高く自らを導いて  独り言



社会・政治blogランキング

「高く自らを導いて行こうとするならば、敢えて障壁に立ち向かって行かなければならない」。この名言だが、京セラや第二電電(現・KDDI)創業者として知られる稲盛和夫(1932年(昭和7年)1月21日〜)氏のものだ。実業家としては既に歴史上の人物なので、鬼籍に入られたと思われ勝ちだが、長寿で当年88歳だ。尚、他の役職としては公益財団法人稲盛財団理事長であり、「盛和塾」塾長や日本航空名誉会長でもある。その名言は要するにスキルアップだ。流石にそこは当人次第だろう。だからその手の名言は、大体こんな感じだ。そこで御詫びだが、昨日取り上げたジョージ・ルイスの名言。「創造力によってほとんどどんな問題でも解決できる」は、実はジャズクラリネット奏者のジョージ・ルイスではなく、米国の編集者のジョージ・ルイス(1931〜)の名言だった。つまり同姓同名だ。しかしながらジョージ・ルイスはサッカー選手のジョージ・ルイスも居りややこしい。だが小生の知っているジョージ・ルイスはジャズクラリネット奏者のジョージ・ルイス。そのジョージ・ルイスの後にもジョージ・ルイスが居るなんて知るものか?尚、編集者のジョージ・ルイスの名言は「独創性による創造的な行動、習慣の撲滅は、あらゆるものに打ち勝つのだ」と続き、アートディレクターでもある1面も伺う事が出来る。話が長くなった。昨日は高齢の父がヘルニアの手術をしたのだが、長年気にしていたものだったので、気持ちもスッキリとしたようだ。本当は若いうちにしとけば良かった手術だが、体力が、それに勝っていたのでどうにかなったようだ。そこで「そんな事もあるのかな?」とも思ったが、そんなものなのだろう。まあ色々と事情もあるものだ。

此処で時事だが、菅義偉内閣は、大臣揃ってレスポンスが良いようだ。そこで早速、動きが早いのが行政改革担当大臣の河野太郎氏だ。17日のTwitterでは早速「行政改革目安箱(縦割り110番)を立ち上げました。無駄な規制、仕事を妨げている規制、役所の縦割りで困っていること等々、規制に関する情報をお送りください。霞ヶ関の住民からのインプットも歓迎します」と呼び掛けた。その反響は大きくパンクしたそうだが、翌日のTwitterでは「今までにいただいたご意見の整理を行いますので」としていたので実態は掴めたようだ。そこでやはり「政権交代」は夢のまた夢の立憲民主党の蓮舫参議がケチをつける。自らのTwitterで「行革は必要です。が、目指す社会像があってこその改革なのです」としながら「例えば少子化対策であれば保育所は厚労省、学校は文科省、塾は経産省、通学路の安全は国交省というような縦割りを整理するのが行革」と意見。その上で「行革だけ、大臣個人のツールで「やった感」は、危ういのです」と何もやらない議員が文句ばかりだ。(記事元:スポーツ報知)

クリックすると元のサイズで表示します

そんな河野氏を大阪府知事の橋下徹氏は評価する。スポーツ報知によると、17日放送のフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」では「内閣のキーマンとされる河野太郎行革相が就任会見でリレー式の大臣就任会見について、「大臣が各省に散ってやりゃすぐ終わる前例主義の最たるもの。こんなもの、さっさとやめたらいいと思います」と、さっそく批判したことを称賛」。「20人の大臣のうち、(深夜までの)会見がおかしいと言ったのは河野さんだけ。僕は大賛成」と橋下氏は評価。その上で「会見をやめるってことすら、口に出す人はいないし、記者の方がおかしいって言ってもいいのに、今までのやり方を踏襲してきた。改革ってものは知識だけではダメ。改革力ってのはおかしいってものに気づいて、それを口に出すことがものすごく重要です。口に出すって、ものすごく勇気がいる。一斉に文句言われますから」と。更に「今まで改革は全部、菅さんが口にしてやってきた。これからは河野さんに改革することを見つけ出して口にしてもらう。河野さんが『おかしい』と声をあげ、菅さんがそれに『やれ』って号令をかける。僕はそういうエンジンでやっていってもらいたい」と期待を寄せていたのだが、これとて改革。媒体に後から発表してもらうなりの方法はある筈だ。だがその場合は偏向報道の危険性があるのが悩みの種か?

橋下徹氏、さっそく大臣会見に異議の河野太郎行革相に期待「改革力ってのは、おかしいものに気づいて、それを口に出すことがものすごく重要」
https://news.yahoo.co.jp/articles/4198b1ffc839a361c0cb5a2652b47f3a31c09450
蓮舫氏、河野太郎行革相の「縦割り110番」に「大臣個人のツールで『やった感』は、危ういのです」
https://hochi.news/amp/articles/20200918-OHT1T50032.html
立民・安住国対委員長「政府の責任は大きい」 ジャパンライフ幹部ら逮捕
https://www.sankei.com/smp/politics/news/200918/plt2009180007-s1.html
立民・福山幹事長「桜見る会中止、明確な理由説明を」 (京都新聞)
https://news.yahoo.co.jp/articles/edc2636e451375732d67357f0f7bf652680b33e2
河野太郎Twitter:https://twitter.com/konotarogomame/status/1306480943616552961
https://twitter.com/konotarogomame/status/1306815489587310592

クリックすると元のサイズで表示します

尚、国会では、またもや吉野の席もないのに「また大向こうが掛けられるのか?」とウンザリする。たぶんコイツらまたやらかす。産経新聞の記事によると18日に立憲民主党の安住淳国対委員長が、国会内で記者に対し、ディストリビューター形式の商法で知られる「ジャパンライフ」の元会長らが詐欺容疑で逮捕された事を受け、その「安倍前総理主催の「桜を見る会」の招待状を宣伝に使っていたとされ、安住氏は「『桜を見る会』の招待状が2千億円の詐欺を生むきっかけになったことを考えれば、政府の責任は非常に大きい」と述べ」ていた。それ自体が言い掛かりだが、飽きずに同じ事を国会で追及となりそうだ。コイツもそうだ。京都新聞によると「菅義偉首相が「桜を見る会」を来年以降中止する意向を示したことについて、立憲民主党の福山哲郎幹事長(参院京都選挙区)は17日、「やめる理由をはっきり示していただきたい」と明確な説明を求めた」との事。つまりやってもやめても文句が言いたいだけだ。蓮舫参議もそうだが、これで立憲民主党の支持率が下がっているのに知らんぷりだ。結局、「政権交代なんて」する気は全くないのではないか?記事に戻ると「菅首相は前日の就任会見で「来年以降中止したい」と述べたが、福山氏は「なぜやめられるのかはっきり分からなかった」と指摘。功労者や外国の大使を招いて慰労する会の意義自体は否定されるものではないとの認識を示し、「安倍政権で異常な運営をされ、情報を公開しなかったから問題になった。総理枠の問題や隠している文書も出していただきたい」と語った」との事。この制度関連の記事だが、「何であんなに?」と思う位にアホらしい。コイツらの疑問にも、かなり早い段階で説明をしているのに納得する気は始めからなかった。メンタルがまるでソッチの人だが、そんな調子でコロナ関連の対策法案の邪魔を懲りずに「桜」でやらかすのは見え見えだ。そんなもんを追及しても、コイツらは自己満足の為に国会を荒らしてるだけで、国民の生活には全く役に立たない。左派系の媒体も既にマトモな国民から見切られているのに飽きずに特定野党の忖度報道だ。それらのブレーンは何処だ?

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ