何の為に強くなるか?  独り言



社会・政治blogランキング

大山倍達氏と言えば在日朝鮮人の武闘家だが、梶原一騎原作の「空手バカ一代」のモデルとしても知られており、その空手道に関しては、「なかなか此処までの人は現れない」と言わしめる程の大人物である。ちなみに「国際空手道連盟極真会館」を設立したのも氏である。その大山氏の名言には「何の為に強くなるか? それは自分に打ち勝つ為であり、義を通す為であり、人を導く為である」と言うものがあるが、その凛とした精神は見習いたいものである。こちらのblogでは何かと南北朝鮮については国家の在り方を疑問視するが、朝鮮人の全てが卑怯で悪い訳でもない。そこで原体験から、その国家体制の批判はするが、個人レベルでは悪い思いをしたのは商売上(仕事でのやりとり)の事だけなので、そこの処はなるべく分けて考えている。特に日韓併合世代と自虐史観世代は全く感覚が違うので、たまに悪い印象のある人物に出会った場合は「そんな教育を受けた世代だから仕方がない」と思っている。と言うのも日本人も自虐史観が強い世代は手が付けられない程に酷いからだ。

クリックすると元のサイズで表示します

更に南北朝鮮で行われている「反日教育」にも騙されるのも、その世代なので「こりゃ酷いや!」と思うパフォーマンスも、その手の媒体で取り上られられる一部の人達だと思ってはいる。それを言うのも現在の共産党の方の中国にも、それが言えるので、国家戦略に影響をされない国民(人民)なんて居ないのだ。なんだかよう解らん話の枕だが、最近は国粋主義やら民族主義もプロパガンダに利用され、本当の意味の御国柄が狂ってきている。そこで「実際は、もっと純粋なものの筈なのに?」と思ってしまう。これは私見だが、グローバルも過ぎると世界が平均化して何処の国も同じ感覚になってはつまらない。しかしながらそこは国際ルールとはまた別なので。それとこれは違うのに、そこを理解出来ない国家がある。それが特亜諸国なのだが、国民も国家体制に踊らされては駄目だ。明かに可笑しなものは、やはり傍から見ても変なものなのだ。だから「アノ国がやっているから、この国もやろう!」なんて考えは一番いけない。そんなもんは内容まで理解してから初めて検討するものだ。

さて今日は休みである。だからblogの更新ものんびりである。唐突だが、昨日の読売新聞の記事で朝から驚いたのだが、菅義偉内閣の支持率が74%だそうだ。これって支持者には嬉しいだろうが、正直「高過ぎな〜い?」と疑問に思った。どうせ御祝儀だろうが気味悪い。そこで「他によい人がいない」が30%との事だがそれは解る。これは自民党総裁選の投票日前の中日スポーツの記事だが、13日放送のTBS「サンデージャポン」で壇蜜さんが総裁選について述べたコメントがなかなか共感出来る。記事によると「代役MCを務めたハナコの岡部大から「壇蜜さん、せっかく総理大臣が代わるなら、もっといろいろ変わってほしいと思う人も多いような気がしますが」と聞かれると「私40年近く生きてきて、思っているんですけど、そんなに急には変わらない。次こそはとか、今度こそはとか、あの人こそはやってくれるみたいのって、なかなか感じるのが遅いかな。ただ(菅官房長官は)7年以上、安倍総理のお側にいたことで分かることもある。一番近くにいる人が引き継ぐ感じがするから、今までの感染症対策とか、不景気なこととか、じわじわとよくなっていけばいいという願いを持たずにはいられない」と」コメント。実際、そんな感じがする。逆に劇的に変わったら混乱する。それが民主党政権だった。何せ今までのものを全否定だ。おまけに何も根回しもなかったので政府だけがパフォーマンスで浮いていた。そこで置き去りにされたのが国民だった。その頃の政府は国民に向かって政治なんてしていなかったので、とにかく何をするにも独り善がりだった。つまり自己満足だけで終わったのだ。それでも始めた頃は国民も「この政府が育つのを見守っていよう」なんて余裕があったのだが、そのうちどんどん国民の生活が苦しくなってくる。株価も下がる。失業者も溢れては「どうしたんだ!」と不安になった。その代わりに特亜が潤っているのが民主党の対外政策だった事を知ると、ようやく慌てた。鳩山内閣から菅直人内閣になるまでの経緯がそんな感じだった。そこで「次の選挙で民主党を落さなきゃ!」となった。後は言わずもがなだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

では今回、誕生した菅義偉内閣についてだが、何かと批判されるように確かに女性閣僚が少ない。それについて女性側の意見はどうなのだろう?そこでアナウンサーの田中みな実氏の意見だ。やはり「サンデージャポン」(20日放送)だが、こうコメント。「毎回、女性が少ないだの多いだの取り沙汰されるんですけど、それ自体に違和感がある」と。その上で「同じ女性として、どう思う?って意見をよく求められるんですけど、多かろうが少なかろうが、何とも思わない」。「それよりもコロナ禍において、ちゃんと仕事をしてくれる人、私たちが安心して政治を任せられる人事になったんじゃないかと思います」との持論。意外とマトモな意見で見直した。(記事元:東スポWeb)実際、歴代女性閣僚を見ていても見掛け倒しだった。私見だが、小泉内閣が誕生した際、田中真紀子氏が外務大臣を務めたが、それから出てくる話は部下に対するパワハラばかり。そこで「指輪がどうの」とか何だか解らんうちに更迭だ。マドンナ議員ブームの時には初の女性総理も期待されていた人物だけにガッカリした思い出しかない。後は稲田朋美氏が第3次安倍第2次改造内閣に於いて、防衛大臣を務めた際の事。それまでは淡々と大臣を務めた印象があったが、何故か防衛大臣になった途端にフニャフニャした印象しかないのだ。そこで「もう少し凛とした人だった筈なのに?」とガッカリした訳だ。それだけに高市早苗氏が巌とした気丈な姿勢で総務大臣の仕事をこなす人は「女性閣僚でも貴重な存在なんだな?」と感心した程だ。確かにあれだけ隙がないと野党も攻撃のしようがない。だからその後に総務大臣を継いだ野田聖子氏が御粗末に見えた。野田氏は石破茂氏の女性版だ。前任者が手を掛けていた電波法改正も携帯電話料金の見直しもしなかった。それ処か他閣僚の政策実現に対しての邪魔ばかりしていた。なので安倍内閣で掲げた政策の反対ばかりしていた印象しかない。だから総務大臣が再び高市氏に返り咲いたとしか思えないのだ。そんな事もあり、女性閣僚は適性を余程調べないと痛い目に遭う。適任者選定は余程慎重にしないと駄目だ。

菅内閣の支持率、歴代3位の74%…読売世論調査「他によい人がいない」30%
https://www.yomiuri.co.jp/election/yoron-chosa/20200921-OYT1T50061/
壇蜜が政界への本音ポロリ!?「私40年近く生きてきて、思っているんですけど…」菅官房長官には「長生きしてくだされば」
https://news.yahoo.co.jp/articles/c392cee24c828dc2e4cbbf9d194c0b7450b5183b
田中みな実 女性閣僚の数を聞かれ「多かろうが少なかろうが、何とも思わない」
https://news.yahoo.co.jp/articles/75d527b45d067786b74a900fa41ef0d3cdfd4b7c
立憲民主・小沢一郎氏「野党はひとつになる。1年以内に必ず政権をとる」
https://news.yahoo.co.jp/articles/3288e3dbc2fbc9fdabff6354d11be02b20354820



それとこれはどう言う理屈でこんな事を言い出したかは知った処でどうでもいいが、それをどんな方法でやらかしたら出来るか「具体的に教えて頂きたいものだ」と思った記事。スポーツ報知によると「国民民主党と合流した立憲民主党の小沢一郎衆議院議員(78)が21日、東京都内で自身の政治塾を開き、講演を行った」際に最初に合流新党の「立憲民主党」について、「皆さんのおかげでようやくできました」と感謝を述べたのだが、「安倍政権を承継すると言っている。あんなもうひどい政権をそのまま引き継ぐなんてとんでもない。私は菅さんの新しい政権も非常にもろい部分を多く含んでいると思います」とリップサービスも忘れない。そして更にはこう言った。「11月には社民党も一緒になるという予定になっていますので、ほぼ野党はひとつになる」と。そこで「これが効果的に機能すれば絶対に政権とれる。間違いなく政権とれる。もう一度政権交代して野党政権つくんないとね、日本の議会制民主主義は定着しない。1年以内に必ず政権をとる。そう私は心に決めております」と訴えたのだが、クイズ番組でもないが、「さて立憲民主党は、どんな方法を実践したら「政権交代」が出来るでしょうか?」と問いたい。もちろん正解しても何もなしだ。今更媒体で大々的に世論誘導もバレバレで出来ないだろうし、あの失政で「二度とあんな民主党に票なんて入れてやるものか!」とまだ怒りの収まらない国民の気を変える方法とて、思いつかないだろう。それこそ軍事を伴う政治クーデターでも起こさないと実現は不能だろう。自衛隊内部にも左翼思想の人は居る筈だ。かと言え「226事件」を現代に再現するのは不可能に近い。

0

高く自らを導いて  独り言



社会・政治blogランキング

「高く自らを導いて行こうとするならば、敢えて障壁に立ち向かって行かなければならない」。この名言だが、京セラや第二電電(現・KDDI)創業者として知られる稲盛和夫(1932年(昭和7年)1月21日〜)氏のものだ。実業家としては既に歴史上の人物なので、鬼籍に入られたと思われ勝ちだが、長寿で当年88歳だ。尚、他の役職としては公益財団法人稲盛財団理事長であり、「盛和塾」塾長や日本航空名誉会長でもある。その名言は要するにスキルアップだ。流石にそこは当人次第だろう。だからその手の名言は、大体こんな感じだ。そこで御詫びだが、昨日取り上げたジョージ・ルイスの名言。「創造力によってほとんどどんな問題でも解決できる」は、実はジャズクラリネット奏者のジョージ・ルイスではなく、米国の編集者のジョージ・ルイス(1931〜)の名言だった。つまり同姓同名だ。しかしながらジョージ・ルイスはサッカー選手のジョージ・ルイスも居りややこしい。だが小生の知っているジョージ・ルイスはジャズクラリネット奏者のジョージ・ルイス。そのジョージ・ルイスの後にもジョージ・ルイスが居るなんて知るものか?尚、編集者のジョージ・ルイスの名言は「独創性による創造的な行動、習慣の撲滅は、あらゆるものに打ち勝つのだ」と続き、アートディレクターでもある1面も伺う事が出来る。話が長くなった。昨日は高齢の父がヘルニアの手術をしたのだが、長年気にしていたものだったので、気持ちもスッキリとしたようだ。本当は若いうちにしとけば良かった手術だが、体力が、それに勝っていたのでどうにかなったようだ。そこで「そんな事もあるのかな?」とも思ったが、そんなものなのだろう。まあ色々と事情もあるものだ。

此処で時事だが、菅義偉内閣は、大臣揃ってレスポンスが良いようだ。そこで早速、動きが早いのが行政改革担当大臣の河野太郎氏だ。17日のTwitterでは早速「行政改革目安箱(縦割り110番)を立ち上げました。無駄な規制、仕事を妨げている規制、役所の縦割りで困っていること等々、規制に関する情報をお送りください。霞ヶ関の住民からのインプットも歓迎します」と呼び掛けた。その反響は大きくパンクしたそうだが、翌日のTwitterでは「今までにいただいたご意見の整理を行いますので」としていたので実態は掴めたようだ。そこでやはり「政権交代」は夢のまた夢の立憲民主党の蓮舫参議がケチをつける。自らのTwitterで「行革は必要です。が、目指す社会像があってこその改革なのです」としながら「例えば少子化対策であれば保育所は厚労省、学校は文科省、塾は経産省、通学路の安全は国交省というような縦割りを整理するのが行革」と意見。その上で「行革だけ、大臣個人のツールで「やった感」は、危ういのです」と何もやらない議員が文句ばかりだ。(記事元:スポーツ報知)

クリックすると元のサイズで表示します

そんな河野氏を大阪府知事の橋下徹氏は評価する。スポーツ報知によると、17日放送のフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」では「内閣のキーマンとされる河野太郎行革相が就任会見でリレー式の大臣就任会見について、「大臣が各省に散ってやりゃすぐ終わる前例主義の最たるもの。こんなもの、さっさとやめたらいいと思います」と、さっそく批判したことを称賛」。「20人の大臣のうち、(深夜までの)会見がおかしいと言ったのは河野さんだけ。僕は大賛成」と橋下氏は評価。その上で「会見をやめるってことすら、口に出す人はいないし、記者の方がおかしいって言ってもいいのに、今までのやり方を踏襲してきた。改革ってものは知識だけではダメ。改革力ってのはおかしいってものに気づいて、それを口に出すことがものすごく重要です。口に出すって、ものすごく勇気がいる。一斉に文句言われますから」と。更に「今まで改革は全部、菅さんが口にしてやってきた。これからは河野さんに改革することを見つけ出して口にしてもらう。河野さんが『おかしい』と声をあげ、菅さんがそれに『やれ』って号令をかける。僕はそういうエンジンでやっていってもらいたい」と期待を寄せていたのだが、これとて改革。媒体に後から発表してもらうなりの方法はある筈だ。だがその場合は偏向報道の危険性があるのが悩みの種か?

橋下徹氏、さっそく大臣会見に異議の河野太郎行革相に期待「改革力ってのは、おかしいものに気づいて、それを口に出すことがものすごく重要」
https://news.yahoo.co.jp/articles/4198b1ffc839a361c0cb5a2652b47f3a31c09450
蓮舫氏、河野太郎行革相の「縦割り110番」に「大臣個人のツールで『やった感』は、危ういのです」
https://hochi.news/amp/articles/20200918-OHT1T50032.html
立民・安住国対委員長「政府の責任は大きい」 ジャパンライフ幹部ら逮捕
https://www.sankei.com/smp/politics/news/200918/plt2009180007-s1.html
立民・福山幹事長「桜見る会中止、明確な理由説明を」 (京都新聞)
https://news.yahoo.co.jp/articles/edc2636e451375732d67357f0f7bf652680b33e2
河野太郎Twitter:https://twitter.com/konotarogomame/status/1306480943616552961
https://twitter.com/konotarogomame/status/1306815489587310592

クリックすると元のサイズで表示します

尚、国会では、またもや吉野の席もないのに「また大向こうが掛けられるのか?」とウンザリする。たぶんコイツらまたやらかす。産経新聞の記事によると18日に立憲民主党の安住淳国対委員長が、国会内で記者に対し、ディストリビューター形式の商法で知られる「ジャパンライフ」の元会長らが詐欺容疑で逮捕された事を受け、その「安倍前総理主催の「桜を見る会」の招待状を宣伝に使っていたとされ、安住氏は「『桜を見る会』の招待状が2千億円の詐欺を生むきっかけになったことを考えれば、政府の責任は非常に大きい」と述べ」ていた。それ自体が言い掛かりだが、飽きずに同じ事を国会で追及となりそうだ。コイツもそうだ。京都新聞によると「菅義偉首相が「桜を見る会」を来年以降中止する意向を示したことについて、立憲民主党の福山哲郎幹事長(参院京都選挙区)は17日、「やめる理由をはっきり示していただきたい」と明確な説明を求めた」との事。つまりやってもやめても文句が言いたいだけだ。蓮舫参議もそうだが、これで立憲民主党の支持率が下がっているのに知らんぷりだ。結局、「政権交代なんて」する気は全くないのではないか?記事に戻ると「菅首相は前日の就任会見で「来年以降中止したい」と述べたが、福山氏は「なぜやめられるのかはっきり分からなかった」と指摘。功労者や外国の大使を招いて慰労する会の意義自体は否定されるものではないとの認識を示し、「安倍政権で異常な運営をされ、情報を公開しなかったから問題になった。総理枠の問題や隠している文書も出していただきたい」と語った」との事。この制度関連の記事だが、「何であんなに?」と思う位にアホらしい。コイツらの疑問にも、かなり早い段階で説明をしているのに納得する気は始めからなかった。メンタルがまるでソッチの人だが、そんな調子でコロナ関連の対策法案の邪魔を懲りずに「桜」でやらかすのは見え見えだ。そんなもんを追及しても、コイツらは自己満足の為に国会を荒らしてるだけで、国民の生活には全く役に立たない。左派系の媒体も既にマトモな国民から見切られているのに飽きずに特定野党の忖度報道だ。それらのブレーンは何処だ?

0

一旦決断  独り言



人気ブログランキングへ 

「一旦決断したら振り返らない」。これはオーストラリア・クイーンズランド州マウントアイザ出身のプロゴルファーであるグレゴリー・ジョン・ノーマン(Gregory John Norman OA、1955年2月10日 - )氏の名言。それとこの人、ゴルフに詳しい人ならば御存知なのだろうが、ホワイト・シャーク(White Shark)なんて愛称でも知られているらしい。さて北海道は、胆振東部大地震から早いもので2年である。幸い自宅は、それで8ミリ映写機が壁に直撃し、穴が空いたのと、そのショックで内部の部品がズレて未だに未調整な位だ。結局、小生の趣味関連の物に被害があっただけだ。壁の穴は紙粘土と壁紙で修復済みだ。手付かずの映写機は作業が始まれば早いのだろうが、どうも気持ちが乗らず、そのままである。余談だが、昨日に「かつや」で食べたカツ丼が旨かった。

クリックすると元のサイズで表示します

さて「巷では?」だが、まだ真夏日が続く北海道でのマスクは鬱陶しい。たぶん今では(大袈裟ではなく)国際的にも、そんな感じだろう。その気持ちの積み重ねが、このコロナ禍なれば中国(共産党)政府への怨み辛みとなろう。敢えて『怨』の漢字を使ったが、これとて中国のせいだ。だが当の中国は、そんな事を屁とも思わず、派遣行為を繰り返すので、やはり浮かぶのは陰謀論。「故意に『新型コロナウイルス』を巻き散らかしたな?」と。各国に侵入した工作員も強気で存在を自ら示しているが、これは解っていても「少しは上手くやれよ?」と思ってしまう。実際に外国の人が日本のテレビ放送を見た時に露骨に「なんで中国目線なの?」と呆れるらしい。つまり、それが実態なのだ。確かに特派員やレボーターの名を見ても明らかに日本にはない苗字を見かける。番組プロデューサーもそんな感じだ。それでは国内感覚も狂ってしまうだろう。違和感はそこだ。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は取り敢えず、これで終わり。暑い日は集中力が維持出来ない。明日の札幌は33度だ。

0




AutoPage最新お知らせ