時代の変遷  社会・政治



社会・経済 ブログランキングへ



さて物事のほとぼりが冷めると、改めて今後の動きが気になるものだ。米国大統領選挙の結果は、ドナルド・トラ

ンプ氏が当選をした事で下野していた共和党が政権復帰と化した訳だが、これは、2012年に旧民主党政権が衆

院選で敗北し、議席を再び自民党に譲った当時と似たような処がある。 つまりリベラルから、保守への転換だが

(日本のそれは必ずしもそう言い切れないのは残念)、これで世の中が変わると思った有権者は多い筈だ。 そん

な事を今回の米国のそれを見て感じたのだ。実は米国のリベラルの実態も日本同様に劣化が著しい。米国に移

民が多いのは、嘗ての「アメリカンドリーム」 の弊害なのだが、それが原因で、日本の在日朝鮮人ならぬ在米外

国人が、いつの間にか「反米勢力」と化している。正に「それは、それは」である。 だからトランプ氏が当選をした

途端に暴動なんぞを起こす。ロサンゼルスでは「白人至上主義をやめろ」と書いたポスター等を掲げた人々が行

進をする程だ。中には星条旗を燃やす輩も居た。 (何だかどっかの国で見たような光景(国旗が違うだけ)だ。)

そんなリベラルとも言えない連中が米国にも増えたおかげで、保守層が声を上げるのは当然の事だ。 だからそ

の大統領選挙に先駆けて行われた米国の連邦議会選挙では、左翼系議員が相次いで落選した。何故かこの選

挙の件は、韓国系メディアが記事にしていたが、そう言う人達だったのだろう。 (米国で反日活動をしていたマイ

ク・ホンダ氏も落選した。)そこで調べてみたら韓国に縁のある政治家ばかりだった。此処で何故、クリントン氏が

リベラル派から支持をされたかを考えてみよう。 それは貧民層との格差問題については何の手立てもない事だ

が、それだけではない。クリントン氏には以前から噂をされる中華マネーがある。 そこでFBIは、クリントン夫妻

共々、中国の人民解放軍やスパイ機関との協力関係があると睨んでいる訳で、 夫が大統領になったのも、それ

が為との噂さえある。なので幾度となく、クリントン氏には、FBIの調査がどうのと話題にもなる訳だ。機密情報の

漏洩も疑われたメール問題も然りだ。民主党の本質は、日本のそれとは質の違いだけで、大した差はないのだ。



なればもし、ヒラリー・クリントン氏が大統領になった事を仮定すると、 仮に日本が中国と武力衝突になった場合

は、クリミアであったクーデターのように梯子を外される事は充分考えられる。 ではトランプ次期大統領だが、日

米軍事同盟について言及しているのは防衛費である。 これは米国経済から、ものを見ているのは明白だ。要す

るにトランプ氏は「フェアに行こうぜ!」と言っているのに過ぎない。 だから防衛も御互い様。「米国が危険な時は

助けろよ」としているだけのだ。確かに「おんぶにだっこ」の軍事同盟はあり得ない。そこで憲法問題ともなるのだ

が、例の安保法制にしても、日米軍事同盟にある「集団的自衛権」 を明確である事を確認したに過ぎないのだ。


此処で気になるのはロシアの反応だが、プーチン大統領は、トランプ氏の勝利を祝う声明文では「米露関係を危

機的状況から脱却させる為の相互協力や、 未解決の国際的な課題への取り組みに期待を表明する」 と述べて

いる。意外と馬が合いそうだが、どうなるだろう?もしや安倍首相のロシアへの擦り寄りは、この為の事を予想し

てならば、とてもセンスがあるのだが如何なものだろう? 尚韓国の朴大統領もトランプ氏に祝電を寄せ「韓国政

府はトランプ候補の当選を機に、 米次期政権とも韓米同盟関係の強化・発展を通じ朝鮮半島および北東アジア

地域はもちろん、世界の平和・繁栄に向け引き続き緊密に協力していく」としているのだが、そんな余裕はないだ

ろう。寧ろ「助けてくれ」てなものか?その朴大統領と言えば、一連の事件で逮捕された崔順実氏が裏切りとも取

れる供述をしていると言うのだから「朝鮮人は信じられない」を地で行くのだから凄まじい。 彼方も此方も色々と

動きがありそうだ。半島情勢は、既に末期状態にある。だから何が起きても不思議ではない。もう駄目だ。


そんな最中に衆院では、TPPが可決されたが、取り敢えず決めたので、これを日本政府は、対米政策に於ける

カードにすれば良い。「決まったよ」と。これに関しては、また民進党が苦言を呈しているが、そもそもこれは、旧

民主党政権の菅内閣末期に突然、参加表明をして、野田内閣で交渉参加を決めなければ、今の騒ぎすらない。

勝手なものだ。結局、この政党には何もない。強行採決なんて造語も言い訳の為に作られた言葉だろう。



トランプタワーに数千人 全米で抗議 一部暴徒化、ガラス割り国旗燃やす
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/11/10/kiji/K20161110013697090.html
【米大統領選】菅直人元首相、トランプ勝利に「危機感を覚える」
http://www.hochi.co.jp/topics/20161109-OHT1T50158.html
【米国】親韓派議員が続々と落選 米議会選挙
http://www.rfa.org/korean/in_focus/nk_nuclear_talks/election-11092016153012.html
ヒラリーと中国の「黒い関係」に日本は警戒が必要だ:http://diamond.jp/articles/-/97964
ヒラリー氏、習近平氏を「洗練されている」と褒める=ウィキリークス
http://www.epochtimes.jp/2016/10/26261.html
ロシアのプーチン大統領がトランプ氏の勝利を祝福…米露関係の改善に期待!
http://www.afpbb.com/articles/-/3107384?cx_part=topstory
【米大統領選】パク大統領がトランプ氏に祝電 「協力強化に期待」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00000067-yonh-kr
トランプ大統領誕生に木村太郎氏、得意満面「ぼくは最初から人気あるって報道していた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00000093-sph-ent
【韓国】朴大統領を裏切った?友人・崔容疑者の供述態度が急変「朴大統領が先に頼んできた」
http://www.recordchina.co.jp/a154493.html
日ロ平和条約締結交渉、「15日に東京開催」で調整:http://www.asahi.com/articles/ASJC934JRJC9UTFK005.html
TPP承認議案 衆院本会議で可決:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161110/k10010763861000.html



クリックすると元のサイズで表示します



すると早速だが、日本、ロシアの両政府は、北方領土問題を議論する平和条約締結交渉を15日に東京で行う方

向で調整に入った。 「なんとまあ、このタイミングで」と思うが、それには原田親仁日露関係担当大使とロシアの

モルグロフ外務次官が出席する。 それに関しては、今年の8月以来の開催だが、12月に山口県で開く、日露首

脳会談に向けた事前調整の一環と見ても良いのだろうか? これからの米露関係も気掛かりだ。此処で余談だ

が、今回の米国大統領選挙は、嘗ての1980年のそれと状況が似ているとの指摘もある。 即ち「強いアメリカ」を

提唱し、保守政権の復活させて弱体化していた外交からの離脱を目指す姿勢が似ているからだ。そこで何となく

ロナルド・レーガン氏を彷彿とさせる点から経済政策に於いても期待が出来るからだろう。 レーガノミックスみた

いな事はないとは思うが、日米関係に関しては、 フェアな関係を求めている人物だけに日本政府に対しては「主

権国家」としての手腕が試される事だろう。ようやくそんな時代になった。韓国が淘汰されたのは時代の流れだ。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ