まず一心不乱  コラム





「まだ社会経験の浅い人達にとって何より大切なのはまず一心不乱に仕事に打ち込む事です。そして謙虚になって先輩に教えを請うてみる事なのです」。これは現在、SBI ホールディングス代表取締役社長CEOで、SBIインベストメント代表取締役執行役員会長を務める北尾吉孝氏の名言。ちなみに氏はSBIグループの創業者でもある。さてこの名言だが、やはり仕事に限らず知識なり、技術を身に付けるのは、身体も動き、頭が回る若い頃しかないだろう。小生、元々は技術屋だが、写真の場合、覚えるには経験しかなく、フィルムや印画紙の特性は何度も使いながら覚えるしかない。それがデジタルになった途端、プロの仕事が成り立たなくなるのだから「何処かが間違っているのだろう」としか言いようがないのだ。しかしプロしか出来ないライティングやポージング。配置や構図のノウハウはプロならではで、そこは真似が出来ないのだが、何故か「そんなのいいじゃん!」てな風潮になっている。写真は記録だ。だからこそ「キッチリしたものを残したい」のだが、今や印画紙に焼き付けて台紙貼りした写真よりもデーター渡しだ。となると著作権の意味合いも希薄になるのだが、この辺がいい加減になると、営業写真家の仕事が成り立たなくなってしまう。それが営業写真館が商売として廃れた原因だ。商業写真も然りだ。パソコンの映像系のライティングソフトの性能も向上しており、物撮り位なら、印刷屋の領域でも充分間に合ってしまう。札幌にあった写真スタジオは商業、営業問わず廃れてしまった。悲しいが、それが現状だ。その原因だが、私見ではメーカーがプロとアマチュアの機材の線引きが曖昧で、プロを守れなかった事が「残念だったのかな?」と思う。それですっかりアマチュアが“機材でプロに憧れる”ステータスみたいなものが崩壊してしまった。残念な事だ。


クリックすると元のサイズで表示します


さて時事だが、日米の政治は狂い捲りだ。AFP=時事通信によると「米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)所長で、ジョー・バイデン(Joe Biden)政権の首席医療顧問に指名されたアンソニー・ファウチ(Anthony Fauci)氏は、WHO理事会の会合で、WHOについて「困難な状況下、ワクチンや治療、診断を加速させるよう、科学、研究そして開発に関わる人々の結集を促した」と表明。WHOは「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との闘いにおいて、各国と全面的に協力」してきたと述べた」との事。偉く絶賛してるが「思えば、思えば」と東海道四谷怪談で毒を盛られたお岩が、伊右衛門を怨む台詞が浮かぶ。素晴らしい掌返しだ。かと思えば日本では、あの国会での代表質問の際、赤羽一嘉国土交通相が、こんな事を口走る。(記事元:共同通信)曰く「新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底するなど必要な見直しを行い、事業の再開を目指したい」と。政府の観光支援事業たる「Go To トラベル」の再開だ。国会には自民党幹事長で、一般社団法人全国旅行業協会の会長を務める二階俊博氏が出席していたので尚更だろう。米国の国立アレルギー感染症研究所(NIAID)所長でバイデン政権の首席医療顧問であるアンソニー・ファウチ氏が新型コロナウイルスを中国(共産党政府)とWHOが結託し、情報隠蔽や誤報を流した事から現状があるのに、逆に讃えるのだから解りやすい。忖度も此処までやられると見事なものだ。尚、日韓関係だが、韓国政府が何をしようと、既に無関心状態では国交断絶同然だ。然も親中政府では、韓国の宗主国は中国とした感覚。それでは属国に甘くする必要もなく、中国へ忖度した扱いになる。だから厳しくなるのも当然だ。なので韓国の出方によっては今以上に悪化するだろう。実際、そんな感じになっている。


米、WHOのコロナ対応を称賛 トランプ時代からの転換鮮明に
https://news.yahoo.co.jp/articles/a02734dfdee52f1c0dcb4509c006366b839cf898
GoTo「再開を目指したい」と赤羽国交相
https://this.kiji.is/724870615647485952
《独自》首相や外相、駐日韓国大使との面会見送りへ
https://www.sankei.com/politics/news/210119/plt2101190043-n1.html


クリックすると元のサイズで表示します

0

ヒントを得て表現  独り言



社会・政治blogランキング

声優として知られる俳優の緒方賢一氏は言う。「人間が体験出来る事って限界がある。70年生きようが、100年生きようが、絶対限界があるんです。ものを表現しようとする時、自分の中にそう言う体験がなければ、外から借りてくるしかないんですよ。自分とはまったく違う人生を送っている人はたくさんいる訳で、そういう方々からヒントを得て表現するんです。だから生徒達には「周囲の人々から謙虚に学んで、自分が豊かにならないと、いい表現者にはなれないよ」と伝えています」と。そりゃそうだ。だから無い知恵は欲しいし、それを活かして出来る事はしたい。だが付け焼き刃では失敗すると思う。しかし失敗も経験だ。間違いが解る。このblogでは趣味関連の話も在るが、そこでしているのは殆ど機械修理か何かを作っているかだが、それが楽しい。これとて経験だ。100吋のシネスコスクリーンを吊るのに板が必要だが、取り敢えず段ボールを繋げて代用してみた。たぶん2ヶ月位はそれで使うが、そんな事をしている間にも、色々とアイディアは浮かぶものだ。部品交換中の2台のカセットデッキは現役復帰で絶好調だ。アナログ時代の磁気フォーマットを今更復活させたが良いものだ。知識の少ない若い頃よりは、よっぽどマシな使い方をしている。

クリックすると元のサイズで表示します

最近、そんな話の枕より本題が寂しい、このblogだが、この世の中に些か失望をするような事が続いたので尚更だ。手洗い、うがい、マスクが日常化したのは他ならぬ(共産党の方の)中国だが、米国大統領がジョー・バイデン氏になった事で失脚した中国媒体の反応がまるで答え合わせだ。米紙のウォール・ストリート・ジャーナル(英語: The Wall Street Journal)によると「ドナルド・トランプ米大統領の任期が切れる数時間前、中国国営の新華社通信は20日、英語のツイッターアカウントから「いなくなってせいせいする、ドナルド・トランプ!」と投稿した」との事。その投稿は「厄介払い、トランプ政権と政権末期の狂気」と題したものだった。これだけでも如何にドナルド・トランプ氏が(共産党の方の)中国に都合が悪かったかが伺えるが、氏のブレーン的な存在だった日本の総理たる安倍晋三氏も失脚しているので、中国側の陰謀論を、つい示唆してしまう。ちなみにスウェーデンの環境活動家であるグレタ・トゥーンベリ女史は退任したトランプ前大統領に対し、「未来を心待ちにするとても幸せなお年寄りのようだ」と自らのTwitterでコメントしたが、どうしようもないガキだ。尚、トランプ氏は新政権へのビデオメッセージで何か含みのある祝辞をのべていた。前政権も権限のあるうちにすべき事はしており、ロイター通信によると「ポンぺオ米国務長官は19日、中国が新疆ウイグル自治区でウイグル族などイスラム教徒の少数民族に対し「ジェノサイド(民族大量虐殺)と犯罪」を犯したことを認定したと表明した」との事。爪痕は残した。振り返ると米国では最近、珍しい中道政治政権だった。

「成功を祈る」トランプ大統領がお別れメッセージでエール送る
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210120/k10012823651000.html
トランプ氏、次期政権の成功祈ると表明−バイデン氏には直接触れず
https://news.yahoo.co.jp/articles/2976b3a446c8b6092a951e60b5e3bddb8fbf7227
トランプ氏退陣で「せいせい」 中国が辛らつな別れ
https://jp.wsj.com/articles/SB10397557193988564773704587233533841351886
トランプ氏に皮肉込め…グレタさんコメント
https://www.news24.jp/articles/2021/01/21/10807351.html
米、中国のウイグル族「虐殺」を認定 新政権発足直前に発表
https://jp.reuters.com/article/usa-china-genocide-idJPL4N2JU3JO
ガースー孤立で官邸機能不全 事実上の「二階『傀儡』政権」に
https://dot.asahi.com/wa/2021011900036.html
米国レポートが二階幹事長を「親中派」と名指し 習近平の「反日演説」に媚びへつらい
https://www.dailyshincho.jp/article/2021/01210556/?all=1

クリックすると元のサイズで表示します

さて日米政府だが、揃って「此処にも?」状態では、正直先が思いやられる。米国は、この前の民主党政権の時はまだマシだったが、今回の民主党政権は色々とキツい。そこで政治に疎い層が学習をする事を期待する。日本の民主党政権では、国民が呆れ返り、亡国を恐れてから意識が変わった。だから日本の民主党系政党は碌に支持さえされない。それだけ学習をしたからだ。処が米国、あれだけ雑な工作員の動きすら抑える事も出来ず、こんな結果になってしまった。それにしても日米の「ボケ老人大会」は御免だ。

0
タグ: 中国共産党

どんな人間でも  コラム



社会・政治blogランキング

CQエンターテイメント前会長の高桑雅彦氏は言った。「どんな人間でも、「謙虚さ」と「素直さ」と「感謝の気持ち」をなくしたら落ちていきますよ」と。それはあると思う。特に「役職者には言える事ではないか?」と。上下関係があると、その部下は忖度で本来は役職者がする事をやる事もあるとは思うが、それが常習化すると当たり前になり、役職者が何もやらなくなる事がある。しかしこれ、仕事が部下に取られている訳で、そのうち仕事を全部取られ、挙げ句の果てには役職さえ取られてしまうだろう。だから役職者は仕事が減り、楽になった事を喜んではいけない。仕事の出来ない人間に権力は不要なのだ。人に何も教える事が出来ないのだから当然だ。

クリックすると元のサイズで表示します

米国大統領の就任式が無事に終わったようだ。しかし「元はと言えば」だ。その代償を取らされるのも勿論、米国の国民なのだ。だがそこで現状を悲観しても、(米国の)国民が望んだ事だ。仕方がない。それまでの流れを見ていると、日本の2009年の国政選挙を思い出す。手口が似ているからだ。違うのは米国故にスケールが大きくなった事か?しかしながら手筈通りに進んだ日本と違い、米国の場合は途中から陣営が馬脚を表してしまった。それだけ工作が雑なのだ。これは米国では初めての外国からの不正介入のあった大統領選挙だったが、米国の国民がコロッと騙されたのも、思えば「民度の低さも影響したのでは?」と疑って見てはいる。だが日本の次はないだろう。それは可能性のない支持率で工作出来るレベルではないからだ。その代わりに与党たる自民党の左派は使える。現内閣は嘗ての民主党政権をも凌ぐ売国振りだ。最近、与党の幹事長を左派系媒体が批判するのをネットで拝見するが、だからと言って特定野党では力不足以前の問題で、やはり政権交代の可能性は極めて薄いだろう。どう考えても無理な話だ。現在のブレーンは誰か知らんが、本当にその気もあるのか?

クリックすると元のサイズで表示します

さてその立憲民主党だが、やはり野党があるべき立場を理解してないようで、相変わらず代表の枝野幸男氏は、こんな大口を叩いている。それは20日に国会で行われた代表質問なのだが、そこでの菅義偉総理の答弁が気に食わなかったようだ。それで産経新聞によると政府の新型コロナウイルス感染症対策の遅れを追及したが、収まらず、国会内で記者団に苦言を呈した。曰く「私の質問で、(首相が)自然の流れの中で国民に反省やおわびをするチャンスを作って差し上げたつもりだが、全くそういう答えがなく残念だ」と。随分と偉そうだが、記事では「代表質問で枝野氏は、経済と感染防止を両立させる「ウィズコロナ」ではなく、市中から感染者がいなくなるまで封じ込めた後に経済を再開する「ゼロコロナ」を訴えた」との事だ。しかしそれを考えるのも野党の仕事だ。そんなに政府与党が不甲斐ないのならば「対案なり追加案でも出せ」と言いたい。

立民・枝野氏「首相に反省のチャンスあげたのに」
https://www.sankei.com/politics/news/210120/plt2101200028-n1.html

0
タグ: 民主党政権




AutoPage最新お知らせ