お酒とインターネット  ブログ



人気ブログランキングへ 



そろそろ「ビール」も美味しい季節だが、自身は三年程前から体質が変わり、徐々に飲めなくなった。

それが何の原因かは解らないのだが、とにかく飲めないのだ。然も飲むと気持ち悪くなる。どうして

だろう。とても不思議だ。日本酒も飲めなくなった。何故か重いのだ。これらのお酒も以前ならは喉

を鳴らしてまでも飲んだものなのだ。しかし今は駄目だ。とは言え頭の中では飲めるお酒ではある。

その辺の感覚と現実とのギャップが辛い。これもメンタルが影響しているのだろうか?そこまで思っ

てしまう。他人様から見れば下らない話だと思うが、ジレンマは、そんな処からも始まる。もしやと

は思うが、自身の大腸にポリープがあるのもメンタルを下げる原因にもなっているのではと勝手に思

っている。だから手術で取り除いてからはまた体質が変わるものと期待はしてる。ギャップは辛い 。

そんな感じなので最近飲むお酒はワインみたいな軽い?お酒ばかりだ。ラム酒も美味しい。洋酒なら

余程の辛口でなければ飲んでいる。可笑しなものである。だから日本酒は主に料理酒として使う事が

多くなった。だがもしや吟醸酒のような「マトモ」なお酒ならば飲めるのではないかと思う事もある。

それと言うのも飲めなくなる直前まで飲んでいたお酒は、スーパーで特売でよく売っている紙パック

の日本酒なのだ。なので瓶酒なれば案外大丈夫なのかも知れない。そんな感じがしてならないのだ。


話は変わるが本日ようやくインターネットが繋がる。しかし設定等の確認もあるので完全に元通りに

なるのはやはり週末になりそうだ。引っ越しからは四日目を迎えた。現状で変わったのは精神状態だ

ろうか?日に日に落ち着いて来たので、物事の考え方も、とても見通しが良くなった。閃きや発想の

転換も、そんなゆとりから生まれる。それにしても収納には頭を使う。パズルみたいなものである。



クリックすると元のサイズで表示します



さて時事である。注目の29日に米国上下院合同会議で行われた安倍首相の演説だが、新聞によると

第二次世界大戦時の日本の立場を「痛切な反省」としており「おわび」や「謝罪」等と言った文言は使わな

かった。しかしながら旧連合国が唱えた戦後の所謂「世界秩序」には沿っており、問題はないと思う。

それに歴代首相の歴史認識も継承する。だが日本が悪者にされている事に関しては変わりないのだ。

尚「日米同盟」は「希望の同盟」と表現して、大いに議会を沸かせた。危惧されたテロは起きなかった。



クリックすると元のサイズで表示します



首相が米議会で演説 先の大戦に「痛切な反省」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150430/k10010065211000.html

0



2015/4/30  19:36

投稿者:ひまうま

そうです。発泡酒は飲めないです。残念です。

さて今回の米国の対応は、ちょっと違いますね。共和党の方が権限が増しただのとの推察する向きもありますが、それでも違和感がありますね?


L(・o・)」

2015/4/30  18:51

投稿者:gazu

バス待ちの発泡酒とチキンも今はもう?ですか。今回の訪米もオバマが日本語で挨拶したり、アメリカがやたら愛振りまいているのが気になりました。総理もうまく丸め込まれ無きゃ良いけど….。話し合いは慎重に。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ