2011/1/23  22:17

石の上にも  思い出話

 クリックすると元のサイズで表示します 誕生日にR子ちゃんにもらった
 写真立に結婚式写真を集めました。ちょっと小さいサイズなので切ってあるんだけど、婿っちご両親のとこをチョキチョキしてしまい、心で<ゴメンネ>とつぶやきました。

 昨日、図書館と買い物を済ませたくらいで家でウダウダ。おっちゃんはずーっと仕事してます。休みつったって職場に行かないっていうだけやね。あ、昨日は忘れもんしたので行って帰ってきたけど。座椅子に張り付いてます。今にへこむね。

 そうそう、へこむといえば。昔住んでた社宅では6畳の和室にテレビとステレオ、座卓代わりのこたつにピアノまで置いてあった。そこが全ての活動拠点で、子供達が遊ぶのもテレビ見るのもピアノ弾くのも喧嘩するのも全部ここ。おまけに、おっちゃんが仕事すんのもここ。あまり周りの騒音は気にならんタイプなので、どんなにガンガラガッチャンしてようとわが道を行っておりました。

 で、いつも定位置でテレビ見たり仕事してたんやけど、15年経って引っ越す時に、カーペットをはずしたら、その下の畳におっちゃんのお尻の跡がクッキリきれいについてました。石の上にも三年ならぬ、カーペットの上にも15年。

2011/1/5  22:21

下戸  思い出話

 買い物に出かけたら○キョウで、おせち料理が投売りしてありました。昆布巻きも黒豆も1パック100円、みたいなね。今頃に祝い膳を囲めば超安上がりにできるってことやね。

 この正月は、皆よう飲んで食べるなあと楽しかったんですが、思い出すことが。うちのじいさんは全くアルコールを受け付けない人間で、それこそ養命酒でも酔っ払うし匂いだけでクラクラするような感じやったんです。そのじいさんと、正月はどんな風に過ごしてたんだか思い出せません。

 まったく飲めなくても、ワイワイと話に乗っかってくれるという方も多いと思いますが、じいさんはバカ話で盛り上がるということもできん不器用なヤツ。娘達が生まれてからは、そちらで気が紛れるのでいいけど、そうじゃない時は何を話してたんだっけ。おっちゃんはじいさんと将棋を指すっていう隠し芸があるけん間がもつよなあ。おせちをパクパクのあとはどうしてたんかな。

 あちらでは、めっちゃ酒に強かったおっちゃんじいさんにつかまって「ちったぁ飲まなあきまへんで」くらい説教されて手ほどき受けてたらいいけど。    

2010/8/16  22:45

バカとアホ  思い出話

 クリックすると元のサイズで表示します バリ島踊りの上娘…

 と、皆さんの頭から真っ白のドレスの記憶を吹っ飛ばした民族衣装姿。二次会も盛り上がったみたいなんですが、披露宴あとで、婿っちパパが「ちょっと行こうよー、二次会〜」とか駄々っ子で皆で慌てました。婿っちママだけは「ダメ。場所分かんないでしょ」とクール。

 で、両親組と婿っちお姉ちゃんでビールを飲みに行くことに。私は一度、東京の人に聞いてみたいことがあったのさ。

 「お母さん(どう呼んでいいか分からず互いにお父さんお母さん)東京の人って『アホ』って言われたらイヤなんっすか?」
 「あらー、いやだわー。そういう時は『バカ』じゃなくっちゃ」
 「えー、『バカ』の方がきつくないですかー?」
 「まー、『アホ』だとすっごくバカにしている感じがするわよー」

 へーーーー。やっぱり東京の人って<アホ>はいやなんだー。離れているので、そんなにお話することはないかもしれんけど、酔っ払ったおっちゃんが「東京の人間は。。。」説を語り始めたらどうしようと今から心配だ。

2010/7/9  22:23

白いお肉で  思い出話

 明日はお客さんなので、コトコトと下準備を。おもてなしなんて当日だけで十分間に合うわ、っていう方もいるやろけど私はダメ。前の日から取り掛からんと。

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

 おでんの下ごしらえ(大根下茹で、ゆで卵作り、コンニャクから煎り)と塩豚・ジャガイモのオーブン焼き、ひじき、かしわのコーラ煮。あと小松菜を茹でる。っていうとこまでやりました。

 めったに鶏肉は食べないので忘れてたコーラ煮です。子供達がいた頃はよく登場してたなあ。娘達がスーパーで大きな声で言うんです。「母〜、今日も白いお肉?ピンクの?赤いお肉が食べたいなあ」言わずと知れた白いお肉はカシワ、ピンクは豚、赤は牛ですね。

 コーラ煮の作り方は続きを読むをクリックしてね。
続きを読む

2010/6/27  22:15

大雨と共に  思い出話

 もう一気に梅雨末期ってやつかと思ってしまいそうな大雨ですが。大雨の中を下娘が帰省してきてます。

 お土産はこれね  クリックすると元のサイズで表示します

 黄色いのはカボチャの漬物で、前に一度だけお土産だったことがあるんよね。それっきり幻の漬物となっとったのでうれしいです。

 相変わらず、よう喋る下娘ですが、小さい頃はもっと脈略(今もなかなかな起承結転ですが)なく、ひたすらベラベラベラベラと喋り続ける傾向にありました。「へー」とか「ほー」とか「それからどしたー」などという合いの手を入れんでも、一人で完結。あまりの独演会ぶりに、ほたくってトイレに行って戻ってきたら、まだ続きを喋り続けておったのには呆れました。

2009/10/6  22:49

シェンシェイ  思い出話

 火曜9時からのなんでも鑑定団を見てしまうことが多い。日曜・木曜にも再放送してるから、よっぽど人気があるんやね。

 今日の出張鑑定の時に中国に魅せられたおばちゃんが唐三彩のラクダの置物を持って登場。上海の博物館で眺めていたら学芸員らしき人が現れて「良かったら売ってあげましょうか?」と言ったので買って帰ったそうだ。贋物で3000円

 いやー、あるんよ、あるんよ。北京は故宮博物館でのこと。故宮の建物の中で声をかけられる。「シェンシェイ!」←おっちゃんのことね。「シェンシェイハ ショ ヲ ナサイマスデスカ?」「トテモ イイ スミト スズリガ アリマース」と連れて行かれたコーナーに並ぶ筆・硯・墨ね。それと共にみやげ物たち。たっけ〜。前日にデパートで品定めしてきたので、超ぼったくりの値段と即分かった。書をなさいませんシェンシェイはすたこら退散でありました。

 あれから9年、ずいぶん北京も変わったんやろうなあ。行きたいぞー。とても食べ切れん山のような北京ダックと他三品に青島ビールで121元(当時で1573円)やったのが忘れられんわ。人生であんな大量の北京ダックを目の前にすることはもうないやろなあ。

 クリックすると元のサイズで表示します

2009/8/19  20:22

冷蔵庫を開けると  思い出話

 クリックすると元のサイズで表示します 今回の6本

 ちょうど一ヶ月でワイン6本を飲みきり注文をば。夏はスパークリングワインに限りますねえ。辛口のワインは苦手なんやけど、シュワッとするワインは辛口でもぐいぐいいけます。

 一年中、ワインとビール(偽)と酎ハイと梅酒が欠かさず冷やしてあるんですが、冷蔵庫の中身を見ると、若かった日々に比べて少しはゆとりがあるのかと思ったりします。昔はビールだけやったもんなあ。

 今はジュースもいつも冷やしてあるし。子供達が小さい頃は麦茶と水と牛乳しか入ってなかったよ。ジュースはたまーに。あと、うちではヤクルトと呼んでいたローリーエースとかいうヤクルトもどきみたいなの。お値段は本家よりも俄然お安い。虫歯にならんように、とか言ってたけどほんとのとこはお財布と相談の結果だわね。私が子供の頃はジュースは誕生日とクリスマスに飲むものやったよー。

 

2009/8/11  22:29

メロン  思い出話

 クリックすると元のサイズで表示します

 こないだ(3日参照)Mちゃんが送ってくれたメロンがえらい美味しかったです。小さい頃、タネまで丁寧にしゃぶってた上娘、皮を頭にかぶってしたたるおつゆをなめてた下娘、今はもうそげな食べ方はしよらんやろねえ。

2009/7/8  22:29

ナメクジ  思い出話

 クリックすると元のサイズで表示します

 植え込みの陰をムジムジと這っていくナメクジを発見する。ナメクジ見かけるのも久しぶりだね。さすがに梅雨時だわ。

 ナメクジを見ると思い出すのは高校生の頃の話。ご飯にキャベツとベーコンのソテーが出て、つまんだ箸の間にはベーコンにしちゃ色合いの違うモノが。かといってキャベツとは全然違う。ウッキー!!!ナメクジですがな、ナメクジですがな。一歩間違えたら口の中よー。人類で最初にナマコを食べた人はすごいけど、ナメクジ食べた第一号になるとこやったかもっ。

 大騒ぎの大笑い。もうお腹よじれるほど笑ってたのに、母シーン。え?どしたん。ここ思いっきし笑うとこでしょうよ。「そこに座りんさい」と言ったかと思うと、コンコン説教が。誰でも失敗はするもので、それをあげつらって笑うなど人として情けないこと…エンエン。とりあえず謝って、その場を逃れる。

 いやー、今でもあれを大笑い話にできなかった母は損な性分やと思う。ナメクジを食卓にあげるなんざ、やろうとしてやれることじゃないのにー。何年たっても思い出しては笑えたのになあ。ということで、実家ではタブーなんやけど、一人ではいつも思い出すたびに可笑しい。    ←殻はずして想像してね

2009/7/3  22:14

ラジオ体操  思い出話

 クリックすると元のサイズで表示します

 昨晩、帰宅したおっちゃんと共にプイーンと部屋に入ってくる蚊を発見する。叩こうにも両手が塞がってて無理。ま、塞がってなくても空砲のことが多いけどね。慌てて今期初の蚊取り線香を焚く。

 あ〜!夏休みの匂いがする。夕立、花火、麦わら帽子、カルピス、夏休みの匂いは多々あれど、なんつっても蚊取り線香だな。40年以上の昔、縁側パーパーで寝るのが普通だったので、蚊帳と蚊取り線香は必需品やったのよね。ラジオ体操に行くためにシブシブと朝6時20分頃に起きると、部屋中が蚊取り線香の匂いプンプンしとったわ。

 あの頃はラジオ体操はきっちり6時半の放送に合わせて始まったもんだ。今では録音しといて7時過ぎてからとか、休み始めの一週間だけとか、それよりも騒音問題や安全上の問題でやってないとこも多いらしいね。

 出席カードが一杯になるのがうれしかったよね。お盆に田舎に行ってもちゃんとそこの体操に参加させてもろて、もれなく押印。6年生になって、下の学年の子たちにハンコ押してあげる時の晴れがましさときたら。最終日のノート一冊はうれしいご褒美。遠くの話だな。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ