必ず発見の前に  社会・政治



社会・政治blogランキング

「数学は必ず発見の前に一度行き詰まるのです。行き詰まるから発見するのです」。これは数学者の岡 潔(1901年〈明治34年〉4月19日 - 1978年〈昭和53年〉3月1日)氏の名言。氏は元奈良女子大学名誉教授(京都帝国大学、1940年〈昭和15年〉)でもあり、理学博士でもあった。この新しいものに気づく前にある行き詰まりをパターンとして考えるのは如何にも数学者らしい。その考え方は賛成だ。さて『緊急事態宣言』解除はしたものの、その期間中の習慣は残っている。確かに街の中の人工密度も上がってはきたが、そこで気が緩むのは危険だ。ようやく政府支給のマスクが届いた。お金ももうすぐだろうが、それは元々無いものだと思って記帳したら、そのまま預金としておこう。何かの時に役に立つ。小生、その間に充実したのは趣味だった。何せそこしかお金の使い道がないのだ。例のカセットデッキ(TEAC C3RX)の復活もそろそろだ。どうせゴムベルトなのか走行系のゴム部品の磨耗だろう。いつまでもシャーシー丸出しにする訳にもいかないのでさっさと原因を見定めて修理を終えよう。

クリックすると元のサイズで表示します

その修理中のカセットデッキで再生する音楽も娯楽の一環だが、朝日新聞の記事によると「政府は26日、新型コロナウイルスに対応する第2次補正予算案に、文化芸術・スポーツ関係者や団体に対して、活動の継続や再開などを支援するために、総額で560億円規模の新たな支援策を盛り込む方針を固めた。個人に対しては、最大で150万円を支援する方針」との事。しかしながら一般人の補償レベルを越えるのは疑問。度を過ぎた公的支援にはならないのだろうか?中止や延期になった興行上の売上まで補填とは恵まれ過ぎている。潰しの効かない業種とは言え、レベルの細分化が求められるべきだろう。そこで補償の考え方だが、生活レベルが高い人まで、そのレベルを保たせる必要があるだろうか?「腐っても鯛」でもないが、資産がない訳でもあるまい。記事にはまだゴチャゴチャ書かれているが、これは福祉の考え方と同じで、そのレベルは一般の人と揃えるのが本質で、それを越えたら優遇措置となる。価値観もそれぞれだが、何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」である。

その格言でもないが、ネットでの中傷が過ぎて、精神的にダメージを負い、22歳の女子プロレスラーが自ら命を絶った事案は総務省が動き、今まで野放しにされていたインターネットに関する規制を検討する機会を得たようだ。だが小生、この番組に関しての知識はない。そこで調べたが、どうも視聴者が感情移入しやすい番組のようだ。そこでその女子プロレスラーが、どのような役割だったのかは知らないが、(番組を見ている)ネットユーザーから在らぬ疑いを掛けられやすい立場だったとしか推察出来ない。古い話になるが、テレビドラマでヒロインを傷つけるヒール役は、街中で物を投げられたり、罵声を飛ばされる(テレビ全盛の)時代と本質的に変わりはないようだ。つまりそれがネットに変わっただけなのだ。しかしながら、その昔の人と人の関係と違い、感覚として度を越えやすく、冷酷になったのだろう。そこで時事通信の記事だが、高市早苗総務相は26日の閣議後記者会見で、23日に死亡した女子プロレスラーが「SNS上で誹謗・中傷を受けていた問題について、「匿名で人を中傷する行為は人として、ひきょうで許し難い」と述べ」その上で「匿名発信者の特定を容易にするなど「制度改正を含めた対応をスピード感を持ってやっていきたい」との意向を示した」との事。ちなみに「インターネット上の誹謗・中傷の削除や発信者の情報開示手続きは、運営事業者に対する「プロバイダ責任制限法」で規定。総務省は先月、有識者会議を設置し、同法に基づく開示手続きの円滑化や開示対象となる発信者情報の拡充などの議論に着手している」との事だ。そこで必要なのは線引きだろうか?犯罪としの立件も念頭に置くべきだろう。

芸術関係者に最大150万円 政府支援策、計560億円
https://news.yahoo.co.jp/articles/328e316f958c14f43daa837e5cc4557def71a21e
ネット中傷「制度改正で対応」 高市総務相、「テラハ」木村さん死亡で
https://news.yahoo.co.jp/articles/f4c0d488aab159285efe23defa70d35349b24c57
国民・玉木代表、ネット中傷規制に慎重「正当批判封じる」
https://www.sankei.com/smp/politics/news/200527/plt2005270032-s1.html

クリックすると元のサイズで表示します

尚、これはフジテレビの番組だが、遺族に対し、これと言った対応はないようだ。それ自体も問題だろう。その高市総務相の見解に対する意見でもないが、27日に国民民主党の玉木雄一郎代表がこんな事を言っていた。それは記者会見だったが、ネット上での取り締まりについて「表現の自由に対する配慮も必要だ。正当な批判を封じる可能性もあり、拙速に規制を強化すればいいという話ではない」と。その上で「誹謗中傷や差別は許されないが、政権批判も含めて規制がかかると健全な民主主義の発展にマイナスになる」と。即ち「題投稿への対策はSNSサービス提供者側の自主規制を進める」べきと。確かに一理ある。

0
タグ: フジテレビ

行くも地獄、戻るも地獄  社会・政治



社会・政治blogランキング

「行くも地獄、戻るも地獄」と言った局面の時、僕はこう思うようにしている。「ちょっと待てよ。これは今日中に結論を出さなくちゃいけないのか?」。つまり、期限を考えるのだ。明日でも良いと言う事になれば、そのまま帰宅して風呂に入って寝てしまう。翌日になると、気分が爽やかになって問題の受け止め方が変わっている。悩みが悩みではなくなっている事が多い」。これは経営コンサルタントの堀紘一氏の名言だが、そんな事が起きても期間を置いて「冷静になって考えてみれば?」てなものか?さて時事だが、これは思わず「このタイミングで?」と目が点になった冗談みたいなスクープだ。流石に笑うしかない。文春オンラインによると「東京高検検事長の黒川弘務氏(63)が、産経新聞社会部記者や朝日新聞の元検察担当記者らと賭けマージャンをしていたことが、「週刊文春」の取材で判明した」と。よりによって『朝日新聞』と「産経新聞」の記者だ。まるで鉄砲玉とスケープゴートだ。その記事によると、それは東京都で要請した「ステイホーム週間」中の5月1日の事。即ち緊急事態宣言下だ。尚、この記事の結びでは、まるで落語のオチみたいになっている。『マージャンを終えた黒川氏は、産経新聞の用意したハイヤーで帰宅した』と。チャカチャンである。この件に関し朝日新聞では「不要不急の外出を控えるよう呼び掛けられた状況下でもあり、極めて不適切な行為でおわびする」とのコメントを出したが検察とズブズブだったのは新聞社だった。(接待麻雀か?)然も相手は保守系と極左の新聞記者だ。

クリックすると元のサイズで表示します

これで立憲民主党の政局ネタがなくなった訳だが、次は「任命責任」だのと騒ぎ出すだろう。ちなみに検察庁は行政機関だ。国家公務員法の規定に基づき、その最高の長である法務大臣に指揮権があるが条件がある。そこで検事長の任命権だが、検察が行政機関である事から内閣にある。そこで法務大臣を政府は「スケープゴートにするのかな?」と思ったりするが、その渦中の黒川氏があっさりと辞意の意向を示している。つまり立憲民主党はネタ元を失ったのだ。さてどうする?

黒川弘務東京高検検事長 ステイホーム週間中に記者宅で“3密”「接待賭けマージャン」
https://news.yahoo.co.jp/articles/eff0a082c642085de8dff14dbccaf7f2de382d8a
黒川氏とのマージャンで朝日新聞社が謝罪
https://this.kiji.is/635772158527112289?c=49404987701575680
黒川検事長が辞意 賭けマージャン、法務省調査に認める
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200521-00000002-asahi-soci
自民・世耕氏「考え直す時間できた」 検察庁法改正案見送りに
https://www.sankei.com/smp/politics/news/200519/plt2005190015-s1.html
自民世耕氏VS立憲安住氏 公務員の定年延長を巡る発言を痛烈批判「支離滅裂!与党やめた方がいい」
https://www.fnn.jp/articles/-/44086

クリックすると元のサイズで表示します

この展開はある意味面白い。政府が国家公務員の定年延長を含む『国家公務員法改正案』を今期の国会での可決を断念したが、それは検察官も行政機関故に関連し、共々(の採決が)流れた。それは共産党率いる民主党系政党等の所謂「特定野党」が猛反対した為だが、同時に芸能人を巻き込む大騒動になったからだ。(即ち「ハッシュタグ騒動」だ。)そこでその法案断念に対し、19日の記者会見に於て、自民党参院幹事長の世耕弘成氏がこうコメントしている。曰く「国民の理解を得られないまま、法案審議は進めるべきではないという政府・与党の判断が行われた。逆に立ち止まって考え直すいい時間ができたと思う」と。その上で「雇用環境が厳しくなっている中、国家公務員や地方公務員だけ給料も下がらずに定年延長されていいのか、しっかり考えなければいけない」。「それだけの仕事があるなら、雇用を失った若い人らを採用することも考えていかなければいけない」と。(記事元:産経新聞)そこで翌日、立憲民主党衆院国対委員長の安住淳氏がこう反論した。「自分たちで出しといて、今になって継続(審議)となったら、その法案そのものが問題だって。そんな支離滅裂なことを言う人が今まで私が経験した中で、自民党の幹部にそんな非常識な人いなかったな。恥ずかしい話だ」。「(世耕氏の発言が)参議院の意思とかね、それが安倍さんの意思だとしたら、本当に安倍さんやめないといけないですよ、総理大臣」(記事元:FNN)と。そこで安住氏に一言、「野田内閣の時はどうした?」と。

まるで古典落語の泥棒噺の一席にある『出来心』だ。何でも総理辞任に結びつけるのは、宛ら「花色木綿」ではないか?(参考に冒頭に5代目小さんの『出来心』を貼りつけた。相変わらずの無茶苦茶加減である。)まだなんか言ってたが、いつもの事なので興味のある人はURLを参考にして頂きたい。それにしても、その改正案を反対したのは「立憲民主党」を含む特定野党ではないか?民主党系政党の支持母体は自治労なのに本末転倒だ。そこで安住氏も悔しいだろいが、相当(自治労に)絞られたのだろう。採決の際、いつもの(ように起立したまま「法案反対!」のプラカードを持ち、結局賛成の)ポーズで決める予定だったのに水の泡になった。これは大きな誤算だろう。芸能人を動員させた世論誘導が裏目も出た。首謀者の予想もそれなりだが、次の選挙で小泉今日子さんが共産党や立憲民主党系推薦で出馬したら、その答え合わせは完了だ。

0

相手から元気を  社会・政治



社会・政治blogランキング

実業家の三木雄信氏は言った。「私はどうしてもやる気が出ない時、敢えて人に会ったり、ミーティングを設定したりします。自分の頭だけで考えているだけでは、閉塞して行き詰まりがちですが、人と会話するだけで相手から元気を貰う事があります」と。確かに予定は予め設定しておいた方がダレないだろう。昨日は休みだったが、昨年末から大腿骨骨折による手術で入院をしてた父が、リハビリの為に他の病院に移った途端に老人性肺炎に掛かり治療するアクシデントがありながらようやく退院だ。半年振りだった。それで「どうか?」とは思ったが、帰宅後は部屋と廊下に手すりを業者が取り付けたので、手すりをつたいながらでも、どうにかなっているようだ。そんなこんなで手掛けていたカセットデッキ「TEAC C-3X」のベルト交換とメンテナンス及び修理はひと休みだ。ようやく走行系ユニットを外した。後はそれを開いての作業だ。こちらも「ようやく」なのだ。早く片付けたい。しかしながら分解しながらその構造に感心している。何せ家電メーカー全盛期の製品だ。準日本製品の全盛でもある。特に『TEAC』は磁気フォーマットの音響製品ではトップでオーディオファンは、その製品を持つのはステータスで憧れたものだ。一通り終わったら、次はオープンデッキである。テープガイドを業務用に交換して貰った物がある。

クリックすると元のサイズで表示します

さて「巷では?」だが、例の「国家公務員法改正案」に含まれる『検察庁法』に付けた難癖が誤算となった政党がある。民主党系政党だ。どうも今回も共産党に焚き付けられたようだ。いつもそうだが、共産党は自ら手を汚さず、民主党みたいな手先になる政党にやらせて様子を見ている。そこがズルい。「それでは」と言う事で政府では『国家公務員法』自体の改正を見送った。では反応だが、立憲民主党代表の枝野幸男氏が、自らのTwitterでは「その通りです。全会派が賛成している国家公務員法部分まで先送りにするということは、先送り判断自体が、国家・国民のための判断でなく、(世論・選挙が怖いという)党利党略に基づく判断であると認めることに他なりません」と。その上で「だから『#検察庁法改正部分は切り離し』」等とハッシュタグを変えたが、相当堪えたらしい?これは、こたつぬこさんの「ここからまずは、国家公務員法改正と検察庁法改正を切り離せるか。国家公務員法改正は全会派賛成してるわけですから。切り取りして採決すべきですよね。」と言うtweetを枝野氏がretweetしたものだが、この政党の支持母体は自治労なのだ。つまり藪蛇だ。噛まれて大失敗だ。だからこうなる。時事通信の記事によると「政府は、検察官の定年を引き上げる検察庁法改正案の今国会成立を見送る方向で調整に入った。政府高官が18日明らかにした」。つまり『国家公務員法』の改正案も見送りだ。そこで自治労としては「秋の臨時国会で仕切り直すしてくれないかな?」と望むしかない。その時に立憲民主党は、何処の立場を主張するのだろうか?今回はいつもならば"反対をしたフリ"をして採決時には起立したまま「反対のフリップ」を持ち賛成するパターンで通したのだろうが、(あろう事か)あっさりと政府が梯子を外してしまった。だから慌てているのだろうが見事な掌返しだ。野党の裏を敢えてかいたのも政府自体の印象を考えたからだろう。

此処で「週刊朝日」の記事だが、元通産官僚で現在は政治経済評論家である古賀茂明氏がこんな正論。「これ(国家公務員法改正案)を通すなら、日本の大多数の企業が65歳定年となり、全ての人が安心して暮らせる給料をもらえる環境を整えてからにすべきだろう。少なくとも、コロナ禍のさなかにほとんど議論しないまま通すなど言語道断だ」と。流石にこの主張の方が、ずっと筋が通っている。その上で「私たち国民は、検察庁法改正案に抗議するのと同様に、「#国家公務員法改正案に抗議します」と声を上げるべきだ」と主張をしてるが、それでこそ理解が出来る。国家公務員は何だかんだと言ってもオイシイ仕事なのだ。何せ「親方日の丸」だ。嘗ては公務員が民間に憧れたものだが、今や反対だ。実質的な「国民総生産」が充実する方法を考えるべきだろう。日本人が国内で出来る事を充実せねばならない。それは雇用にも影響する。で、こちらはラサール石井氏のtweetだが、思わず「そう言う事か?」と。何せ「ていうか、国家公務員法ごと見送るなよ。公務員の定年延長そのものは反対してないんだよ。一般公務員を人質に取るな。切り離して提出しろ」だ。なんだか立憲民主党の枝野氏の言い分に似てないか?なんでこんなに一致するのだろう?思えば不思議な事でもある。

検察定年延長、今国会見送りで調整 政府、世論の批判回避
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020051800135&g=pol
古賀茂明「#国家公務員法改正案に抗議します」〈週刊朝日〉
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200518-00000005-sasahi-pol
ラサール石井、検察庁法改正案の成立見送り方針に「ていうか、国家公務員法ごと見送るなよ。切り離して提出しろ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/67b7812ce3cbc84a0a329264568eb866fb2d258f
記事関連Twitter
枝野幸男 りっけん 立憲民主党@edanoyukio0531

https://twitter.com/edanoyukio0531/status/1262189269960949761
JapanPoliticsChannel @JpPoliticsCh
https://twitter.com/JpPoliticsCh/status/1261584423889170433
笛美 #検察庁法改正案に抗議します 発案 @fuemiad
https://twitter.com/fuemiad/status/1261941354482896896

クリックすると元のサイズで表示します

そこでこの前に起きた芸能(著名)人による「ハッシュタグ騒動」だが、それこそ(芸能人には)関係ない(案件の)筈。やはり不自然な出来事だった。それについてTBSの番組では、ジャーナリストの金平茂紀が、こうコメント。「#検察庁法改正案 にネット上でおびただしい数の人々が反対の声を挙げている。その1人の小泉今日子さんに中傷や嫌がらせが来た、こような行為はウイルスよりも怖い行為だ」と。だが反論もあってこその民主主義だ。なのに「その反論をウイルス扱いとは、それ如何に?」である。そんな時にだが、に正に「雉も鳴かずば撃たれまい」である。なんと、その仕掛人が現れた。それは「笛美 #検察庁法改正案に抗議します 発案」なるTwitterユーザーなのだが、なんと例の「#検察庁法改正案に抗議します」のハッシュタグを発案した者らしい?その者が、なんと指原莉乃さんのテレビ番組でのコメントに対し、こうtweet。「#指原莉乃 さんが #ワイドナショー でツイートを投稿する依頼があったとおっしゃっている件、少なくともタグ発案した私は依頼してません」。「後半のEXIT兼近さんの発言に共感「勉強しないと参加してはいけないのが政治ではない。大人たちがきゃりーさんを叩いたことで若者が口をつぐんでいくのがだるい」と。もしやこれって「本物の首謀者封じか?」と勘繰るが、「ちょっと雑過ぎないか?」と言うのも、わざわざ自供する必要もないだろうと思うからだ。しかしまあ露骨な動きだ。

0
タグ: 日本共産党




AutoPage最新お知らせ