煩悩の時代  コラム



人気ブログランキングへ



小生は仏教徒だが、クラシック音楽が好きな事もあって、教会音楽もよく聴くのだが、それは単に趣向

の問題で、そんな人は珍しくない。だがマタイやヨハネの福音も宗教は違えど、為になるものである。

それもあるのか引用も多いが、それらの受難曲は、作曲家が違えど構成は似たり寄ったりになるのも

テキストが同じ福音なれば仕方ない。違いは作品の規模位である。各国では宗教対立が原因で戦争

も起きるが、実に愚かなものだ。だから人類の偉大な精神文化である宗教も大した事はない。理由は

簡単である。つまりその宗教を布教する教祖とて人間だ。だから運営とした方が正しいのだが、その

資金も新聞やら色々である。しかし経典では煩悩を否定しているので不思議な印象を受ける。だから

現状は正しく煩悩の塊で、人類の五大欲求が原動力となっている。それで定義が成り立つのかとも思

うが、世界に点在をする宗教とても、根源は全て同じだ。だからこそ精神文化として繁栄もしたのだ。

なので、寧ろ解釈を変えたのは、それらの教祖逹だと言える。此処から話の着地点も求めたい処だが

森羅万象には闇もあり、とても一筋縄では行かない。それに所詮は、人間が造り上げたものなのだ。


さて、その小生とても煩悩の塊だ。でなければ趣味すら成り立たない。好きなレコードを聴く為に購入

する行為はコレクションへと発展するのも自然の摂理である。音楽も結局、精神文化なのだから否定

は出来ない。なので改めて「煩悩」とは何かを追及するのも必要なのかも知れない。本質とは単純だ。

宗教とは五大欲求との格闘なのだ。此処で巷の話題も取り上げるが、持論を述べた後は気が引ける。


中国外務省の秦剛報道局長は27日の定例記者会見で、習近平国家主席が7月3,4日の両日、国賓

として韓国を訪問し、朴槿恵大統領と会談すると発表したのだが、中国の最高指導者が北朝鮮よりも

先に韓国を訪問するのは初めてらしい。秦氏は「中国は朝鮮半島問題で客観的立場を堅持し、北朝

鮮と韓国の両方と友好的な協力関係を維持している。中朝、中韓関係を健全に発展させる事は3国

の利益に合致する」とは述べているのだが、これではまるで併合でもしたような感じ がするのは気の

のせいか?韓国メディアによると、韓国大統領府も27日、習氏の訪韓日程を発表をしているのだが

中韓自由貿易協定(FTA)締結交渉など両国関係の他、北朝鮮の核問題や地域情勢も協議するとし

ている。しかしながらこんなタイミングに北朝鮮では日本海に向けてミサイルを発射している。これは

どちらに対する威嚇だろう?しかし中国と韓国の連携強化は、如何に北朝鮮と中国の関係が過去の

ものではない事の証明でもある。従って今回の中国と韓国での首脳会談が、再び宗主国と属国との

関係が復活するように思われるのも仕方のない事かも知れない。特亜情勢の変化が、とても著しい。


話を変えよう。俳優の斎藤晴彦さんの急去には驚いた。氏と言えば、クラシック音楽の節に歌詞をつ

けて歌い出してから注目を浴びた印象が強いが、それがとても新鮮だった事を思い出す。何故かと言

うと、やりそうで、中々かやる人が居ない芸だったからだ。当時の記憶では、深夜の名物番組である

「11PM」の担当コーナーでは、クラシック音楽の節に説明を歌で乗せた料理教室なるものがあった

のだが、全く屈託のない明るい芸には感心をしたものだ。相次ぐ芸能人の死は悲しくて残念である。



急死の斎藤晴彦さん 心不全だった…前日、精力的に稽古も突然
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140629-00000133-spnannex-ent
中韓の連携決定的に 中国主席が来月訪韓で首脳会談 北朝鮮より先は初 歴史問題も議題か 
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140627/chn14062722400006-n1.htm

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ