2009/11/9  23:12

携帯電話買い替え  日々のいろいろ

 私のじゃないですけどね。ウンともスンとも反応せんくなったおっちゃんの携帯。出張の時にこんなにならんでもー、と思いつつ持ち込み。

 窓口に座るなり、お姉さん店長さんが充電器を突っ込んで「はいっ、なおりましたよ!」って。あなた、さすがに私もそれくらいはやってみましたがな。10秒ほどでシューと消えてく画面。「あら…だめでしたね」

 もう接続が悪くなってるとかで2年10ヶ月で替えることに。安くて、見やすくて、これまでのとあまり操作方法が違わんやつで願います。選択肢はあまりないけど、いいのそれで。

 クリックすると元のサイズで表示します

 金運アップを願ってゴールド。私の黄色は効果なかったので、こちらに期待を。しかし、携帯の手続きって長々かかるよね。これを待って、扱い方を覚えて、おっちゃんに噛み砕いて説明するってのは大変だ。

 話を聞いているところに兄ちゃんおっさんが。その瞬間に店内に漂った(ゲ…)という空気を私は嗅いだわ。

 A 「わ…また来ましたね。私この人の担当いやですよ!」
 店長「えー、私いまこのどんくさそうなオバサン構ってるんだから」
 A 「いや、そのドンクサオバサンの方がマシです。」
 店長「し、仕方ないわね。譲るわ。」

 という会話が目と目で交わされたはず。絶対に。

 店長「ミホさま〜、この先のお話はA子が続けさせていただきますねー」

 この兄ちゃんおっさんは先週買った携帯が不調だと訴えているんだけど、携帯の機種とか機能とかにやたらめったら詳しくて、その知識をば語りたいこと示したいこと。ずーーーーーーーっと喋ってて、店長さん口をはさめず。

 うわー。お客さん商売って大変だなあ。こんな客でも客は客。ちゃんと接客せんばいかんとねー。私が終わった時にはまだ新製品と先週買った製品を比較して語っとったよ。新種のクレーマーか。いつまで続いたんやろ同情しきり。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ