安室奈美恵とインターネット  女性ミュージシャン


安室奈美恵「ネットがない時代に育ったから20年続けられた」

今年、歌手・安室奈美恵さんがデビュー20周年を迎える。10代からヒットを連発し、以後20代、

30代とすべての年代でミリオンセールスを記録した唯一の女性アーティストとなった彼女は、

この20年間にどんな思いをはせているのか? まずは、11月からはじまる15年ぶりの全国5大

ドームツアーについて聞いてみた。


「ドームツアーは、できるだけ多くのお客さんと同じ空間を共有して『ありがとう』の感謝の

気持ちを伝えたい。そんな思いで開催することにしたんです。15年前にドームツアーをやって

はいるんですけど、残念ながらその時の感覚が残っていなくて、現時点では『広すぎてどうす

りゃいいの!?』って感じです(笑)」


デビューから4年目の1995年に、小室哲哉プロデュースの『Body Feels Exit』が大ヒットした

彼女だが、実はデビュー後しばらくはヒットに恵まれず、沖縄に帰ろうと思った時期もあった

そうだ。それでも20年、心が折れそうなことがあっても、歌って踊ることをやめなかった理由

はどこにあるのだろう? 「憧れのジャネット・ジャクソンが今も歌って踊っているから」と

即答した彼女は、続けてこう話す。


「そこまで彼女に夢中になれて、迷うことなく『歌と踊りでやっていきたい!!』と思えたのは、

今のようにインターネットがない時代に育ったから、というのも理由のひとつかも。私が10代

の頃は、今みたいに情報が飛び交っていなくて、私にはそのビデオテープ(ジャネットのライ

ブ映像)しかなかった。だから、夢を絞り込めたのかもしれないですね」


「すぐにインターネットで情報収集ができて、選択肢がたくさんあるってことって羨ましくも

あるけど、結局本当に何がしたいのか迷ってしまうこともありそう」と語る安室さん。

はたから見れば、適職に出会ったようにしか見えないが、彼女自身は「『この世界がダメなら

別の道に行く』という選択肢がなかったから、歌い、踊り続けてこられた」と思っているそうだ。




人気ブログランキングへ 

【『MORE』2012年8月号 「20年目のリアル・メッセージ 安室奈美恵」より】
http://www.s-woman.net/news/magazinenews/detail_1000017911.html


実際、インターネットが無かった時代は、どうだったかと思い浮かべてみると特に不便だと感じなかった

のも事実なのだが、逆にどんな情報でさえ根拠も調べられずに其の儘鵜呑みにしていた危険性もあるので

「ゾ〜ッ!」とする一面も在る。それは携帯電話についても言える事なのだが、文明の恩恵って、正直ど

んな処で実感するかが判断の基準なのかな?携帯のベル音に恐怖症に成る人も居るしインターネットも利

用の仕方次第で、どうにでもなるから難しいな!はっきり言えるのは、子供にはインターネットは不向き

だな!ある程度の価値観が備わってからじゃないと危険だと思うが皆様は如何なものか?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ