101%の努力  社会・政治



社会・政治blogランキング

「人間は弱い動物だから、どこかで力を抜いてしまう。それに打ち勝つ事こそが、僕の語る101%の努力」。これはプロボクサー。ロンドンオリンピックミドル級金メダリストでもある村田諒太(1986年1月12日 - )氏の名言。しかしながらたまに力を抜かなければ逆に緊張が続かないだろう。結局否定してるが、話は別で「ここぞと言う時」はやはりそれなりの緊張は必要だ。思わず「どっちじゃ?」だが、今日の朝のテレビ報道で見た元Tokioの山口達也が酒気帯び運転で追突事故を起こし逮捕となった。また容疑者となった訳だが、まあ哀れなものだ。坊主頭で身も構わず眼鏡を掛けた姿は流石ではないが、あれが「元Tokioの?」と驚嘆する人が居ても仕方がないだろう。今や一般i人なので人前で構う必要もない為にあんな姿でも別に構わんが、もう少し素行がマシな印象もあったので「落ちぶれたなぁ〜?」と驚くしかない。それにしてもジャニーさん亡き後の「ジャニーズ事務所」はガタガタだ。統制が取れていないと言おうか、事務所自体の柱がない状態だ。やはりこの事務所は、その名の通り「ジャニーさんの事務所」だったのだ。嘗ては「渡辺プロ」の子会社だったが、それだけに渡邊晋社長の手腕には色々と勉強になったのだろう。だから独立をした時に「晋さんのように事務所を大きくしたい」なんて憧れもあったのかな?と今更ながらに思う。フジテレビで長年続いた「新春スターかくし芸大会」は、初期は番組冒頭で渡辺プロ所属の「クレイジー・キャッツ」とイザワオフィス(渡辺プロの子会社)の「ドリフターズ」が獅子舞で小競合いになる有名な演出から始まったが、それを芸能界の縮図と捉えるのも御愛嬌だった。そのうちジャニーズ事務所の男性アイドルが売れて来て音楽市場(レコード等)を賑わすようになると、この番組にどんどん関わるようになってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

そのうち渡辺プロの影が薄くなり、イザワオフィスとジャニーズ事務所の関わりが大きくなってくると、やはり様相が変わってきた。元々その番組は言わば"渡辺プロ所属芸能人かくし芸大会"みたいなものだったのだが、時代と共にで、後期はジャニーズ事務所が仕切っていた(ようにしか思えない)。それで結局は潰してしまったような印象しかない。たぶん嘗ての渡辺プロ主体の感覚でジャニーズ事務所も番組全体を仕切りたかったのだろう。これもそうだが、とにかくジャンル問わずに我がものにした。それこそエリアの棲み分けもなんのそのだ。つまり乗っ取っては潰すの繰り返しだった。だからこの事務所には悪い印象しかない。確かにテレビコマーシャルを見ても「どこでもジャニーズ」なのだから「こりゃあ業界の多様性もなくなるべな?」と思った。今や映画も碌に俳優が出れずにジャニーズ事務所所属の元アイドル俳優ばかりだ。おまけに日本映画監督協会の理事が在日朝鮮人では日本映画も死んだようなものだ。そしてそこまで制覇した後に創業者は鬼籍に入られた。そこから先は親族経営の欠点丸出しだ。ジャニーさんの後にジャニーさんなしだ。ジャニー喜多川さんの業界での信用は絶大だったのだ。圧力も効いただろう。しかし今はそれ(圧力)も効かず、現社長の影響力も振るわない。所属タレントも離れやすいのか、どんどん去っていく。これじゃ部門別に細分化して、この事務所以外で有能な経営能力がある者に経営を任せた方が良いだろう。終焉は思ったよりも早かった。もう『ジャニーズ王国』の崩壊が囁かれている。

クリックすると元のサイズで表示します

さて今日は休みだが、昨日から連休を取っている。そこで昨日、6年程前に中ったのが元で味覚障害が在ったのだが、今年になり、ようやく苦味を感じる事が出来るようになった。そこで「カレーの味も解るかな?」てな事で「みよしの」でぎょうざカレーを食べたのだが、自宅のカレーとは違う味わいは独特なもので記憶の味を確かめる事になったのだが、その味も解り、脳梗塞の影響も全くない訳でもないが正常に戻りつつあるのを実感した訳だ。(それでもたまに失語症の症状が出る事がある。)そこで時事だが、韓国では国民レベル(ネットユーザー等)でも日韓関係の修復は、「既に手後れ」との認識があるそうだ。現に修復をしようにも、当の文在寅大統領も菅義偉総理に対し、「日韓関係を一層発展させるためにともに努力していきたい」と書簡を送った処(記事元:zakzak)で「じゃあ何か改善の努力をしたか?」と言う事になる。現に総理の認識も「日韓関係を壊したのは韓国に原因がある」との姿勢を崩してはいない。ちなみにそんなタイミングで朝日新聞は社説で「慰安婦合意 意義を再評価し前進を」だ。思わず「何を惚けてやがる!」だが、「こんな土壇場になって騒ぐな」だ。実に情けない。

元はと言えば、日韓の関係が此処まで壊れたのは朝日新聞のせいではないか?正に「責任転嫁はやめてくれ!」と言いたい。いっその事、国連総会で「嘘ついてました」と演説してこい。状況は一変するだろう。では中国だが、米国大統領のドナルド・トランプ氏は、22日午前の国連総会の一般討論演説では「国連は中国に責任を取らせなければならない」。「中国と世界保健機関(WHO)は人から人への感染の証拠はないと誤って宣言した」と言う始末だ。更には「中国は廃棄物の海洋投棄や他国の領海で魚の乱獲を行っている」と追及したが、これはコロナ禍の為に事前に収録したビデオ映像を総会議場で流したものだ。つまり「責任は中国とWHOにある」と宣言したのだ。しかしこれは米国だけの認識ではなく、コロナウイルスの影響を受けた世界各国は共通の認識だろう。日本も「東京五輪」を潰された。このように被害は多大なのだ。それこそ習近平中国国家主席の斬首計画さえ組まれているかも知れない。とは言え、このコロナウイルスでは影響国全てに於いて万単位の犠牲者が居る。然も世界大戦並みの死亡者数では、政治的な報復の段階も越えており、今や中国共産党に標的を合わせ、「軍事報復レベルの危機感を中国は覚悟しておけよ」と警告をする手前の緊張感がある。その中国と言えば、グアムを攻撃する模擬映像を人民解放軍空軍が微博のアカウント上で配信する事態だが、これでは「宣戦布告と見なしても良いのではないか?」と思う程だ。あまり遠くない時期に何等かの衝突がありそうである。

新型コロナ、「中国の責任追及を」 米大統領が国連演説―中国主席、政治化に反対
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092200384&g=int
中国、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開
https://jp.reuters.com/article/china-usa-security-idJPKCN26C0UJ
国連に対する評価、最も低かったのは日本 14カ国世論調査
https://news.yahoo.co.jp/articles/7cbc9ad77631a877c18b6d2df4670f2cce5c81bc
(社説)慰安婦合意 意義を再評価し前進を
https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S14626127.html
【独自】初の日中首脳電話会談へ 国賓来日どうなる
https://news.yahoo.co.jp/articles/958bb38a217fed539e4467dbd7a9b1f18a90ed85
菅首相は“韓国無視”継続! 半導体「日本依存」鮮明も…文大統領は“薄っぺらお祝い” 関係改善へ韓国国内では文政権の態度批判も
http://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/200920/for2009200001-s1.html
山口達也容疑者逮捕「べたっと座り込み…」
https://www.news24.jp/sp/articles/2020/09/22/07726588.html
中華人民共和国駐日本国大使館 @ChnEmbassy_jp
https://twitter.com/ChnEmbassy_jp/status/1308216062404567040
学校では教えない!中国人が日本人を虐殺!恐ろしい”通州事件”とは? - NAVER まとめ
https://matome.naver.jp/odai/2137701148883727001

クリックすると元のサイズで表示します

それとこれは米国CNNの記事だが、米世論調査機関のピュー・リサーチ・センターが21日に国連の各国に於ける評価を調査した処、日本が最低の評価だった事を伝えたのだが、そこで思い返してみても、そもそも国連のみならず、その関連機関でさえ、「日本に対して何か褒められるような事をしたか?」と逆に問いたくなる。そりゃそうだ。相手は旧連合国で、極東軍事裁判(東京裁判)で日本を裁いた国の集まりだ。その寄り合い所帯が日本に対し、株が上がるような事をする訳がない。それ処か寧ろ逆だ。「どれだけ日本の国際的な地位を下げる事が出来るか?」だろう。何せ「南京大虐殺」とて、この軍事裁判で降って湧いた話だ。現に犠牲者の数さえ不明確で、年毎に万単位で増えた。つまり根拠を証明出来ないのだ。おまけに南京陥落の際、各国のジャーナリストや新聞社、ニュース映画社まで取材に入り込んでいるのに当時に大虐殺が行われた記事はなし、そこで補足をしておくと、後から出た証拠写真とされているものは中国側ででっち上げた関連性のないものばかりだ。それ処か日本人が中国の通州(現:北京市通州区)で大虐殺された事件(死者合計225名(内地人114人、鮮人111人)の記録写真を流用したり、馬賊が村を襲撃した時の写真も「南京大虐殺」のものとして使われている始末だ。ちなみに通州事件は南京で起きた事件とされる年と同様の1937年だ。

そんな中国だが、米国と違い、日本との関係は現在にあっては微妙だ。つまりそれだけ(中国がどれだけ非道な事をしようが、)御構い無しの政治家が居るのだ。菅義偉総理とは、国家主席の習近平氏が電話会談をする予定だが、思えばこの政権とて、二階幹事長の「鶴の一声」で決まったようなもので、その二階氏と言えば、国際感覚よりは自身の気持ちが優先だ。だから延期になっていた習氏の国賓扱いによる訪日が実現するかも知れない。(年寄りは我慢が出来ないのだ。)しかしながら、こんな状況でそんな事をしたら前任の安倍晋三氏が築き上げた国際的な信用が失意の転落だ。それこそ「今どんな目にあっているんだ?」だ。その中国と言えば、中華人民共和国駐日本国大使館の公式Twitterによると「習近平国家主席は9月21日、国連創設75周年記念サミットで演説し、75年間の人類社会、国際情勢と多国間主義の発展·変化を総括した上、百年に一度の大変動と新型コロナウイルス感染症による厳しい試練に直面する国際社会に向け、「正義を守り、法治を励行し、協力を促進し、行動に専念する」と提案した」としれっと嘘をつく。そんな筈はない。よくもいけしゃあしゃあと言えたものだ。武漢市のウイルス研究所から逃げてきた学者は、あの「新型コロナウイルス」は人工的なウイルスで、その研究所から洩れた事を認めている。何度も書くが、そのウイルスによる多大なる被害は無視が出来ないだろう。なのでこの時点での判断の狂いは国民は容認出来ない。とは言え菅義偉総理は白老の「ウポポイ」にも繋がりがある人物。「もう中国の犬なのかな?」とガッカリだが、それはないと信じたい。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ