2010/1/31  22:20

テレビ三番組連続  日々のいろいろ

 クリックすると元のサイズで表示します
 ああバタバタ。まずは7時半から皿洗いしつつ<ダーウィンがきた>を。ペルーの熱帯雨林に住むラッパチョウという鳥のお話。鳥なのにほとんど飛べず、血縁のない5羽ほどの群れで隊列を組んで地上を毎日5キロも歩き回る。ヒナは木の洞で卵からかえり、飛び立つっていうか地面にもんどり落ちる。そのヒナは一日に100メートルくらい歩くらしいんやけど、おっちゃんが「家におる日のオレ並みやなあ」としみじみしていた。便所とお風呂限定やからねえ。

 そのあとは<龍馬伝>を。ああ、福山君は泣いても可愛いこと、などと感動しながら終ったとたんにお風呂へ急げ。ところで、三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎の描き方がきちゃなすぎと三菱グループから文句が出とるらしい。NHKでは10月頃に龍馬暗殺の後は違ってくるけん待ってね、と言ってるそうだ。(おっちゃんが昨日病院で見た週刊誌による)

 それからドキュメンタリー<無縁社会>を。自殺率が先進国の中でワースト2位の日本は、「身元不明の自殺と見られる死者」や「行き倒れ死」などの「新たな死」が急増している国でもあった。なぜ誰にも知られず、引き取り手もないまま亡くなっていく人が増えているのか。そこには日本が急速に「無縁社会」ともいえる、絆を失ってしまった社会に変わっている実態が浮き彫りになってきた。

 重たい重たい一時間。いろいろと深く考え込んでしまった。生き方が多様化したとはいえ、誰とも何ともかかわらずに生きていくことは不可能だろう。全ての人と濃く深くわかり合うなどできっこないけど。

 上の↑あとを何回書き直しても、考えてみても、どうしても書けんわ。縁あって誰かの世話をちょっとして、縁あって誰かの世話にちょっとなって、それから死んでいくという当たり前のはずのことが難しくなってきたんかなあ。

2010/1/30  21:48

お注射に行く  日々のいろいろ

 クリックすると元のサイズで表示します 清酒黄桜ミニ樽
 当たりました。って、兄が送ってくれたんやけど。大酒のみの兄貴の手元に応募シールが山ほどあったと思われる。ちょっと可愛い。

 排水管の掃除が終わったあとで、二人揃って新型インフルエンザの予防接種受けてきました。土曜日なら行ってもいいかな、とおっちゃんが言うので昨日探しましたよ。近場の病院に4軒電話したら、どこも「通院の方の分で一杯です」とか「予約された方ので埋まってますので、これから予約されたら2月か3月になります」やら言いなさるとって。ま、最後の1軒と小さい内科に電話したら軽くOK。残りもんやろか。

 ニュースではワクチンは十分にあって、輸入ワクチンは不要かも、とか言ってるけど巷はまだこんなもんです。おっちゃん、優先接種証明書もろてたけど、そんなもん絵に描いたモチ、ただの紙切れ。

 「中高年はかかりにくい」とか「山場は越えたので、大流行はもう来ない」とか「抗体ができにくい場合が多い」やら、果ては「ヘタレの厚生労働省が水みたいに薄めたワクチンば流通させとーけん注射は気休め」などという諸説紛々入り乱れておりますが、私はどうしてもインフルエンザ恐怖症なので、気休めでもいいからうちたいと思いました。

 お一人3600円、うった後は急激な副反応が出ないか観察するために20-30分は病院で待機しとかんといけません。予防接種証明書っていうのをくれました。狂犬病の予防注射みたいです。ワクチンのロット番号とか書いてあり、季節性の時とは違う対応じゃなあ。私たちの前に兄弟がうってて、たぶん中三と高三の受験生らしく、なんとも微笑ましかったです。頑張れ青年!

2010/1/29  22:49

片付けて茶粥を語る  日々のいろいろ

 クリックすると元のサイズで表示します おおっ ミホんち又引越しか

 明日、排水管の掃除があるので、洗面台の下と台所流しの下を空っぽにしたらこんなになりました。ごちゃごちゃと出てくるもんやねー。越してきて3年、さすがに賞味期限切れの物が出てきたりはせんけど、探してたお弁当用のバランが隠れてたり、煎りゴマの湿気たのがはさまったりしてました。

 そういうわけで、明日は朝から忙しいので、茶粥はなしだよ。パンの日ね。木曜日の<ヒミツのケンミンショー>をご覧になりましたか?和歌山で食されている茶粥特集でした。朝から夜まで、皆さんよくお召し上がりでしたわー。散らし寿司にかけて食べとられたのには、さすがにたまげたけど。でも、おっちゃんパパが白ご飯にかけてたんは見たなあ。

 スーパーで茶粥用のお茶が山ほど売られていたのは驚かんかったが、茶粥缶詰があったのにはビックリでした。いろんなお家の茶粥が登場してたけど、ネットリ系はちょっとね。おっちゃんはサラッと系が好きなので、おじやみたいになったのは×。米から炊いて25分が理想です。ほんとはご飯から炊いたら楽やけど、抵抗しよるんでね。

 茶粥が全国的に知られるのはまだまだみたいね。

2010/1/28  23:01

狂喜乱舞する  日々のいろいろ

 クリックすると元のサイズで表示します いっや〜!おっとこまえっ!

 これは誰かっていうとパブロ・アイマールちゃんですっ。それも8番をつけてたサラゴサ時代の貴重なる雄姿ってか、美しきお姿でございます。東区っ子さんに誕生日プレゼントでいただいちゃいました!何でも実家の弟さんの部屋からぱくってきなさったらしいんです。どーしよ、弟ギミにばれて怒られたら…。早くミホって裏に書いてしまおう。裏はクレスポのポスターやったし。

 「これで合ってるんかいな?」などという東区っ子さんでありました。えーっ!!こげん格好いい選手がそうそうおらんやろー。ったく、サッカー選手だかモデルだか分からんくらいだわさ。ありがとございますっ!  
 
 クリックすると元のサイズで表示します おお、春らしい

 あ、メインはこちらです。ついつい、のぼせてしまって前後しました。高級ウエッジウッドカップですよ。使うのもったいないなー。しばらくは飾って見てるだけにします。500グラム298円のコーヒーも一気にグレードアップしそう。

2010/1/26  22:52

ほめる力  日々のいろいろ

   クリックすると元のサイズで表示します

 今日の「クローズアップ現代」は<ほめる力>っていう内容で、なかなか面白く見たよ。100年に一度の経済危機といわれ、国内での自殺者は年間3万人を越える。社会に重い空気が立ちこめ誰もが不安な気持ちを抱える国ニッポン。企業の間では、組織の風通しをよくし、社員が働きがいを感じられるよう社員同士が「ほめる」研修が広がっている。また、身近な人から言われて嬉しい「ほめ言葉」を集めた自費出版の冊子も発売され、ほめるブームが静かに広がっている。

 うーむ。褒めるのって難しいよね。けなすまではいかんでもチャチャいれるのは簡単なのに。褒める語彙は少ないけど、けなす語彙は豊富な気がする。
 「遠くにいても、あなたを思うと暖かくなる」
 「いつもあなたの笑顔が私を元気にしてくれる」
くらいのことを子供に言わんといかんらしい。こげなメールしたら(母、そろそろやばいんじゃね?)とか怪しまれそう。

 最近、褒められたやろっか。むろん自戒もこめて。

 あ、褒められたわ。「朝からよう饅頭やら食えるなあ」

2010/1/25  22:40

さげもん  日々のいろいろ

 昨日の博物館のひなめぐりコーナーでは<さげもん>の実演をしてなさりました。柳川には、昔から女の子が生まれると、初節句に、子どもの無事な成長を願ってひな壇の前に色とりどりの<さげもん>を飾る慣わしがあります。

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

 おばちゃま二人が実演中 こんな風に降るように飾ってあります ほらきれい

 ババより宅配便。ミカン6個とか大福餅2個とか湯のみ1個とか。やくざのおっさんが持つような紳士物セカンドバッグもありました。絶対おっちゃんには似合わん。いったいどこでもらってきたんだ。極めつけは佃煮2瓶。「まー、美味しいけえ食べてみんさいや」…そりゃそうでしょ。私が12月に送ったんじゃん。言えませんでしたけど。 

2010/1/24  22:36

妙心寺展  おでかけ話

 クリックすると元のサイズで表示します

 天気もいいし、ちょっとお出かけ。国立博物館に妙心寺展が来てるので朝から行ってみた。京都の妙心寺に伝わる名宝と九州沖縄の妙心寺派寺院に伝わる宝物が集合とのこと。ちょっと地味目だけど、九州沖縄の寺院に残る宝物にもなかなかなものがあって感心しちゃった。が、国宝っていわれても銅鐘には今ひとつ感動できんなあ。

 上のチラシの龍虎図屏風は二月しか来ないみたいで、代わりに花卉図屏風が置いてあった。でも、見かけるポスターもチラシも龍虎ばかりなので間違って見に来る人は多いんじゃないか。「龍虎図は現在ありません 希望の方は本日の半券で龍虎図が来てから割引で入場できます」って張り紙してあった。文句も出たな、こりゃ。

 現場の迫力には追いつかないけど、天井に縮小した雲龍図が飾ってあったりと工夫が楽しい。梅の太宰府のついでにどうぞ。ただし、昼前くらいから渋滞すごかったよ。

 一階で九州各地のおひなさまめぐりの案内コーナーが開催中で、何となしに気持ちが華やいだわ。52歳も女子は女子。

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

2010/1/23  22:09

車検が終わる  日々のいろいろ

 朝から、おっちゃんは健康診断。私はマンション理事会。それから車検の終わった車の引き取りに行くついでにあれやこれや。代車を借りてたんやけど、軽やったんよね。うちの車は1500ccの小さな庶民車(トヨタ・アレックス すでに生産中止)やけど、それでも軽と比べたら、エンジン音の静かなこと、シートの柔らかなこと、加速時の衝撃の少ないこと。びっくり。

 車検、これまでで最安値やった。直営店の7掛くらいよ。普通は向こうからあれを替えましょう、これも替えましょうと言ってくると思うけど、この修理工場はこちらが替えんでいい?って聞いてんのにいいです、って言いんしゃっちゃけど。走ってたら突然にハンドルとれたりせんよね。

 クリックすると元のサイズで表示します キャシーより

 アイダホの白菊会キャシーから手紙と毛糸が届く。キャシーはとっても達筆なの。むろん英語やけど、これがサラサラと草書のように書いてあるんよね。おまけに長文。やけん(ってか活字体で書いてあっても同じことやが)内容が半分も分かりましぇん。キャシーは本当に優しい。今でも時々とんちんかんな日本人の私を思い出してくれて。編み物をしてるかなあ、という幻想は何とか捨て去ってほしいとこだけど。

 白菊会はこんなとこ。 ココ  や ココ

 

2010/1/22  22:34

今週の一冊  本の話

 クリックすると元のサイズで表示します

 ああ、おっちゃん怒涛の一週間やった。まだ、明日は健康診断行かんとね。職場の定期診断にはよ行けと怒られとるけど、土曜を使わんと無理。今週も西やら南やら東やら名古屋やら大ウロウロ。今日は今日とて、家→東→南→家→東→西→家だよ。営業さんやん。おまけに、通りすがりに車検に出して家で昼ごはんかっこんで代車で移動。月に何百キロ走るのか。

 *** 今週の一押し ***

 「未見坂」 堀江 敏幸
 背表紙を見たとき、どこかで聞いた作者なんやけどなー、でも読んだ覚えはないなあ、とか思いながら借りてきた。うむむむむ…この優しい文体と言葉は知ってる気がするなあ。ああ!そっか。ちょっと前のセンター試験の問題で短編が出てて、おっちゃんが「なかなかええ作品でつい本気で読んでしもた」と言ってた作者やな〜。いつか読んでみようと思いながら忘れとったわ。ネットで堀江敏幸・センター試験で検索したらば出てきたわ。2007年の出題作品は「送り火」←たしか書道教室の話やったと思う。

 静かな穏やかな作品。ものすごい事件や山場はなく、未見坂の近くに縁のある人々を見つめる短編9作。何だかうまいの。感動する言い回しとかじゃないんやけど、気持ちの底のところをくすぐるわ。特に少年の心に寄せる眼差しが優しい。ああ、子供ってそうやって大人の側に足を踏み入れていくんだなあと、大人側にしか立てなくなった私は思う。


  他には
 「しゃぼん玉」 乃南 アサ
 時々、置いてけぼりをくっちゃうような終わり方する乃南作品もあって困ってしまうけど、これは読みやすいし、最後に希望があるので気分よい読後感。

 「いなかのせんきょ」 藤谷 治
 講談調に進められる、とある田舎町に巻き起こる村長選挙にまつわる騒動。町村合併への皮肉も含めて展開する。村への愛情というたった一つのことを出発点に村長選挙は乗り切れたのか?独特な文体と共におもしろい。

 「さやかの季節」 藤野 千夜
 えーっと、私でも書けそうなんですが。じゃあ、書いてみろって言われそうですが。借りた本やからいいけど、これで1400円は大いに疑問。素人さんのブログの方が楽しいくらいだわ。いや、ミホんちじゃないっすけど。

 「いつでも野菜を」 オレンジページ
 ま、分かっちゃいるけど野菜だけのレシピはなかなかないなあ。いくつかメモ。

2010/1/20  22:46

チラシを見る  日々のいろいろ

 クリックすると元のサイズで表示します

 新聞の折り込みチラシが好きです。あまり代わり映えはせんけど、よく行くスーパーのチラシは、買い物に出る度にチエックします。

 今日、ブルーベリーの広告が入ってました。そうそう、中高年になって目がおぼつかんくなってきたらどうぞ、っていうあれですね。いやあ、効果あんのかね。サメの軟骨とかにんにく卵黄とかいろいろ聞くけどさ。

 で、ブルーベリーの宣伝の<利用者の声>に「テレビゲームを長時間やる息子と一緒に飲んでます」という42歳・主婦の声が載ってた。それ正しいんか?ブルーベリー飲みながら、長時間テレビゲームせんでいいっちゃないと。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ