極論と正論  コラム



社会・経済 ブログランキングへ



髪は黄色いが最近は「真っ赤な人だなぁ〜」と思うのがこの人。時に人格者としても扱われるので余計に面倒臭

い。その上言動も、極論が過ぎて何かを拗らせた感もある。 いきなり本題だが、太平洋戦争時にペリリュー島で

繰り広げられた日米の戦闘の記憶に迫るドキュメンタリー映画「追憶」のプレミア試写会が27日に都内で行われ

た際、本作に於てナレーションを担当した美輪明宏氏が登壇した。そこで美輪氏の言う事は確かに解る。氏は年

齢から兵隊に行った経験はないが、 少年の目から見た戦争とは、どんなものだったかを 事ある毎に語っている

ので、当時がどんな情勢だったかを垣間見る事が出来る。 そこで試写会を前に参加者に対して、自身の戦争観

や、世界的に進む右傾化への思いを語った。 さて太平洋戦争について、氏は曰く「(米国とは) 財力も何も全然

違った。向こうはバズーカ砲だとか原爆を作っていたんです。 日本は竹槍です。なのに一億玉砕だとか(軍の人

間は)勝手な事ばかり言ってね。 愚かな参謀本部の連中の為に日本人が日本人を殺したようなもの。(兵士は)

妻や子供や自分の恋人に会いたいと思いながらも亡くなっていった」 その上で「大和の国とは大いなる和の国と

書きますでしょう。 戦うと言う事はもうそれだけで日本ではなくなると言う事なんです。(太平洋戦争が激化して)

まず水商売は禁止になりまして、音楽もクラシック、シャンソン、ジャズも全部ダメって。 軍歌しか歌っちゃならな

いって。綺麗な着物も警察で脱がされてもんぺに着替えさせられてね……。そう言う時代に突入していってしまっ

た」と自身の記憶から語った。 思わず氏の語り口が脳内再生される程だが、当時は子供の筈。なのに随分と大

人の目で時代を見ている。更に「軍部には人格者もいましたけど、全く出世できない。 サディストでこんな悪いの

がと言うのに限って出世したりする。そう言うものを間近で見てきたので軍国主義は憎むべきものだと思っていま

す」とも言う。それが何と言おうかイメージだけで思いついた事を語っている感じだ。まるで講釈師のようだが、氏

に何となく感じた違和感は、そんな処から出るのか何て思ったりする。 その弁舌は更に熱が上がる。「今は世界

中がどんどん右傾化してきていますでしょう。アメリカのトランプや、フランスもルペン党首みたいな右みたいなの

が台頭してきて、英国もクイーンエリザベスやヴィクトリア女王の時代に逆戻りしようとしている。日本もそう。きな

臭くなってきていますよね」「ここらへんで日本人も自覚しないといけない。 第二次大戦の時のあの愚かな、とに

かく根性論だけで何にも計算も知力もない、そう言う時代に戻っちゃいけないって」と。 これが氏の右翼に対する

イメージなのだろう。だがそもそも右翼とは何だろう?これもイメージだけで解釈をしていないか? たぶん街宣右

翼の影響が大きいのだろうが、大音量の軍歌、日の丸と君が代で、それに対する印象を著しく損ねたものが、そ

のまま右翼になっていないか?これも工作活動だ。目的は日本人の愛国心を削ぐ事だが、大体暴力で事を解決

しようとするのは赤旗だ。 日本で起きた最悪のテロ事件も共産党員によるものだった。 そこでよく引き合いにさ

れ、利用されるのが、国家社会主義ドイツ労働党、即ちナチスなのだが、これは右翼なのだろうか? ではムッソ

リーニのイタリア、ファシスト党は? このblogでも幾度となく述べているが、日本共産党や民進党、社民党が、現

在の安倍内閣に対してナチスだの、 ヒトラーだのと批判をすると単に自己紹介をしているようにしか思えず滑稽

だが、その繰り返しでワンパターンである。美輪氏はまた更に「きな臭くなって『徴兵制度を』なんて言う議員も居

る訳です。それだけはやめさせないと。徴兵制度って言うんだったら自分達が行けばいいんです。自分達が行く

と思っていないからあんな事言えるんです。だったら、言い出しっぺの責任をとって、自分達の奥さんも共同責任

者として慰安婦としてでも連れて行けばいいんです」「(そうなると)戦時中と同じです。 それを阻止する為にもこ

の映画をご覧になってください。今の状態がどれだけありがたい事かわかります。食べられる、着られる、安心し

て寝られる……当たり前だと思っている事が、どれだけありがたい、嬉しい、幸せな事かと言うものを若い方でも

分かっていただけると思います」と。何だか極端な人だ。それこそきな臭い。此処で指摘しておくが「徴兵制」等と

騒ぐ物騒な連中は共産党や民進党、社民党、市民団体ばかり。 だから安保法制の時も日本政府は宣戦布告さ

えしていないのに「戦争反対」なのだから「何処と戦争する事になったの?」と不思議でならなかった。つまり美輪

氏の言っている事は、それらの連中と何も変わりないのだ。 「そんなに戦争がしたいの?」 と言ってやりたい位

だ。だから何を期待しているのやらわかりゃあしない。 尚、このイベントには、本作の小栗謙一監督、プロデュー

サーの奥山和由(こんな処に居た)、原案の升本喜年も出席していた。 公開は、11月5日だが、ドキュメンタリー

作品に脚色は要らない。単に事実を積み重ねるだけで良いのだ。 それしてもこの人方の「日本が悪い。」「日本

から必ず攻撃をする。」前提での思考はどうしかならんか?客観的にものを見れないのは、この人達の特徴だ。


事実と言えばこれもそうだ。 民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題で、市民団体「愛国女性のつどい花時計」の

岡真樹子代表等が、28日午後、東京地検に 国籍を選択をする義務を怠り、 参院選で虚偽の事実を公表した事

に対する国籍法違反と公職選挙法違反の罪で告発状を提出するそうだ。 その告発状では蓮舫氏が、17歳だっ

た昭和60年1月に日本国籍を取得しており、 国籍法に基づき、 22歳になった平成元年 11月28日までに日本国

籍か台湾籍のいずれかを選択する義務があったのだが、結局は、10月7日の選択の宣言まで選択しなかった。

更に平成16年7月の参院選(東京選挙区) に立候補をする際にも国籍選択の義務を果してもいない状態であり

ながら選挙公報に「1985年、台湾籍から帰化」と虚偽の事実を公表した告発した。そこで岡代表は曰く「本来であ

ればこの事実(蓮舫氏の二重国籍)を知った有権者の投票による当選はなかった可能性が十分あり、当時の選

挙管理委員会と有権者を欺いた」と主張した。 いつかはこんな状態になるだろうとは思っていたが、ようやくそう

なった。その「愛国女性のつどい花時計」が如何なる団体なのかは知らないが、最近は何かとその名を目にする

団体だ。それで検索してみると、保守系女性団体なのは解った。とても異質な感もあるが、過去の女性団体と言

えば、女性解放運動に明け暮れた「中ピ連」が即座に浮かぶ。ピル解禁がどうとか騒いでいた印象もあるが碌な

印象もないので危惧してしまう。市民団体の定義も曖昧だ。そこが健全ではないのも、そもそも赤旗が原因だ。



【芸能】<美輪明宏>世界的な右傾化に警鐘!「きな臭くなってきています」
http://npn.co.jp/sp/article/detail/06722904
【社会】蓮舫氏を二重国籍問題で東京地検に告発へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161028-00000555-san-pol
農家不当差別で大分の農協に立ち入り検査 公正取引委
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161027/k10010746271000.html



クリックすると元のサイズで表示します



これは利権問題。唐突だが、農協とジャスラックがしている事は似ている。そこでこんなニュース。大分県の農協

が、地元特産の小ネギを農協を通さずに出荷した農家に対し、特産品としてのブランド名の使用禁止をした事に

対し、公正取引委員会は独占禁止法違反の疑いで立ち入り検査となった。 それが「JAおおいた」だが、そのJA

は、地元特産の小ネギを「大分味一ねぎ」のブランド名で首都圏等に出荷をしているのだが、そこを通さず、他の

卸売業者に販売を委託した農家には、ブランド名を禁止していた。 なので、その農家はブランド名を付けた単価

の高い家庭向けの商品をスーパー等に出荷をする事が出来なくなった。そこで単価の安い業務用のネギしか扱

えなくなったのだが、この現状に対し、公正取引委員会は、農協の組合員である農家を不当に差別して扱う行為

であると独占禁止法に触れる可能性があると判断した。しかしながらこれは双方の見解があるだろう。そもそもこ

の農家は組合員なのか?もしそれであれば、JAから何と言われれば仕方ないのだが、組合員以外の農家に対

して、JAがそれを言うなら話は違う。その場合はJAは、何の権限もないのだ。「とかく浮世はままならず」と不満

の1つも言いたくなるだろう。 利権のトラブルは絶えない。 特定利権団体には付きものの問題でもある。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ