2009/11/15  22:17

向田邦子  日々のいろいろ

  クリックすると元のサイズで表示します

 一昨日の夕方から、おっちゃんが足イテテテテ…状態になり難儀してました。見てみたらば親指の付け根んとこが腫れてて可哀想です。痛風?とネットで写真を見たら、うわっ!!という写真ばかりで、さすがにこんなにはひどくないなあ。やっぱし、薬の副作用ってやつねと納得。

 納得したけど、それで痛さがとれるわけではなく。「あ、前の晩に満員電車でオバハンに足踏まれたけんそれかも!」って、それ夢の話じゃん。いや、予知夢っていうこともあるな。

 よっぽど痛かったんやろう、近所の整形外科に行ってみるとバイクにまたがったおっちゃんであります。が、よっぽど混んでたんやろう、5分もたたずに帰宅。「ありゃ待てん」

 結局、痛み止め入り湿布を張って、一日じっとしてたらマシになってきました。お昼寝しっかりしたのは痛み止めの副作用か?あ、湿布ではあり得ん?おっちゃんの体調に起こる不調の多くは薬の副作用ということが多いです。かといって薬を飲まないという選択肢はナシですから難しい。両刃の刃といわれる所以です。

 ゆんべ、向田邦子の特集を放送してました。亡くなって28年も経つんだね。さすがに「七人の孫」は古くて記憶にないけど、「時間ですよ」とか「寺内貫太郎一家」とかテンポの速いドラマを楽しみにしてたよなあ。橋田須賀子の妙に馬鹿丁寧な話し言葉のホームドラマよりも俄然生き生きしてたと思うけど。

 エッセイが上手すぎなんですが、何でも2000文字で依頼されたら、本当に2000文字きっかりに納めたとかいう逸話を聞いたよ。ああ、もったいない才能。亡くなったのって51歳やったんやねえ。今の私と一緒だわ。何だか深く感じ入ってしまいました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ