翌朝目を覚ます時  コラム



社会・政治blogランキング

「毎晩眠りにつくたびに、私は死ぬ。そして翌朝目を覚ます時、生まれ変わる」。これはインド独立の父と紹介されるマハトマ・ガンディー(Mohandas Karamchand Gandhi、1869年10月2日 - 1948年1月30日)氏の名言。即ちリセットだ。そうする事で気持ちもリフレッシュするものだ。氏は元弁護士で、宗教家、後に政治指導者で知られる事になったのだが、その非暴力主義については(中国朝鮮系の政治プロパガンダによって)誤解をされているので、その信念を掲載するが、ガンディー氏当人のそれは、一般概念化した思想とは全く違う。何せ、氏曰く「わたしの信念によると、もし、臆病と暴力のうちどちらかを選ばなければならないとすれば、わたしはむしろ暴力をすすめるだろう。インドがいくじなしで、はずかしめに甘んじて、その名誉ある伝統を捨てるよりも、わたしはインドが武器をとってでも自分の名誉を守ることを望んでいる。しかし、わたしは非暴力は暴力よりもすぐれており、許しは罰よりも、さらに雄雄しい勇気と力がいることを知っている。しかし、許しはすべてにまさるとはいえ、罰をさしひかえ、許しを与えることは、罰する力がある人だけに許されたことではないだろうか」と。これは1946年6月に伝記作者ルイ・フィッシャーに語ったものだ。(Wikipedia参考)つまり物事には限度があると言う事だ。その限度だが、立憲民主党等の特定野党は、安倍政権時の「モリカケ」で散々、国会審議を混乱させたが、あれは平時だからギリギリ国民への印象捜査が出来たが、「桜」からは、途中から中国武漢由来の新型コロナウイルスが流行した為に早急な政府対応が求められた。

クリックすると元のサイズで表示します

だがそれらの野党は、その対応に協力する事もなく、審議の邪魔をした為に、到頭(有権者たる)国民の堪忍袋の緒が切れた。急速に支持率が下がり、一桁代になったのは、その支持者が二分したからだろう。真相も次々とバレた。今や説明のしようのない事を問題視し、ありのままに話した事について「益々疑問が深まった」とする特定野党の手口は通用しないのだ。テレビの取材カメラを連れてアポ無しで押し掛け、当事者(?)に会えずに「逃げられた(無視された)」とかやるパターンにも国民から愛想が尽かされた。矢鱈と対策本部ばかり立ち上げて、何もやらないとか、調査と題して官僚を吊し上げるのも只の官僚虐めなのもネットでは暴かれた。国会審議に使う原稿の締め切りを守らないのもそんな野党で、森友学園問題では近畿財務局の職員の過労が祟り、自殺者までも出した。残りの案件も何の問題も実際はなかった。あれも単に思い通りの証言が得られず、認めるのを拒んだだけだ。現在は、あの言語道断の低支持率で(特定野党は)少し大人しくなってはいるが、相変わらずやる事は出鱈目だ。今やコロナ禍だ。そんな事をしている場合ではないのだが、当の特定野党は悪い意味で国民を裏切る。

ワクチン接種 “野党側で状況把握のチーム設置へ”立憲 安住氏
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210402/k10012952511000.html
解散総選挙はいつあるのか 重箱の隅を突く野党の不甲斐なさ、自民党に主戦論引き起こす
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210403/pol2104030002-n1.html
野党追及で官僚過重労働…「真っ赤なうそだ」 立民・安住氏
https://www.sankei.com/politics/news/210330/plt2103300023-n1.html

クリックすると元のサイズで表示します

そんな特定野党だが、構図を見ていると、いつも日本共産党がキッカケを作り、民主党系野党が動くのがパターンとなっている。つまり日本共産党は、その旗振り役でしかないのだ。そして選挙の際、そんな民主党系野党に呆れて離れた有権者の浮動票の受け皿になる。上手く出来た仕組みだ。しかし懲りないものだ。立憲民主党ではワクチン接種を 野党側でも、その状況を把握する為にチームの設置をするらしい。思わず「調査してどうなる?」と疑問でしかない。更には官僚には嫌みだ。この前に厚生労働省の職員23人が深夜、東京銀座の飲食店で遅く会食した問題に絡め、立憲民主党国対委員長の安住淳氏が、先月30日にこんな事を言っていた。「『大変だ、過重労働だ』といって午前0時まで宴会している。(官僚の過重労働について)『野党が追及するから』というが、真っ赤なうそだ」と。その安住氏と言えば、元NHKの報道部だ。真夜中を越えても働いている官僚等、下っ端ばかりな事位、野暮な程に知ってるだろう。今更なんだ?政権交代後に政権運営につまずいたのも、政治主導が過ぎて「官僚を粗末に扱った事も影響しているのではないのか?」なんて事を思ったりする。

0
タグ: 日本共産党

好きな道  コラム



人気ブログランキングへ 

言の葉墨彩画家の ひろはまかずとし氏の名言に「好きな道を歩けばいいよ。まるっきり無駄な回り道なんて絶対にないんですから」と言うものがある。だがその道には容易に乗れないのも世の中である。小生、本職は写真師だが、その言い方も古風過ぎるかも?(早い話が営業カメラマンだ。) だがどんなに好きなものでも仕事になれば、飽きたり、嫌いになったりするものだ。況してや長年務めれば尚更だろう。(小生は一時、後者を経て、今は前者か?)しかし時が過ぎると、そろそろ仕事でも使える機材が目につき、気になってきた。そこで何気にプロ機材のチェックを始めたが、まだフィルム時代の感覚が抜けないのは仕方がない。しかし今や4Kや8Kの時代。あまり違和感はなくなった。Canon辺りで考えてみよう。現在は趣向がすっかりオーディオに移っているが、それも楽しい。

クリックすると元のサイズで表示します

此処で訃報だ。俳優の田中邦衛さんが亡くなった。若い頃は加山雄三主演の「若大将シリーズ」でのライバル役である青大将が記憶に残る。その後はヤクザの役も続いたが、何処と無く道化っぽく極悪人は演じなかった。それから演技に渋さが増した頃に得た役が、フジテレビの「北の国から」での黒板五郎だろう。これは生涯の当たり役だ。だから青大将の印象は徐々に薄れていった。そのドラマの後は目にする機会が経ったが、そこで「どうしてるのかなぁ〜?」と思った矢先の訃報だ。享年は88歳。大往生だ。氏も俳優座出身の役者である。

さて「巷では?」だが、いい加減、親中派は「目を覚ませ」と言いたい位だ。先日、台湾で起きた大きな鉄道事故だが、悪い偶然が重なったとは言え、些か人為的な関与が疑われる。(台湾に潜む中国共和党絡みの工作員の仕業とか?)ついこの前には中国の媒体からの泣き言記事もあったので、色々と怪しい。ちなみにサーチナでは「中国は米国に続いてEUからも人権問題で制裁が発動され、政治的な圧力が強まっている。そのため中国では日本の政治的動向にも関心が集まっているが、中国メディアの環球時報は23日、日本の対中外交には「躊躇や迷いが見られる」と主張する記事を掲載した」との事。「躊躇や迷い」とは何だろう?その環球時報の記事では「日本の対中態度には迷いが見られると指摘する一方、最近になって「自由で開かれたインド太平洋」戦略などにより「けん制」を始めたと批判。日本が中国をけん制し始めたのには3つの理由があると分析したうえで、恐れず中国との関係改善に舵を戻すよう提言した」と。言うに事欠いて「中国との関係改善に舵を戻すよう提言」とはないだろう。他国の海域に要らんちょっかいを掛け、侵略の意思を示す無頼漢国家だ。なのに昔のアニメ番組の「キングコング」の主題歌の如く「♪恐くなんてないんだよ〜♪」もないものだ。正に厚顔無恥である。

俳優の田中邦衛さん死去 88歳「北の国から」などで存在感
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210402/k10012953271000.html
政治的な圧力が強まる中国「日本は我が国との関係改善に舵を戻せ」
http://news.searchina.net/id/1697965?page=1
台湾鉄路管理局、安全管理に体質的不備 3年前にも脱線 非公表の事故も多数
https://www.sankei.com/world/news/210402/wor2104020014-n1.html
黒柳徹子、「徹子の部屋」終了後は「政治記者になりたい」
https://www.rbbtoday.com/article/2021/03/30/187483.html

クリックすると元のサイズで表示します

しかしそんな(共産党の方の)中国に思いを馳せるのは日本の親中派だ。実際、その手の人は目の前で起きてる事にも目を剃らす。(もしくは気にも留めてはいないようだ。)先日30日に女優の黒柳徹子さんが自伝的物語「窓ぎわのトットちゃん」(1981年)の「刊行40周年記念オンライン記者会見」を開催した記事があった。(記事元:Rbbtoday)その本について説いてる箇所は割愛するが、その記事によると「同作は、中国では、日本の本としては唯一の指定図書になっているといい、日本を超える1000万部以上の発行部数を記録している。黒柳は「今、中国の方がとっても(たくさん)、『トットちゃん』を読んでくださっていると聞いているのですが、どういうところが面白いのか。これだけ文化が違う。でも、日本は中国から色んなことを“お習い”した国で、大事な国です。その方たちが『トットちゃん』のことを好きと言ってくださるのですが、どういうところが面白いのか、私は分からないのです。だから、知りたいなと思っています。いつか、“なぜ、『トットちゃん』がいいのか”を書いてくださる方がいれば」と期待に胸を膨らませた」と。しかしながら呑気なものだ。世界は中国武漢由来の新型コロナウイルスで疲弊をしている最中だ。さて徹子さんの言う「日本は中国から色んなことを“お習い”した国」と言うのは共産革命以前の中国で中世以前だろう。おまけに近代中国とて、元祖は「中華民国」だ。なのに近年の中国(共産党政府)は、ターニングポイントになった「辛亥革命」なる“共和革命”ですらも共産党の手柄にする出鱈目振りだ。だから現共産党国家である「中華人民共和国」に関しては偽物感しかない。あの「文化大革命」で確実に30年は遅れただろう。

0
タグ: 中国共産党

過去は全て   コラム



社会・政治blogランキング

「今が不幸であれば、過去は全て灰色で無意味に思えるもの」だ。これは医学者(精神科医)の大原健士郎1930年4月30日 ‐ 2010年1月24日)氏の名言だ。生前は浜松医科大学名誉教授を務めており、専門は自殺研究だった。結構、特殊な事をやっていた。まあその名言みたいな事は幾度か経験するものだが、長い人生、その辺は考え方次第だろう。さて早くも4月だが、世の中は「ヘイトだ。ジェンダーだ!」と騒いでいる。だがそんな団体も別に“男女平等”なんて事は頭に無く、単に自身の立場が良くなれば良いだけだ。勝手なものだが、悪質なのは、それを政局に絡める政党もあるのだから手に負えない。それもあるのか地方でも「女性の時代」と言わんばかりに補欠選挙では、女性首長だの女性政治家が誕生している。しかしそれこそ“猫も杓子も”で「女性ならば」てな状態ならば何の意味もないだろう。実際、表に目立つ女性議員の顔触れも酷い。あれでは何の為に政治家になったか解らない。

結局、それで「男女差別」転じて『男性差別』になっている。(御粗末なものだ。)そこで麻生財務相の言葉が話題になっている。これは先月末頃の国会での事。(3月25(6)日)立憲民主党の女性議員が麻生氏にこう質問した。「海外の女性首脳・閣僚などと仕事してどう思う?」と。すると麻生氏。「7〜8年で光ってると感じた金融の世界の女性は4人。女性だから光ってるのではなく、有能だから光る。それを逆にしてはいけない」と。結局、そう言う事。しかしながら特定野党の女性議員を見ていると、寧ろ逆のパターンが殆ど。国民の事よりも、自身の関心事が優先で1人で騒いでいる。政治にヒステリーを持ち込まないでほしい。自己満足の為に国会で質問をするのはやめてほしい。

クリックすると元のサイズで表示します

その女性問題だが、朝日新聞がやらかした「従軍慰安婦問題」も、当初は強制連行をネタにしていた。だから戦後補償の話だった。しかしながら戦後も70年を過ぎると嘘の部分が綻んできた。そこで女性問題に切り換えたが、後から真実がどんどんバレる。それで慌てた朝日新聞社が、誤報を認め、当時の社長が(一時的ではあったが)頭を下げた。それは海外のジャーナリストや歴史学者から、その全てを論破されたからだ。韓国も今やデフォルト寸前で、すっかり国力が下がり、情報統制までする余裕が無くなった事からネットユーザーが多い若年層が、その真実にようやく気がついた。その背景にあるのが、朴政権時代である、2015年末に終結した「慰安婦問題終結に於ける日韓合意」だ。これから本当の意味で正常な状態になれば、それなりの相互関係が成り立つ筈だった。それがあのザマだ。そんな事を考えれば、北側の工作員の策に乗った韓国の国民は自業自得としか言いようがない。

慰安婦「強制連行」なし 完全な公式明言
https://news.yahoo.co.jp/articles/e1c8c61afe55005907fdadd69326f0c3291d0d8a
慰安婦だけでなく部落問題でも 米ハーバード大教授の論文に「撤回要求」相次ぐ〈dot.〉
https://news.yahoo.co.jp/articles/df20ee27a79efaedcac50dc19ff3e5278f80a7e3
「女性だから光ってるわけじゃありませんから」麻生大臣の続く回答に『仰る通り』・『ごもっとも』
https://corobuzz.com/archives/164917
【悲報】さだまさしの名曲「関白宣言(1979年リリース)」 お前を嫁に〜♪もらう前に〜♪ ツイフェミに発掘され叩かれる
https://hosyusokuhou.jp/archives/48899133.html

クリックすると元のサイズで表示します

これは不可逆的な合意なのだ。おまけに当時、米国大統領だったバラク・オバマ氏が証人として立ち会っており、事実は動かせないのだ。問題はその後だ。まるでヤクザの因縁みたいな理由で失脚。確かにセウォル号沈没事故の不手際もあったが、それを利用し、権力を得た文在寅氏が、実は北朝鮮に担がれた御輿だった為に、自慢の「外交の天才」も虚像なのが(韓国の)国民にバレてしまった。この情報社会だ。韓国政府が幾ら制限を掛けようと文政権が北朝鮮の傀儡なのも知れ渡り、今やロウソクデモがまた始まる予兆だ。そこで痛いのが、『徴用工問題』の結末だ。これも今更だが、韓国最高裁の判決は、日韓の講和条約に辺る「日韓基本条約」の根元となる『日韓請求権協定』を否定するものだ。つまり日本との講和条約を蹴ったも同然なのだ。なのでその後の「G20」は悲惨だった。何せ最高裁如きが国家間の講和条約を蹴る国だ。即ち条約も協定も結べない国なのが、世界に知れ渡ったのだ。当然、相手にされない。これじゃあ国際的にも(国家としての)信用はガタ落ちだ。つまり「条約も協定も結べない国」として世界に認められたのだ。(大体、条約や協定と言うものは国家経済との結び付きが深いので尚更だ。)それで今や韓国は「亡国の危機」だ。しかし自業自得だ。現日本政府は親中政権なので、韓国は中国の属国扱いだ。

0




AutoPage最新お知らせ