スウェッジアンドケイはジャンクガーデンを専門にガーデン工事を承っております♪
またアンティーク風のデザインにこだわった外構工事もご好評いただいております。

こちらの施工例集では各地のお客様のお宅での施工の様子と、
そのコンセプトやプラン、こだわりについて説明しています。
ぜひ皆様のご参考にしていただければと思います♪




*施工で使われているアイテムについては以下店舗にて扱っております。

<ナコリ!アンティーク>愛知県常滑市長峰四ノ切7-7 0569-36-1355
・脚立や車輪など古道具
・ジャンク雑貨AYUMiさんハンドメイド雑貨
・ドラムカンパラダイスさんのドラム缶、BBQコンロ

<スウェッジアンドケイ>愛知県半田市板山町13-4-1 0569-20-5588
・各種メーカー雑貨類、鉢など
・苗類


*その他*
<デザインブース スウェッジアンドケイ>ナコリ!アンティーク内
・デザインやプランに関する事など

<製作工房>愛知県半田市
・ガーデンフェンスや棚などオリジナルアイテムの製造など

2013/7/13

H様サイクルポート(愛知県大府市)  外構〜ガーデニング

今回はサイクルポートの工事をさせて頂きました

大府市のH様のお宅をご紹介します


ところでサイクルポート、

つまり自転車置き場ですが

皆さんはどうされているのでしょう

いろんな方にお聞きすると

大切な自転車、雨ざらし…って事も少なくないようですね

出来れば自転車置き場を作りたいけど。。。とおっしゃる方が多いです。

何が問題なのか。。。

よくよくお聞きするとこの3点に集約されそうです。

スペース、ご予算、そして、デザイン

こだわって作ったご自慢のマイホーム、

どうしたって自転車置き場はお家の前面になる事が多い。

裏まで自転車を回せれば良いのですが

スペース的にも難しかったり、

毎日の手間やお子さんの都合などを考えると

やっぱりお家の「前」ですね。

しかし正面に作ったら自慢のお家が見えなくなっちゃう

しかも…正面はお車用の駐車場でいっぱい。

そうなると、あと残るは、玄関前。

やっぱりそうなりますか


どうもそんなお宅が多いように思います。



実際サイクルポートと言うのはエクステリア系の各メーカーから色々出ていますし、

お値段でいうならホームセンターなどにもお値打ちなのありますね。

しかし

デザインはどれも大差は無いように感じます。

主観ですが…。

どれも可愛いと言うものではないですね

実用性、強度、コストなどを重視すれば当然かもしれませんが。。



と言う訳で今回はそんなお悩みを解消する糸口を見つけていただけるような

そんな工事をさせて頂きましたのでぜひご参考までに



こちらのH様のお宅も

ご夫婦からもご指定頂きました通り

この場所に作るしかありませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します

手前が駐車場になっていますので

玄関へ続くアプローチの左側のちょっとしたお庭スペース。

お家の外観が分からないと思いますが

とてもこだわりのある可愛いお家。

アールになった玄関ポーチに

サイクルポートの屋根がギリギリ掛かりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

それでも何とか可愛く仕上げたいと思いますよ



いきなりですが

まずベースとなるサイクルポートが建ちました

クリックすると元のサイズで表示します

あ、お家、見えましたね

可愛いお家です

手前に山積みになっている木材。

これからが本番です

この木を使ってアルミの冷たくてシャープなサイクルポートを

ナチュラルで可愛い仕上がりにします。


またもやいきなりですが

完成

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


これならお家の外観を損ないませんね

クリックすると元のサイズで表示します


ちなみに以前にやらせて頂いたこちらのガレージと同じ方法です。







以上となります。


いかがでしたか?

サイクルポート。

これなら満足頂けるんじゃないでしょうか

皆さんも諦めず何か良い方法を見つけてくださいね

もちろん、スウェッジアンドケイにご依頼いただければ

こんな方法でお応えいたします




    


最後にH様へ。

この度はありがとうございました。

最後の最後にお待たせしてしまい誠に申し訳ございませんでした。

また何かございましたらぜひお知らせくださいね!!

これからウッドフェンスなどに飾り付けしていくともっと可愛くなると思いますよ♪


    

*ガーデニングに対する皆様からのお問合わせをお待ちしております*
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ