「Yes」  独り言



人気ブログランキングへ 

ジョン・レノンの名言に「心を開いて「Yes」って言ってごらん。全てを肯定してみると答えが見つかるもんだよ」てなものがある。オノ・ヨーコとの出会いの際だったか、その時の話だったかも知れない。まあ物事は何でも否定しては始まらない。そんなものだと思う。さてこれは「今更?」てなニュース。昨年にアノ女優の横槍でポシャった法案が通った。だがやらんよりはマシだ。日本経済新聞によると「農林水産省は9日、海外への持ち出しを禁止する農産物のリストを初めて公表した」との事。思わず「散々、韓国にやられた後じゃないの?」と言いたい位だ。だから「農水省に潜む工作員も疑った方がいいんじゃない?」とも穿った見方をしてしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

何せ日本は「スパイ防止法」がない珍国家なのだ。そもそも法律も性善説を元に考える事自体が間違いだ。(どう見ても意思を感じる凶悪殺人事件でも精神鑑定だ。)大体、犯罪を犯すような者がマトモな筈はない。そんな事を言ったら全ての殺人事件は無罪になってしまう。それが「キチガイ無罪」で、法の抜け穴そのものだ。それと日本程、外国人が多い国もあるまい。難民保護をしないのに多いのだ。特に朝鮮系の割合が多く、自身が朝鮮系だったと気づかない人も居る程だ。何せ李氏朝鮮崩壊後に当時の朝鮮王室に国家併合を嘆願されたのだ。(だが朝鮮の国家復興の援助のみを主張した伊藤博文が暗殺されたのは誤算だろう。)それから第二次世界大戦後に朝鮮解放となったが、その後には旧連合国の誤算の為にあのザマだ。それで半島から流れた(密入国の)朝鮮人も居た事から、日本の場合はかなり特殊な移民事情がある。現在ではテレビ報道でも通名表記が社会的な事情から出来なくなったので、特亜系の犯罪者は本名を晒されるが、これで正常だ。その報道を注意深く見ると密漁で逮捕されるのは、何故か特亜系だ。だから日本の種苗が韓国に流れたのも、当然あり得る話。なので種苗法が改正されたのも「今まで何やってたの?」と不思議な位だ。JA(旧農協)も然りだ。日本の農業が衰退する原因もそこにある。

「あまおう」など種苗の海外持ち出し禁止 農水省リスト
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA088DU0Y1A400C2000000/
マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解(1/2 ページ) - ねとらぼ
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2104/10/news024.html

クリックすると元のサイズで表示します

それと芸能界だ。元モデルのマリエさんの告発動画が話題になっている。だが日頃騒がしい女性人権団体が大人しい。なんだかそこに、その手の団体の仕掛けがあるのかも知れない。(バックを詮索するのも野暮か?)そのマリエさんだが、引退してから10年目の、この騒ぎだ。何せ性接待の話で突如として現れた。実は(ネットの話題では、)自叙伝の出版をするらしい?で、このタイミングで性接待の話だ。もう少し様子を見よう。とっくに大騒ぎになっている筈のテレビのワイドショーも大人しい。ちなみに引退の直接の原因になったのは、東日本大震災時にネットで暴言を吐いたからだ。タメ口の元祖セレブ女性ハーフタレントだ。しかし久々にその名を目にした話題がそれだ。憶測で勘繰れる事もあるが、まだ遠目に眺めてちょうど良い。事案以前に芸能人の質が下がった。

0

休息とは回復  社会・政治



社会・政治blogランキング

作家のダニエル・W・ジョセリン氏は言う。「休息とは回復であり、何もしない事ではない」と。確かにそれは言えてる。しかしながら小生の場合は、その休みの日に何でもやり過ぎる。本当はのんびりしてれば良いとは思うのだが、そこは性格で仕方がない。そんな感じでそろそろパーツ集めだ。120吋対応のビデオプロジェクターのジャンク品をヤフオクで見つけた。値段も2000円程度なので購入する予定だ。然も以前に修理を手掛けた経験のある方式の機種なのだ。もし売れてなければ購入しよう。修理も今や趣味である。これでお金を取れる方法も考える手もある。

クリックすると元のサイズで表示します

その娯楽だが、テレビがオールドメディアと蔑まれる理由は解る。本来なれば(長年の経験上、)熟練され、「流石」と感心される番組位は在っても良いのだが、何故か中共や朝鮮のプロパガンダばかり?此処は日本なのだ。外資法違反が疑われる。例のフジテレビは「過去はそうだった」が現在は改善されたとして、総務省では停波を見送ったが、「放送内容に問題が在っても良いのか?」と。だがそこで「表現の自由はどうした?」といちゃもんを付ける者も居るだろう。とは言うものの社会的な影響の在る放送媒体だ。扇動効果があり、社会的な影響は良くも悪くもある。しかし現状は、寧ろ悪影響の方がある。つまり問われるべき点はそこだ。外資率ばかりの問題ではないのだ。そこは勘違いしないでほしい。即ち放送法には第4条に定められた規制がある。

【放送法第4条】

第四条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。

一  公安及び善良な風俗を害しないこと。

二  政治的に公平であること。

三  報道は事実をまげないですること。

四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。


2  放送事業者は、テレビジョン放送による国内放送等の放送番組の編集に当たつては、静止し、又は移動する事物の瞬間的影像を視覚障害者に対して説明するための音声その他の音響を聴くことができる放送番組及び音声その他の音響を聴覚障害者に対して説明するための文字又は図形を見ることができる放送番組をできる限り多く設けるようにしなければならない。

と。(2)はともかく(一)〜(四)は特に重要だ。そこには極当たり前の事が書かれているのだが、「何処の放送局のどの番組が」と指摘するまでもなく、あの番組内容を見ても気づかない人は逆におめでたい。そんな人は、すっかりとその放送局のイデオロギーによるプロパガンダに引っ掛かっている。そりゃあ扇動目的に放送をしている番組なのだから、理由も言うまでもなかろう。そこで今回の総務省の判断だが、武田総務相の説明は言い訳にしか聞かれない。各省庁にとってはオイシイ天下り先なのだから、当然そんな判断になるだろう。となれば「東北新社は?」となるが、あまりにも不公平で、予定調和にしか思えない。くだらない世の中だ。これでは「NHKがどう」とも言えまい。国会招致を主張した立憲民主党は、その措置について批判をしないのだろうか?(それともあれはパフォーマンスだったのか?)即座に反応がない処を見るとそんなものなのだろう。所詮は(自民党も)そんな政党だ。

総務相、外資規制の審査強化 フジ認定「取り消せない」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA091FQ0Z00C21A4000000/
小泉進次郎の“夢物語”に怒り心頭「小学生からやり直し」「無能な働き者は厄介」
https://myjitsu.jp/archives/271705
参院環境委、議員らに紙パック水
https://jp.reuters.com/article/idJP2021040601001808

クリックすると元のサイズで表示します

此処で何となく、書き留めておきたい事なのだが、別に大した事ではない。それは内閣の閣僚の話。つまり国務大臣の役割だ。即ち内閣の構成員であり、文民の事だ。つまり閣僚だが、内閣総理大臣以下の大臣だ。任命は内閣総理大臣がする。その後に天皇陛下が認証するのだが、国家公務員では説明するまでもなく、特別職である。そこで気になるのが環境大臣だ。少し詳しい人は御存知だろうが、環境省は以前は庁(1971年設立)で、省に昇格したのは2001年だった。その発端は水俣病等の公害病対策だった。だから当時は長官だったのだが、後に総理を務めた御仁が居る。三木武夫氏だ。それは前任の田中角栄氏による金満政治の印象払拭の為だったが、そんな大物も居た訳だ。だが省に昇格してからは議員経験が長いのにポストに外れ勝ちの者やら二世政治家の箔をつける為のポストのような印象だ。なのでお坊ちゃん議員が大臣になった場合は高慢な態度を取るか、勘違いをしやすい。

クリックすると元のサイズで表示します

石原伸晃氏然り、小泉進次郎氏然りである。そこで国民の立場から言わせて頂くと、あまり頑張らないでほしい。世間知らずなのでズレた法案を連発する。それが迷惑なのだ。レジ袋やプラスチックのスプーン、更にはペットボトルに気がつくのは結構だが、今やリサイクル事業化にもなっているのが現状。何の為にゴミを分別しているのか理解してほしい。わざわざそんな事を指摘するのも今更だが、日本学術会議の口車に乗せられている場合ではない。況してやこのコロナ禍だ。経済が疲弊している最中に国民に負担を強いるのは如何に国民の現状を理解していないかが解る。将来の総理大臣候補とも言われているが、環境相に任命されてからは、どの程度の政治家なのか、そのレベルも解った。しかし当人の自信は増すばかり。迷惑千万である。これ以上の出世は御免蒙りたい。

0
タグ: 自民党

自分と対決する事が肝心  社会・政治



社会・政治blogランキング

「自分と対決する事が肝心なんで、他人と対決したって意味ないよ」。これは天台宗僧侶(法名 春聽 )で小説家、参議院議員でもあった今東光(1898年(明治31年)3月26日 - 1977年(昭和52年)9月19日)氏の名言。現状を変えたい場合はそうだろう。他人より自身だ。さて立憲民主党等の特定野党だが、やはり衆議院解散にビクビクしている。だから虚勢を張っており、言う事も変だ。総理の菅義偉氏は、6日にBS日テレの「深層NEWS」で野党が内閣不信任決議案を提出すれば衆議院解散の大義になるか問われた際に「当然なると思う」と述べている。だがNHK News Webによると「立憲民主党の安住国会対策委員長は、記者団に「枝野代表やわれわれが解散権を持っているのかと誤解してしまう。ワクチン接種の対応をやらずにそうした発言ばかりしていたら、重要なことが欠けていると思ってしまう」と。「じゃあなんで、事ある毎に内閣不信任決議案提出なんて事をを軽々しく言うんだ!」と。

こんな特定野党だが、相変わらず国会でやらかしてるのはヤクザの因縁レベル。この前の法案書類の誤字の件で媒体では日本語ワープロソフトの「一太郎」が槍玉に挙げられたが、それでは開発をしたジャストシステムが不憫である。だがその誤字も、維新の会所属議員の指摘では、法案の本文書類ではなく、添付資料の誤字との事だ。後になって解った。然も表現上の事。即ち「今回の関税法のミスで言えば、その一つは『生理用のナプキン』が『生理用ナプキン』という表記だった。『の』の一文字が欠けただけ。全く同じ意味が通るのに、こういう事を一緒くたに『何十か所のミス』と取り上げて審議が停滞するのはおかしい」と。これを立憲民主党等の特定野党がいちゃもんをつけた。それで審議拒否までした。だからあんなアホ野党に国会の手当等要らないのだ。一太郎は全く関係なかった。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな連中が今やフジテレビ等の民放各社の放送法違反について、徹底した措置を政府に求めている。なので武田総務相も停波なりの措置を取れれば株も上がる事だろう。くだらん特定野党も外資規制違反の放送局へは放送免許取り消しを主張しているらしい?しかしながら特定野党には、常に都合の良い媒体の筈?思わず「何があったの?」だ。それはともかく見せしめでも“停波”したテレビ局があれば、実例も示せる。サッサとやってほしい。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみにテレビ朝日の放送内容も酷いものだ。それこそ印象操作、偏向報道の宝庫で、朝日新聞でやらかした「従軍慰安婦問題」等の歴史問題を助長させた点では、まるで韓国の工作機関である。そんな媒体をネットでは「マスゴミ」としているが、そこに同局朝の報道バラエティー番組たる『羽鳥慎一モーニングショー』では解説員の玉川徹氏が噛みついた。リアルライブによると「玉川氏は「テレビだって間違いがあったら謝罪をするし、もっと大きな問題になれば、僕らなんかもテレビに出られないとか、番組が終わるというリスクもはらんだ上で、情報の確認をしながら出している」と訴え、「ネットの情報、いい加減なものじゃありませんかということをぜひ考えてほしいと思うんですよ」と正しいかどうか自ら確認してほしいと訴えていた」と。これは7日放送分での事だが、「ネットの情報、いい加減なものじゃありませんかということをぜひ考えてほしい」と言うのは言い過ぎ。ネットでは賛否両論全ての情報があり、検証が出来る。だがこの手の番組はいつも一方通行で押し付けた主張が殆どではないか?

フジだけじゃない!キー局外資浸食≠フ恐怖「意に反する番組作らせない」
https://news.yahoo.co.jp/articles/88735b0ffd21188fda73c3e52433755837941ab6
玉川徹氏「我々マスコミのことは“マスゴミ”」揶揄する声を批判 ネット情報過信に警鐘も「1番責任持ってないくせに」指摘も
https://npn.co.jp/article/detail/200012520/
与党、8日の衆院憲法審査会開催見送り
https://this.kiji.is/752434364124135424
【コラム】三流国家、三流同盟
http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2021040280115
立民 安住「重要なこと欠けている」解散めぐる菅首相発言受け
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210407/k10012960581000.html
ピーチ太郎2nd @PeachTjapan2
https://twitter.com/PeachTjapan2/status/1376845182927138816?s=19

クリックすると元のサイズで表示します

思えばこの事態、韓国の国力が此処数年の間に著しく減退した事も原因だろう。(情報の)統制も取れず、あらゆるものが表沙汰になった。何せ朝鮮日報の解説員がコラムで「文在寅政権の4年間で同盟関係は揺らぎ、国の実態は悲惨この上ない」と嘆く。色々と終わっているのだ。国家間の協定や条約が守れない国家なのも、国際的にも認知された。これでは経済にも影響が在っても当たり前だ。尚、この記事では韓国の現状をこう示している。「政権による不正を隠すため検察を無力化し、法治を崩壊させたのだから、これでは独裁国家と全く変わりがない」と。これでは工作資金も続くまい。ちなみにこの記事。「【コラム】三流国家、三流同盟」と題されていた。南は結局、北主導で併合されて「元々の朝鮮が復活するのかな?」とも思ってみたりする。ない話でもあるまい。

0




AutoPage最新お知らせ