無限の可能性  コラム



社会・政治blogランキング

「本気で願い努力すれば、星にだって手が届く可能性がある。つまり、人には無限の可能性がある」。これは嘗てH&Mジャパンの社長を務めた事があるクリスティン・エドマン女史の名言。著者もあり、企業家には、とても参考になるようだ。こちらも「目標があるのならば諦めずに行動あるべき」てなものだ。成果とは得てしてそんなものなのだ。昨夜、帰宅後に一杯やりながら食事を済ませ、パソコンに向かったら、知らずうちに寝落ちしてしまった。妙な姿勢だったのか首が痛いが、その割には頭がスッキリしている。余程の疲れがあったようだ、今日は早番なので帰宅も早いが、明日休んだら3日働いて、次は連休で3日間の休みだ。それは新型コロナウイルスが元の「緊急事態宣言」が終わっても、急には生活リズムが元には戻らない事から意外と忙しくないからだ。だからそれ幸いと有休を利用したのだが、小生、趣味が多いので好都合だ。明日は午前中にジョイフルAKに行って(これからの作業で)利用が出来る金物を探す予定だ。それからこの前に調整した8ミリ映写機のオプチカルヘッドの再調整とジーと鳴るハム音の原因を突き止めようと思う。カセットデッキはあれから使用するカセットテープのキャリブレーションの調整を欠かさずにしながら使っている事もあり、現行品でも良い音だ。まだ試聴用のデモテープばかりだが、知人に聴かせると「これがカセットテープの音?」と批判も良い。頻繁には人には会えないものの、たまに来た人には良いネタになる。これも修理が終わった「TEAC C3RX」が高性能だからだ。まだまだ小生のオーディオはアナログを中心に間にデジタルが絡む状態だ。現在に於いては時代遅れだが、小生には合っている。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで「さて巷では?」だが、英国ではメーガン妃があまりにも自分勝手で呆れる。日テレニュース(NNN)がBBCのニュースを引用した記事によると「メーガン妃は、メディアの厳しい批判や私生活に関する報道を受けた当時の状況について、「王室は私を守ってくれなかったし、反論することも許されなかった」などと王室への不満を明かしています」と。しかしながらメーガン妃は既に英国王室を事実上離脱した身だ。民間人を王室が擁護する必要はあるまい。そこで「な〜んかズレてる?」と思うのだが如何なものだろう。都合の良い時だけ王室を頼るとは情けない。それと共同通信の短い記事だが、正直「だからどうした?」だ。そこには「自民党の石破茂元幹事長は1日、テレビ朝日番組に出演し、次の首相の座を狙うライバルである岸田文雄政調会長を評価した。人柄を問われ「話をしていて嫌な思いをしたことが一度もない。常に冷静沈着だ」と語った。両氏は石原伸晃元経済再生担当相らと互いの誕生日を祝う間柄で、6月23日にも東京都内で会食している」と。「だからどうした?」だ。確かに岸田氏、人に対しては(外面が良さそうなので)気分を損ねるような真似はしないだろう。だがそれが総理になった時は裏目になる。現に外相を務めていた時にやらかしているので尚更だが、朝鮮人徴用工問題が悪化したのは殆ど岸田氏のせいである。さてその岸田氏を誉める石破氏も特亜には甘く、こんなのに総理にでもなられた日には日本は中国に占領される。

メーガン妃「王室は守ってくれなかった」
https://news.yahoo.co.jp/articles/e5feed154e18df77b130536c025fcebadddece23
香港国安法、外国での言動も適用 入境管理厳格化へ
https://www.sankei.com/smp/world/news/200702/wor2007020019-s1.html
【衝撃】中国政府、香港国安法で世界中を摘発対象に!
https://hosyusokuhou.jp/archives/48881969.html
香港を殺す国家安全法、明らかになった非道な全文 完全にないがしろにされた一国二制度
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/61142
香港に設置の治安機関 香港政府の管理受けず独立して取締り
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200701/k10012491521000.html
石破元幹事長、岸田氏を評価 次期首相のライバル「冷静沈着」
https://news.yahoo.co.jp/articles/6d0baa67301bf720d96b5a3b36bf8eb2a9fe674b

クリックすると元のサイズで表示します

その例として挙げられるのが「香港」の現状だ。しかしこの状況の根源は英国にある。清国相手にやらかしたアヘン戦争に遡る。長くなるので話をはしょるが、英国がそれで得た「香港」は清国から奪ったもの。しかし清は「辛亥革命」で倒れ、中華民国が"清国の権限"も継いだ。なので香港が返還された際には中華民国たる"台湾"に返還されるべきだが、国民党を台湾に追いやった共産党が権力を得た事から「共産党こそが中国」と言う扱いになった為に英国は「共産党の方の中国」に香港を返還してしまった。それが間違いの元だ。「台湾に「中華民国」が存在するのに?」と不思議だが、そこが政治事情故か?英国政府が「中国共産党政府」に上手い位に丸め込まれた感がしてならんが、所詮は後の祭りだ。そこで現在、問題視されているのが共産党政府の一方的な香港に対する治安維持の方法だ。これは早い話が香港人民を統制し、個人の思想をも弾圧するものだが、それに関し、何かと安倍政権を「ナチス」呼ばわりする左翼はだんまりである。だが現在、香港で行われている事が本物の独裁国家の政治であり、この時代にまだこんな事が行われている事実を世界に知らしめるべきだろう。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ