困難の連続  コラム



社会・政治blogランキング

「常に自分を向上させ、前に進もうと思えば、いつだって困難の連続でしょうし、行き詰まる事だって当然なのです」。これはファッションデザイナーの森英恵さんの名言だが、クリエーターとは「斯くあるべき」と言うような言葉だ。そこを乗り越えた時にまた見える世界観も変わるものだ。しかしそのクリエーターと言う言葉も広い意味で取れるだろう。即ち「無」から「有」を作れる人は「全てクリエーターなのだ」と。さて今日は「緊急事態宣言」解除後初の休みだ。その期間中は有休を使いながら結構休めたが、来月からは逆に人が足りなくなり、当然の事だが休みが減る。しかしそれは仕方がない事だ。そんなこんなの休みだが、この前の休みにフライホイールのゴムベルトを交換したカセットデッキ(TEAC C3RX)でテープの再生が取り敢えず出来るので、それで聴けるものを聴いているが、そのカセットデッキを購入した時代から、使用しているオーディオ機材も桁外れに性能が向上している事もあって、「あれっ?、こんなに音が良かったかしら?」てな状況で軽いカルチャーショックを受けている。テープによっては「まあ、こんなものだ?」てなものも確かにあるが、当時の記憶とは違い、遥かに音が良い。昔の耳で聴いていた筈のテープノイズも大した気にならない。掛けているテープも古い。軽く40年を越えている。だが転写もなく、この辺も「当時のクオリティーなのかな?」と感心している。聴きたいものも沢山あるので朝から押入れを整理したが、出せたのは3分の1程度だ。その殆どがクラシック音楽だが、出せていない物の中にはアイドル(80年代)やらRockもJazzもある。とにかく色々なジャンルがあるのだ。とは言うものの、このデッキ、この前のblogで報告した通りに早送りと巻き戻しが出来ない。(再生時の巻き取りは全く問題がないのに不思議だ。)それでまだ蓋もしなければネジ止めすらしていない状態なのだが聴いている。早く早送りと巻き戻しの修理をしよう。

クリックすると元のサイズで表示します

てな訳でカセットテープをBGMにしながらの打ち込みだが、どうも巷の話題も終末観が漂う。令和も2年目で情けないが、その背景にあるのが陰謀論だ。そこで唐突に頭を出してきたのは小泉今日子さんだ。これで都知事選にでも出たら笑うしかないが、次の参議院選を見定めて準備をしているのかも知れない。現在は古巣のバーニングプロから独立し、制作会社「明後日」社長だが、人間、変われば変わるものである。元アイドルの印象も消し飛んだ。今や政治運動家である。それにしても「新型コロナウイルス」が世の中に与えた影響は計り知れない。何と言おうか物事の世界観まで変わる程のものがあったと思う。その最たるものは『自粛』による行動の矯正だが、その感覚の善し悪しは別として警戒心は身に付いただろう。反面、世の中で無駄なものも見えてきた。在宅勤務も最初のうちは何となく居心地も悪い感もあったが続けていると、テレビのワイドショーの放送内容が政治に絡んだものだと朝から晩まで、その手の番組で連日批判ばかりなので、見ていると正直疲れてくる。

少しは前向きな事を言えば良いのに司会やコメンテーター達が共に芸能人ばかりの場合は特に見苦しく、不満ばかりで挙句の果てには煩くてしまいにゃ見るのも嫌になる。と言うのも出る者揃って怒ってばかりだ。兎角「不満」と言うものは、最初は共感しても、そればかりだと「そんな事ばかり言っている暇があったら何か考えなさい!」と言ってやりたくなる。つまりそこまで他人の愚直に付き合うのも限界があるのだ。それでインターネットだが、そこにも危険が蔓延っている。民主党政権時代にネットで兎に角、民主党政権の文句ばかりを受け入れるサイトがあった。なので一瞬、「保守系サイトかな?」なんて思うのだが違和感があった。小生も、その手のサイトを閲覧していたからだ。おまけに中国共産党や南北朝鮮についても否定的だったのだが、ただ否定的なだけで、後から思ったのが、自民党政権が復帰し、第二次安倍内閣が始まり、「特定秘密保護法」が採決されると『保守系』の筈なのに「blogに時事評論を掲載すると処罰対象になる」。とか「居酒屋で政治の話をしただけで警察に逮捕される」。なんて噂だ。これを「平成の治安維持法」だと言った人も居るし、「表現の自由」や「言論の自由」も奪われ監視社会になる等々。なので映画俳優や監督は「自由に映画が撮れなくなる」なんて言い出す始末。

クリックすると元のサイズで表示します

だがそれを強く反対していたのはバリバリの極左連中だったので「待てよ?」と様子を見たのだが、日本共産党が色々と動員させて工作していたので、「この人達が都合の悪い法律なんじゃないの?」と、ゆっくりと観察していたら仕掛けらしいものも見えてきた。何せその法律は「特定秘密保護法」だ。つまり国家の秘密情報に関わるものだ。なので「そんな国家の情報なんて入手出来る人なんて一般人に居るの?」と思うのも当たり前だ。共産党に扇動された映画人にも同じ事が言える。話は戻るが、そのサイト、「その法案が採決されたら危険なのでやめます」なんて宣言した。なので、そのサイトの閲覧者は「そんな事はない」。「変なデマに騙されるな!」と止めた訳だが、今にして思えば「何であんなに焦ったのだろう?」と不思議でならない。そこで後になり、「もしかしたら、そのサイト、保守系のネットユーザーの意識調査でもしていたのかも?」と思った。

安倍首相を痛烈批判で心配の声…小泉今日子は変わったのか?
https://blogos.com/article/460232/
小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論
https://news.livedoor.com/article/detail/18321743/
日本の保守層を狙う中国のサイバー部隊「五毛党」 ソフトイメージでだましつつ「チベットの弾圧はウソ」「安倍支持だけど…」
https://news.yahoo.co.jp/articles/a20ad3db73ceada45f3e3db2f09521570db2f5ad

クリックすると元のサイズで表示します

つまり「スパイサイト」だったと言うオチだ。そんな事を今回の「検察庁法改正案」を猛反対し、芸能人達が「ハッシュタグ騒動」で乱痴気騒ぎを起こした際に思い出した。即ち「特定秘密保護法」の時と全く同じ扇動の仕方なのだ。そこで夕刊フジだが、冒頭から『「五毛党」と呼ばれる中国のサイバー部隊をご存じだろうか。正式名称は、「網路評論員(インターネット・コメンテーター)」である』との説明から始まる記事がある。佐々木類と言う産経新聞政治部で首相官邸や自民党など各キャップを歴任した御仁が書いた記事だ。曰く、その『五毛党』は「国内外のネット上で、中国共産党に有利な世論を醸成することを狙う世論誘導集団で、「ネット水軍」とも呼ばれる。中国共産党宣伝部の声を広げ、彼らにとって都合の良いストーリーを語るのが目的だ」と。特徴だが「一般人を装い、ネット上のコメント欄やWeChat(微信)などを監視しながら、党に有利な書き込みや批判的なコメントの摘発を行う。人権や領土、民族といったキーワードを使い、中国共産党と異なる意見を持つ組織や人物を集団で徹底して罵倒したり、レッテルを貼ったりし、社会的に引きずり下ろすことも狙う」との事。そこで「日本の公安関係者によると、日本における五毛党の書き込みで特徴的なのは、「安倍晋三首相支持」や「反習近平」といった保守層が好みそうなキーワードを駆使し、中国共産党への警戒心を持っていると思われる保守層の関心や注意を引くというものだ」と。何だか覚えがある。早い話がネット工作員だ。改めて中国共産党はインターネット上に於いても実にチャッカリしており巧妙だ。「#検察庁法改正に抗議ます」とは大違いで「やはり本家だ」と感心する。

0

行き詰りは展開の一歩  コラム



社会・政治blogランキング

「行き詰りは展開の一歩である」。これは『鳴門秘帖』等の小説で知られる小説家の吉川英治(1892年〈明治25年〉8月11日 - 1962年〈昭和37年〉9月7日)氏の名言。その内容だが、如何にも小説家らしいと思う。そんな壁を乗り越えながら数々の小説を書き上げているのだろう。ちなみに氏の作品だが『宮本武蔵』『新・平家物語』『私本太平記』等の大作もあり、映画化もサイレントの時代からされている。その「宮本武蔵」も片岡千恵蔵(1940:日活)から細田善彦(2019:アークエンタテインメント) まである。しかしながら印象が強いのは東映京都作品の5部作だろう。監督は内田吐夢、主役の武蔵は、中村錦之助。1961年から始め、1965年の公開作品で終えた。これが吉川英治原作の映画化では決定版だろう。佐々木小次郎を高倉健が演じた事でも話題になった。高倉健が佐々木小次郎とは今ではピンと来ないだろうが、とても凛々しい青年剣士だ。同役では若き日の鶴田浩二が演じた東宝作品3部作(1954〜56)も気高く凛々しいタイプだった。

クリックすると元のサイズで表示します

さて「巷では?」だが、ようやく『緊急事態宣言』が北海道も解除になったとは言え、まだまだ油断はならないだろう。それでも後1ヶ月位で目処は付くとは思う。そこで済ませたい用事もあるのだが辛抱していた。私用では、早くパーツ屋に行って使いそうなものを揃える必要がある。予算は5000円位だ。主に必要なのは端子だが、変換アダプターも市販品では高くつく。そこで作るのだが、自作品の場合は利便性優先なので専用よりは兼用だ。その方が使い勝手が良い。父が退院した事で逆に削がれる自由もあるが、その反面で出来た自由もあるのだ。有効利用をしよう。「時を浪費するなかれ。 人生は時にて成ればなり」である。時間は使い方次第で価値観も変わる。

クリックすると元のサイズで表示します

その自粛期間中だが、荒れたのは特定野党と芸能界か?「新型コロナウィルス」の回避を理由に外に出れない分、暇を持て余し碌な事しか考えず、その行動も目に余ったのが、日本の芸能人達だろう。先に断っておくが、彼等の金銭感覚は狂っているので、彼等の言う「困っている」は国民の代弁にはならない。つまり暇を持て余して文句しか出ないのだ。それで都合の良い時だけ庶民面をするのだが、迷惑なのでやめてほしい。それで「芸があるから芸能人なんだろう?」と言ってやりたい位だ。米国のエンターテイメント界を見よ!困った国民の為に芸を活かし福祉活動やらチャリティーをしているではないか。これが芸人であり、芸能人のあるべく姿なのだ。そこで噺家の名言だ。桂米朝師匠がいい事言っていた。

桂米朝(3代目)師匠曰く

「芸人はどんなにえらくなっても、つまりは遊民(ニート)なのです。
世の中の余裕ーーおあまりで生きているものです。
ことに、落語というものは、「人を馬鹿にした芸」なのですから、
洒落(しゃれ)が生命(いのち)なのです。
 わたしがむかし、師匠米団治から言われた言葉を最後に記します。
『芸人は、米一粒、釘(くぎ)一本もよう作らんくせに、
酒が良(え)えの悪いのと言うて、
好きな芸をやって一生を送るもんやさかいに、むさぼってはいかん。
ねうちは世間がきめてくれる。
ただ一生懸命に芸をみがく以外に、世間へのお返しの途(みち)はない。
また、芸人になった以上、末路哀れは覚悟の前やで』」


クリックすると元のサイズで表示します

と。そこに本質が見える。普通に社会では、碌に仕事も出来ないから芸人をしているのだ。然も昔々は『河原乞食』なんて言われて虐げられていたので尚更だ。そこでこんな話だ。映画業界の温故知新だが、活動写真(と言われていた頃の「映画」)がようやくエンターテイメントとしての地位を確立した頃、歌舞伎の端役ばかりしていた役者が活動写真の業界に流れてきた。当時の活動写真役者は舞台で演じる役者から泥役者と言われ虐げられていた。当時は機材の性能からロケでしか映画が撮れなかったからだ。それにしても「泥役者」とは不憫な言葉だ。そこで『スタア』と祭り上げたのだが、そうした意味合いを現在は理解していない人が増えたと思う。女性アイドルとて事の始まりは芸者や角兵衛獅子なのだから勘違いをしてはならないのだ。それらの末裔である芸能人達が、こんな有事に社会を混乱させている。だから一言位、言ってやりたくなるのだ。だが一言言うにも、そのレベルを合わせると単なる感情論になってしまう。この場合はやはり(当事者には)物事の順番を説くしかない。そこを理解していないと「芸能人は政治を語ってはいけないのか?」と反発されてしまう。そんな事はない。別に政治を語っても良い。だが事前に物事の背景位は調べて理解してからにしてほしい。それは議論にならないからだ。だがそう言うと「政治を理解しないと発言しては駄目なのか!」と文句も言われるだろう。しかし「そうです。駄目です」と言うのが模範解答だろう。早い話が「解らない事まで首を突っ込むな!」なのだ。テレビの昼のワイドショーなんかで騒いでる芸能人は殆どそうだ。そこでやはり噺家の春風亭一之輔の粋だ。

春風亭一之輔曰く

「文化なんか言っててもエンタメは所詮は大衆芸能」
「大衆芸能で滅んだのなんかいくらでもある」
「女義太夫なんか今やほぼ絶滅してるけど明治は芸能の王様だったんだよ」
「滅びる時は滅びる」「それまでだったってこと」
「でもお金が無くて滅びるんじゃない、誰も見なくなって滅びるんだよ、客がいなくなって滅びるわけ」
「客がいるならそこに届ける為にジタバタしなきゃ、休んで政治が悪い言ってもしゃーない、今に始まったことじゃないし」
「10日間連続生落語やります!投げ銭もやるから金よこせ!」
「検察庁法改正案に抗議します、って言えばいいの?とりあえず言っとくわ」


クリックすると元のサイズで表示します

と。それが芸を仕事にして食っている人の本質。米朝師匠と思考は同レベルだ。芸談を並べてみたが、「これこそ」だと思う。例の騒動も上手く茶化しており、風刺が効いている。当代の圓楽とは偉い違いだ。

橋下徹氏、黒川検事長と賭けマージャンに興じていたメディア報道に疑問…「国民に実名報道を強要しながら自分たちは実名報道しないんですか?」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200524-05240025-sph-soci
若狭勝弁護士、賭けマージャンの点ピンはセーフ質問「はい」に坂上忍&東国原氏が驚き「この番組、大丈夫なのか?」
https://hochi.news/articles/20200525-OHT1T50065.html
小泉今日子、安倍首相に強烈ツイート
https://news.yahoo.co.jp/articles/67055df03f1234b27450e966769cef5d0843b7d0
指原莉乃さんの「政治的発言」が炎上 「テレビの女王」が世間とズレてきた?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200524-00038000-bunshun-ent
コロナで8か国100兆ドル賠償請求に中国「ならリーマンは?」
https://www.news-postseven.com/archives/20200524_1565745.html
つのだ☆ひろさん「ありがたいことに我が家にもマスクが届きました。仏壇に供えておきます」「反対ばかりしていないで共に前進しよう」
https://seijichishin.com/?p=38214

クリックすると元のサイズで表示します

さてようやく政府配布のマスクが届いた。中には「今更?」の声もあろうが配布された物にまでケチをつける気にはならない。例の騒ぎも真相が何処にあるかは不明だが、届いた物に問題がなければそれでいい。つのだ☆ひろさんも自らのFacebookで「ありがたいことに我が家にもマスクが届きました。仏壇に供えておきます」「反対ばかりしていないで共に前進しよう」と素直な反応だった。これぞ芸能人の器の違いか?ちなみに小泉今日子さんは「#さよなら安倍総理」だ。かと思えば週刊文春では『指原莉乃さんの「政治的発言」が炎上』と叩き始めた。裏に何かありそうだ。そう言やあ文春には過去に色々とやられていたな?(逆説的には、それで現在の鋼のようなメンタルに鍛えられたが?)後は法律上の本音と建前の部分か?(黒川元検事長と産経朝日とのアノ件だ。)確かに賭けマージャンを一々取り締まってたらキリはないだろう。この辺の事は後日、ゆっくりと論じよう。

クリックすると元のサイズで表示します

0

必ず道は開けてくる  独り言



社会・政治blogランキング

「行き詰まれば行き詰まるほど必ず道は開けてくるのです」。これはパナソニック(旧社名:松下電気器具製作所、松下電器製作所、松下電器産業)の創業者である松下幸之助氏の名言。まあ確かにそうなったら、どうにかしたいと思うものだ。さて「新型コロナウィルス」による『緊急事態宣言』だが、北海道も本日(25日)にようやく解除されそうだ。だが正直「この状況で?」との懸念がない訳でもなく、キリの良い処で「今月いっぱいでも、いいんじゃないの?」とも思う。だからこれで身についた習慣は、そのまま続ける予定だ。昨日、フライホイールのゴムベルトが欠損していたカセットデッキ(「TEAC C-3X」)のベルト交換をしたが、動作確認をすると普通に再生も出来て(テープの)巻き取りも問題ないのだが、早送りと巻き戻しが出来ない。回転軸は廻りはするのだが、トルクが弱いようなのだ。そこで次はその原因解明だ。場合によっては「角ベルトも必要なのかな?」とも思うが、まづは調べてからだ。異音はしないので、ゴム部品の磨耗も考えられる。そこで不完全ではあるが、TEACの「C-3X」の音を10年振りに聴いた。その再生音は堂々としており、とても力強い。聴いていて「これがカセットテープの音か?」と思う程の安定感がある。これは地味な機種なれど『稀代の名機』だと勝手に思っている。早く完全復帰をさせたい。嘗てエアチェックに興じていた時代が懐かしい。当時のテープメーカーは良い商品を出していた。

クリックすると元のサイズで表示します

その(「新型コロナウィルス」による)自粛期間中なのだが、余りにもしょうもない事ばかりが続いた。然も大掛かりな工作染みた出来事が目立ちウンザリである。そもそものつまずきは世界保健機関(WHO)による世界に向けた「緊急事態宣言」の遅れだが、その手の審議を国会でやらなければならない時期の吉野の席からの大向こうや、今更ながらの森友問題まで飛び出し、そんなもので国民に対する休業保証問題等の審議が邪魔された。明らかに特定野党は妨害していた。その最中での政府によるマスクの配布だが、そこで発見された汚れや虫の混入さえ無ければ現在の評価も違っただろう。しかしそれとて左翼の嫌がらせによる自作自演の指摘もあり、中国に工場がある企業側の失態ばかりではないようだ。そんな検証サイトがあったので参考にURLを掲載しておこう。つまり"それもこれも"だが、双方の可能性があるだろう。もしやその時の小泉今日子さん自らのTwitterによる「カビだらけのマスクはその汚らしさを具現化したように見えて仕方がない」との皮肉。それから翌月にハッシュタグ騒動だ。妙な流れだ。その裏には「何かある」と疑った良さそうだ。そこがちょっと気味が悪い。

リベラルこそ「国家」を信頼していたのかも(古市憲寿)
https://news.yahoo.co.jp/articles/0e1cc34c8a3cd94973354404cdebc4aef643dec5
不評に追い討ち?政府配布の布マスクに「汚れ付着」「虫が混入」。自作自演の嫌がらせも含めて調査が必要?
https://jocee.jp/user/oderogu/31a30b93dfa6dfb2b5b3
小泉今日子「カビだらけのマスクはその汚らしさを具現化したよう」
https://www.sanspo.com/geino/amp/20200423/geo20042313070023-a.html

クリックすると元のサイズで表示します

社会学者の古市憲寿氏も、そんな妙な流れに違和感があったようで、「週刊新潮」の4月23日号に『リベラルこそ「国家」を信頼していたのかも』と掲載した記事がある。そこから共感した事を要約するが、それは自称リベラル(左翼)が晒している矛盾だ。氏曰く「日本の「緊急事態宣言」が個人に対してできるのは自粛要請。しかし主権が部分的に侵害されるのは間違いない。たとえば千葉市長はツイッターで「夜のクラスター発生を防止するべく、県警に対してナイトクラブ等への一斉立ち入りなどの取り締まり強化を要請しています」と述べていた。この発想が一歩進めば、街を出歩く人々に対して警察が活動の「自粛」を求める、といった事態もあり得る」と。正しくそれだが、「筋金入りの国家主義者がこうした統制を歓迎するのは理解可能だ。しかし「安倍総理はヒトラーだ」などと主張し、国家主義を警戒していた人までが「緊急事態宣言」や「ロックダウン」を待望するのはなぜなのか」と。確かに不思議だ。早い話が過剰に左翼は国家に頼り過ぎなのだ。その上で、こう分析している。「一連の騒動でわかったのは、日本はとても戦争など不可能な国であることだ。そして有事においては、大衆よりも政治家が抑制的であること、特に安倍総理は調整型のリーダーであることも確認された。疫病対策という大義名分があり、超法規的措置さえ許されそうな世論の中でも、多くの政治家や官僚は抑制的だった。「戦後民主主義」はしっかりと生きていたのだ」と。小生、左翼に対し、納得がいかない時は「そっくりそのまま、これを中国とか北朝鮮でやってみれ!」と発破をかけるが、そう言う事。「言論の自由」も度が過ぎると犯罪になる。

0




AutoPage最新お知らせ