俳優、大滝秀治さん死去  訃報


<訃報>大滝秀治さん87歳=俳優、舞台や映画で幅広く活躍

重厚な主役から個性的な脇役まで、舞台や映画に幅広く活躍した俳優で文化功労者の

大滝秀治(おおたき・ひでじ)さんが2日午後3時17分、肺扁平(へんぺい)上皮

がんのため東京都内の自宅で亡くなった。87歳。


通夜・葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻純子(じゅんこ)さん。「大滝秀治 お別れの会」は

22日午後2時、東京都港区南青山の青山葬儀所。東京都生まれ。中学卒業後、陸軍に入り、

国外で終戦を迎えた。復員後、丸の内の連合国軍総司令部(GHQ)電話部勤務のかたわら、

帝国劇場で演劇の魅力にはまり1948年、民衆芸術劇場(第1次民芸)付属養成所に入所。

50年の滝沢修ら率いる劇団民芸創立に研究生として参加し、同年「風の吹く一幕」で初舞台

を踏んだ。70年、東京裁判を描いた木下順二作品の舞台「審判」で注目され、

以降、劇団の中心俳優となった。

 
あくの強い人物造形の一方で、ひょうひょうとしたユーモラスをたたえた演技で存在感を発揮、

幅広い役柄をこなした。民芸の舞台は、「巨匠」の老人役、「審判」の首席弁護人役(いずれも

木下順二作品)、「坐漁荘の人びと」の西園寺公望役、「浅草物語」の鈴木市之進役(いずれも

小幡欣治作品)など多数。その個性と存在感は、テレビドラマや映画、CMでも発揮された。

ドラマ「うちのホンカン」(75年、主演)や「特捜最前線」、映画「不毛地帯」

「あにいもうと」「お葬式」など代表作は多い。

 
80歳を過ぎてからもほぼ毎年、「どろんどろん」「らくだ」など民芸の舞台の主演を務め、円熟

の芸境を見せていた。「らくだ」の演技で文化庁芸術祭大賞など受賞多数。88年紫綬褒章、20

11年文化功労者。奈良岡朋子さんとともに劇団民芸代表。

 
12年4月20日、種田山頭火役で主演予定だった6月の民芸舞台「うしろ姿のしぐれてゆくか」

(宮本研作)を体調不良のため降板、病気療養中だった。11年の「帰還」(坂手洋二作)が最後

の舞台となった。また、現在公開中の高倉健さん主演「あなたへ」(降旗康男監督)

が映画では最後となった。【濱田元子】



クリックすると元のサイズで表示します
人気ブログランキングへ 

毎日新聞 10月5日(金)13時17分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121005-00000052-mai-soci


年齢が年齢とは言え残念だ!下手なコメントは止めておこう!
0
タグ: 大滝秀治



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ