悩みのみが正しい意味で  独り言



人気ブログランキングへ 

「悩みのみが正しい意味で、人を謙遜にする」。これはスイスの元下院議員で法学者、著名な文筆家としても知られるカール・ヒルティ(Carl Hilty、1833年2月28日 - 1909年10月12日)氏の名言。日本では『幸福論』、『眠られぬ夜のために』の著者として有名だ。確かに不安があると、用心深くなる。なれば自然と物事に対し、慎重に接するようになるものだ。さて昨日だが、朝から部品取り用のカセットデッキと修理をするデッキ2台を並べ、作業をしたのだが、片やピンチローラーのサイズが(見た目でも)違い、片や消去ヘッドは故障ではなくバイアス電流が低下しただけだったのが、その作業中に解った。つまり調査を兼ねてのものだったので、その場で気づく事は多々あるものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに部品取り用で落札したデッキは同機種だ。それでゆっくりと基盤を外し、(消去ヘッドの)バイアス調整用の可変抵抗を探してみようと思っている。(何故かノーマルテープは問題なく、ハイポジションの消去が不能なのだ。)それにしても残念だ。とは言えある程度の予想はついており、ピンチローラーに関しては、同サイズのゴムローラーに交換するだけで終わる(程度のものだ)。問題は同サイズの物が在るかだが、その割りには作業自体は大した事はない。ただ面倒なだけだ。そんな作業をしている間に、もう1組のレコードが届いた。こちらも後にマスターテープからCD化されたが、何故か音質は「このレコードの方がマスターじゃないの?」と思う位に良い。(まるで楽団が目の前で演奏をしてるかのリアリティーなのだ)これが歴史的録音のレコードの不思議で、なれば「現在の音響技術者は素人以下?」と思ってしまう。それはあまりにも聴いても一目瞭然な程に不自然な補整過剰だからだ。

クリックすると元のサイズで表示します

それで「イコライザーを触り過ぎて訳が解らなくなっているのではないか?」とも思う次第。その上「原音の意味を取り違えているのではないか?」とさえ思う程だ。古い録音に関しては、元々(音域の)狭い音質なので、そこで必要な作業はバランスだ。しかし無いものを加えているようで、本当にそんなCDも在ってガッカリする。20世紀最大の大指揮者とさえ讃えられたヴィルヘルム・フルトヴェングラー博士と一連のベルリンフィルの演奏会をマグネトフォン等で録音された帝国放送のアーカイブが最近、CD化されたが、やはり整音の域を越えており、残響が加えてあったりする。小生もカセットテープのリマスターなんぞをしてるが、原テープの荒を誤魔化そうと残響を加えても、反って逆に不自然になるものだ。それをプロの技術者がやっている。自身の技術に自己陶酔をしてるとしか思えず、これでは歴史的価値を落とすだけで感心はしない。と言うのも、オリジナルが当時にどの程度のクオリティーで再生が出来たかさえ解らないからだ。「少しは我を抑えて慎重にやれ」と言ってやりたい位だ。余計にヒルティ氏の名言が響く。

クリックすると元のサイズで表示します

では「巷では?」だが、立憲民主党や国民民主党等の特定野党は相変わらずだ。まづ呆れたのは国民民主党。4日に党の新ポスターを発表したのだが、そのキャッチフレーズが言うに事掻いて「政策がある」だ。正に「どう思う?」だが、その時点で終わっているが、これが特定野党の現状だ。そうかと思えば社民党だ。到頭“政党ひとり”状態だが、そこまで人望のない人だった。それが3日の参院予算委員会だったか、菅義偉総理の「資源の乏しい日本において気候変動問題、電気料金上昇を考えれば原発ゼロで最適な政策を実現するのは厳しい」との見解に対し、社民党代表の福島瑞穂は「原発無くても電気は間に合っています。菅政権がそれをやらないんであれば私たち野党が政権交代し必ず脱原発を実現する」と反論。全然、総理の言葉が聞こえていないようだ。

「政策がある」 国民民主が新ポスター
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021030401072&g=pol
TBS出身の立民・杉尾氏「テレビ局も総務省と会食」「私も立ち会った」
https://www.sankei.com/politics/news/210304/plt2103040020-n1.html
Mi2 @mi2_yes
https://twitter.com/mi2_yes/status/1366966370311708672?s=19

クリックすると元のサイズで表示します

後は総務省の接待問題だが、それを言い出すと各省庁(と言うより全部)にもそれが言える。産経新聞によると4日に「野党合同ヒアリング」を開いたのだが「やっぱり野暮でしょ?」てな発言があった。それが元TBSの立憲民主党副幹事長の杉尾秀哉氏からなのだから穿った見方をすれば「早くも幕引かな?」とも思える。何せその杉尾氏曰く「テレビ局の幹部は(総務省幹部と)会食をずっとしている。私も実際に会食に立ち会ったこともある」だ。これは氏がTBS記者時代のようだ。そこで「国家公務員倫理法が(平成11年に)できてからどのように厳しくなったかは分からないが」「東北新社は衛星(放送)関係では大手だが、事業規模は小さい。基本的に(総務省との関係がより深いのは)テレビ局だ。そこのところを膿を出してもらわないと」と訴えた。「パンドラの箱」を開けたようだ。だから野暮だ。特定野党が急に大人しくなったら図星だろう。大きなブーメランが戻って来るだろう。

0
タグ: 官庁

常に控え目に褒める事  独り言



人気ブログランキングへ 

「常に控え目に褒める事は、凡人たる大きな証である」。これはフランスのモラリストであるヴォーヴナルグ侯爵リュック・ド・クラピエ(Luc de Clapiers, marquis de Vauvenargues,1715年8月6日 - 1747年5月28日)の名言だが、それこそが「御謙遜な?」だ。なんでも程を弁えよだ。今日は休みなので、このblogで勝手に予告した事をするのだが、わざわざ誰も見ていないようなblogに書き込むのも、作業を進める決意表明みたいなもので、「やらなきゃならないか?」との諦めを自覚する為でもある。そんな感じなので部品取り用のカセットデッキを頂点に部品交換をするデッキを並べた。こうしておけば何だかんだと結局、順番に手掛けないと部屋が片付かないので作業をやらなざるを得ないのだ。外す個所も多い。だから尚更なのだ。そんな時に昨日、ヤフオクで落としたレコードが届いたので絶好のBGMになる。確かに面倒な作業だが始めると楽しくもなるだろうからサッサと終わらせたい。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなこんなで後からURLに上げた記事のコメントでもしようとは思ったのだが、作業を始めてからは誤算があり、仕方なく明日に取り上げる事にした。残念なのは、ピンチローラーの径が合わなかったので、これは部品が揃ってからだ。更にはTEAC A-450の消去ヘッドだが、実はヘッド自体の老化ではなく。どうやらバイアス電流の不足が消去不良の原因みたいだ。関心のない人には「なんのこっちゃ?」だが、使っている当人にはガッカリだ。そこで部品取り用のデッキは基盤を外しながら消去ヘッドのバイアス調整が、どこで出来るかの調査開始だ。上手く行かないのもよくある事だ。なんて頃にようやくヤフオクで落札した、もう一組レコードが届いた。その演奏は些か意志的なものだったが、その音楽は美しく、澄み切っており、心が癒された。こんな事もあるものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

0

己自身を低く評価するもの  独り言



人気ブログランキングへ

英国の著作家であり、批評家で、随想作家だったウィリアム・ハズリット(William Hazlitt、1778年4月10日 - 1830年9月18日)氏の名言に「己自身を低く評価するものは、他人からも低く評価される」と言うものがあるが、それは言える。と言うのも、これでは周りに無用な誤解を与えて過小評価の原因となる。その損得でもないが、やはり自ら蔑ますのはやり過ぎか?さて明日は休みだが、使える時間は(父の介護もあるので)午前だけだ。作業を優先してblogの更新はスマートフォンでしようと思う。その作業はカセットデッキの消去ヘッドの交換(念の為に通電チェックも実行。(TEAC A-450))、ピンチローラーの交換(C-3RX)、その為に部品取りで買ったカセットデッキの分解もする。つまり一度に三つの作業をする訳だ。時間は(それだけやっていれば)90分位か?もしかしたら先週に落札したレコード2組も届く頃なので、それをBGMに作業をしよう。それはブルックナーとマーラーの交響曲だが、互いに交流の深かった作曲家の作品だけに、(師弟関係ではないが)どことなく影響が垣間見れる。昨日に旧友から「最近、何か良い事でも在ったか?」と問われたが、思えばこのレコード、30年来探していた物が同じ日に殆ど同じ時間に落札が出来たので、小生的には「奇跡の出来事」だ。更に思えば昨年中に御蔵入りをしていたカセットデッキ2機種が現役復帰をしたのは嬉しかった。明日はそのデッキの部品交換である。なんだか物事が有機的に繋がっているようで「これぞ運命の悪戯か?」と妙に感心した。だが掘り起こすと嬉しい事は意外とあるものである。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみにこちらの御仁は、マーラーの大家と言われた指揮者のオットー・クレンペラーの御尊影。実際に作曲家のマーラー氏とは深い交流があったが師弟関係ではない。ちなみにそのマーラー氏がハンブルク歌劇場で音楽監督をしていた当時の部下がブルーノ・ワルターで、そのワルター氏がニューヨークフィルの音楽監督時代に演奏会を急病で出れなくなった時の代役がレナード・バーンスタインである。人の繋がりは面白い。

蓮舫氏 丸川大臣の選択的夫婦別姓への答弁拒否に疑問「何にこだわっておられるのか
https://www.daily.co.jp/gossip/2021/03/03/0014122764.shtml

クリックすると元のサイズで表示します

さて政治情勢だが、国会の様子を見る限りでは、そもそも立憲民主党等の特定野党自体、対案を含めた政策論争すら出来ないので“政局”のレベルまで達しない。おまけに大臣の個人の信念に言及し、総理に任命責任を問うのもナンセンスである。個人と組織を分けて考えられないのも不思議だ。(それにしても何故、その手の野党は夫婦別姓に拘るのだろう?(基準が中国や韓国だ。))思想がそれだけ幼稚なのだろうが、深い意図も感じてしまう。表向きには「政策がない」ので時間稼ぎを兼ねて、嫌がらせでもしている感もあるが、これが通ると「移民には都合が良いのだろうな?」とも思ってみたりする。日本の家族制度も壊せれば本望なのだろう。

0




AutoPage最新お知らせ