拘るのは愚か  独り言



人気ブログランキングへ 

「大きな目標があるのに、小さな事に拘るのは愚かです」。これは米国の教育家で、社会福祉活動家、著作家でもあるヘレン・ケラー(Helen Adams Keller、1880年6月27日 - 1968年6月1日)女史の名言。即ち「どんどん進め」だ。唐突だが退院して家に居た父が、自宅でのリハビリが上手く行かず、主治医の居る病院に相談して2拍3日の入院になった。明日の昼には帰宅するが、まだ波があるようだ。足掛け半年の入院をしていたので体が戻るのには少し時間が必要なようだ。幸い大事には至らないので心配もないのだが、まづは体力をつける事だ。さて来月は職場で人が(新型コロナウイルスによる「緊急事態宣言」の反動(自粛期間が終わっても、生活リズムが元に戻らない為)により)余るので、また休みが増える。そこで「何から手を付けようか?」と考えてる処だ。

クリックすると元のサイズで表示します

それは主に機材のメンテナンスや修理だが、分解清掃も兼ねてなので、要する期間は1ヶ月位。そこで8ミリ映写機(ELMO製、1978)か、TEACのカセットデッキ「A-450」(1972)のどちらかに手を付けるつもり。(映写ランプのストックも幾つか備える予定だ。)今回、カセットデッキ(TEAC C3RX)の修理を兼ねたメンテナンスと清掃をして感心したのは、長い歳月を経た物は「日々のメンテが必要だな?」と今更ながらに思った事だ。カセットデッキのキャリブレーション調整をキッチリやったら、ノーマルテープでも(聴覚上だが)音域が拡がったのには驚いた。そこで40年程前に録音したテープも掛けたのだが、明らかに高域が伸びている。(つまりそれだけ狂っていた。)特にドルビー等のノイズリダクションを掛けたものは効果が絶大だった。そうなると欲も出るものだ。生テープがまとめて必要になった。取り敢えずは50本程、ストックする予定だが、今まで使えなかった分、有意義な使用をしたいものだ。当面はこれからYouTubeに挙げる音源の録音に使う予定だ。(主に蓄音機で再生した78回転盤の音録りだ。それを元にYouTuber活動をする手筈。)そろそろ予定を立てよう。明日は休みだが、父が退院し、帰宅するのでバタバタする。空いた時間に、この前に調整したトーキー映写機(東映で販売していた三協精機製)のフィルムガイドの調整とオプチカルヘッドの感度調整でもしていよう。動作が些か不安定だ。

クリックすると元のサイズで表示します

話の枕が長くなったが、こんな時は大したネタはない。ネットを見渡すと、防衛省大臣の河野太郎氏が媒体に対し、自らのTwitterで「フェイクニュース」呼ばわりをした事を問題視したフリージャーナリストの記事があったのだが、普段から左寄りのイデオロギーを翳して記事を書く連中は、感覚が麻痺しているのでジャーナリズムの本質なんぞは解るまい。奴等の手に掛かれば、前科五犯の凶悪な黒人でさえも聖人に仕立て上げる。なので米国で暴動化している黒人差別撤廃デモも、それなりの首謀者が居ると思っても間違いではなかろう。日本の媒体が、あの黒人デモについて、その元となった人物の身元を明かさないのも政治プロパガンダが原因だ。(黒幕は中国共産党だろうか?)尚、「日本軍慰安婦問題」をでっち上げた朝日新聞の社説では「表現活動への規制は極力小さくするのが、民主主義社会にとって望ましい。過剰な介入を防ぐには、実態を踏まえて議論を深めることが不可欠で、まさにその「土台」となるデータや情報を明らかにするのがPFの務めだ。偽ニュース対策でも同様のことがいえよう」といけしゃあしゃあと論じた。相変わらず厚顔無恥な新聞社だ。

政治家の危険な「フェイクニュース」発言 イージス停止もコンビニの外国人労働提言も偽物?
https://news.yahoo.co.jp/byline/furutadaisuke/20200629-00185656/
新聞記者が強要の疑い 警察が告発状を受理 屋久島町[06/26 19:00]
https://www.mbc.co.jp/news/mbc_news.php?ibocd=2020062600042896
(社説)ネット上の中傷 事業者の社会的責任は
https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S14529245.html
亡くなった黒人フロイド氏 とんでもない前科山盛り。妊婦の腹に拳銃突きつけて強盗したけどなにか?
https://ameblo.jp/gekifutoriyagineko/entry-12602065348.html
「パパは世界を変えた!」亡くなったジョージ・フロイドさんの娘が叫ぶ姿に心が震える
https://finders.me/articles.php?id=2019&p=2
石平氏「アメリカの抗議者、どういうわけか中国共産党党旗…暴動の背後に中共の暗影があるのではないかとの疑惑が深まっている」〜ネットの反応「見えない米中戦争がすでに始まっている」
https://anonymous-post.mobi/archives/170

クリックすると元のサイズで表示します

しかしまあ、鶴田浩二の「傷だらけの人生」でもないが、「右を向いても 左を見ても、馬鹿と阿呆(あほう)の絡み合い」だ。(寧ろ左だが)「右も左も真っ暗闇じゃござんせんか」ではないか?そこであってはならない事案だ。これは刑事事件として扱ってほしい。MBCニュースによると「屋久島町の出張旅費をめぐり新聞記者2人らが取材対象の男性に自らの主張内容を認めるコメントをするよう強要した疑いがある問題で、住民が警察に提出していた告発状が26日、受理されました」との事。つまり記事までヤラセで、然も恐喝の上だ。この記者は取材の際、音声を録っている可能性がある。でなければ脅してまでコメントをさせまい。もしや傘下のテレビ朝日の報道バラエティー番組にでも、それを使おうとしたのかも知れない。記事に戻ると「告発状を提出したのは屋久島町の住民6人です。告発状などによりますと、南日本新聞と朝日新聞の記者2人は4月、屋久島町の出張旅費を巡る取材のため、当時、町内の旅行代理店の所長を務めていた男性を男性の上司とともに呼び出し、大声で怒鳴りつけるなどして、記者らの主張を認めるコメントをするよう強要した疑いがあるとしています」と。これは悪質だ。尚「男性のその際のコメントは南日本新聞と朝日新聞に掲載されましたが、男性はMBCの取材に対し、「そういうふうに言わされた」として、記事の内容は事実とは異なると説明」。これこそペンの暴力だ。こいつら歴史捏造やら嘘情報ばかりで滅茶苦茶だ。その昔ならば、そのまま泣き寝入りした事案もたくさんありそうだ。

0
タグ: 朝日新聞



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ