テロリストと政治  コラム



人気ブログランキングへ



ついこの前に正月を迎えたかと思ったら、もう月を越える。早いものだが、札幌では恒例の「雪まつり」が終わる

と途端に暖かくなるのだから月日の移り変わりを、それで感じてしまうものだ。思えば年末年始は騒がしかった。

ドタバタした「日韓合意 」から突然のジャニーズ事務所の御家騒動に始まる一連の芸能騒動も目を引いたのだ

が、此処数年は、そんな流れである。なのでこの後は「何があるのだろう?」てなものか?国会では野党が政策

よりは政局なのも、更に酷くなった感じがする。だから与党が何かやらかしても未然に防ぐ事も出来ないのだが、

それも御約束事なら国民も浮かばまい。 それだけ自民党と安倍首相は、下野した時に宣言をした事は諸事情も

あろうが、傍目からでは「なんでしないの?」てな印象しかない。特に対外政策に於いては、相手が朝鮮だと結局

は妥協をしているようにか感じられないのだから困ったものだ。 なのに不思議なのは、そんな時に限って韓国内

では「日本にしてやられた」と外交的敗北と報道をされている事だ。 然も双方なので、もしかしたら日本の報道機

関は、韓国の報道機関とグルではなかろうかと思う程だ。 これでは情報を意図的に撹乱しているようにしか思え

ず、何処かに仕掛けでもあるのではないかと疑ってしまうのだ。 とても残念な事だが、これも現実である。



こんな事があった。 首相の安倍晋三氏が、2013年12月に靖国神社を参拝した事で精神的苦痛を受けたとして、

国内外の戦没者遺族等、 765人が、安倍首相と国、神社に1人1万円の慰謝料を支払うように求めた訴訟の判

決が、28日に大阪地裁であったのだが、佐藤哲治裁判長は「原告らの法的利益を侵害していない」として請求を

退けた。つまり門前払いだが、更に参拝が憲法の政教分離原則に反するかは判断を示さず、今後の参拝差し止

めを求めた訴えも棄却している。 安倍首相は、13年12月26日、礼服姿で公用車に乗り、戦没者約246万人が合

祀されている靖国神社へ参拝した際に宮司の出迎えを受けて昇殿し 「二礼二拍手一礼」の神道形式をとった上

に「内閣総理大臣 安倍晋三」 と記帳し、私費で10万円の献花料を納めたのだが、それが39都道府県や台湾に

住む戦没者遺族や被爆2世、宗教者等の 20〜80代の原告団は、こうした参拝方法や外交上の影響が見込まれ

る韓国や米国にも事前通告した点を踏まえ 「職務として公的参拝したのは明らか」だと指摘して、公権力が特定

の宗教と結びつく事を禁じた憲法20条の「政教分離原則」に反すると主張した訳だ。 だけどこれも変だ。 何故、

戦没者遺族が外交上の影響を配慮して、御霊を敬うよりも韓国や米国に配慮をするのだ?本来なれば逆ではな

いか? この人達は身内が戦争で亡くなっているのに外交上の理由で御霊を蔑ろにしているとしか思えないのだ

が如何なものだろう。 これは一般的にイメージされる戦没者遺族とは、全く逆の印象だ。その上で戦争責任を負

うA級戦犯も含めた戦没者を「英霊」として顕彰する宗教施設を国の代表者が特別に支援する印象を与えたと指

摘し、戦没者が靖国に祭られている事自体を不信に思い、 首相参拝で一層苦しみ、憲法上の内心・信教の自

由、身近な人の死を悼む方法を自ら選ぶ「自己決定権」を圧迫されたと訴えているのだから訳が解らん。これで

は反日活動に勤しむ左翼団体や韓国の反日運動家の意見と代わりない。つまり戦没者の命よりも韓国や米国

の意向を尊重してる訳だ。これでは英霊も浮かばれず、遺族自ら蔑ろにしてどうなる?酷いものだ。



それでは「これは?」と言う記事だが、記事元は朝鮮日報なので、それを前提に読むと背景も変わる。1909年に

安重根が、伊藤博文・初代朝鮮統監を中国・黒竜江省ハルビン駅で狙撃したが、駅舎内には今月の 19日に開

館2周年を迎えた「安重根記念館」がある。 そのハルビン市文化新聞出版局の徐鶴東副局長は、こう述べる。

「記念館を通して、わが民族の誇り・安重根を中国人を中心に多くの人が知るようになり満足」 だと。 その上で

「安重根をテロリストだと言う日本のとんでもない話を、歴史的資料に基づき封じ込めたかった。安重根は平和を

愛していた方」と。だが理由はどうであれ、暗殺は平和行為か?この記念館は、2013年に中国を訪問した朴槿恵

大統領が習近平国家主席に「安重根の狙撃現場に記念の標石でも設置出来るよう協力してほしい」 と要請した

事から設立が検討された。 それで日本は反対したが、中国政府が決断を下し、標石程度に留まらずに記念館を

造る事となった。然も費用は全額、中国政府が負担した。 徐副局長は「商業的価値が大きい駅舎内に外国人の

為の記念館を造ると言う事自体が異例」と語ったが、全くその通りだ。 これは世界的にも極めて稀なテロリストの

記念館だ。それに伊藤博文統監は、朝鮮の独立推進派だった。しかし伊藤博文統監を撃った安重根も独立推進

派だったとすると話が可笑しくなる。「では何故暗殺したのだ?」挙げ句に日韓併合となったではないか。安重根

は本当に政治運動家だったのだろうか?それでこれならば、余りにも勉強不足である。



途もあれ、その国家併合で、当時の朝鮮人は事実上の日本人となった。だがそれが日本の末代まで祟るとは思

わなかった。 さて例の少女像だが、この撤去が昨年末の「日韓合意」での条件でもあるのだ。しかしながら在韓

日本大使館前から少女像を撤去するのは、所在地の歩道を管理する地元鍾路区の金永椶区長の見解では

「あり得ない」としており、例え朴政権が要請しても拒否する姿勢を明確にしているのだから絶望的だろう。これ

は、ソウル新聞のインタビューに答えたものだ。とは言え、尹炳世韓国外相が「適切に解決されるよう努力する」

としている事から、このままでは終わるまい。だが意外なのは韓国政府が、その合意内容を固持してる事だろう

か?ちなみに金氏は、像は道路占有許可が必要な施設物ではなく「芸術作品」として「美学的価値があり、歩行

にもまったく支障を来していない」と然して問題視をしていない。実は、金氏は建築家出身で、元慰安婦女性の支

援団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」 が2011年に像を建てる前に慰安婦問題を象徴するものとして

「碑石よりも芸術作品の少女像がいい」等と関係者に助言していたらしい。これでは3月の調印は無理だ。



安倍首相の靖国参拝、原告の請求棄却 大阪地裁
http://www.asahi.com/articles/ASJ1W71W1J1WPTIL03B.html
「『安重根=テロリスト』という主張を歴史資料で封じ込めたい」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/27/2016012701566.html
ソウルの地元区長が慰安婦像撤去拒否
http://www.sankei.com/world/news/160129/wor1601290043-n1.html
1億活躍「工程表」に着手=国民会議、同一賃金も柱に
http://www.jiji.com/jc/zci?g=pol&k=201601/2016012900787



クリックすると元のサイズで表示します



これも突っ込み処満載だが、政府は29日に安倍首相が重要課題と位置付けている「1億総活躍社会」に関する

国民会議を首相官邸で開き、中長期の工程表として「ニッポン1億総活躍プラン」の検討に着手している。しかし

ながらそれは何かと理解出来ない国民も多く居る事だろう。 そこでは「働き方改革」を柱の一つに据えており、

雇用形態に関わらず同じ賃金を確保する「同一労働同一賃金」の実現も盛り込む。とは言え「平均平等の原則」

には碌なものがない。即ちこれこそ資本主義の原則から外れており、まるで社会主義のようだ。それが5月に取

りまとめられるそうだが、その会議で首相は「より構造的な問題を取り上げたい」と表明したそうだ。 つまり「働き

方改革」だが、更に「子育て・介護の環境整備」や「成長と分配の好循環」をプランの骨格とするとの事。そこで男

女間や正社員と 非正規雇用の賃金格差を是正する同一労働同一賃金は、首相が先の施政方針演説でも打ち

出したのだが、「『非正規』 と言う言葉を使うのをやめるべきだ」との声も上がったというのだから呆れたものだ。

それよりも労基法の改革が必要だろう。 「何故、年金が集まらないのだろう?」 その疑問は全てを集約する。

「非正規」なんて言葉よりも如何に正社員を増やす企業努力に加担すべきだろう。国民の生活の安定こそ、国家

の安定に繋がると思うのだが如何なものだろう。実はリベラルを嫌うと声にしている首相自身がリベラリズムに侵

されているとしか思えない。「人間の普遍の真理」に反している労基法は御免である。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ