2017/2/27  10:24

TTAP  ご飯の話

 一月二月と追い込まれた感に首根っこを捕まえられたような日々を過ごしておりました。先週末、市民公開セミナーで低たんぱくご飯についてお話しするという厳命が下り苦労しましたよ。

 スカラエスパシオで400名ほどの皆様を前にお話しするやらいう恐ろしい事件です。お喋りは好きですがそれはうちうちでヒャラヒャラと喋っとるレベルの話。こげん大勢の方を前に口を開くのは小学校の学芸会でコーヒーカップの役をやり「私もくっつかないわ」と言って以来やろ。(磁石に何がくっつくのかという設定の劇。一円玉役だったSちゃんは元気だろうか)

 それはちょっと。。。と断りたかったんですが、日ごろお世話になっておるおっちゃん主治医のダンディH方と主催団体のいつもお世話になってるN島さんとが二人で「やりなさい」っておっしゃるですよ。これを断れるだけの勇気は私にはありません。

 もう10年も触ってないパワーポイントを使わんといけません。くっそ忙しいおっちゃんに使い方を尋ねる隙間を見つけるのに苦労しましたが、18枚のスライドを用意し15分ほどに話をまとめるようにできあがり。ストップウォッチをスマホに用意したに押すのを忘れたので何分話したかわかりません。とほほ。

 毎日作ってるご飯の案内とはいえ緊張します。年齢層は高いので(50〜70代中心)会場を見渡すとベージュカラーに溢れ砂漠に立つようでした。

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します  

 先生3人がお話されたあとで私の実践編話という流れでしたが、実際の家の台所でオバハンが毎日作っとるご飯ということで興味をもって聞いていただけたんやないかなと思います。先生のお話は分かったとばってんねー、やけど家でやれるとかいな、というのはあるけんね。

 そうして今回頑張ってみようと思ったもう一つ。昨年どこぞのアナウンサーが実にクソな発言をしたことに頭にきたから。覚えておいででしょうか。努力しなかった透析患者を救うことはないという発言です。医者に聞くといい加減な生活をしてきて透析になる人が多いというんですよ。いい加減な生活をしてきた患者しか知らんような医者しかあんたは付き合えんかったんか。少なくとも私は一生懸命に頑張って病と向き合い生きている人しか知りません。辛くても厳しくても日々を大切にしている人たちしか知りません。アナウンサー氏に届くこたあないと思いますが、私はこちらで頑張りたいと思います。

 さてまたTTAPでいきますよっ!!(低たんぱく愛情プラン です。ピコ太郎ぱくりました)

 あー、すみません。今アカデミー賞をみながら書いてるんですが、ノミネート作品さえさっき知りました。今年は全部「ララランド」でいいです。
 クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ