夢の近く  コラム



社会・政治blogランキング

「大きな夢を持つ事で、仮にそれが叶わなかったとしても、その夢の近くにいる事が出来たり、付随する小さな夢は叶っていたりするものだと僕は感じています」。これは俳優でミュージシャンの福山雅治氏の御言葉。これもそうだが「思い続ける事」が大切だ。でなければチャンスを見逃すだろう。環境造りも然りだ。すると、いつの間にか、その位置に近い場所に居たりするものだ。さて昨日は休みだったが、やる事ばかりで、スピーカーコードの末端処理やら旧友と交換したミニコンアンプのメンテナンスや、この前に修理をしたカセットデッキ(TEAC C3RX)に接触不良の症状が出たので接点の清掃をした位だ。そんな事をしてたら(意外と時間が掛かり、午前中はそれだけで終わり)、此方のblogの更新も夕方になったが、その間にカセットテープのテスト録音やらをしてたが、全くの問題もなく、今更ながら、そのカセットデッキの底力を実感する事になった。だが現在はオーディオ全盛期に発売されていたような高性能テープはなく、そこが残念だ。中国依存の経団連の改革をするような人物が現れる事を期待したいものだ。その辺の経済政策も経団連に牛耳られている。だからそこをどうにかしないと、日本人の雇用の現状に関しても(本当の意味での)国民総生産の向上は望めまい。いい加減、「安かろう、悪かろう」を止めにしないか?戦後の日本経済の高度成長期を支えたのは、戦後復興の為に働いた日本国民の労働力と民度なのだ。高度の工業技術も然りだ。何故、経団連は日本人を見捨てるのか?

クリックすると元のサイズで表示します

そこで思ったのはニートの存在。「果たしてどれだけ居るのか?」だ。調べてみると、あるサイトでは「2019年のニート総数は74万人で前年比3万人の増加。15〜29歳では最初のピーク時の2002年の値47万人と比べて9万人減少しているが、30〜39歳は同年比較で4万人の増加。若年層の人口そのものが減少していることを考慮すると、若年層に当てはまる15〜29歳の若年無業者数が減少傾向にあるのは当然の話といえる」と。普通に考えると「こんなに遊んでいる日本人が居る」。何せ74万人だ。そこで「何故、ニートが増えたのか?」だが、その原因は、ある面では単純であり、ある面では多角的な観点から見ると「なる程?」となるだろう。このblogで時折指摘をしているのは労基法の矛盾だ。それに「教育」の歪みが輪を掛けている。そこを提議出来る政治家が居れば良いのだが?理由が解りながらも利権に翻弄しているのが現状なのかも知れない。

2019年時点で74万人…「ニート」数の推移と現状をさぐる(2020年公開版)
https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20200308-00165811/
移民を必要とする日本、しかし移民は日本を必要としているのか
https://www.cnn.co.jp/amp/article/35130815.html
外国人労働者の受入れに関する質問主意書
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a196479.htm
自民・石破氏との連携「理想的」=国民・大塚氏
https://news.infoseek.co.jp/article/200622jijiX545/
鳩山元首相の長男、政界へ
https://this.kiji.is/648849403032765537

クリックすると元のサイズで表示します

そんな最中に鳩山由紀夫元総理の長男である紀一郎氏(43)が国政に参加を表明した。時事通信の記事によると「25日、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開した動画で、政治活動を始める考えを明らかにした。「政策本位の新しい政党をゼロからつくらなければならない。政策が統一されたメンバーで選挙に臨み、ゆくゆくは政権を獲得する」と意欲を示した」との事。しかし「政策本位」とは素晴らしい。親父が反面教師となったかは知らんが、マトモな野党が欲しい。国を売らず、国体を守る政党だ。しかし日本の政治家の政党なのだから、それも当たり前の筈だ。此処で自民党の石破茂議員の話題だが、どうした事か、民主党系政党からの評判が良い。そこで時事通信の記事によると「国民民主党の大塚耕平参院議員会長は22日のBS―TBS番組で、政権交代を実現するため、立憲民主党や日本維新の会など野党内の勢力結集だけでなく、安倍政権と距離を置く自民党の石破茂元幹事長らと組むことが「理想的な形だ」との認識を示した。立憲の福山哲郎幹事長も同番組で、石破氏について「考え方は非常に近い」と語った」と。こりゃ石破氏は民主党系政党にトレードした方が良いのではないか?得に立憲民主党の福山哲郎幹事長にまで気に入られては行くしかないだろう。逆に言えば、民主党系政党は政権交代を諦めたとも言える。だがこの御輿も新鮮味がない。外から担いでも(自民党)総裁にはなれまい。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ