ひまうまの独り言  ブログ



人気ブログランキングへ 



久々に三連休が取れたので何かしようかと思うのだが、そう思う程の事もないので、好きなワーグナー

でも聴きながら部屋の後片付けでもしようと思う。しかし、これまでの傾向だと当初考えていた事とは、

全くの別の事をする場合が殆どだ。北海道の冬は寒い。だから寒気に触れると思考が吹き飛ぶ何て事

も北国の人には、よく在る事なのだ。それとブログの文章とて思いつきの話題が殆どなので、流動的な

ものなのだ。訃報が相次ぐ。この前に「巨人の星」で「星一徹」を演じた加藤清三さんへの御悔みを述

べたばかりなのに、まさか「サザエさん」での「波平」役の永井一郎さんが亡くなろうとは思いも依らない

のである。このアニメも既に原作者不在だが、提供の「東芝電気工業」が単独提供を降りてからも放送

は続けられ、アニメ制作会社である「エイケン」唯一の作品となってしまった。衰退とはそう言うものだ。

現在では、サザエさんのオリジナル・メンバーも主役である「加藤みどり」さん位ではなかろうか?


それは存命でも降板した人が居るからで、故人なのは「カツオ」役の高橋和枝さん位だと記憶しているが

如何なものか?忘れられている事だが、初代カツオは「大山のぶ代」さんなのだ。しかし降板なら兎も角、

死去が原因で交代や欠番となるのも悲しい。そこでいつも残念に思うのは、渡辺プロの全盛期を支えた

「クレイジー・キャッツ」と「ザ・ドリフターズ」のメンバーの事だ。前者は存命が「犬塚弘」さんのみで、後者

はリーダー不在である。然も初期メンバーである「荒井注」も居ないのだ。「いかりや長介」は、新生ドリフ

のリーダーだが、既に元の状態も解らない位に時代は流れている。「昭和は終わった。」と有名人の訃報

でいつも表現されている言葉も何だか共感する。「最近の芸人は芸がない」と言われるが先人の築いた

ものは本当に大きい事が解る。思えば、加藤茶さんも既に老境である。時代を感じてしまい悲しい。


話題を変えるが、先頃の籾井NHK新会長の歴史問題に対する発言は、やはり波紋を広げているのだが

朝日新聞記者に挑発されたとは言え、その質問に対する回答は朝日新聞記者も驚愕した出来事だった

のではないか?思えば、「従軍慰安婦」問題を焚きつけた張本人組織同志の会見なのだ。だから期待通

りの回答が得られない朝日新聞は慌てたようにも垣間見れる。 そんな会見だった。「まさかのまさか」が

起きてしまったのだ。最近は、そんなパラドックスが起きやすい。レコード・チャイナの日本向けの記事に

「中国の若者よ、目を覚ませ!日本の援助なしに中国の繁栄はありえなかった」との見出しが在ったが

これとて「本当にどうしたの?」と思う。それでも中国のマスコミには強かな印象も在るので今更か?

今日は、そんなところだろうか?この時点では、このブログを更新しただけである。後は何をしよう?



クリックすると元のサイズで表示します

サザエさん最新話が泣ける・・・ うわああああああああああ(´;ω;`)ブワッ
http://blog.livedoor.jp/chihhylove/archives/8233972.html
中国メディア 「中国の若者よ、目を覚ませ!日本の援助なしに中国の繁栄はありえなかった」
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=82403
http://news.2chblog.jp/archives/51779293.html
「韓日関係は破局へ」=解説書竹島明記で―韓国メディア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140128-00000056-jij-kr
【産経抄】NHK籾井会長発言で中国・韓国へのご注進ジャーナリズム再び。発言のどこが悪いのか[01/28]
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140128/ent14012803520000-n1.htm

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ