分かれ道  独り言



人気ブログランキングへ 

作家の重松清氏は言った。「人生はたくさんの分かれ道があり、Aを選んだら100%正解で、Bならば間違いと言う事は絶対にない」と。要は結果次第だが、そこから切り開くのも、その人次第だ。さて九州の水害は酷いものだが、そんな自然災害がある度に浮かぶのが民主党政権時代の事業仕分けである。何せ公共事業であるインフラ整備を特に仕分けした為に道路はガタガタ、水道管は破裂し、トンネルの天板が落下する事故があった。ダムの着工も止めた。堤防も然りで、止めた理屈は「いつ起きるか解らないものにお金は掛けれない」てなもの。既に埋蔵金は無かった事実が国民にもバレ始めていた。しかし数々の事業仕分けで浮いた筈の資金の行方も不明だったが、何故か特亜諸国が潤った。矢鱈とその時代には特亜への支援ばかりしていた。そんな感じだったので、民主党政権が日本国民よりも共産圏の「人民」を大切にしていたのが国民に知れるのも早かった。そんな時に東日本大震災だ。国内を蔑ろにしていたので初動対応から混乱した。支援物資の配給は政府判断で出来たのだが、要領を得ていなかったのか、対応しなかった。代わりに民間で支援した。自衛隊の災害要請も二の次だった。建設中のダム工事まで止めた為に貯水が出来ない事から水害が発生する。その公共事業に関してだが、自民党政権が復帰し、第二次安倍内閣が発足すると次々と再開。しかし三年半続いた民主党政権前の時間は戻らない。ギリギリ工事が間に合ったダムや堤防もあるにはあったが、インフラ整備すら儘ならなかったのが元で更に足を引っ張った。水害がある度に民主党政権時の「事業仕分け」を思い出してしまう。「悪夢の民主党政権」とは佳く言ったものだ。それだけ国民にとっては「トラウマ」なのだろう。もう御免だ。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は仕事が終わってから旧知の友に会い、食事もしたのだが、その時に食べた皿うどん(あんかけ焼きそば)が美味しかった。揚げ麺で頼んだので凄いボリュームだったが見た目よりは量がちょうど良かった。餃子も頼んだが、それは御飯代わりだ。そんなネタ振りの場合は大したネタもないが、声優で歌手の水樹奈々さんが結婚した。その記事で初めて歳が判ったのだが、当年40歳とは恐れ入った。(その割には若い?)それとタレントの木下優樹菜さんだが、急に芸能活動を復帰させたかと思えば、その5日後に(所属事務所の方から)引退を発表。互いの信頼関係が取れない事を理由にしていたので、余程手に負えない案件なのだろう。優樹菜さんの実姉が原因の騒動も"常軌を脱したもの"だったので尚更だが、訴訟案件にまで拗れているので、場合によっては刑事事件になるやも知れん。それ程に悪質なものだった。そんな事案に+αされた案件も在るらしい。何しろ優樹菜さんの心の拠であったInstagramまで削除する始末なので、相当な事だったのだろう。そのうち容疑者となり、テレビのワイドショーを騒がせる可能性もあるので色々とキツイ。

【仕分け】堤防仕分けの蓮舫議員に殺到する国民の批難の声【洪水】
https://togetter.com/li/871953
蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫
https://news.yahoo.co.jp/articles/aa1a7e16bbea429998caeaa394aa76c1f4cb51fb
なぜ人は共産主義に騙され続けるのか
https://www.google.com/amp/s/www.epochtimes.jp/2019/08/46112_amp.html
木下優樹菜 強行復帰から5日、突然の引退…縦読み不倫疑惑に事務所見切り「信頼関係崩れる疑義あった」
https://news.yahoo.co.jp/articles/e9c6875d14346652beecab0c3e536746b35cf69a
木下優樹菜と藤本敏史のディズニーでのマナーがヒドい!一般人への恫喝まとめ
https://oricoma.com/entertainer/10991/
水樹奈々 結婚を発表「奈々にちなんだこの7月に」 お相手は音楽関係の男性
https://news.yahoo.co.jp/articles/1a5024f6eaf50e07e2aba145096c07c28834a331

クリックすると元のサイズで表示します

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ