どうにかなる。大丈夫。  コラム



社会・経済 ブログランキングへ

「どうにかなる。大丈夫。それが正しい答えだと思うんですよね、人生って」。これはタレントのカンニング竹山さんの名言だが、何事も前向きな姿勢で取り組めばどうにかなるものだ。今日は「敬老の日」だが、斯く言う小生も初老に差し掛かる手前だ。時間は無情である。明日から連休を取った。今頃だが、夏の疲れが出たようだ。それでいながら休みは、細かい事ばかりしている。しかし今回はオープンテープデッキ(TEAC X-1000RBL)の修理とメンテナンスなので(ガタイがいい分、)まだマシだ。先に清掃して、それからボタンスイッチの代用品が在るか探そう。速度切り替えのスイッチが飛び出したままなのだ。それからキャプスタンベルトの長さを計り、合う物がないかを探そう。現状としてはそんな処か?こちらは割と早く結果が出るかも知れない。

クリックすると元のサイズで表示します

此処で訃報だが、あの「敏江・玲児」の正司敏江さんが死去した。昭和(の時代)の芸人が亡くなるのは寂しいものだ。その夫婦漫才と言えば、かなり強烈などつき漫才だったが、舞台の上で蹴飛ばしたり、プロレス技を使った「どつき漫才」で現在ならば出来ない過激なもの。それを正に体当たりでやっていた。途中で離婚したが、その後は、それをネタにどつき合っていた。その敏江さんと言えば、頭に大きなピンクのリボンを付け、ちんちくりんな振り袖の着物で玲児さんと舞台の端まで使う大きなアクションで暴れていたのだから、それこそテレビの寄席番組では、まるでコント55号のようにカメラ(の方)が追い掛けていた。そのドタバタ振りが面白かった。それから見たら、現在の芸人なんぞはスケールが小さくなったものだ。やはり芸人は雛壇に乗せては駄目だ。享年は80歳だった。

クリックすると元のサイズで表示します

そのスケールだが、政治家もせせこましい。枝葉ばかりを見て、森を見ない政治家ばかりなのだ。だから経済も元手を増やす思考ではなしに緊縮財政ばかりである。つまり短絡的に税金を上げる事ばかりを考えている。そんな“おぼっちゃまくん”ばかりで国家と国民が守れるのか?やはり庶民の生活を知らない者が政治家になっては駄目だ。金銭感覚がセレブでは、お金が如何に大事なものかが解らない。そのお金が無いから(富裕層以外の)一般的な国民が苦労をしているのだ。少子化問題がなかなか解決しない。それも結局はお金の問題。政府は民間会社に「従業員の所得を増やせ」と簡単に言うが、言うだけで丸投げするのは無責任だ。その為には支援が必要だが、それだけでは駄目で、企業が自力で利益を増やせる状況を作らねば駄目だ。その為には国民総生産(GDP/GNP)を増やさねばなるまい。そこで純国産品の地位を戻さねばならない。「Made in Japan」の復活だ。高品質な日本製品を復活させるべく技術者を育てよう。それがバブル以降に著しく衰退した事だ。実はこれ、国内の雇用に直接影響のある事で、その技術力に付加価値が付けば、自ずとコストが上げられ、製品のランクが上がる事で、当然、価格も上げられる事から雇用のリスクも減るだろう。即ちその技術に似合ったコストの従業員が使える。つまり日本人の雇用率を上げる事が出来るのだ。そして徐々にバブル以前の水準に国民総生産率を戻す事が出来れば、不法残留外国人率を減らす事に結び付く。労基法も改善しよう。これは失業時に痛感した事だが、あの「男女雇用機会均等法」は、やはり絵に描いた餅だった。それを守っている企業を探すのが難しい程なのだから、これも無駄なのだ。あれは女性の社会進出が建前だが、本当に建前なのだから困ったものだ。その弊害として、男女差別に辺る事は求人票には明記出来ないのだ。だけど雇用主に電話を掛ければ、年齢性別等の条件は在り、かなりの確率で労基法を違反している。然もハローワークの職員は、それを理解しているのだ。そんなザル法にしたのは罰則がないからだが、日本の経済政策に於いて、バブル以前の水準に戻そうとする動きもなく、そこを重点的に公約に掲げる政治家がないのも困ったものだ。外国人研修生制度も結局は利権なのだ。

正司敏江さん死去 脳梗塞で 夫婦漫才「敏江・玲児」大きなピンクのリボンに着物で
https://news.yahoo.co.jp/articles/1d5de1972d45f959cbec6f8a2b648227aa122634
安倍前首相 荒れた「高市外し」騒動を揶揄「見識無き質問者まで出る始末(笑)」
https://news.yahoo.co.jp/articles/b07766be22efb9f28f4ba46c84cd81b17df068d2

クリックすると元のサイズで表示します

では自民党総裁選だが、現時点に於いて与党が務まるのは自民党だけだ。しかしながら現在は些か事情が違うようだ。党内の保守系派閥でしか国家を守れない。それだけ「親中派や親韓派の派閥は危険だ」と言う事だ。実際、その危険度は左派系野党と変わりなく、日本の国益よりも特亜の利益なのだ。これではあまりにもだ。だからこそ次ぎは保守系の人物が求められる。各社媒体が自民党総裁選挙の立候補者である高市早苗氏を露骨に無視を決め込む。その理由は中国には都合の悪いかどうかだが、高市氏は公約でも反中国を公言しており、なればやはり媒体にも都合が悪いのだろう。そこで高市氏への無視を決め込んだようだ。つまり国益上、有利なのは高市氏と言う事になる。後は自民党議員の政治センスが求められる。自民党が試されているのだ。答え次第で自民党は滅ぶ。

0

自分の使命  コラム



社会・政治blogランキング

獣医師(野生生物猛禽類鳥類の専門獣医師)の齊藤慶輔氏は言った。「どのような状況に於いても自分の使命はきちっと果たす」と。これが責任感であり、やるべき事に対する心意気てなものか?現総理の菅義偉氏が退任をする事に対して立憲民主党等の特定野党や左派系の媒体が「無責任だ」と批判をするが、元々は任期途中で辞任し、解散となった安倍内閣の穴埋めで組閣された内閣の総理であり、任期は当初から決まっていた事だ。しかしながら派閥抗争に巻き込まれ、その退任も言わば勇退だ。それにしても貧乏くじを引いたものだ。その内閣は(自民党)幹事長に所縁のある人選によって、すっかり「二階政権」化してしまった。だが時はコロナ禍、政府がその対策を推進する中、どこ吹く風の二階氏は御覧の通りだった。内閣が自民党内閣なのに、その幹事長に足を引っ張られるのだから堪らない。なのであの支持率低下は、そのまま二階俊博氏の幹事長としての評価みたいなものだ。正直それまでも、自民党親中派の酷さは知ってはいたものの、あれ程まで酷いとは思わなかった。そんな自民党支持者も多かろう。斯くして「民主党政権の悪夢」を“二階政権”が再現してしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

外相の茂木敏充氏の偏った親中寄りの仕事振りも、 正にそれだ。この中国武漢市由来のウイルスのせいで「コロナ禍」の真っ只中なのに日中問題を棚上げしてヘラヘラしてる外相は、国益を下げるだけだ。そんなこんなを経ての菅義偉氏の総理退任だ。この状況では、誰しも嫌気が差すだろう。“歴代最高峰の官房長官”が“歴代ワースト総理”になるとは、その当人とて思うまい。それは国民もそうだが、当人も同様、ガッカリだろう。氏が総理としての本領を発揮出来なかったのは、自民党幹事長の二階俊博氏のせいとしか言いようがなく、結果的には総理としての菅義偉氏を潰してしまった。思えば総理自身の甘党でお酒も呑めない実直な人間性が仇になったのかも知れない。

クリックすると元のサイズで表示します

此処で自民党総裁選だが、各社媒体がしている高市早苗氏への批判は、寧ろ逆効果のような感じがしてならない。あれでは宣伝用になってしまう。現に他の立候補者の印象が薄くなっている。岸田氏がすっかりと埋没したが、確かに森友問題の追及は今更で、反応の悪さを察知すると掌返しをするのは(あまりにも)小物過ぎて呆れてしまった。この程度の人なのだ。この人は左派にも保守にも嫌われるだろう。コロコロと主張を変えるので、まるで自分がない。これでは安心して、国家を任せられない。特に外交面が心配だ。何せ外務大臣時代に大きなヘマをしている。散々述べたので割愛するが、その岸田氏と連携を望んでいるのが石破茂氏だ。TBS「ひるおび」で明言していた。負の連鎖しか感じない。

膳場貴子アナ戦闘態勢で痛烈質問 高市早苗氏笑顔消え「これが私」
https://news.yahoo.co.jp/articles/5fdf499ab15de6618af260f8341f4b74477dc245
石破茂氏、河野太郎氏の考えも聞かず支援決めるのは「不見識」…岸田氏と連携は「あらゆる可能性ある」
https://news.yahoo.co.jp/articles/0bc68221124108041f3c68b39816da67d6bd0110

クリックすると元のサイズで表示します

TBSと言えば「報道特集」があるが、そこでキャスターを務める膳場貴子アナが高市早苗氏が、自民党総裁選への出馬表明をした記者会見に於いてキツイ質問をした。そこで些か微妙な雰囲気となったが、それは民主党政権時に発言した生活保護の定義だった。高市氏は、それを説いた後にコロナ禍に於ける社会保障に触れ、質疑に応答していた。曰く「本当に努力しても働けないときは働けない。ケガをして入院して働けなくなる方もいる。急に自分が務めていた会社がつぶれてしまって、そのあといくらハローワークに通っても仕事がない。年齢的にもなかなかしんどいとか、そういう方もいる。それから難病を抱えてらっしゃって、短い時間しか働けないという方もいる。介護や子育てをしながら働いてる方もいる。一つはベビーシッター減税や家政士を使った場合の代金を税額控除が一番いいのでしょうが、補助金、クーポンという形もある。しっかり支援をしていきたい」と。(記事元:デイリー新潮)この辺は割と現状を理解しているようだ。膳場アナの質問もなかなか興味深い。

0

何に貢献するか?  コラム



社会・政治blogランキング

「人生に意味を与えるものとは、私達が得るものではなく、どんな人物になるか、何に貢献するかなのです」。これは自己啓発セミナーで世界中に知られるアンソニー・ロビンズ氏の名言。これはつまり「隣人を愛せよ」と言う事に尽きるだろう。パラリンピックが終わった。やれやれだが、コロナ禍でよく出来たものだ。これから媒体各社は一斉に掌を返して批判を始めるだろうが、電通案件の使途不明金についてはダンマリだろう。先週土曜日のTBS「7days」での北野武さんの発言だが、それは内政をおちょくったものだった。然もその後に襲撃されたのだから笑えない。その発言を要約すると「スガさんは頑張ったがコロナに潰された」「民主党政権は酷かった」「菅直人はトラウマ」「投票先は日本共産党です(笑)」「安倍麻生が出てくれば良い、おなか痛くてもできるんだから」だ。犯人の言い分は言い訳がましい。(弟子入り云々は口実だろう。)真相は何とも言えない。それらは自民党総裁選に纏わるものだが、現総裁(総理)の菅義偉氏が総裁選を断念した途端に「日本学術会議」が元気だ。とは言え、環境相があまりにも至らない事が幸いし、割と好き放題出来たろう。レジ袋然り、コンビニでのプラスプーン等の有料化だ。経済がコロナ禍で疲弊する中での決定だ。これは普通の感覚のある大臣ならば「こんな時に?」と思うだろうが、当の進次郎大臣は世間知らず。(学術会議は)予算の誤魔化しも出来て好都合だったろう。

クリックすると元のサイズで表示します

その自民党総裁選だが、どうも国民の声は、与党たる、この政党には届かないようで、二階政権化して中共(中国共産党)政府に舐められても(懲りずに)親中派議員の名が上がる。それが自民党左派たる親中派の怖さで、利権も絡む事から国益よりは親中政治家の懐具合なのだろう。然も日本の媒体も、殆どがこれだ。元外相の岸田文雄氏をテレビ各局ではゴリ押ししてるが、その割には目立たない。つまりそれが実力で、外相時代の手柄はアノ「慰安婦問題終結に於ける日韓合意(2015)」だけと言うのは寂しい。しかしオチがあり、ユネスコの歴史遺産で軍艦島を朝鮮人徴用工を強制連行(労働)みたいな意味合いで通してしまった。後からの言い訳も酷かった。(「まさか韓国が?」の一点張りで自らの失態を認めなかった。)結果、それが韓国を勘違いさせた。それから慰安婦問題の終結合意は事実上の撤回。自衛隊機へのレーダー照射が在ったり、到頭、ユネスコで助長させた「朝鮮人徴用工問題」が最悪な結末を迎えた。どうも岸田氏は相手の押しに弱く、外相の国家に対する影響力を甘く見ている。

クリックすると元のサイズで表示します

その徴用工訴訟で韓国最高裁は、1965年に終結した「日韓請求権協定」を却下し、それが元の講和条約に辺る。「日韓基本条約」を否定した。つまり岸田氏の失態は、此処まで発展した訳だ。だから保守派からは「岸田はない!」と否定意見の方が大半だ。現内閣は親中だ。それがコロナ対応との相乗効果で支持率も散々だが、これが国民の左派アレルギーであり、「民主党政権」のトラウマなのだ。だからこそ北野武氏の「スガさんは頑張ったがコロナに潰された」「民主党政権は酷かった」「菅直人はトラウマ」の言葉が響く。尚、岸田氏は「森友学園問題」を蒸し返している。これは菅総理が再調査を否定したからだが、その背景の理解は無いようだ。自身の立ち位置すら見失っている。これでは流石ではないが、このコロナ禍の中での優先順位を考えると、それ処ではないだろう。もちろん国民もそれ処ではない。

自民・岸田氏、森友問題「さらなる説明を」 TBSのBS番組で
https://news.yahoo.co.jp/articles/84d40b48e49ebffaab55b027fc4dabd5a2fa5343
菅政権「学術軽視でコロナ対策に失敗」 任命拒否の学者ら
https://mainichi.jp/articles/20210903/k00/00m/040/245000c
小咲なな TIOffoa1Iny67ll
https://twitter.com/TIOffoa1Iny67ll/status/1434073902196539394?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1434073902196539394%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fhosyusokuhou.jp%2F
mio @s151014m
https://twitter.com/s151014m/status/1434345132292067331?s=09

クリックすると元のサイズで表示します

此処で一息つこう。昨日の休みでは半日だが、気になっていた「Pioneer CT-600」なるカセットデッキの修理点検をしたが、故障の原因も何となく理解した。それは再生と録音以外の動作を制御しているアイドラーが滑るのと、そこに連動している筈のカムが不安定なので、途中で止まったりしていた。今回は残念ながら動力ユニットの取り外しは調査中で出来なかったので次回に回すが、アイドラーをアルコールで拭いたり、エアーで埃を飛ばした直後に正常動作をしたので、相当汚れていたようだ。カムの動きは潤滑剤を軸に吹いたら(一時期には)直ったので、恐らく「グリスの固着か?」と思う。大体そんなものだ。

0
タグ: 自民党 政局




AutoPage最新お知らせ