スウェッジアンドケイはジャンクガーデンを専門にガーデン工事を承っております♪
またアンティーク風のデザインにこだわった外構工事もご好評いただいております。

こちらの施工例集では各地のお客様のお宅での施工の様子と、
そのコンセプトやプラン、こだわりについて説明しています。
ぜひ皆様のご参考にしていただければと思います♪




*施工で使われているアイテムについては以下店舗にて扱っております。

<ナコリ!アンティーク>愛知県常滑市長峰四ノ切7-7 0569-36-1355
・脚立や車輪など古道具
・ジャンク雑貨AYUMiさんハンドメイド雑貨
・ドラムカンパラダイスさんのドラム缶、BBQコンロ

<スウェッジアンドケイ>愛知県半田市板山町13-4-1 0569-20-5588
・各種メーカー雑貨類、鉢など
・苗類


*その他*
<デザインブース スウェッジアンドケイ>ナコリ!アンティーク内
・デザインやプランに関する事など

<製作工房>愛知県半田市
・ガーデンフェンスや棚などオリジナルアイテムの製造など

2014/7/16

T様のお庭(愛知県安城市)  ガーデニング

今回は安城市のT様のお宅へ

スウェッジアンドケイからはそんなに遠い場所ではないんですけど

どうしても避けられない交通の要所(慢性渋滞道路)を越えなければならないと言う事で

朝、早々と出発しました


眠くて辛いかと思いきや、意外と思ったより爽やかで気分の良い朝でした。笑


いつもの2トントラックと軽トラックに分乗して。

そして想像通り早くに到着。

近くのコンビニでいつものように朝食タイム。




今日も暑くなりそうだな〜〜〜〜











と言う訳で無事予定時間通り着工となりましたT様のお宅。


まずは着工前の様子からご紹介します



こちらのお宅。

左が玄関、右がお庭ですね。正面が駐車場です。
クリックすると元のサイズで表示します


右に行くとちょっとしたディスプレイのスペースがありました。
クリックすると元のサイズで表示します


芝生の法面を上がってお庭です。
入口に目を引くアーチが。
左右のレンガの花壇はおじいちゃまのお手製と言う事でした。
クリックすると元のサイズで表示します


全体的に見て、左右の幅があまりない奥に深いお庭です。
フェンス際に寄せて花壇があります。
クリックすると元のサイズで表示します


一番奥の角に目隠しを兼ねたシンボルツリーのシマトネリコ。
元気に育っていますね。
環境は悪くなさそうです。
クリックすると元のサイズで表示します



環境と言えば…余談ですが、、

私どもはお客様のお庭に下見に行った際、
実はそのお宅の既存の植栽は勿論ですが
ご近所さんの植栽も見てきます。(外からですが…)
植物の育ち方や枝の向き、いろいろ見て、
概ねその土地の環境を把握します。
大きな木があれば大体の風向きや日照条件も分かりますし
花や葉の傷み方をみれば西日の当たり方も分かります。
家庭菜園や花壇をご自身で作られてるお宅を見れば
掘り起こした土(残土)がお庭の隅で山になってる事も多々あるので
土の状況も分かります。


と、まぁ、意外と参考になるんですね







さて、下見を終えてプラン。
今回は全体の雰囲気から、物凄くジャンク!!ではなく
ナチュラルでちょっとジャンク!くらいを目指します





玄関周りのコーディネート、
駐車場脇のウェルカムガーデンのディスプレイ、
メインのお庭のガーデニング。
クリックすると元のサイズで表示します

一番重きを置いているのは、
細くて奥に長いお庭をいかに立体的に見せるか。
この際、お庭全体をまんべんなく有効利用しようと考えてはダメですね。
どこかを諦める事、これが肝心です。

それからこれはいつもの事ですが、
敷地の外から見た時の見栄えも大切です。
要は「パッと見」を大切にしなければいけません。

お庭はお家の一部ですからもちろん建物の印象を悪くしては行けませんし、
共存と言うか協調が大切だと思うのです。

第一印象。

この出来がすべてだと言っても過言ではありませんね。

逆に初見で良いイメージが与えられないのでは
やる意味が半減してしまいます。

何故かと言うと、、、
お庭まで入ってじっくり見る人よりも
通りすがりでさらっとしか見ない人と比べると
圧倒的に後者の方が多いからです。

「あそこのお宅可愛いよね♪」と言う印象。

これが大事だと思っています。






さて前置きが長くなってしまいましたが
それらを少し頭に置いて施工後の様子をご覧ください



写真で見る限り建物の占める割合が大きいので
あまり変わったように見えないかもしれませんね

クリックすると元のサイズで表示します



門柱下にバケツの寄せ植え
クリックすると元のサイズで表示します


門柱の後ろ、玄関に繋がるアプローチのディスプレイは
奥様ディスプレイのちょっとした手直しだけで十分可愛く出来ました
クリックすると元のサイズで表示します


駐車場のウッドフェンスのディスプレイ。
駐車の邪魔にならないよう、あまり出っ張らないように。。。
クリックすると元のサイズで表示します


スリット部分も少し模様替え。
クルミと化粧砂利を使って。
クリックすると元のサイズで表示します



横幅のあるフェンスなので細かくディスプレイする前に
大きな物を入れてアクセントに。
雑貨の配置にはリズムが肝心です♪
クリックすると元のサイズで表示します



ワイヤーのラックの中に細かく飾って。。
クリックすると元のサイズで表示します



こちらの木箱はT様がお持ちだった物を壁付に。
中の飾りも補充はしましたが基本お手持ちの物を使って。
クリックすると元のサイズで表示します




駐車場端のフェンスのエンド部分。
お手持ちの雑貨と持ち込んだプレートで。
ここからお庭に繋がる感じのワクワク感が大切です。
クリックすると元のサイズで表示します







そして、お庭へのエントランス部分。
ウェルカムスペースとして期待を膨らませます
クリックすると元のサイズで表示します



スウェッジアンドケイ得意の(笑)花車をアイキャッチに。
クリックすると元のサイズで表示します


フェンスに取り付けた木箱には多肉植物と古道具を。
クリックすると元のサイズで表示します





それではいよいよメインのお庭へ
クリックすると元のサイズで表示します



空がきれいだったのでちょっとアングル変えて撮ってみました。笑
アーチの存在感がたまりませんね♪
クリックすると元のサイズで表示します



アーチ右のレンガ花壇。
木と花と葉をバランスよく。
アーチに絡ませる植物はヘンリーヅタで。
レンガの花壇、おじいちゃまごめんなさい、一部分壊しました
よりアンティーク感を出すために
いずれここから葉物が垂れてくる事を祈って植栽。
クリックすると元のサイズで表示します


ついでに横のスチールフェンスに流木を設置。
ハンギング雑貨にグリーンを。
ヘンリーヅタをこれから流木とフェンスに絡ませていきます。
クリックすると元のサイズで表示します



そして左側の花壇。
こちらはベランダの下で雨が直接当たらない事を踏まえ
少し水枯れに強いコルディリネを。
またアーチにはこちらからもヘンリーヅタでアプローチ!
いつ頃頂点で交わるか楽しみですね♪
クリックすると元のサイズで表示します


両花壇とも土を増して浅くしましたので花壇の外へたくさん植物が見えるようになると思います。






ではアーチをくぐりお庭に入ります
ご覧の通り、お庭の向かって左側に「島」を寄せる事で
周遊路を右からのカーブに。
これでお庭に動きが出ます。
先ほど書きました「何かを諦める」と言うのはこういう事ですね。
クリックすると元のサイズで表示します



右からのアプローチでお庭の奥へ。
基本的には既存の花壇は残しましたが
ところどころ壊しました。

左の手前に大きく張り出した石組みの植栽(ロックガーデン)、
右にちょっとずつ張り出した石組み、
これによりお庭の動きが増えますね
クリックすると元のサイズで表示します


この「奥へと続くワクワク感」が大事です
よく出てくる「ワクワク感」…。
きっとこれが基本なんでしょうね。笑
クリックすると元のサイズで表示します


レンガ風のオブジェと車輪、ベンチへと続く。
クリックすると元のサイズで表示します



もうずっとここにありました!と言う顔です。笑
これがジャンクガーデンの基本です。
クリックすると元のサイズで表示します




そして一番奥。
持ち帰り塗り直し補修をしたベンチと
既設のシマトネリコもすっきり剪定、
お手持ちで使いきれていなかったトレリスをパーテーション代わりに設置。

実にこの部分、こちらが用意した物ほとんどありません。
ある物を使ってのガーデニングもスウェッジアンドケイらしさですよ。
お手持ちの物は出来る限り使います
クリックすると元のサイズで表示します







以上が全貌です♪
いかがでしたか??




そして今回もお世話になりましたAYUMiさんのジャンク雑貨。
助かってます。笑
毎回、回し者のようですが。笑
スウェッジアンドケイ一押しジャンク雑貨なので^_^;

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します






ガーデニングにはいくつかの「理屈」があります。
私どももまだまだ勉強中。
奥が深いですね。

当店が当店らしい施工するために何が大切か。。。
何がどう違うのか。
いつも考えています。

奇を衒ったような特別な事は狙っていません。

あえて言うなら、当店は雑貨店ですから、
雑貨店らしく、ディスプレイ中心のガーデニングを。

それに尽きます。

当店にはガーデンプランナーとガーデンデザイナーが別に存在します。
植物を担当し、選定からお世話までを担当するプランナーと
それを雑貨と組み合わせどう飾るかを担当するデザイナー。
それぞれがそれぞれの立場で施工を担当し
お客様をフォローしています。

しいて言えばそれが特徴でしょうか(^^)


ガーデニングは造園業ではなくディスプレイ業。

それが当店の考え方です。








*T様

この度はありがとうございました。
施工直後にお喜び頂いたお姿、笑顔を見て
全ての苦労や疲れ、暑さ(笑)が吹き飛びました。
それが次への活力となります。

これからお世話の大変な時期を迎えますが
ご家族で楽しみながら頑張ってくださいね。

出来る限りのフォローはしますので
お気軽にご連絡ください♪

改めまして、ありがとうございました!!!

*ガーデニングに対する皆様からのお問合わせをお待ちしております*
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 花ブログ ジャンクガーデンへ
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ