教育に拉致被害者の問題を持ち込ませてしまったこと。もっと論破できるようにならなくては」。なんてtweetをする始末だ。これで『政権交代』等と言う。代表が変わってもこれだ。こんな政党になんぞに何が出来る。

NHKニュース @nhk_news
https://twitter.com/nhk_news/status/1477071581327523840?s=19
にしたに知美(摂津市議会議員・立憲民主党) @tomominishitani
https://twitter.com/tomominishitani/status/1476890943416840193?s=19
五輪外交ボイコット騒動中に橋本聖子氏が中国大使を「接待ゴルフ」
https://news.livedoor.com/article/detail/21437148/
岸田首相「連続したミサイル発射は遺憾」 落下地点など分析中
https://news.yahoo.co.jp/articles/77ff45fd67162edcb57612f477ee362f41ac3cb9
北朝鮮 弾道ミサイルの可能性あるもの500キロ飛翔 EEZ外落下か
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220105/k10013415441000.html

0




AutoPage最新お知らせ