人間は習わし次第  独り言



人気ブログランキングへ 

「人間は習わし次第のものだ!」。これは英国の劇作家、シェイクスピア( William Shakespeare, 1564年4月26日(洗礼日) - 1616年4月23日(グレゴリオ暦5月3日))氏の名言。つまり習慣を繰り返しながら人は出来上がって行くのだ。さてこの前に山口県阿武町で誤給付された4630万円の返還を巡り、その24歳住民が弁護士を通じ、今後の対応が注目されていたが、結局はオンラインカジノでオケラになったのは本当のようで、その結末は逮捕となった。やはり単純に横領罪とは、ならなかったようで、電子計算機使用詐欺罪が適応されそうだ。それ即ちWikipediaから解説文を引用すると「財産権の得喪・変更に係る不実の電磁的記録を作る等の手段により、財産上不法の利益を得ることを内容とする犯罪類型。刑法246条の2に規定されている。コンピュータ犯罪への対処を目的とした、昭和62年(1987年)改正において新設された。「コンピュータ詐欺罪」ともよばれる」と。実際、その容疑者もオンラインによって給付金を操作しており、手元にそれがない状態で魔が差してしまった。しかし金額が金額だ。その誤給付で気が大きくなったのか、「もう働かなくてもいいや!」と退職をしたのは、その大金故だろう。そこまでは理解が出来なくもないが、それを「オンラインカジノでオケラとは?」全く理解に苦しむ。では「なんで退職をしたの?」と。だがそんな処が24歳なのかも知れない。たぶんオンラインカジノもスマホゲーム感覚だったのだろう。確かに処構わずスマホゲームに興じる人を通勤中には割と見るので、そんなものなのだろう。日本人の知能が下がる訳だ。(職場にも、仕事そっちのけでゲームに興じる人を見ているので尚更だ。)しかしそれで逮捕とはアホとしか言いようがない。馬鹿らしくて碌なコメントしか浮かばない。ほんとに「何やってんだか?」だ。

クリックすると元のサイズで表示します

山口 阿武町 4630万円誤給付 24歳住民を逮捕 警察
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220518/k10013632651000.html
フィフィ @FIFI_Egypt
https://twitter.com/FIFI_Egypt/status/1526921030757150721?s=19

0

ポジティブとネガティブ  独り言



人気ブログランキングへ 

「性格のポジティブとネガティブは裏表。ストレスを感じる事からは逃げてもいい。自分の個性が生きる場所に移動すれば、誰でもポジティブに生きられる」。これは書道家の武田双雲(本名:武田 大智、1975年6月9日 - )氏の名言。つまり自身の居場所の事。誰にでも、それは在るものだと思う。小生の場合は趣味だが、それが高じて仕事になる事もある。前職が、そうだったが、そうなると、そこに人間関係が絡んでくるので何かと面倒だ。挙げ句の果てに、その面倒が原因で、好きだった筈のものが、嫌いになる事は割とあるものだ。だから写真に関しては(以前程、)撮る事も、観る事も興味が薄い。だから今しているカセットデッキの修理も、(一時は仕事にする事を考えたが)趣味のままで良いと思う。趣味だから試行錯誤も出来る訳だし、納期もないので気楽なのだ。それこそが趣味の醍醐味でもある。反面、音楽の方は、少し駒を進めても良いとは思うが、これは老後の課題でもあるし、楽しみでもある。そんな事をぼんやりと思いながら、趣味は尽きないのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

さて沖縄が本土復帰を果たしてから、早くも50年だが、「50年経って?」と言う思いがある。それだけ政治的に色々なものが入り込み、反日の左翼共のプロパガンダに翻弄され、その政治運動に振り回された。さらには、それに加担した各社媒体に悪用され、散々な目に遭っている。解りやすいのが、米軍の基地問題。何故かあれは、解決をしようとすると妨害される。(つまり基地周辺の住民が(何かと)危険なので、その基地を移動する話がついても、次は環境問題を持ち出し、結局はふりだしに戻そうとするのだ。)そこで「危険だから基地の移動が決まったんじゃないの?」と不思議な話になる。早い話が、韓国の慰安婦問題でもないが、解決されると困るのだ。(なので、些か野暮だが、)そのバックにある組織を知りたいものだ。そこでプロパガンダだ。第二次世界大戦後に米国に占領された際、GHQ政策の一環でNHKがプロパガンダの拠点となったが、米国が、その役目を終えると、次は中共政府のプロパガンダ機関となった印象がある。即ちその拠点が変わっただけなのだ。(NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」が、正にその時代の話。)だからプロパガンダも「米国と中共ならば、どちらが良い?」のかと言うオチだ。

沖縄復帰50年 県内総生産は10倍も、なお本土と経済格差 米軍施設は依然集中 データで見る沖縄の半世紀
https://news.yahoo.co.jp/articles/b0ce2360736b1cc3e79cef3cf850276bfa865267
「『紅白』も打ち切りになる方向」NHK職員が前田会長の“強引な改革”に猛反発〈若手・中堅職員が次々と退局〉
https://bunshun.jp/articles/-/54061?page=1
NHKにも影響?BBC「受信料制度見直し」の意味
イギリス政府の白書が示した放送業界の激変

https://toyokeizai.net/articles/-/587008?page=2

クリックすると元のサイズで表示します

そこで受信料だが、英国の国営放送局の「BBC」が、英国政府により、受信料制度見直しが検討されている。そのニュースは、NHKの今後のありかたを問う性質のものだが、先行きが注目される。

0

性格に優劣はない。  独り言



人気ブログランキングへ 

心理学者の植木理恵女史の名言に「性格に優劣はない」と言うものがある。そりゃそうだが、行動上の個性が過ぎて、些か迷惑な場合はあるだろう。それはそれで厄介だ。さて先月から今月に掛けてはヤフオクでカセットデッキを2台、落札をしたり、工具を揃えたりしたのだが、今まで肝心の工具が非力で、作業に苦慮していたのだが、それがある程度揃うと、難しい作業も、割と簡単に克服出来た。なので思った。「早く買えば良かった」と。実際に使ってみると、そんなものだ。そのカセットデッキだが、修理よりも前に清掃だ。そんな事をしているうちに故障した箇所が解る場合が殆どなのだ。その症状は半田が痩せて、接触不良になっていたり、可動部品ならばグリスの硬化やら癒着だ。なので全ては清掃をしながらの点検になる。しかし何やらかんやらしているので、なかなか作業が進まない。だが焦る事もない。のんびりするとしよう。思いつきで物事をすると結局は、収拾がつなかいものだ。話は変わるが、最近、そんな作業をするのに森田童子さんの歌をBGMにするようになった。実は彼女を知ったのも、寺山修司さんとの繋がりがあったからだ。寺山さんと言えば「天井桟敷」だが、それに関わる演出家の昭和精吾さんや、そこの音楽担当だった J・A・シーザーさんとの関わりも深く、何かと関連の本を読めば、その名を確認出来る。昭和精吾さんを知ったのは、寺山修司さんの没後特集だったが、ライブハウスで行われたマイクアジテーションには衝撃を受けた。尚、森田童子さんとは、1981年の11月5- 8日に早稲田大隈講堂にてツーマンライブ『双頭の歌』を上演していた。この映像なり録音は残っているのだろうか? 小生の思想の何割かは解らないが、影響を受けた。たぶん寺山修司さんに興味を持たなければ、森田童子さんの事は知らなかったのかも知れない。その歌唱は、まるで無垢な少女が囁いているかのようだが、とても癒される。ちなみにその童子とした芸名は「笛吹童子」から取った。かなり以前のラジオ番組で、当人が、そんな事を言っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

さて「巷では?」だが、「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さんが自殺された事で、色々な憶測がネットで飛び交っている。つまりその原因だが、それとて「もしや?」の領域を越えない。当たり前だが、結局は当人しか解らないのだ。だから憶測の中には、とても酷いものもある。特に(一応は)お笑いタレントの土田晃之さんが、先月の21日にニッポン放送「ナイツ ザ・ラジオショー」(月〜木曜後1・00)にゲストとして呼ばれたのだが、実にこの人らしい。

土田晃之 「竜兵会」の実態は“金づる”「有吉とか劇団とか、みんな金ないときに行ってる」
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/04/21/kiji/20220421s00041000399000c.html

クリックすると元のサイズで表示します

その番組では、上島竜兵さんが後輩芸人との交遊目的にしていた「竜兵会」についてコメントをしているのだが、この人は良く言えば冷静沈着で、悪く言えば、人の情が薄い。これは若手芸人の苦労話ついでに『竜兵会』に触れたのだが、それがスポニチの記事にあった。土田氏は言う。「だって上島さんの『竜兵会』って、上島竜兵は慕われている!と思っている人いるかもしれないけど…金づるだからね」と断言し、「有吉(弘行)とか、劇団(ひとり)とか、みんな金ないときに(竜兵会に)行ってるんだから。稼ぐように…金あるようになったらいっこも行かないんだから。で、上島さんもビビッて電話できないんだから」と。これをどんなニュアンスで言ったかは知らないが、この手の話は公共の電波に乗せる以上は「それなりの配慮も必要だったのかな?」とも思う。この放送を上島竜兵さんが聴いていないとも言えないだろう。それは小生が、これに限らず、土田晃之さんには、あまり良い印象がないので、尚更なのだろう。どうも最近の日本は、タテ社会とヨコのバランスが悪いように感じられるのだが、芸人の社会も似たような状態になっているようだ。米英の真似をして、実力主義を取り入れても、結局は御都合主義では、何の意味もない。

0




AutoPage最新お知らせ