恐怖心の欠落  ニュース



人気ブログランキングへ 

「私は学んだ。勇気とは恐怖心の欠落ではなく、それに打ち勝つところにあるのだ」。こちらは、南アフリカの政治家であるネルソン・マンデラ氏の名言だが、氏の略歴等はWikipediaから引用すると解りやすいので、そのまま紹介しよう。まづ肩書きだが、南アフリカ共産党中央委員を務め、アフリカ民族会議議長(第11代)も務めた。更には下院議員(1期)を務め、大統領(第8代)を歴任している。此処で略歴だが、こちらをWikipediaそのままで引用すると「若くして反アパルトヘイト運動に身を投じ、1964年に国家反逆罪で終身刑の判決を受ける。27年間に及ぶ獄中生活の後、1990年に釈放される。翌1991年にアフリカ民族会議(ANC)の議長に就任。デクラークと共にアパルトヘイト撤廃に尽力し、1993年にノーベル平和賞を受賞。1994年、南アフリカ初の全人種が参加した普通選挙を経て大統領に就任。民族和解・協調政策を進め、経済政策として復興開発計画(RDP)を実施した。1999年に行われた総選挙を機に政治家を引退した」との事。数奇な半生だ。現在、何かと「ヘイト」が取り沙汰されるが、それを傘に政治プロパガンダに利用もされているので、そこで真実を見る目が必要となる。と言うのも、戦後はあの東京裁判以降、旧連合国の思惑で加害国として扱われたからだ。しかしその汚名が98代内閣総理大臣だった安倍晋三氏のおかげでかなり挽回した。実は旧連合国が加害国だった。大体、軍事裁判を戦勝国が取り仕切る事自体が間違いだ。そんな事もあり、世界の平和と秩序を守るイメージの国連が逆に国家間の格差を助長させ、差別の原因を作ってきた。その軍事裁判ででっち上げられたのが「南京大虐殺」だった。そこでの証言は裁判が終わった辺りからも疑問視された。確かにその証拠を探そうにも後から出てくる資料写真も宛にならず、おまけに兵隊の軍服が中国軍のものまで出て来ては「もう少し上手くやれよ!と思う位だ。

その中国だが、現在の中国は共産党政府の「中華人民共和国」であり、1949年に建国した国。しかしながら最初に中国を名乗ったのは国民党の「中華民国」だ。然も清王朝を倒し、民主的な観点から国家を定めた。こちらも階級闘争だ。所謂「辛亥革命」だが、その建国翌年の1912年からだ。なので『元祖中国』とすべきなのだ。だが権力闘争の末、1949年12月7日に(当時、総統に復帰した蒋介石率いる)中国国民党政府が、首都を中国共産党に実効支配された事から、臨時首都として台湾島の台北に移転した。(細かい事は省くが)これが台湾島が「中華民国」になった経緯だ。だが『台湾問題』がある。とは言え、これは共産党政府が勝手に問題化しただけだ。そこに覇権国家たる「中華人民共和国」の欲がある。台湾が"中華民国"であってはならないのだ。まあ共産党政府は何処の国も構わずチョッカイを掛けているのだから酷いものだ。その報いは必ずあるだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

あのヒゲの隊長の威名を取る自民党国防議連事務局長の佐藤正久参議が自らのTwitterで吠えた。「【全く受け入れられない。コロナ禍で挑発行為のレベルを上げてきたのは中国だ→自民議連の尖閣周辺の対応強化提言案 中国外務省がけん制 | 尖閣 】」だと。NHK News Webによると「自民党の国防関係の議員連盟は、17日、会合を開き、沖縄県の尖閣諸島の周辺海域で中国が活動を活発化させていることを受けて、尖閣諸島を含む南西諸島で自衛隊がアメリカ軍と共同訓練を行うなど、有効支配の実効性を強化すべきだとする提言案を、近く政府に提出することを確認しました」との事。国外務省の汪文斌報道官の言い分だが、なんと「島は中国固有の領土だ」として「日本には、実際の行動をもって、両国関係の改善の方向性を維持するよう求める」と述べている。このコロナ禍の中でも御構い無しだ。国際裁判所での提訴を日本政府はした方が良いのでは?

佐藤正久 @SatoMasahisa
https://twitter.com/SatoMasahisa/status/1306567875344306179
自民議連の尖閣周辺の対応強化提言案 中国外務省がけん制
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200917/k10012623701000.html
日米首脳「同盟発展へ連携」 初の電話会談
https://www.jiji.com/sp/article?k=2020092000387&g=pol
米大統領に猛毒送った疑いの女逮捕
https://this.kiji.is/680582541636355169?c=39550187727945729

クリックすると元のサイズで表示します

では日米関係だが、20日には、菅義偉総理が米国のトランプ大統領との電話会談をしており、時事通信の記事によると、その会談は日本側から申し入れたそうだ。そこで記事を引用すると「日米同盟について菅氏は「地域や国際社会の平和と安定の礎だ」と強調。「安倍晋三前首相と大統領の深い信頼関係の下、かつてなく強固になった同盟を一層強化していきたい」と語った。トランプ氏も「全く同感だ。菅首相と共に日米関係を一層強固にしたい」と応じた」との事だ。前政権で得た信頼を此処で終わらす訳にもいかないだろう。更には北朝鮮による日本人拉致問題にも触れており、「早期解決に向け果断に取り組んでいく」として、米側の支援を要請している。それに対し、トランプ大統領は「24時間いつでも何かあったら電話してほしい」と伝える程だったとは心強い。尚、菅義偉総理は首相公邸前で記者団に対し、米国との連携の一致に手応えを感じたと述べたとの事なので、ひとまづは上手く行った。そのトランプ大統領と言えば、暗殺されそうな事案に遭遇しており、大変そうだ。

0
タグ: 中国共産党

どう生きるか  ニュース



社会・政治blogランキング


北野武氏は、こう言った。「オレは夢は叶うと言う言葉が嫌い。夢は叶わないよ。夢の叶わない自分をどう生きるか」と。まあ何事も宛にしないで実力で何とかしていくのも生き方だ。結局は、そうして生きるしかないのが現状だろう。だから目標も設定出来る。昨夜、ヤフオクでスピーカーターミナルを落札した。アンプのプッシュ式のターミナルが壊れたからだ。次の休みの日に間に合えば、アンプのスピーカーターミナルを交換する予定だ。基盤にする(ベークライト等の)樹脂板を買いに行こう。(最近は休みとなるとジョイフルAKに行く機会が多い。)次なる修理は、やはりカセットデッキだが、TEACの古い製品で「A-450」なる物。(1972年製造)これはフライホイールのゴムベルトだけの問題かと思ったら違うようだ。と言うのも、ゴムベルトを交換した直後は調子良く再生出来るのだが、徐々に回転が落ちて最終的には止まってしまうのだ。そんな時にフライホイールを指で回そうとすると何故か重い。然もモーターのトルクでも間に合わないようで自走すらしない。そこで推察出来るのは、「何かが引っ掛かっている」ようだと言う事。その「何か」を調べなければならない。なので壱からバラして原因を突き詰めなければ解るまい。その前に(LUXMAN社製のプリメインアンプ「507X」(1972年製造) の)スピーカーターミナルの交換だ。今更ながらテープデッキのセレクターも探そうと思っている。

クリックすると元のサイズで表示します

これは「結局、それが民度なのかな?」てな記事。それは中国産マスクの品質についてだ。News-Postsevenによると「中国が発生源とされる新型コロナウイルへの感染が世界中に拡大したことによるイメージ悪化を解消しようと、中国共産党指導部は、各国にマスクや医療用品などを贈る「マスク外交」を大々的に展開した。当初は歓迎もされたが、その後はマスクなどの品質が基準を満たしていないことが発覚し返品の山となった」との事。これこそ「やっぱり?」だ。その為、(記事を参考にすると)中国ではマスク用原料の不織布「メルトブローン」の価格が暴落。一時は1トン45万元(約765万円)まで高騰した価格も2000元(約3万4000円)に落ちた。なんと225分の1まで急落だ。(記事元:中国紙『新京報』等)それは中国工場のある伊藤忠商事が製造した日本政府による配布のマスクが粗悪品だった事からも「だろうな?」と思う。(政府から発注された他社のマスクも中国産だった。)何故、中国人はイザと言う時に決める事が出来ないのだろう?本当に不思議だ。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで如何に粗悪品なのかだが、記事によると「オランダ保健省は3月28日、中国から届いた130万枚のマスクについて「フィルターに欠陥があり、顔にもフィットできない『粗悪品』」と断定し、中国に送り返した」と。いきなり「うわ〜!」だ。更には「オーストラリア政府は4月初旬、約80万枚を税関で押収。フィンランド政府も4月8日、中国から200万枚のマスクは「すべて不良品」と認定。EUは「中国製マスクは濾過率が不足しており、感染のリスクが高まる可能性もあり、使用しないように」と警告。カナダ政府も4月下旬、100万枚を送り返した」と。ちなみに米国の食品医薬品局(FDA)では、5月7日に中国企業60社以上に対して、米国市場に向け高性能マスク「N95」を輸出する許可を取り消す始末。なので「他の国々も次々と中国製マスクは不良品だとして、市場に出回らないように処分するなどしている」との事だが、とんだ恥晒しである。日本企業も「純国産」に拘った方が損害を考えると得ではないか?日本の工員の人件費は、やはり似合ったものだったのだ。中国人が中国人の為に粗悪品を作るのは自業自得だが、日本企業が国内雇用を充実させるだけで高品質な製品を製造出来るのにわざわざ「反日教育」で人民を洗脳された中国に工場を作るのは愚行だろう。「安物買いの銭失い」を実践してどうする?

クリックすると元のサイズで表示します

此処で立憲民主党参院幹事長の蓮舫氏のTwitterだ。それは17日だったが、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画について、安倍総理が配備予定地への説明の前提が違った為と説くと、何を思ったか蓮舫氏。「辺野古も同じ構造です、安倍総理。地元説明、その前提が違っている辺野古も見直しを」としたが、そもそも辺野古に米軍基地の移転を決めたのは、普天間に米軍基地を建設後に何故か基地周辺に(人が住み初め)住宅が密集した為に住民の危険回避を目的にした事。それをとやかく言うのは結局、現状維持で何も変わらない。(それを言い出すと米軍徳寿を宛にして、基地周辺に住み初めた住民にも責任がある。)そこで「民主党政権の時はどうしましたか?」と問いたい。殆ど決まっていて住民からも納得してもらい、工事を始めた処、全てをひっくり返し、「最低でも県外」と当時の鳩山由紀夫総理がした公約を守る為に辺野古に対する腹案(代替地は、鹿児島・徳之島だった。)を出そうとしたものの、頼った「徳州会病院」理事長からは断られ、結局は臨時閣議を開き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を名護市辺野古周辺に移設するとした政府方針を閣議決定をするに至った。2010年5月28日の事だ。当時は(政権をひっくり返す程の)結構な大事だった。その根拠は、同日午前に発表した日米共同声明を確認したからだ。尚、それにより社民党党首の福島瑞穂消費者担当相が閣議決定への署名を拒んだ為に福島氏を罷免し、連立解消となったおまけまである。そこで偉いのは、その日のうちに鳩山総理は首相官邸での記者会見の際、素直に陳謝している事だ。「自分の言葉を守れなかった以上に、沖縄を傷つけてしまった」と。思えばこの社民党との連立解消が「民主党政権」の"終わりの始まり"だった。

中国の「マスク外交」、海外から次々返品され産業壊滅の危機
https://www.news-postseven.com/archives/20200617_1570064.html?DETAIL
蓮舫氏、イージス・アショア配備停止で「辺野古も」
https://news.yahoo.co.jp/articles/7f8599ddf6cc92b7dd4c19b29c007c31f3d69482
普天間問題 辺野古移設を閣議決定 反対の福島氏を罷免
http://www.asahi.com/seikenkotai2009/TKY201005280395.html
【元共産党国会議員秘書が独白】鳩山由紀夫元首相の”腹案”は、本当に存在した
https://samurai20.jp/2019/02/futenma/
青瓦台、北朝鮮に「これ以上悪化させれば強力な対応を厳重警告」
http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020061680272
【更新継続中】悪夢の民主党政権と言うけど、じゃあ具体的に何悪いことしたんだよ?←たくさんあります
https://togetter.com/li/1235944

クリックすると元のサイズで表示します

さて半島情勢だが、またもや振り出しに戻り、緊張状態である。それで別に何かが出来る訳でもなく、韓国政府は負け惜しみを言うしかない。何とも情けない現状だ。何せ朝鮮日報によると「青瓦台(韓国大統領府)は16日「わが政府は今日、北朝鮮側が、2018年の『板門店宣言』に基づいて開設した南北共同連絡事務所の建物を一方的に爆破したことについて、強い遺憾を表明する」と明らかにした」では、そうなったプロセスも当然あった訳だし、これが北朝鮮からの不満の表明みたいなものだ。北にしてみりゃ、文在寅氏を折角、大統領に仕立て上げる工作をしたのに「結果がこれでは敵わん!」て事なんでしょうね?尚、同日だが、青瓦台国家安保室長の主宰で国家安全保障会議(NSC)常任委会議を緊急招集し、会議後に、NSC事務処長は、こんな声明だ。曰く「北朝鮮側の南北共同連絡事務所破壊は南北関係の発展と韓半島の平和定着を望むすべての者の期待に背く行為」と。更に「政府は、これによって発生するすべての事態の責任が全的に北朝鮮側にあることを確認した」。「北朝鮮側が状況を悪化させる措置を取り続ける場合、われわれはその措置に強力に対応することを厳重に警告する」とは情けない。もっとマシな事が言えないのか?

0

無駄とは限らない  ニュース



人気ブログランキングへ 

米国の発明家で企業家でもあるトーマス・エジソン氏の名言に「作ったものが計画通りに機能しないからと言って、それが無駄とは限らない」と言うものがある。この辺は発明家らしい発想だ。何にでも原因があり、失敗は次へのステップになる。だから結果的にも物事には無駄はないのだ。これは何にでも言える事だろう。さて昨日は休みだったが、家の用事で15時には落ち着いたものの、やはり世話しなく、自分の事が中途半端になってしまった。だが夜は久々に旧友と会い、こちらの用事も済ませた。その時に試聴用に使っていたアンプを交換したが、トランスに接続されている電源コードが断線しており、詰めて繋ぎ直した。そこが面倒だったが、老化部品に関しては、そのうち交換しよう。旧友宅に向かう途中に寄ったラーメン屋で食べた焼豚チャーハンが美味しかった。そんな処か?尚、修理途中のカセットデッキ(TEAC C3RX)は手付かずで、未だにシャーシー丸出しでみっともない。早く仕上げて現役復帰をさせよう。それにしても当時のオーディオ機材は良く出来ているものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

此処で巷の話題だが、元「AKB48」の初期メンバーで、所謂『神7』の渡辺麻友さんが芸能界を引退した。健康上の理由としてはいるが、あれだけ華やかな時代を経験したアイドルなのにひっそりと業界を去る。時代の変遷とは言え寂しいものだ。26歳での業界引退だ。初期メンバーでは『初』となった。それと漫画家のジョージ秋山さんが亡くなった。「浮浪雲」ばかりの印象が深いが個人的にはフェミニストの頭に血が昇る「ゴミムシくん」の方が記憶に残る。ジャンルの広い人だった。だが基本的にはギャグ漫画家だと思う。なのでその画調を活かした「銭ゲバ」や「アシュラ」なんて社会派の作品もある。文化、芸術に関しても造詣が深い人だった。享年77歳だった。余談だが「浮浪雲」のテレビドラマ化は2回、「銭ゲバ」の実写化は映画とテレビでそれぞれされている。

渡辺麻友が芸能界引退!健康上の理由 AKB神7初
https://news.yahoo.co.jp/articles/22e6f18c8e36adaab68d1263a92c9e67b3514c8a
「浮浪雲」「銭ゲバ」漫画家ジョージ秋山さん死去
https://news.yahoo.co.jp/articles/d8ca7d517503fbcd94ecf85c3134ce9aa7249822
国連関係者「トランプ氏は、米史上最悪の大統領」
https://parstoday.com/ja/news/world-i58425

クリックすると元のサイズで表示します

さて米中関係だが、内情は最悪ではあるまいか?世界保健機関(WHO)が極端な中国共産党政府にどっぶりな事から米国政府が不信感を持ち、国連及び関連機関からの離脱を謀ろうとしている。思えば旧連合国の寄り合い機関なれば、元々は米国の関わりもあり、米国の関与も嘗ては深かったのだが、時代の変遷と共に旧ソ連は崩壊、『中国』も「中華民国」から「中華人民共和国」となっては幾ら略して『中国』とは言っても意味合いが変わってしまう。国連は主要国からそんな状態なのだ。だから「国連とはなんだろう?」てな事になる。そもそも国連は「ヤルタ会談」の延長みたいなものだ。その時点で公平ではない。それかららの現在である。中国は国連までも乗っ取った。既に『国連』は中国の手に落ちているのだ。これでは思うがままだ。そんな時の「新型コロナウィルス」だ。関連機関の「WHO」が中国を庇った事で各国に大量の感染者と死人が出た。それでもあんな国際機関に金を払おうとするのは馬鹿げている。然るにまるで中国の為に払っているような状態だからだ。そこで一切、米国政府は国連に強力しなくなった。ちなみにそんな米国を「国連のジェフリー・サックス事務総長特別顧問が、トランプ大統領、アメリカ史上の最悪な大統領である」と猛批判。parstodayの記事だ。それによると「サックス特別顧問はフランス24チャンネルのインタビューに応じ、トランプ大統領は、全世界やアメリカ国民さえにとって安定した人格を有していない危険な人物であり、米史上最悪の大統領となっている」と」語ったとの事。その肝心の国連だが、世界平和の為に最近何かやっただろうか? たまに記事が上がっても文句ばかりである。

0




AutoPage最新お知らせ