じっとしてても  ニュース



人気ブログランキングへ 

スーパー仲人の異名を取る山田由美子さんの名言。「じっとしててもチャンスはやってきません」。これは何にでも言える事だが、行動あるのみで動けば何等かの変化はあるものだ。さて父が入院転院をしてから2ヶ月も疾うに過ぎたが、ようやく目処が立って来たようだ。そこで験を担ぐ訳でもないが、家の表札を作り直した(もちろん自作)。更に入院、転院時にヤフオクで購入した「第九」の2種のレコードもあるのだが、そんな時の物だけに何となく気が進まず聴かなかった。しかし何でもジンクスに引っ掛けて聴かないのも、逆に厄を呼ぶ。なので払拭を理由に聴いた。すると不思議なもので、何故か展望が開けて来た。(ジンクスも人次第なのだ。)なのでそのレコードに関しては、聴いた感想を趣味系のblogに挙げたが、そんな行動は『こんな時こそ』必要な感じがする。展望と言えば、国会では10日の衆議院で閣議決定した「緊急事態宣言」を可能にする法案が、これからものを言う。これは今の処は新型コロナウイルスが更に感染拡大をした時の備えての事だが、「緊急事態」は別にこれに限った事ではないので流れも良くなるだろう。尚、今週13日には参議院本会議で採決され、成立する見通しだ。これは自治体による外出の自粛や学校の休校等の要請や指示を可能にする法案だ。(記事元:NHK News Web)話は変わるが『東日本大震災』から早や9年だ。歳は取るものだ。周りの身内や両親を見ると、特にそれを感じる。当時は民主党政権下で菅直人内閣時、然も国会では外国人からの献金問題で傾いていた。そこでアノ「パフォーマンス」で福島の原発がポポポポ〜ンとなった。「俺は原発に詳しいんだ」が何とも迷惑な結果を生んだ。その民主党は今や分裂をしたとは言え、やはり民主党で与党経験が"ちっとも"活かされていないのは逆に驚きだ。おかげで数々の法案が邪魔され、なかなか決まらない。下野後は大臣の不祥事探しから始まり、「もりかけ」を経て「桜」だ。悪夢は野党になっても健在なのだ。なのに現状を理解せず、念仏のように「政権交代」を唱え続ける。しかしながら野党としても何の役にも立たないのは実証済み。ちゃんちゃら可笑しいとは、正にこの事だ。

クリックすると元のサイズで表示します

米国を拠点にしている『看中国』と言うネットニュースサイトがある。即ち外から"中国を看る"のだが、こんな記事だ、それによると「5日、中国軍の戦闘機が天津市武清区に墜落した。ネット上に、反乱した中国人民解放軍の戦闘機がミサイルに撃墜されたという情報が流している。現在、中国国営メディアはこの事件を報道していない」との事。しかしながら共産党支配下ではなくとも、日本の場合は媒体と中国の関わり合いから、この手の不祥事は『忖度』で隠蔽される。ネット上動画も挙がっている。だが中国国内では遮断された情報でも、他国からでは見れるのだ。なので削除をされようが、ダウンロードした閲覧者は更に拡散する。斯くして世界でも「こんな事があった」と認識する訳だ。日本の媒体で報道せざるを得なくなるのはその段階になってからだ。尚、記事では「ネット上には、中国人民解放軍東部戦区の軍隊が反乱し、戦闘機が中部戦区のミサイルに撃墜されたという情報がある一方、習近平を暗殺するための戦闘機が撃墜されたという情報もある」との事。ネットでは、こんな事がある度に「クーデター」を予想するが、そろそろ本物が来るかも知れない。

それとこれはテレ朝ニュースの記事なのだが、些か情報が錯綜しているので、もう少し様子を見た方が良いのかも知れない。例の米国カリフォルニア州沖に停泊しているクルーズ船の件だ。そのクルーズ船だが、記事を引用すると「ペンス副大統領は6日、検査対象の46人のうち乗員19人と乗客2人の合わせて21人から陽性反応が出たと明らかにしました。運航会社によりますと、船には日本人の乗客乗員4人を含む約3500人が乗っている」との事。だが日本人が感染しているかは不明。続けると「CDC(米疾病対策センター)を視察したトランプ大統領は、国内の感染者数が増えることを理由に乗客らを船にとどめる考えを示しました。ただ、周囲からは乗客らを降ろすよう提案を受けたとも明かし、最終判断はペンス副大統領が率いる対策チームに任せる」らしい?すると今朝のテレビ報道では下船のニュース。どうなった?ちなみにNHK News Webの記事によると「米カリフォルニア沖クルーズ船 下船開始「教訓いかす」」である。

戦闘機が天津市で墜落 中国軍東部戦区の「反乱」か
http://www.visiontimesjp.com/?p=4764
韓国からの入国制限 109カ国・地域に増加
http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020031080062
新型コロナ「パンデミックが現実味」 WHO事務局長
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO56596050Q0A310C2000000
北朝鮮 およそ1万人隔離 “感染者はいない”労働新聞
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200309/k10012321171000.html
「緊急事態宣言」可能にする法案 13日成立へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200309/k10012321131000.html
玉川徹氏、韓国の日本へのビザ免除停止に「政治問題としてはダメ。韓国も大人げがない」
https://hochi.news/articles/20200309-OHT1T50073.html
韓経:韓国政府「日本人入国制限、日本側の措置によって撤回可能」
https://s.japanese.joins.com/jarticle/263415?servcode=a00§code=a10
米カリフォルニア沖クルーズ船 下船開始「教訓いかす」
https://www.google.com/amp/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20200310/amp/k10012322711000.html
米沖クルーズ船に感染者 大統領は船にとどめる考え
https://news.livedoor.com/%e7%b1%b3%e6%b2%e3%af%e3%ab%e3%bc%e3%ba%e8%b9%e3%ae%e6%9f%e6%9f%e8%85%e3%80%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%e3%af%e8%b9%e3%ab%e3%a8%e3%a9%e3%81%e3%8b%e8%83%e3%88/article/detail/17928189/

クリックすると元のサイズで表示します

これこそ眉唾だが、NHK News Webによると「北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、「労働新聞」は新型コロナウイルスに関連して、9日までに、380人以上の外国人を含むおよそ9930人を隔離したことを明らかにしました」との事。しかしながら労働新聞によると「伝染病はまだわが国には流入していない」との事。とは言うものの南はあんな状態。「新型コロナウイルス」はともかく、同時期に事故死(扱い)された人数が気掛かりである。その南側の韓国政府も馬鹿な事を言う。韓国経済新聞によると「外交部高位当局者は「ビザ免除制度と発行されたビザの効力停止は相互的なものだが、残りの措置は開放性、透明性、民主的対処など韓国政府の原則に立脚して取ったもので、日本に比べ節制された相応措置。日本国内の新型肺炎拡散状況が好転し、日本が取った措置に変化が起きるならばわれわれもやはり再検討できる」と話した」との事。こんな時に何を言っているのかしら?そこで韓国聯合ニュースの記事だ。引用すると「韓国外交部によると、国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、10日午後9時現在、韓国からの入国を制限する国・地域は109に上る」との事。何故日本だけ違うのか?不思議だ。何せこの人まで梯子外しだ。スポーツ報知によると、9日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」では、解説員の玉川徹氏曰く「これは政治問題としてはダメですね。ウイルスが悪いのであって、人が悪いわけではないし。本当は国同士でも助け合わなければいけない時ですから。そういう意味で言うとエビデンスが重要になるわけですね。日本はまだ少ない状態だから検疫上、入国を止めますってことなら何も問題ない話であって。対抗措置をやってくるのは、ちょっと韓国も大人げがないというか。政治的なものですよね、完全に」とコメント。社内的に何があったのだろうか?実際、このテレビ局では「人事面」で革新的な入れ替えがあるそうだ。

0

自信なんて  ニュース



人気ブログランキングへ 

あの岡本太郎さんは「自信なんてものは、どうでもいいじゃないか」なんて事を言ってたものだが、結局「大切なのは、その『本質にあるものだ」てな事か?確かにそこがいい加減だとどうにもならんものだ。さて連日『新型コロナウィルス』の話題に事欠かないが、そろそろヤマも見えてきたようだ。テレビ報道もされていたが、24日に行われた記者会見では、政府の感染症対策本部の専門家会議の座長である脇田隆字(国立感染症研究所長)氏が見解を示していた。曰く「これから1〜2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際」になると。総合的な基本方針は25日にまとめるらしいが「どうなる事やら?」だ。こんな時の御用学者は色々な面で「どうだか?」と思う程だ。そんな襤褸は大臣の記者会見で出るものだ。厚生労働省大臣の加藤勝信氏の何処となく頓珍漢な発言は、正に大臣自身の事の理解度が「どの程度のものか」を表している。なれば国民が不安になるのも仕方ない。結局、安倍内閣は復帰直後の第2次が(各大臣の)ベストクオリティーだったのが解る。あの時は「悪夢の民主党政権」倒閣後で『緊急事態』だった。それだけ大臣達の危機管理能力が問われるのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の『新型コロナウィルス』に対して疑問だったのは発症元の中国への渡航制限の甘さだが、こうなったのも積み重ねだ。今や媒体がすっかりと特亜に乗っ取られているのは見た通りだが、韓国でもウィルス感染者が蔓延している最中でも『インスタ映えやグルメで注目 「一番近い海外旅行」韓国・釜山のススメ』と旅行を薦める始末。毎日新聞の記事だ。土曜日のTBS「王様のブランチ」でもそうだが、とにかく韓国マンセー(万歳)で、この番組でもレポーターの女の子達を(ウィルス感染御構い無く)韓国の取材に行かせる。感染者が出た時はどんな言い訳をするのだろう?それとも既に感染者発生で隠蔽でもしているのだろうか?

「これから1〜2週間が瀬戸際」…新型コロナ感染拡大で専門家会議が見解
https://www.yomiuri.co.jp/national/20200224-OYT1T50171/amp/
インスタ映えやグルメで注目 「一番近い海外旅行」韓国・釜山のススメ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00000017-mai-soci
韓国・釜山の世界卓球開催是非 連盟が協議へ 新型コロナの感染確認で
https://mainichi.jp/articles/20200222/k00/00m/050/018000c.amp

クリックすると元のサイズで表示します

そこで日本の政治家が特亜に甘い理由だ。それはそもそも「自虐史観とは何ぞや?」だ。その原因となったものは、あの極東軍事裁判(東京裁判)で、でっち上げられた「南京大虐殺」を元にした洗脳にある。要するに日本の場合は『GHQ政策』でやらかした児童教育に於て、とにかく「日本は悪い」と刷り込む事にあった。「満州国」に関しても勝手に独立したような印象操作をしたものだから、戦後の日本人は中国に頭が上がらない状態となった。なので戦後に小学校に上がった世代とか、その頃に思春期を迎えた世代に直撃した訳だ。美輪明宏さんは、戦時中の日本に関し「日本人は戦争中、悪い事ばかりをしてきたから」と十把一絡げな思考だが、此処まで来ると治らない。その辺の後ろめたさが韓国の「従軍慰安婦問題」に繋がった。即ち親中政治家も「GHQ政策」の産物なのだ。特亜優遇も然りで、全てがそれにある。特亜が調子に乗る訳だ。証言だけで作り上げた歴史は間違った結果を生む。特亜への対応の遅れは忖度が原因だ。

0

本気で笑えない  ニュース



人気ブログランキングへ 

「本気でやらないと本気で笑えないんだよ」。これはお笑いタレントの江頭2:50の名言だ。デビューのきっかけだが、なんと求人雑誌で大川興業が人材を募集していた事から応募し、試験に合格。大川興業に入社となった経歴がある。1988年の事だった。勿論、応募は大川興業の公演を観に行き、感銘を受けたのがきっかけだ。リアルな話だがお金はある。同社の筆頭株主だ。そんな御仁だが、何とも奇々怪々な芸風だ。その名言だが、嘗てエノケンこと、榎本健一さんも(晩年の話だが)稽古中の演技指導の際、財津一郎さんに「喜劇を演じていると思うな。悲劇だ。悲劇だ!」と言った逸話がある。つまりそれ程に真剣なものなのだ。(その演目は1931年初演の南北戦争物の悲喜劇「最後の伝令」だった。)演技上の嘘まやかしは子供にもバレる。そんな事からなかなか素顔が解らない芸人だが、最近の芸能人はblogやTwitter、またはFacebook等で素性を明かし過ぎで威厳がなくなってしまった。そりゃあ一般人と変わらない芸能人は質が下がるのも当たり前で『スタア』なんて言葉も死語になる訳だ。話は変わるが、新型コロナウィルスの話題で騒然としている中で、中居正広氏によるジャニーズ事務所からの退所に関しての記者会見は、なかなかのものだった。別に社員でもなく、所属タレントなので「退所」と言う表現となったのだが、とても立派なものだった(と思う)。例の解散からの"それ"だったので尚更だが、事務所への義理も果たしただろう。喜多川元社長の分骨の話も初耳だったが、それにまつわる逸話はともかく、これからのジャニーズ事務所もいい加減に(喜多川社長亡き後では)改革が求められる処。それに今時あんな露骨な覇権主義を表に出した営業は時代遅れだろう。今まで専門外のものに関わって、潰したジャンルも計り知れず、業界に与えたダメージも大きい。振り返ると嘗ての渡辺プロも、それで失敗し、細分化の道を歩んだのだ。元々、渡辺プロの子会社なので、渡辺晋の後を追いたかった気持ちも解るが、呆れる程の独占欲は業界を破壊する行為だ。テレビも映画の各ジャンルが衰退した原因もジャニーズ事務所にあると言っても過言ではあるまい。

此処で「さて巷では?」だが、やはり『新型コロナウィルス』の話題が中心になるのは仕方あるまい。そこで今までの経過を垣間見ると、空気感染である性質上、やはり大気環境の良し悪しが諸に影響しており、それに衛生環境の良し悪しも関連していて、菌が拡がりやすい環境は劣性な地域・国家の場合は被害が多大だ。だから発生元の中国での感染者が多く、死者も後を経たないのも理解が出来る。しかしそんな中国からのインバウンドを多数受け入れていたのは日本だ。そこで政府対応だが、些か頓珍漢の加藤厚労相の記者会見は何となくほんわかしていて不安だ。そこで懸念した高須クリニックの高須克弥氏は、こんな事を自らのTwitterで発信した。

「官邸に直接連絡していただきました。
返事は
@中国の人たちの入国完全停止をする気は全くない。
A倒閣につながる可能性があるので署名と署名人のコメントは受けとれない。
とのことでした。
署名活動は全くの無駄骨に終わりました。
無念であります。
署名してくださった皆様にお詫び申し上げます。」と。

クリックすると元のサイズで表示します

23日の更新だった。理由は簡単だ。如何に日本の政治家には、所謂"親中"が多いかだ。中には帰化議員も居るので尚更だが、そんな者達が中国に「忖度」している。これでは対応が大甘になるのも当然だ。そこでその辺の事情を知ってか知らずか、22日に米国務省がこんな見解を示した。共同通信によると「新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受け、4段階中最低の1だった日本への渡航警戒レベルを2の「注意を強化」に引き上げた」との事。勿論、高齢者や持病のある人にも制限がある。当たり前だが「緊急事態」だ。同盟国がどうのは関係ないのだ。米国の対応は正しい。北海道でも16例目だ。なのでイベントも(ようやくだが)軒並み中止だ。だからショッピングモールみたいな処はガラガラだ。しかしそんな最中、尖閣周辺には5日連続で中国船が現れる始末。正に"この期に及んで"だ。それこそ国内があんな状態なのに「そんな事、やっている場合か!」だ。

米、日本への渡航警戒レベル1段階引き上げ
https://this.kiji.is/604049119207310433?c=39550187727945729
北海道16例目の新型コロナ感染者〜50代女性は"小学校の給食配ぜん員"194人分担当…江別市が公表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00000004-hokkaibunv-hok
尖閣周辺に中国船 5日連続
http://www.sankei.com/smp/world/news/200223/wor2002230012-s1.html
我が国は麻雀も禁止されたのに! 日本は新型コロナを「気にしていない」ように見える=中国
http://news.searchina.net/id/1687046?page=1
「金正恩、白頭山で後継者に妹・金与正を指名」 (Joongang Ilbo 中央日報)
https://s.japanese.joins.com/JArticle/262846
「辞めてでも環境を変えなければ」中居正広さんジャニーズ事務所を退所【記者会見詳報】
https://m.huffingtonpost.jp/amp/entry/masahiro-naki_jp_5e4f7f9fc5b6b82aa650d84b/
記事関連Twitter
高須克弥 @katsuyatakasu:
https://twitter.com/katsuyatakasu/status/1231372116764704768

クリックすると元のサイズで表示します

これは何の影響かは知らぬが、色々と憶測でものを言われる記事が中央日報(韓国)にあった。何せ『「金正恩、白頭山で後継者に妹・金与正を指名」』と題している。そこには「脱北者1号博士の安燦一世界北朝鮮研究センター理事長は20日、自身のユーチューブ「安燦一TV」で、「昨年10月に金正恩が白頭山を訪問した際、随行した幹部に『私の後継者は金与正同志』と話した」と伝えた」と書かれている。しかしながら眉唾もの。何故に脱北者1号の博士が、そんな重要なネタを知っているのだろうか?まだ日本の既存媒体ではニュースにもなっていないネタだ。気になるのはその理由だ。そこで安理事長曰く「金正恩の健康が良くないため、1月にフランスの医療関係者が極秘で平壌を訪問して金正恩を治療した」。「若い年齢(36)にもかかわらず健康が良くない点が後継者指名を急いだ理由であるはず」との事?米国の「トランプ政権が米国に敵対的な人物を相次いで除去している点も意識した可能性がある」らしい。だが健康状態が悪いのは時折話題にはなる。痛風を患ったり、糖尿病だのとだ。そこであの新型コロナウィルスの北朝鮮での影響だ。幾度となく報道されているのは、何等かの疾患のある人は重症になりやすく、死に至る可能性も否定出来ないと言う事。金正恩氏はそれにすっぽりと填まるのだ。この記事の真相は不明だが、無いとは言えない話だけに注視する必要もありそうだ。

0




AutoPage最新お知らせ