降圧剤と沖縄  ブログ


降圧剤を飲んで既に5日目だが、ようやく口の周りが締まってきた印象である。心なしかフガフガと

と言った話し方とはならずに引き締まってきたように感じる。確かにゆっくりとした改善だが一晩明

ける事に違いも解る。現状はそんな感じである。昨日、インターネットでニュースをチェックした処、

親中だった沖縄の仲井真知事が中国に不信感を示している。これは珍しい記事である。こんな状況で

も中国の意見を重視しているのは沖縄タイムスだが、嘗ての北海道タイムスもそうだったように何故

か日本の北と南のメディアは極左である。この処、中国メディアが唱えるのは琉球王国の復活である。

しかしながら現状では現実的でなないのではないか?寧ろ現実にものを捉えるのならば台湾の独立が

最も現実的だろう!台湾こそが本物の中国とする声も多いが、それには賛成だ。台湾の独立は確かに

中国に対しての抑止力となる。だがそれに対し琉球王国の復活は日本の為になるだろうか?少なくと

も日本の国益にはならない!しかし荒唐無稽な発想である。そんな事だから現在の中国があるとも言

えないだろうか?中国は迷走しているとしか思えないのだが?それは中国共産党も然りである。



クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ