行き詰まりそうなポイント  コラム



社会・政治blogランキング

サイボウズ代表取締役社長の青野慶久氏は言った。「普通は「どうやったら成功するか」 と考えるものだと思いますが、 逆に 「失敗するとしたら、どんな原因があるか」 と考える事で行き詰まりそうなポイントが クリアに見えてくるのです」と。逆説的な物の考え方だが、確かにその方が欠陥を先に見つける事が出来るだろう。てな事で昨日からカセットデッキ「TEAC C-3X」のベルト交換をするべく、分解をしているのだが、まだそこまで到達していない。なかなかそのベルトの部分までの分解が進んでいないからだ。それで作業をしながら「ふむふむ。」と構造に関心しているのだが、此処に1980年当時の技術を見る事が出来る。これぞ日本製品である。

クリックすると元のサイズで表示します

嘗ての日本製品は高級品だった。精密機械は特にそうで、工業製品の優秀な事に掛けては業務用も民生用の区別なく、海外製品とはレベルが違った。そこで唯一、日本製品と互角だったのは、ドイツやスイスの製品だった。例として、これはあの映画会社の東映の教育映像営業部で販売していた8ミリ映写機では珍しい業務用だ。その教育映画社だが、主に学校で上映する(「交通安全」や「授業用(歴史、社会)」等々の)教育映画のフィルムと共に映写機も扱っていたのだ。ちなみにこれは同社の「TOEI  SUPER 8 SOUND」なる映写機の内部。製造は三協精機だったが、8ミリ映写機でも、このクオリティーだ。そんな手抜きのない処が素晴らしいと思う。

それと今日は父が病院から退院する日で、もう帰って来たが、これからの生活はリハビリとセットなので、とにかく回復するまでが大変だ。しかし気力があり、然も強いので根性で乗り越えそうな感じだ。傍で心配する程でもなさそうだが、全ては今始まったばかりである。当人は意地だけはあるようだが、その意地が気力でもある。話は変わるが、政府梃子押しだった筈のマイナンバーカードの普及率は未だに14%もあるかないかの程度。だが役所の仕事を見ていれば「そりゃあ仕方ない」としか言いようがない。そこで「不思議だな?」と思った事だが、身体に障害があったり、足腰も立たない年寄りが申請をする時は代理人が申し込みが出来るのだが、何故か貰いに行く時は「本人を連れて来い!」と言う。じゃあ「何で申し込みは代理人に頼めるの?」と言う疑問が湧く。

普及率は14%。マイナンバーによるお得なポイント還元方法ってなに?
https://financial-field.com/living/2020/02/18/entry-70536
マイナンバー口座にひも付け 自民党が今国会にも議員立法提出へ
https://www.sankeibiz.jp/smp/macro/news/200518/mca2005180618006-s1.htm
新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0514kaiken.html

クリックすると元のサイズで表示します

この点を例にしてもおかしな制度なのだ。そんな身体の不自由な人は何とか証明写真を撮り、申し込みが出来ても、代理人に頼めないのだ。(小生の父がそうだ。)そこで役所の窓口で「車に乗るのも大変な人間だから代理人として申し込みに来たのに受け取りは駄目なんですか?」と。すると『これは決まりですから』なんて言われる。そんな感じなので「『折角、マイナンバーカードを作ったのに受け取れない』なんて人が相当数存在するのではないか?(それじゃあ普及は無理だ。)そんな事が頭に浮かんだのは、「新型コロナウイルス」のせいで、政府に於ける『緊急事態宣言』で「生活(事業)に支障が出るので」と給付金を申し込んだ人達だ。これも役所仕事の原則ではないが、全ての申し込みは証明が必要で、その書類も各部署の分、「全てを揃えないと駄目」てな決まり事のせいだろう。しかし大災害時の場合は緊急な対応が迫られる関係上、その辺の段取りを省略し、早急に配布(給付)なりをする為の特例法を出さなければならない。そうしないと役所特有の書類だらけの申し込みをしなければならず、効率が悪い。その特例法が元々あるのならば、即座に政府が、それに従い、実行すれば良いだけだ。そこで今回の「新型コロナウイルス」に対する特例法だが、「そんなものがあるのかな?」と。実はそれ自体が「緊急経済対策」なのだ。つまり給付の手続きを簡略化する事には余り関係がないようなのだ。だが、ない訳ではない。あるのにないような対応をしているのだ。だから休業を余儀なくされた事業主への給付が遅れる。そこで「何処で詰まっているのだろう?」と思うが、それは「官僚、閣僚、役人の頭の中だろう」と思ってしまう。取り敢えずこんな処か?ちょっと世話しなく、家の中もバタバタしているので今日は此処までにしよう。 

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ