【国際】ビートルズ解散ヨーコのせいじゃない マッカートニー氏が明言

解散はヨーコのせいじゃない―。28日付の英日曜紙オブザーバーは、元ビートルズのポール・

マッカートニー氏のインタビューを掲載。マッカートニー氏は、ビートルズの解散が故ジョン・

レノン氏の妻、オノ・ヨーコさんが原因だったとの説を全面的に否定した。


マッカートニー氏は、英著名ジャーナリスト、デービッド・フロスト氏とのインタビューに応え、

「ビートルズは(自ら)バラバラになった」と言明。ファンの間に根強い「結婚でジョン・レノン

の音楽性や人間性が変化し、他のメンバーとあつれきが生じた」という見方を間違いだと指摘した。




人気ブログランキングへ 

▽東京新聞(2012年10月28日 21時48分)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012102801001808.html


今頃になって蒸し返すように発言するとは、やっぱり気にしてたのかな?確かに後期は音楽性の

不一致が目立ったけど? オノ・ヨーコさんに至っては個人的にには前衛芸術家として現在でも

注目すべき人なんだけどね!時代感覚のズレは仕方ないけど.....?




0

大江千里  男性ミュージシャン


先日、何気にテレビのトピックスで取り上げられていた大江千里さんを久々に拝見したのだが、

なんとジャズ・ピアニストになっていた。そこで早速御手並み拝見と動画サイトで現在の彼の

実力を見たのだが、取り合えずジャズ・ピアノがやりたかった事は充分伝わった。何よりも本

人が楽しんで演奏しているのに好感が持てた。つまりまだ経過を見守ろうと言うレベルなのだ

が、突然、彼がジャズ・ピアニストを目指していた理由は解らないが、彼も既に52歳である。

私もそうだが歳と共に趣味や趣向は変化が在って当然なので、それについては何も此方がどう

のと言う事でも無かろう!思えば素養が在ったのだろうと思う程度である。それと意外と聴き

込んでいて親しんでいた音楽だったのだろう!楽しそうに演奏している姿が、その証明である。

当たり前だが、「十人十色」を歌っていた当時の印象は、彼には無くミュージシャンとしての

風格が漂っていて、これからがジャズ・ファンとしては楽しみである。私の好きなアート・テ

イタムのような器用さと味は無いが、大江さんは誰を目指しているのかと興味深い!




人気ブログランキングへ 


確かに何かが足りないとの批評も在るが、それもこれからだろう?この人は器用そうなので、

自分なりに消化して、それなりの発展を遂げると思う!ジャズも既に古典化しているジャンル

なので新しい人が盛り上げなければ、ジャズそのものの存在が否定されてしまう!だから新し

いジャズ・ミュージシャンには、いつも長い目で見つつ期待もしている今日この頃である。
0
タグ: 大江千里

坂本龍一とコンパクトディスク  男性ミュージシャン


坂本龍一 「CDがなくなりつつあるけど、おどろいたことにCDが一番音質がいい」

一方、坂本氏は昔聴いていた貴重なアナログ盤をのぞき、かなりの数をもう捨ててしまって

いるという。しかし音楽はいまだにCDで買うようにしているそうだ。


「インターネットが普及してCDがなくなるだろうってよく言うじゃないですか。実際になくなり

つつあると思うんですけど、いま普通に手に入る音源のなかで、おどろいたことにCDが一番クオ

リティが高いんですよ。なくなるはずのCDが一番音質がいい。

だから買ってラップトップに取り込んでいます。


あとテクノロジーが発達して便利になりますけど、余計時間がかかったりしますよね。SNSなんかも

数えたら10ぐらいやってるですよね。『Tumblr (タンブラー)』 とか『foursquare (フォースクエア) 』

とか『Facebook (フェイスブック) 』とか。

全部チェックしているうちに午前中が終わってしまいます」と同氏はいう。




人気ブログランキングへ 

坂本龍一 × NIGORスペシャル対談 英国王室御用達のトラベルケース・ブランドGLOBE-TROTTERと
音楽の百科事典「commmons: schola」コラボレーション記念

http://fashionpost.jp/posts/4846/2
参考記事:http://gogono.net/archives/51995813.html


さてCDだが、意外と再生に対するエラーが多くて、装置によっては掛からなかったりとトラブルも在る。

それと引き合いに出されるアナログ・レコードだが、実は特性的には情報量も含めてデジタルと比較して

余裕が在るのも事実である。此処で言う音質は音質の老化について述べているようにも思われるが、確か

にアナログのように特性のバラツキが少ないのは認める処である。しかしながらレコードを長く聴いてい

る人が行き着く先は通称SPレコードと呼ばれる78回転盤である。その理由は色々と在るが、音の基盤

となる中域の密度の濃さは絶品で、一度まともに聴いたら癖になるものがある。だが結局は好みの範囲か?
0




AutoPage最新お知らせ