緊張出来る事  独り言





タモリ事、森田一義さんが「緊張しないコツは?」と聞かれた時にこんな事を言っていた。「コツなんかない。緊張出来る事をやらせて貰っている事を幸せだと思う事だよ」と。なんだか明石家さんまさんの仕事に対する姿勢とよく似ている。緊張も付き合い方次第なのだ。昨日の休みは旧友宅に行ったが、近いうちにまた行く用事が出来そうだ。それがオープンテープデッキの速度切り替えとリールの切り替えスイッチの交換なのだが、既に現行品が無いので類似品で済ませるしかないのだ。面倒だが仕方ない。カセットデッキの方は、メインデッキが経年劣化でまた沈没したので代用品として、日立Lo-Dの「D-400MKU」なる1975年製造のカセットデッキを取り敢えずリファレンス機として使用だ。回転制度はラジカセ程度だが無いよりはマシだ。ピアノが妙な感じになるのが難点だが、これも仕方ない。ピアノが入らない曲とか落語等の録音ならば対して気にならないので、そんな使い方にしよう。正に「割れ鍋に綴じ蓋」だ。ちなみに昨夜は「DENONの名機」を落札しようと頑張ったが、予算には勝てず諦めた。ピアノ曲がマトモに聴ける精度のカセットデッキを探そう。となれば自然と高級機になるが仕方ない。「仕方ない」の連続だが妥協も禁物なのだ。敢えて精神衛生上悪い事を選ぶ必要もないだろう。これからする事としては、TEACの「A-450」なる1972年製造のカセットデッキの基板交換だが、外した回路をジャンクにするのも勿体ないので、こちらのパーツ交換もしようとは思っている。今の処はこんな感じだ。また趣味の話から始まったが、衆議院選挙の投票は、また期日前投票でする予定だ。しかしながら今回は自民党に票を投じる考えもない。与党新総裁且つ、新総理の言動不一致が目立つからだ。然もそれが経済政策だったので、尚更に信用ならないのだ。「令和版所得倍増計画」を期待したが、結局、新総理も財務省には勝てなかった。外交も韓国には強く意見を言えるが、中共政府には何も言えないのだから絶望的だろう。外務大臣が親中派の茂木敏充氏のままなのだから、それだけでも期待は出来ないのだ。あほらし。

クリックすると元のサイズで表示します

今日も休みだが、午前中は病院に行ったり、ホームセンターに行ったりと忙しい。主に文房具だが、インデックス等で使う紙やら金物、パーツ入れに使えそうな物等、その場で閃いた物でも買って来よう。やや計画からズレた状態でもあるので慎重にだ。衆議院選挙の最中なので、少しは政治の話題にでも触れておくが、自民党現総裁たる総理が、総裁選で掲げた政策が、既に過去の事では話にならない。特に経済政策で、国民の気を惹いたのに見事な位の掌返しをするのだから、その時点で終わっている。更には外交に関しては危機感すらあるので危なかしい。ガッカリである。いい人だとは思うが総理には弱い。外相時代でも、その人の良さが災いし、ユネスコ無形文化遺産での失態では、韓国にしてやられ、慰安婦問題終結合意後の態度があまりにも天狗になっていたので、前者の時の「酷い言い訳はなんだ?」と不信感しかない。しかしどんなに政府与党が酷くても野合した野党が与党になる可能性は低い。あの蓮舫氏が阿蘇山噴火を即座にネタにして防災担当大臣の二之湯智氏が如何に災害に経験のない人物かを批判したが、嘗ては民主党政権を仮免許状態等と表現をし、少しでも経験の浅さを回避しようとした姑息さは忘れない。どうも「東日本大震災」時の対応で、被災地から多くの批判が在った事を忘れている。物資の供給にしても自治体からの要請を待つマヌケ振りだった。津波で役所も流された状況で、どう連絡を取れと言うのだ。現に災害のスペシャリストを自称する人物か過去に大臣になった事なんぞはないではないか?アホな事を言うのはやめてほしい。当時は内政も滅茶苦茶なのに韓国や中国を支援していたのも酷い話だ。中小企業の倒産も相次いだ。

蓮舫氏が阿蘇山噴火でさっそく岸田内閣批判「二之湯大臣は天災や防災をやったことがない」
https://news.yahoo.co.jp/articles/0e35353042f83ee2bbe425c491ea6c93d7512ec9
維新・副代表の吉村知事「分配って財源どうするの?増税?借金?そんな無責任な政治ダメ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/253241c06ba79622c330d5d13923d90f56532fb6
維新・吉村副代表「残念。改革という言葉を放棄した」 第一声で自民党との対立軸を明確化
https://www.daily.co.jp/gossip/2021/10/19/0014774762.shtml

クリックすると元のサイズで表示します

0

怖いから頑張んねん。  独り言



人気ブログランキングへ 

これは明石家さんまさんが言ってた事だが、さんまさんの仕事に対する覚悟が伺える。曰く「お笑い芸人は緊張しない奴は売れないねん、見事に。みんな緊張しぃやねん。怖いから頑張んねんけど」と。此処までの重鎮的な存在の人でさえもこうなのだ。だからその辺の心構えのない芸人が本質を忘れ「ネットで荒れるのかな?」と思う。そんな芸人とも言えない人は、どうせ降りてきたものでしかものが言えないのも覚悟がないからだ。嘗て八代目の林家正蔵(彦六)は噺の枕で「俺は共産党員だよ」と明言してたが、若き日にはプロレタリア運動に関わった筋金入りなれば、こそこそ隠すよりは身の内を明かした方が気が楽だろう。そんな師匠だが、「本人談によれば「あたしゃ判官贔屓」あるいは「共産党は書生っぽいから好きなんですよ」とのことであった。自身が贔屓にしている共産党金子満広などに、参院議員時代の立川談志が侮辱的な野次を飛ばして辞職後も場外で続けていたことを快く思っておらず、会えばしょっちゅう喧嘩になっていたという」てな事がWikipediaに載っていたりする。やはり此処まで明言出来るのも覚悟があればこそだ。最近は安倍政権時にあれだけネットで騒いだ芸(能)人達が大人しく「どうしたのかな?」と思う程だ。別に党員の印象すらない芸能人ばかりだったので、それこそ日本共産党のカクサン部辺りが流布したネタの受け売りだったのだろう。(現に“反対の為の反対”ばかりだった。)なれば「二階政権」化し、親中政権だった菅内閣への批判が意外と無かったのも頷ける。言うまでもないが、そんな野党は特亜の工作機関みたいなものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

此処で時事にも触れておくが、北朝鮮はまるで「少しは振り向いてくれよ!」と言わんばかりにミサイルの発射だ。衆議院選挙中なので「尚更なのかな?」とも思うが、それで総理が官邸に居ない事を立憲民主党は「危機感が足りない」と批判。その為に防衛相やら外務相が居るのだがうるさい奴等だ。で、その総理と言えばTwitterで「毅然と対応してまいります。」だ。もうそんな段階は終わった。さっさと制裁をせい!かと思えば中共は「バブル崩壊」後の暴動に備えて人民解放軍と警察に「第1級厳戒態勢」を発令だ。資本主義なのか共産主義なのかハッキリせい。昔々は「中華人民共和国」が豊かになれば、自然に民主主義化をするだろうと政府開発援助(ODA)で援助したが、これで中共の乞食根性を助長させてしまった。そんな最中には「六四天安門事件」が起きたが、その時に世界がソッポを向いた時に手を差し伸べたのは日本政府だったが、今思えば無駄だった。当時の総理は宇野宗佑氏だったが、その宇野総理と三塚博外相が「中国の孤立はさせない」と対中非難を強める先進諸外国と歩調を異にしたのだ。(まるでコロナ禍での菅義偉内閣の対応とそっくりだ。)やはり日本の親中派は中共に骨の髄までしゃぶりつくされた印象しかない。新総理は韓国には強硬な姿勢を貫いているようだが、中共にはどうだろう?総裁選に於いても「対話」がどうのと寝惚けた事を言っていたので不安しかない。話が通じないから、韓国には強硬な姿勢を取っているのに「中共には」と言う訳には行くまい。何度も騙されているのだから「いい加減に学習せい!」と言いたい。新内閣の外相が茂木敏充氏に留任をさせた事自体が、この内閣の頼りなさである。対中政策は形だけのものだろう。色々な事が予想されるので、今回の衆議院選挙では、自民党に票を投じるのが無駄な感じがする。なれば考え方のマトモな少数政党を育てる気持ちで、その票を投じた方が無駄にはならない。民主党系は最初から頭にはない。

中国指導部 恒大集団の経営危機で軍・警察に「第1級厳戒態勢」を発令
https://news.yahoo.co.jp/articles/015a9b9fbc7fa1657a1be5d5b20e95dd4a9a7176
岸田首相から3匹目のドジョウ狙う韓国 米中対立で日本の「輸出規制」が凶器に
https://www.dailyshincho.jp/article/2021/10180559/?all=1&page=1
枝野氏 ミサイル発射時に首相と官房長官不在で批判「危機意識欠如」
https://mainichi.jp/articles/20211019/k00/00m/010/168000c
岸田文雄 @kishida230
https://twitter.com/kishida230/status/1450283996005343237?s=20

クリックすると元のサイズで表示します

0

実績を作る事。  独り言



人気ブログランキングへ 

「場数を踏んで実績を作る事が大事」。これはジャニーズアイドルの藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)さんの名言。確かに実績とは、そう言うものだ。そうしてスキルが上がる。そんな感じでカセットデッキの修理なんぞをしているが、それは、昨年の(武漢肺炎ウイルスによる)「緊急事態宣言」等の規制で休みが増えた事からやろうと決めたのが事の始まりだ。メーカーでは既に古い機種の修理は受け付けてはくれないのだ。仕方がないので、故障し御蔵入りをしていたカセットデッキの修理を自身で手掛ける事にした。それからその(修理の)方法やらを色々と調べた。(今やカセットデッキの修理方法位はネットで幾らでも調べられるのだ。)それから程なく手掛け、その修理が上手く出来た事から現在に至る訳だが、そこで得たスキルは正に怪我の功名だった。そこであわや失敗となっても経験だ。それがあればこそ、理解が出来る事も多々あるのだ。今年は騙し騙し使っていたTEACのカセットデッキが沈没した。それでリファレンス機として使えるデッキが無くなったのは残念だった。仕方がないので(動作品としてヤフオクで出品されていた)Pioneerの製品を落札したが、満足に使えたのは3日程だった。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも経年劣化が原因だ。ある程度の修理箇所の目処はついたものの、各メーカーには特有の技術があり、そこを理解しないと何の作業も出来ないのだから自然とスキルが身に付くのも当たり前だ。そのPioneerの手の込んだ技術も、今頃になって仕組みが解ったが、そんなものなのだ。先月は一度に色々な物が故障し、更新を余儀なくされたが、どうやら今月は、その解決に与えられた月のように思える。近日中には、やはりヤフオクで落札したカセットデッキが届くが、それをリファレンス機として使う事で、修理を手掛ける事が出来る物がある。現在、再生専用機として使っている「TEAC A-450」なるカセットデッキだ。基板の差し替えが出来る時間が空くので、ようやくその作業が可能となる。こちらでの録音再生が可能となれば、昨年から気まぐれで始めたテープの整理が進む。早く片付けたい。これは1972年製造だが、当時の高級機で、録音再生共に「これがカセットテープの音か?」と驚く程の高性能だった。現在は、その録音アンプのフィルムコンデンサーが飛んだ事から再生機として使っているが、無傷の基板が在るのでサッサと交換をしようと思う。やはりカセットデッキは複数台在ると選択肢も出来るものだ。各特性を活かして使える。それにしても武漢肺炎ウイルスによる環境の変化による影響は多大なものである。ようやく幾度目かの「緊急事態宣言」は解除をされたが、現在している小生の趣味は、正にコロナ禍の抑制により開花されたもので、そのウイルスが流行る前とは全く環境が変わってしまった。それは今まで使えなかった時間がフルに使えたからだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

知韓派・河村建夫議員、今月末に政界引退
https://news.yahoo.co.jp/articles/a0898edc47ee3fbd43e418dcfab80b77a2075972
中国・不動産会社がデフォルト 社債償還できず
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB161AE0W1A011C2000000/

さて時事だが、共和党が治めている方の中国は、到頭破綻らしいが、「らしい?」としか言えないのが現状だ。そんな事は10数年言われている。つまり中国のデフォルトはネタに過ぎないのだ。(もしそうならミサイル位は無差別に発射しそうだ。(しかしそれもイメージに過ぎない。))思えばそんな中共に優しい日本の政治家の権力も削がれたし、韓国へのパイプの太い政治家も引退してしまったのだ。新政権はブレーンが割としっかりしているのかも知れない。選挙の結果が興味深い。しかしながら何かしらの結果を出してからの解散の方が選挙には効果的だったと思う。

0




AutoPage最新お知らせ