心は軽く  社会・経済



社会・政治blogランキング

「失敗を覚悟すると、心は軽くなる」。これは米国の投資家で実業家であるジェフ・ベゾス氏の名言。ちなみに氏は「Amazon.com」 の共同創設者としても知られる御仁だ。この名言だが、早い話が「早い処、腹を括れば気も楽だろう」てな事を解いている。そんなものだ。さて今日は休みだ。昼間は特に予定を入れていないので、なるべく時間を有効に使って、家の中で出来る事をしよう。巷では「新型コロナウイルス」で持ち切りなので外出は仕事以外は避けるのが良かろう。なのでまづ手が付けられるものから進めようと思う。実は回転系の調整の為にフライーホイールを外しているカセットテープデッキが在って、過去に幾度となく取り付けをしたが、ズレ易いので、その原因を解明する予定だ。それは何となく頭では原因を理解しているのだが、行動に移してみるとイマイチなので、どうにか解決して使用が出来る状態にしようとは思う。そんな次第だ。先日にヤフオクでレコードを落札した。

曲はベートーヴェンの「第九」だが、それは既にCD化をされた演奏なのに今更のレコードだ。だがその方が音の情報量が多く、結果聴き応えがある。アナログレコードとは、そう言うものだ。こんな話が話の枕になるのだから、この手の時事blogにあっては「碌なネタがない」と言う事だ。「新型コロナウイルス」に関しては次々と明らかになる情報を精査して、自ら防御するしかない。安倍総理はそれで感染縮小の為に国民に生活上、自粛で改善出来る物事から政府判断で求めた。取り敢えずは人の集まるようなイベントへの自粛だ。それは別にイベントでなくとも学校を休校にするとかも含まれるのだが、これに関しては逆に「今更?」な感もある。しかしやらないよりはマシだ。韓国大邱市と慶尚北道清道郡からの入国拒否も然りで、中国の湖北省と浙江省から続いてだが、そこまで対応が遅れたのも日本政府の限界がある。日本に特亜が関わり過ぎるのだ。そりゃあ状況関係なく、中国や韓国の経済情勢悪化を避ける為に優遇をしているのだから当然そうなる。呆れたものだが、それが現実だ。だから国会では、まるで祖国が中国や韓国みたいな特定野党(共産党、民主党系政党)が対案も出さずに「どうするんだ。これでいいのか?」と責めまくる。結局何を国会で取り上げても文句ばかりで協力はしないのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

これでは単に「『新型コロナウイルス』について国会で取り上げたよ!」との意味合いしかない。とは言え、協力をする気もないのだろう。それもあるのか、その手の野党は検査の促進のみを希望するが、それで陰性になった人の中にはそこで安心して動き回り、結局は感染している用例もあるのに何が大事なのかを理解していない。言うまでもなく、必要なのは発病後の治療で、検査ばかりをしても逆に何も解決しない。予防と治療はセットなのだ。その辺の感覚のズレが如何にも(特定)野党らしい。検査はあくまでも検査で、発病をしていない人を優先しても意味がない。それこそ収拾つかなくなる。韓国がそれで医療破綻をして、結果を示したのに無視をするのか?私見だが、予防と治療医療を充実させるしか、感染症に対する対策はない。予防が万全になるように心掛ければ治療の人数も減ると思うのだが如何なものだろう。どうせ(特定)野党は感染者を増やして、安倍政権の退陣を求める事が目的なのだろう。また政局だ。(この期に及んで)あほらし。

政府、2週間のイベント自粛要請 入国拒否、韓国に拡大―新型肺炎
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022600804&g=pol
検査体制拡充、議員立法提出へ 主要野党が新型コロナ対策で
https://www.jiji.com/amp/article?k=2020022600628&g=pol
新型ウイルス、欧州3か国で初確認 WHO、世界の準備不足に警告
https://www.afpbb.com/articles/-/3270175
Perfumeが2月の東京ドーム公演を決行 新型肺炎の感染防止に「細心の注意」と告知するも賛否
https://news.livedoor.com/article/detail/17851334/
伊で感染拡大 ベネチア「仮面舞踏会」前倒し終了、スカラ座も
https://www.sankei.com/world/news/200224/wor2002240018-n1.html

クリックすると元のサイズで表示します

ではWHO(世界保健機関)の見解だ。AFPによると同機関の「中国に派遣された国際専門家チームを率いたブルース・エイルワード(Bruce Aylward)氏は、ジュネーブにあるWHO本部で開いた記者会見で、中国以外の国は流行を抑える「準備が全くできていない」と指摘」していた。その上で「「さらに大きな規模でこれに対処する準備をしなければならない。それも、迅速に」と述べ、すべての国は「これがあす、私たちを襲うかのように準備」しておく必要があると述べた」との事。ちょっとこの機関、何か言う度に「恥の上塗り」になってはいないか? 「緊急事態宣言」が遅れたのは、中国への忖度としか思えないのだが、そんな機関が、よくそんな偉そうな事を言えたものだ。そんな最中、ミュージシャンの西川貴教氏が25日に「なぁなぁ、で結局のとこライブとかイベントはやっていいの?あかんの?どっち?やっても怒られて、やめても怒られる... そろそろ政府でちゃんと決めて欲しい... ( ⌯᷄௰⌯᷅ ;)<「自己責任」は無責任ッスよ...」と自らのTwitterで苦言を呈したのだが、これについては別に日本は独裁国家でもないのでライブやイベントに関しては、西川氏自身で決めたら良いだけだ。なのにこんな言い分では逆にファンには無責任だろう。それよりも安全性を優先したPerfumeの方が良い意味でファンに気を使っていて良心的だと思う。その辺の違いだ。つまり「この人(西川貴教氏)はファンの事よりも自分の事しか考えてはいない」と言う事。そっちの方が残念だ。海外ではイタリアのミラノスカラ座(歌劇場)での公演中止だ。そこで個人的に懸念していた事がすっきりとした。「劇場とか映画館みたいな大勢の人が集まる処はいいの?」てな疑問が解決したからだ。普通に考えても当たり前の事だが、日本ではその辺の事を提唱しないのは不思議でならんのだ。

1

可能性の道  社会・経済



社会・経済 ブログランキングへ

米国の哲学者(心理学者)にウィリアム・ジェームズ(William James、1842年1月11日 - 1910年8月26日)なる御仁が居たが、氏は意識の流れの理論を提唱しており、ジェイムズ・ジョイスの「ユリシーズ」等の米国文学には多大な影響を与えたのだが御存知だろうか?その名言だが、「自分にはそれが出来ないと言った瞬間から可能性の道は閉ざされてしまう。同じ能力の持ち主でも、プラス思考で取り組んだ人は、うまく行き、マイナス思考で取り組んだ人は、うまく行かない。まさに人間は自分が考えた通りの結果を手にするのである」。と言うものがあるのだが、全くその通りだと思うのでコメントはしない。さて「巷では?」だが、香港のデモは更に過熱し、何処までが許可の降りたデモ隊なのかも解らない始末。(とは言え暴動を起こす奴らは違うだろう。)その影響で香港便が止まった。しかし暴動に巻き込まれる危険性がある処にわざわざ行く必要はあるまい。それと気になるのが台風だ。北海道も多少の影響があるようだ。「そろそろビアガーデンにでも行こうか?」と思っていた矢先なので余計に気になるのだ。逸れる事を願っていよう。明日は休みだが、この時期は何かと疲れる。体が追いついていかないのだろう。これでは話の枕も本題もないが、既に日韓関係も破綻している。なのにガタガタと韓国が何かと勝手な言い分で騒ぎを起こすので、此方のblogでは、その都度補足のようなコメントをしているが、些か面倒になってきた。だからと言って、日本の媒体は、もう何処の国のものだか区別が出来ない状態。その為、どうしてもソッチの話題が多くなる。御許し願いたい。

そこで朝鮮日報の記事に目が止まる。その箇所を引用すると「自民党の「クルーズ船観光振興議員連盟」の議員たちは、釜山に寄港するクルーズ船に乗って訪韓する計画を延期した。読売新聞によると、二階俊博幹事長らは31日に金沢を出発し釜山に向かうクルーズ船に乗り、船の釜山寄港中にソウルに行き、韓国側の要人たちと会談することを模索していたが、「身の安全が確保できない」という理由でこれを延期したという」。これは共同通信の記事を引用したものだが、それによると「来月東京で行われる予定の両国議員連盟の合同総会も延期される可能性があると報じた」との事。自民党の左派が韓国に対し、色々とアホらしくなっているようだ。そりゃあイザとなれば、自身の身が大切だろう。

香港国際空港で全便欠航、中国「抗議活動にテロの兆し」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-00000026-reut-cn
日本メディア「日本の防衛白書の韓国重要度、豪・印・ASEANに続き4番手に」
http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2019081280055
韓国政府が日本への報復措置としてDRAM輸出規制を検討 「日本電子産業がパニックに陥るだろう」
https://gogotsu.com/archives/53201

クリックすると元のサイズで表示します

それと韓国が日本に対して報復措置がどうのとしていたが、具体的な内容が解った。しかしながらこの手の報復は、世界貿易機関(WTO)協定違反となる。では韓国政府が行う日本に対する制裁だが、もう少し「国際的なマーケティングを調査してから考えても良かったのではないか?」と助言したい位だ。(結局、感情任せだ。)そもそも韓国への輸出については、今まで信頼が於けるとして手続き等の簡略化をしており、半導体の洗浄に使うフッ化水素、半導体の基板に塗る感光剤のレジスト、有機ELパネルに使われるフッ化ポリイミドの3品目を割と容易に韓国に流通をさせる事が出来たが、用途が不明なものがあり、問題視され、それが北朝鮮に廻った可能性が否定出来ない為に日本政府は基本に還り、優遇措置を撤回し、正式に用途の届け出をするようにしたのだが、そこを制裁だと勘違いした。なのに理解せず、敵対行為を取ろうとしたので「ホワイト国」を外したが、韓国でも日本を即席の法案で日本を「ホワイト国」から除外した。(韓国政府には、元々そんな基準はなかった。)ちなみに韓国基準では「カ」「ナ」「ダ」の3段階との事。その時点でアホらし。その流れでゴゴ通信によると「大統領府では日本政府の半導体輸出制限対抗として世界市場1位のDRAMを日本市場へ輸出制限の検討をするとしている」との事。そこで「金鉉宗大統領府国家安保室2次長はテレビ番組に出演し「日本も私たち韓国に依存している部分がたくさんある」とコンピュータとモバイル機器の記憶保存メモリー半導体である「DRAM(ディーラム」の話を挙げた」と。その上で「DRAMのような場合は市場占有率が今72.4%。DRAMの供給がもし2ヵ月停止した場合には全世界で2億3000万台のスマートフォンを作ることができずパニックになる」と豪語したのだが残念。代替えは中国と台湾で可能だ。つまり中国と台湾が儲かって終わりだ。台湾からの輸入は、日本では6割になる。然も何処でも作れる物ばかりだ。韓国は只、自国品が売れなくて終わりだ。それでは自殺行為だが、そこを指摘する政府関係者は居ないようだ。哀れなものだ。

0

じっくりと回復を待つ事。  社会・経済



社会・政治blogランキング

鹿島アントラーズ所属の内田篤人氏の名言。「どうしようもないなら無理に波を変えようとせず、じっくりと回復を待つ事にしている」と。つまり「果報は寝て待て」である。札幌で2歳児が衰弱(虐待)死した事件だが、警察と児童相談所が責任の擦り合いだ。然も水掛け論、情けないが所詮はこんなものだろう。余談だが、最近はプリクラの補正機能の為に犯罪があった場合、犯人が女性だと、その画像が使われ、思わず「なんだかな〜?」である。更には金融庁の生涯支出から見た差額が、人生100年基準で2000万不足するので"財テクを薦める"との案だが、その報道のニュアンスの妙で「それをしなきゃ駄目なのか!?」と反感を買っているが、財テクのそれは個人の自由。それを「政府がやれ!」みたいな事になっているのは印象操作のようにも思え、媒体が過剰反応をするのも、野党への忖度もあるだろう。しかしながら政府与党を批判している共産党や民主党系政党だが、本当に"政権交代"を見据えてのものかは怪しい。現時点では、その可能性すら薄い(と言うか有り得ない)のだが、もし手が届くのならば「基礎年金制度」が破綻しない策(対案)を提案する(べき)だろう。

東スポWebにこんな記事があった。題して「立川談四楼 安倍首相は小池晃氏に完敗「完全論破された」」である。これはスポーツ新聞らしく、立川談四楼と言う噺家が、11日に更新したTwitterを引用している。(記者が取材もせずに芸人のTwitterをネタにするとは御苦労な事だが、単に目についただけだろう。)これは昨日、少し取り上げた10日の国会での答弁。日本共産党の小池晃書記局長曰く、安倍総理に対し、「老後資金に2000万円が必要」とした金融庁の報告書で年金制度の破綻が明らかになったと追及したのだが、それを談四楼氏がこうtweet。「小池さん(晃)に完全論破されて焦った安倍さんが『民主党政権では〜』と例の伝家の宝刀を抜いた。すると小池さん『民主党ではないですよ私、なに胸張ってんですか。年金を6%削ってんですよ』とバッサリ殺り、返す刀で『笑ってる場合じゃないでしょ菅さん』と官房長官まで斬って捨てたのだった」と。しかしこれ、国民からすれば年金問題は、今今始まった訳でもなく、既に政府にも頭の痛い処。今更だが民主党政権時代も同様で、問題が継続していた筈だ。その時にも小池氏が追及していたのであれば、ブレない姿勢を誉めたい処だが、揃って「反日政党」なれば、国民の事等考えてはいないだろう。共産党も労働組合に政治運動等させている場合ではないのだ。「国民の為、労働者の為」なんて建前だけで年金問題を解決する気もないのも、それを政局に利用している時点でバレバレだ。つまり手の内は、国民からは(既に)見透かされているのだ。だから災害が起きても民主党系政党は「伝家の宝刀」で対策本部ばかりを作るが何の対策もないだけではなく、昨年の北海道胆振東部地震では共産党の宣伝カーが旭川で誤報を流布したり、(野党)議員のTwitterではデマもあった。だから「所詮はそんな政党」と党員やサポーター以外の支持はないのだ。なので「年金問題」には非協力。解決法なんぞハナから考えてはいないだろう。議員年収からも国民の感覚なんぞ解るまい。コイツら自らの政党の為にしか働かない。

2歳女児衰弱死…なぜ幼い命は“またも”救えなかったのか…?児相と警察で食い違う言い分
https://sp.fnn.jp/posts/00046705HDK/201906101832_livenewsit_HDK
立川談四楼 安倍首相は小池晃氏に完敗「完全論破された」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00000021-tospoweb-ent
舛添要一氏 老後資金2000万円不足問題で批判のみの野党を一蹴
https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoSports_1427508/

クリックすると元のサイズで表示します

続けて東スポの記事だ。今や国際政治学者の舛添要一氏のtweetが、その年金問題について言及した。思えば舛添氏。2007年8月に第1次安倍改造内閣で厚生労働大臣に就任して以来、福田内閣でも、翌年の麻生内閣でも留任しており、あの「消えた年金問題」での対応等、何かと年金問題には縁のある人だ。そこで本来ならば超党派で対策を話し合わなければならない大問題なのに、それすら政局にしてしまう野党に呆れ、我慢ならずに更新したようだ。内容は「老後資金2000万円不足問題、国会での非生産的な議論にがっかり。掛け金との比率で公的年金ほど有利な年金は民間にはない。1円も老後に不足しない年金制度を野党は提案してみるがよい。北欧で老後資金が不要なのは消費税が25%だからである」と。この人は自身に何の責任がない時は冴える。正に正論だ。尚野党は年金問題を選挙の争点にしたいようだが「火傷するぞ」と言いたい位だ。

0




AutoPage最新お知らせ