人は笑う為に  コラム



人気ブログランキングへ 

ダウンタウンの松本人志さんがこんな事を言っていた。「人は笑う為に生きるんやで」と。流石、お笑いの世界に生きる人ならではの名言だ。然もこの人、些か芸術肌の芸人なので感覚も独特だ。その映画にも賛否があるが、松本氏ならではのパラレルワールドも捻りがあり、なかなか感心する表現もある。だが「大日本人」後の作品は寧ろ普通になっている。そこが物足りない。確かに愚作だらけかも知れない。ブックオフでは、中古DVDの500円コーナーに寄せられやすい作品で、事実そのコーナーでは幾度も見たが、やはり気になる作品。最初の「大日本人」では、古いニュース映画の再現が見事であり、その拘りはこの人ならではだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

例として挙げた場面がそれだが、とても手の込んだ作りだ。そこで「これが松本人志作品ならではの魅力か?」と思い、感心するが、そんなblogの話の枕の最中、北朝鮮は日本海に向けてミサイル発射だ。しかしながら相変わらず特亜の傀儡に成り下がった各社媒体では『飛翔体』扱いだ。共同通信の記事を参考にしたが、この新聞社はいつもそうだ。北朝鮮も時々漏れる情報では「新型コロナウィルス」による『武漢肺炎』の発症で死亡した人数も相当な状態らしい。然も他国の医療機関に頼れない為に打開策に詰まり、手一杯のようだ。そこで北朝鮮流の「SOS」を発信したのだろう。だがそれがミサイルでは逆に反感を買うだけだ。そうかと思えば米国のトランプ大統領が改めて「新型コロナウィルス」に対する中国政府を批判だ。NHK News Webによると「19日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大について「もっと早く知っていれば、中国の発生地の1か所で感染を封じ込めることが可能だったかもしれない」と述べ」たのだが、こんな当たり前の事が言えるのはドナルド・トランプ氏だけだろう。その点は正義感のある人物だと思う。なのでズケズケと「中国が事態を公表しなかったことで、世界は今、大きな代償を払っている」と言ってのけ、「新型コロナウイルスを「中国のウイルス」と呼んでいることに対して差別につながりかねないと問題視しているアメリカのメディアを「中国の味方をしている」と批判」を堂々と言って退ける。元々親分肌なのだろう。日本にもそんな政治家は必要だ。どんどん政治家もスケールが小さくせせこましくなってきている。嘗ては『政界の暴れん坊』なんて異名を取る人物も居たが、そんな大人物も過去の話である。

北朝鮮が飛翔体発射と聯合ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200321-00000032-kyodonews-int
「焼くには数が多すぎる」北朝鮮軍、新型コロナで180人死亡の衝撃
https://www.newsweekjapan.jp/amp/stories/world/2020/03/180-3.php?page=1
トランプ大統領 改めて中国批判「公表遅れ感染が世界規模に」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200320/amp/k10012341361000.html
新型コロナがパンデミック。WHOは今こそエりをただせ!
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020031700011.html
2度も聖火消えるも…サンドウィッチマンが神対応
https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/amp/202003200000763.html

クリックすると元のサイズで表示します

さて東京五輪だが、聖火を日本に届けた途端に予備の火まで消えたりと先行きが不安になるが、例の(20日)宮城県でのアクシデントは、あんな風が強い場所でやるのがそもそもの間違いだ。朝のテレビ報道でも見たが、(調べてみたら)石巻南浜津波復興祈念公園での式典会場では風避け等の対策がない時点で如何にも御役所仕事だ。あれを見て「あらあら?」と思った。その東京五輪は、最初からつまずいた。新国立競技場は設計段階から、今は亡き建築デザイナーにしてやられた。舛添都政の時には明らかに韓国関連の業者が入り、ボランティア職員の制服が韓服状態と化した。それから小池都政で改善をされたものの、こちらにも横槍が入った。だから猪瀬都政に決定された「コンパクト五輪」は幻に終わった。その全てが利権で台無しになったのだ。責任者の居ない実行委員会も酷いものだが、「これから開催!」てな時に新型コロナウィルスだ。不運だ。麻生副総理が「呪われた東京五輪」と言うのも理解が出来る。全くその通りだ。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ