心配しない方が利口  独り言



人気ブログランキングへ 

「心配しても始まらない事は心配しない方が利口だ」。これは小説家の武者小路実篤(1885年(明治18年)5月12日 - 1976年(昭和51年)4月9日)の名言だが、詩人でもあり、劇作家で画家でもあった。尚、戦前は貴族院勅選議員を務めた事もある。その名言、何処で話したものかは不明だが、とても簡潔なもので、成る程、そんな考え方なら下手に悩まないで済む。と言うのも、物事なんてものは許容範囲を越えるとどうしようもなくなるからだ。下手な考え休むに似たりである。さて今日は休みである。だがバタバタしている。退院した父の初の通院日だ。だからその辺が落ち着いてからが自由時間だ。出来る事も限られる。夜は久々に旧知の友人に会う予定もある。そんな1日だ。今日も大した話題はない。(そう言いながら興が乗ると長くもなるが?)そこで「巷では?」だが、新型コロナウィルスの感染拡大防止の為にしていた「緊急事態宣言」が解かれてからは、その活動範囲も変わるだろうが、下手に調子に乗らなければ範囲も拡がるだろう。それまでの辛抱だ。

こんな御時世に米国では暴動だ。アパルトヘイト問題は、それ程に根が深いのだ。暴動のきっかけは、白人警官が一般の黒人を抑えつけたが度が過ぎ、窒息死した事件だ。(どうせ冤罪だろう。)米国自体が『元祖』ヘイトみたいな思考なのでどうしようもないが、結局そんな国家なので、至る処にヘイトが蔓延しており、格差の原因にもなっている。当然、その影響は教育にも表れる。だから民度にも格差が表れる。言うなれば、欧米の歴史はヘイトの歴史でもあるのだ。大体、処刑方法がバラエティーに富んでいるのもヘイトありきである。振り返れば「極東軍事裁判」とて、根底にあるのはヘイトだ。国際的な日本の扱いは、所詮「イエローモンキー」である。だが欧米でヘイトの対象にある東洋人の間でもヘイトがある。それがややこしい。

クリックすると元のサイズで表示します

その流れでアレだが、朝日新聞の記事に「新型コロナウイルスに関する報道を巡り、テレビの情報番組で訂正や謝罪に追われる事態が相次いでいる。なぜミスは続いたのか」と問うものがあった。とても白々しい。然も検証として「元テレビ朝日のプロデューサーで上智大文学部非常勤講師の鎮目博道さんは、「テレビ業界が慢性的な人材不足であることに加え、感染拡大防止のために制作班を分けて作業人数を減らしているという事情もあるのでは」と指摘する。また、ドラマやバラエティー番組よりも制作費を安く抑えられ、視聴率も期待できる生放送の情報番組の放送時間が各局で長くなったことも現場の負担増の要因となり、「確認不足などミスが起きやすい状況が生まれている」とみる」と。よくこんな記事が書けるものだと呆れる。この記事は弁解だが、文中ではテレビ報道を例にしているが、全てが意図的。それは現場を混乱させる目的があり、成果を認めたくはない意思がある。背景にあるのは中国や韓国のウィルスへの対処方だ。しかしそれを見習うと医療崩壊を招いてしまう。だから専門家からもクレームが入った。キャパシティーの問題だと指摘されても頑として納得しないテレビ局の解説員や専門外の医者からコメントを聞くいい加減さも酷かった。これはわざととしか思えない。だからこんな他人事の記事をわざわざ上げる朝日新聞の感覚が理解出来ないのだ。参考にURLを掲載するがくだらない記事だ。

全米各地で警官隊と衝突 黒人拘束死のデモ、75都市に拡大
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060100084&g=int
コロナ禍で問われるマスコミの存在意義 「世論は自分たちが誘導」と思っているなら勘違いも甚だしい
http://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/200529/dom2005290004-s1.html
コロナ報道で訂正続発 増える現場負担、厳しくなる視線
https://www.asahi.com/articles/ASN5X5RSGN5VUCVL025.html

クリックすると元のサイズで表示します

これも関連記事だ。論者は弁護士のケント・ギルバート氏が連載している「ニッポンの新常識」からだ。此処でもウィルス関連報道でのマスコミの存在意義を説いている。それは先に上げた朝日新聞の例からも手遅れである。そこでケント氏は指摘する。「マスコミが、新型コロナウイルスの不安をあおり続けるのは、歴史上、戦争や災害、疫病といったセンセーショナルな話題が、視聴率や購読者数をアップさせてきたからだろう」と。その上で「過剰に報道することで、マスコミは本来の機能や信頼を失い、誰にも見向きされなくなってしまう」と忠告する。そこで小生も散々批判したが、ケント氏曰く「「世論は自分たちが誘導するものだ」と思っているとしたら、勘違いも甚だしい。ワイドショーでは、専門家でもないコメンテーターに感情論を語らせて、政府・与党批判を繰り返していた。偏った左派メディアの報道姿勢にはうんざりする。日本で目にすることはほとんどないが、異なった意見を国民の前に提示する、本物の報道をしてほしい」と。当たり前だ。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ