2006/12/7  20:09

アロハ 4  おでかけ話

  クリックすると元のサイズで表示します 暮れていくダイヤモンドヘッド

 さあ三日目。早起きしてOLIOLIトロリーに乗り、ダイヤモンドヘッド登山に出発だ。

 ところで、このJTBの専用バスOLIOLIトロリーってば本当に優れもの。ワイキキの中心部を10分間隔で運行しており、ダイヤモンドヘッドも入り口近くまで連れて行ってくれる。一般バスだと公道のバス停までなので、入り口まで20分ほど歩かんといかんのよ。二年前に、レンタカーの助手席で地図の判断に四苦八苦しておった私の目には、トロリーバスで観光してる皆様の姿が穏やかでのんびりと映り、うらやましかったっちゃんね。

 ダイヤモンドヘッドは標高230メートルほどの小さい山。日頃、山歩きで鍛えているK嶋さんには<油山程度のハイキング気分>だったようだけど、足腰ヨロヨロの私はヒーヒー。「六根清浄…六根清浄…」と唱えながら前進するほどの気合の入れようだ。実は前回、途中棄権したからなあ。リベンジ。

 山道はともかく、階段が急でしんどい。それでも、「ここで倒れたらワイキキビーチで散骨してくれ」などと言い合いながら登るっきゃない。頑張ったあとには、こんな景色がご褒美に眼下に拡がる。

  クリックすると元のサイズで表示します きれいな海の青色よー
  クリックすると元のサイズで表示します 頂上は狭いよ。ギチギチ。

 夕食はシェラトンのプールサイドでフラダンスを見ながらビュッフェを楽しめるお店へ。野菜料理もたくさんあって満足じゃ。白ワインを乾杯しながら、また頑張って積み立てして旅行に行こうねとワイキキの海に誓う三婆であった。 

 クリックすると元のサイズで表示します 奥の方にフラダンスが

 以上、アロハな日々のご案内・本編を終了いたします。え?番外編も書くんかよ…



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ