2005/9/30  20:50

今週の一冊  本の話

クリックすると元のサイズで表示します

 おっちゃんの出張に備えて多めに本を借りてきた。「読書の秋」だなあ。寝坊してもいいから夜中まで本を読もうと思うのに、いつも通りに11時半には眠くなってしまう。で、きっちり6時半に起きる私。(いつもは5時半起床でお昼寝つき)ったく融通がきかないというか体のつくりが原始的というか。

 ***今週の一押し***

 「東京タワー オカンとボクと時々オトン」 リリー・フランキー

 新聞に新刊案内が載るとチエックして、おもしろそうだと図書館で予約。ちょっと出遅れるとしばらく待たされてしまう。これは三ヶ月待ちで。

 リリー・フランキーを御存知だった?この本で初めて知ったけどイラストレーター、絵本作家、演出家…など沢山の顔を持つ人らしい。1963年の福岡は小倉生まれ。小倉から筑豊にそうして大分、東京へと出て行く作者の軌跡と母を東京に引き取って亡くすまでの暮らしを書いた自伝小説。

 「オカン。あれから、何年か経ったけど、今でもボクは淋しいでたまらんよ。」と母を思い出す作者の声に読者は故郷の母や亡くなった母を思い出して目頭が熱くなるだろう。思い出すオカンの姿はサヤエンドウの筋をとっていたり、包装紙を切って封筒を作っていたりするのだ。

 さんざんオカンに心配かけた作者であるが「オカンの毎日は幸せやったんやろうか?」と今でも自分に問いかける。私自身オカンとなって25年近いが、オカンの幸せは子供が難関とよばれる学校に行くことや、お金をいっぱい稼ぐことなどではない。自分自身を大好きでいてくれること、自分の人生を愛して暮らしてくれることである。リリー君、大丈夫だよ。キミのオカンは幸せだったさと声をかけたくなる一冊だ。

 **他には**

 「法王庁の帽子」 森村誠一
 6編の短編集。気軽にどうぞ。

 「炎のあとに、君よ」 早乙女勝元
 今や作家か平和活動家か分からなくなった早乙女氏の自伝小説。

 「半眼訥訥」 高村薫
 エッセー集。骨太小説を書く人のエッセーはやっぱり骨太。

 「還流」 稲葉真弓
 今から読みます。

 「焼きたてパンとジャム」 カントリーホーム
 涼しくなったのでそろそろパン作り再開か。
 

2005/9/29  20:44

お集まり  日々のいろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

 「写真は載せるな!」と念を押されたので隠してみました。(かえって怪しいじゃん)M子ちゃん、A子ちゃんと次女のAリちゃん。

 ああ、よくしゃべった。月曜からの少ない口数を補ってあまりある午後でした。私達は社宅(社宅??)仲間で、結婚したのがほぼ同時期。なので26年の付き合いになるんやねー。その間にそれぞれ女の子が二人ずつ生まれたもんで助け合ったり励ましあったりけなしあったりしながら暮らしたものでございます。

 さてさてAリちゃん、おばさんになったらこんなにつまらん話題で何時間も盛り上がれるのかと感心したでしょうか。それともおばさんになっても結構楽しいことが沢山待ってるんだと30年先に希望が持てたでしょうか。ご感想伺いたいような耳を塞ぎたいような。

 こき下ろししながらも労わりに満ち満ちたひと時でした。足腰頭が弱ってきても仲良くしようね。年取って必要なのは財布が一番、友達二番でしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します ご飯はこんな感じ。カップ麺も有力候補やったんやけど。

2005/9/28  20:12

今週のもう一本  映画の話

 ↑明日は友達が遊びに来るので紅茶のシフォンケーキ焼きました。前に炊飯器で懲りたので(5/8参照)普通にオーブンで焼きました。食べる前に生クリーム泡立てて添える予定。これで昼ごはんがカップ麺でも言い訳がたつやろう。

 で、午前中は大急ぎで映画を月曜に引き続きもう一本。

 「チャーリーとチョコレート工場」 2005年 アメリカ ★★★と半分
 監督 テイム・バートン
 主演 ジョニー・デップ

 秘密のベールに包まれたチョコレート工場に入れることになったチャーリーたち五人の子供たち。超変わり者の工場主ウオンカの案内で工場内を巡るが、わがままな子供たちの言動は思いがけない事態を引き起こしていく。

 奇想天外な空間は大人が見ても本当にワクワク。半年間特訓したというリスの動きは拍手喝さいものである。この空間がCGなしと聞いてびっくりだ。チョコレートの香りが漂ってくる映画館も数館あるそうだけど、中州大洋は無味無臭。友達が「チョコ食べたくなるよ」と言ってたのでひとかけしのばせて。

 いやー、ジョニちゃん演技してんだかアドリブで進めてるんだかというくらい納まってしまってる。このちょいとクセのある役どころはジョニちゃんならでは。でも私は「ニック・オブ・タイム」や「ギルバート・グレイプ」の真っ直ぐみせてくれるジョニちゃんも大好きでござる。

 ちょいと毒気のあるブラックユーモアも満載だけど、その後からほろりと追いかけてくる大切なものの姿にホッとするよ。クリックすると元のサイズで表示します

2005/9/27  18:38

皮膚科  日々のいろいろ

 ↑朝起きたらこんなことに。まるでおっちゃんの留守をいいことに、飲んだくれて二日酔いとなってしまった図である。確か八月にもこんな日があったが、その時は片側だったからなあ。「アトピーかも」などと言ってたが二日で消えたので放っておいたんだっけ。

 今回は皮膚科に行こうと決心。「汗疹性湿疹」だそうな。つまりはあせもみたいなもんね。でも放っておくと広がってきて治りにくくなるらしい。私ってば結構デリケートじゃないのさ。そうよ、山芋で手がかゆくなったりゴム手袋でも荒れたりするからなあ。飲み薬まではいらないと塗り薬もらってきました。あとは、帽子をしっかりかぶるようになどとファッションアドバイスまで受けてきた。

 が、今保険証がないんだわ。検印期間中なのよ。困るねー、10割負担だよ。診察代5590円と薬代1390円。ひゃー。もちろん、保険証が届いたら返金してくれるんだけど診察前に「どれくらいかかりますかね?」などと尋ねる小心者の私。なかなか厳しい。

 まさかどアップの写真を載せるわけにもいきませんでしたので、裏紙にサインペンで書いて携帯で写すなどというお恥ずかしい作業をしちゃいました。どうすればよかったのでしょうか?まだまだいろいろを使いこなせないことです。クリックすると元のサイズで表示します

2005/9/26  21:17

今週の一本  映画の話

 うふふさんから招待券をもらったので映画、映画。「NANA」「タッチ」「スターウオーズ3」「四月の雪」「容疑者室井慎次」の中から選択。あなたならどれ選ぶ?

 「容疑者 室井慎次」 2005年 日本 ★★と半分
 監督 君塚良一
 主演 柳葉敏郎

 御存知「踊る大走査線」シリーズのスピンオフ第二弾。室井管理官が自ら指揮をとった事件の捜査責任をとらされて逮捕される。若き新人弁護士・小原は彼を救おうと奔走するが、敏腕弁護士の灰島に追い詰められていく。いつも冷静沈着な室井の過去もちょいと明らかになったりもする。「踊る…」とはまったく違ったノリだけど、同じ登場人物で脇が固められておもしろい。青島刑事は出ません。

 いやー、邦画は字幕を読まなくていいからなあ、お気楽にダラリンして見ることができるわ。普通の日だし、始まってだいぶん経つのに結構な入りですぞ。隣がじいちゃんばあちゃんのカップルなんですが、これがずーっと感想のしゃべりどおし。茶の間じゃないんやから〜。おまけにオシッコが近いのか私の前を通って二回づつトイレへ。ま、ええけどさあ。指定席やったけど、こっそり移動。

 新人弁護士役の田中麗奈が良かったわ。ひたむきさが出てて。それに福岡久留米出身やしね。おそらく<信念の男室井ここにあり!>という描き方をしたかったんやと思うけど、ずーっと額に縦ジワで同じ顔の室井サン、お疲れではございませんか?クリックすると元のサイズで表示します

2005/9/25  19:31

亭主元気で  日々のいろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

 おっちゃん明日より今月5回目の出張である。おっちゃんと同じ業界の方は皆さん同じであろうが9月は一番あっちゃこちゃ出稼ぎ多しである。昨年の、三週間のうちにヨーロッパ二往復にはたまげたが、今年も負けず劣らずのバタバタしさだ。楽ができるぞ〜、と思う反面健康状態などが心配なこと。

 「亭主元気で留守が良い」とはよく使われる言い回し。私も確かにそりゃそーじゃ、と思う。しかし本音のとこそうやろか?「亭主ご機嫌でうちも良い」っていうのはどう?世の亭主族の皆様、<ご機嫌で>ってとこがミソよ。不機嫌で家に居られちゃたまらんばい。亭主在宅症候群にもなろうというもんだ。別に家事なんか手伝ってくれなくてもいいから機嫌よ〜く居てくれるのが一番だわ!

 と言いつつ映画に行こう、友達呼ぼうと企てておる私である。M子ちゃん、A子ちゃん、待ってるよー。

 

2005/9/24  19:47

ドライカレー  ご飯の話

 月曜夜の「きよしとこの夜」きよしくん可愛いわね〜、とぼんやり眺めてるだけじゃなくて、グッチ裕三のお料理もチエックしたり。

 お昼は先週紹介された「安全ドライカレー」。これまでドライカレーのときはカレー粉を入れると焦げ始めるので、弱火にしてしまいパラッと感に欠けてたの。この方法だとご飯に先にカレー味を混ぜ込んでしまうのでその心配なし。目からウロコが三枚ってとこかいな。

 それにしても素晴らしいグッチ氏ですな。インタビューの時に「新しい料理で失敗することはないのですか?」と聞かれて「いやあ、いーっぱいしてますよ」と答えてた。うーむ、ここが主婦とは大きな違いやん。私は失敗するのが超恐いのでオリジナルなど作れない。。材料を無駄にしたくないから、これまでに作ってきたものか、本やテレビやインターネットで紹介されたものしか作れない。せいぜい、そこからちょいと自分好みに変える程度だ。

 ところで巣鴨でお年寄りにインタビューしたところ、孫にしたい芸能人トップはきよしくんを押さえてえなりかずきくんらしい…。クリックすると元のサイズで表示します

2005/9/23  19:57

ダイヤモンドシティ  日々のいろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

 ↑花どんたく会場を屋上から眺める。8時間待ちのパビリオンなど信じられないのどかさ。

 三連休初日なので「どこ行く〜?」「どっか行く〜?」「ど〜する〜?」などとうじゃうじゃ言ってる間に午後。一度は覗いてみようかダイヤモンドシティってことで粕屋町まで。故郷広島にできてるダイヤモンドシティとまったく同じ造り・お店である。駐車場もほぼ満車、店内はごった返し状態でDスーパーの閉鎖さもありなんと納得してしまう。

 多くのお父さん方と同じく、おっちゃんもショッピングが好きではない。普段のお買い物にいろいろとスーパー回りをするのは苦でない様子だが、あれこれとためつすがめつウロウロするなど苦行以外の何者でもなかろう。子供が赤ん坊時代はともかく、そんなおっちゃんとショッピングしたってゆっくり楽しめないので、そういうのは一人か友達と、と決めている私である。「早くしてくれよ、お前〜」などと言ってる(おっちゃんは間違ってもこんなことは口にしない。生活の知恵)おやじとショッピングして何が楽しいのか不思議だ。

 ショッピングに関心が薄いということは物の値段に無頓着な部分ありということだ。昨夜も最近まで普通ハガキは5円、年賀ハガキは4円だったとか言ってくれてびっくり。もしもし…。

2005/9/22  20:39

豆腐ハンバーグ  ご飯の話

 豆腐ハンバーグで検索してくださる方が多い(ごめんなさい。私にとっては…ですけど)ことに気付きました。で、作り方をRead Moreに載せましたので、お役に立ちましたらどーぞ。
クリックすると元のサイズで表示します

 暑さ寒さも何とやら…はどこへやら。いつまでも暑いことです。今日は今日とて33度。短パン・ランニングが収められない。

 ハンバーグは合い挽きですか?牛挽肉ですか?うちは、必ずお豆腐と混ぜ混ぜで。木綿豆腐とミンチを5:5から3:7くらいの割合で使います。お豆腐の水切りをしっかりすることと、フライパンの上で裏返すときに細心の注意を払うことを気をつけたら(えーえー、ぶっちゃけたことありです)まろやかーな豆腐ハンバーグの出来上がりっす。あとは一緒の中身と作り方ですが、玉ねぎだけじゃなくてナス(皮は剥く)の炒めたのも混ぜ込むとこりゃまた変わった美味しさでございます。

 *お豆腐ハンバーグとキャベツ
 *ナスの青シソもみ 
 *春雨の酢の物
 *ゼンマイの煮物
続きを読む

2005/9/21  20:09

あすか  日々のいろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

 終わっちゃったもんなあ。つまんないの。1999年の10月スタートであったNHK朝の連ドラの再放送。先週終了さ。ご存じない方のために説明すると京都・奈良を舞台とした物語で、和菓子職人として成長していく女性の半生を描いたドラマである。今や大ブレイクの竹内結子と藤木直人が主演だ。連ドラのあと鳴かず飛ばずの役者さんも多い中たいしたもんだ。「はー?今頃そんなん見てんの?」とか「あー前見た見た。結末教えといたろか?」などとろくな友を持たない私だ。

 私達夫婦、わりと再放送ではまることが多い。っちゅうか、子供けなげものに弱いんやと最近認識した。先日お話した「フランダースの犬」しかり昨年の「おしん」しかり。おしんはリアルタイムでも見ていたのだが、上娘誕生と重なり最後の三ヶ月を見てなかった。しかし何といっても一番はまったのは「あかんたれ」であろう。日本中で繰り返し再放送しているところを見ると(広島、今やりよろー?)あかんたりあんと呼ばれるファン層はずいぶんと厚いものと思われる。

 ご存知よね?浪速商人ど根性ものを描かせたら右に出るものなし、天下無敵の花登筺による超大作である。「細腕繁盛記」や「ぬかるみの女」「どてらい奴」と筺作品は数々あれど、「うひゃー、もーやめてくれい」と思ってまだなおいじめ続ける場面が続くのはあかんたれが最高ではなかろうか。1976年に210回に渡って放映され、その後続編が1978年に157回放映された。

 明治時代の大阪船場・反物問屋の成田屋の半世紀にわたる物語である。主人公秀松を演じた志垣太郎はここでいびり続けられていた印象があまりに強く、明石家さんま相手に高笑いなどしている姿を見ると<何やっとんの、秀松どん…>とオロオロしてしまう私だ。東京ロマンチカの<ピャーラーララララ ♪♪>という物悲しいテーマ音楽と共に印象深い一作だ。

 見るドラマが何もなくなってしまった。私に残ったのはwowowの「コールドケース」だけだよ。ちえっ。頑張れラッシュ刑事。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ