スウェッジアンドケイはジャンクガーデンを専門にガーデン工事を承っております♪
またアンティーク風のデザインにこだわった外構工事もご好評いただいております。

こちらの施工例集では各地のお客様のお宅での施工の様子と、
そのコンセプトやプラン、こだわりについて説明しています。
ぜひ皆様のご参考にしていただければと思います♪




*施工で使われているアイテムについては以下店舗にて扱っております。

<ナコリ!アンティーク>愛知県常滑市長峰四ノ切7-7 0569-36-1355
・脚立や車輪など古道具
・ジャンク雑貨AYUMiさんハンドメイド雑貨
・ドラムカンパラダイスさんのドラム缶、BBQコンロ

<スウェッジアンドケイ>愛知県半田市板山町13-4-1 0569-20-5588
・各種メーカー雑貨類、鉢など
・苗類


*その他*
<デザインブース スウェッジアンドケイ>ナコリ!アンティーク内
・デザインやプランに関する事など

<製作工房>愛知県半田市
・ガーデンフェンスや棚などオリジナルアイテムの製造など

2017/6/20

M様のお庭(常滑市)  ガーデニング

前回のお宅に続き今回のM様も

「スポットガーデニング工事」です( ´∀`)ノ


※「スポット工事」とは一般的なお庭へのガーデン工事ではなく
玄関周りや花壇など、一部分(スポット)へのガーデン工事を指します。




弊社の古道具部門ナコリ!アンティークの本拠地でもある
愛知県常滑市にあります割と新しい住宅街。
お洒落な家が立ち並ぶ素敵なところです。
今までにも何軒かのお宅のお庭工事をさせて頂いてた
とてもご縁のある場所です。

その住宅街をずっと奥に進むと
一目で分かる赤くて可愛いお宅♪

今回のM様のお宅です( ´∀`)





そしてこちらがご相談いただきました「スポット」
クリックすると元のサイズで表示します


ジュンベリーやアジサイなどある程度の植栽は済んでいるようです。
クリックすると元のサイズで表示します


色を揃えた扉とポストの間のディスプレイ。
クリックすると元のサイズで表示します




植栽も飾り付けもされていますが
折角ですからもう少し華やかにしてみたいと思います♪


*木を追加
*花を咲かせる
*古道具、雑貨のコーディネート
*ノリ面をいかす
*高低差と奥行き感を出す


そのあたりを念頭にデザインを起こし
いざ施工です♪




こんな感じになりました( ´∀`)ノ
全体的に華やいだと思いますがどうでしょう?
クリックすると元のサイズで表示します




下見から少しお時間を頂いたので
ジュンベリーにも葉がついてより雰囲気出ましたね♪
ミルク缶、AYUMiさんのピックと共に。
クリックすると元のサイズで表示します




もともとお使いだった「石」を使ってロックガーデンを。
くるみの殻もお持ちだった物を利用。
クリックすると元のサイズで表示します




新たに増やしたオリーブも建物とよく合います♪
クリックすると元のサイズで表示します




「フェンス オン フェンス」
スチールのフェンスに横板を取り付けるだけですが
あると無いとでは大違いです。
雑貨も取り付けられますし、
何より、景色が抜けないのが嬉しいですね♪
クリックすると元のサイズで表示します




そして最後に玄関横のコーディネート。
オープンフレームを使って
立体的なディスプレイを。
程よいアイキャッチになったのではないでしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します






以上です!




こうして改めて見ると
大した事はしていないのかもしれません。
しかしちょっとしたアイデアと
全体を見渡す目と
そして実績と経験を最大限活かし
精一杯施工させてもらいましたので
今回も自信を持ってご紹介できるお庭となりました。

ご覧の皆様も今一度お庭を見直してみて
何か一つでも手が加えられれば
それだけでもっともっとお庭が好きになれるはずです♪
ぜひ臆病にならずにチャレンジしてみてください!!



M様へ

施工自体はこれで完了となりますが
お庭はこれからが始まりです。
この先、良い事も悪い事もあるかもしれませんが
移り行く季節と
成長するお庭を
目一杯楽しんでいただければと思います。
その為のフォローはさせて頂きますので
何でも遠慮なくお尋ねくださいね♪

この度はありがとうございました!


*外構・ガーデン工事に関する皆様からのお問合わせをお待ちしております*
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 花ブログ ジャンクガーデンへ
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ