如何なる時。  独り言



人気ブログランキングへ 

ロシアの文豪、トルストイ氏の名言に「如何なる時でもおじぎはし足りないよりもし過ぎた方が良い」と言うものがある。まあそれだけ相手を持ち上げた方が後々の事を考えると「色々といいかな?」てな感覚か?さて今日は休みだが、早朝から先週に届いたデジタルのムービーカメラを使ったテレシネのテストをしてたので、「blogの更新処ではなかった」てな状態。休みの日課は大体、母が買い物に出掛けたら父の介護だ。だから手を付けた事は一時、中断だ。その前のテレシネ(映画フィルムのビデオ変換)のテストに時間が掛かったので尚更だが、こんな時は作業用とblogのテキストの打ち込み用にPCを分ける事が出来れば「便利だろうな?」とは思うのだが、部屋の広さにも限りがあるのでスペースを埋める訳にも行かず、ひとつひとつの作業が終わってからとなるが仕方ない。そんな状態では、こんな話題でも取り上げ、その「コメントを延べよう」てなエネルギーも減退気味だ。

クリックすると元のサイズで表示します

さてテレビを見ればまだ「桜の会」なんて事をやっている。そこでテレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」での本日の放送だ。スポーツ報知では、早速、番組解説員の玉川徹氏のコメントを文字起こしをして、記事になっていたのだが、この手の記事は如何にその解説員が「罵詈雑言を吐いているか?」が焦点になっているので解説とも言えない。(だからこんな番組なんぞ、見てられないのだ。)特にこの解説員は言う事が支離滅裂なので参考にもならず、ただ朝から気分が悪くなる。なのですっかりこの番組は見なくなった。どうも小生、玉川徹氏と立憲民主党幹事長の福山哲郎氏は苦手な部類の人で、現実社会で会う機会があっても遠慮したい御仁だ。と言うのもヤクザに絡まれた感覚と対して変わらないからだ。双方共に品がない。ちなみに今日は「桜の会」。昨日は「Go to」キャンペーンの件で色々と言ってたのがスポーツ報知で記事にしていたが、「Go to」に関しては、「みんなが気軽にPCRを手軽にただでできるようになれば、旅行でも食事でもなんの不安もなく行ける。定期的に検査をできればいいんですけど、そうすれば、GoToなんてなくたって旅行にも食事にも行ける。だって、コロナの前はみんなそうやって生活していたんだから。国がやるべきことはそういった状況を作ることなんです」と検査にまた拘っていた。この人、(相変わらずだが)検査をすればコロナウイルスの感染が減るとでも思っているようだ。

此処で「桜」だが、立憲民主党も相変わらずで、時事通信によると「枝野幸男代表は23日、那覇市で記者会見し、東京地検特捜部が「桜を見る会」をめぐる問題で、安倍晋三前首相の公設第1秘書らから任意で事情聴取していたことについて「聴取に至るほどの嫌疑があると検察が認めているわけだから、政治責任の問題としても問いただしていかなくてはならない」と述べた」との事。しかしながら告訴があったから事情聴取をしただけで、それが「何の証拠になるんだか?」だ。「日本学術会議」もそうだが、国家にとっては何の国益にもならず、その上、国民にはどうでもいい話だ。なので然るべき機関で調査をすれば「それで良い」と思う。国会は裁判所ではないので、政治と事件は分けてやってほしい。税金の無駄遣いだ。「疑惑だ」とした8000万だか、5000万の為に国会で何十億円使った?これを追及しても国民の暮らしはちっとも良くはならず、逆にそこに余計な経費を使われて、「国民への『コロナ対策』の予算に響かないか?」と心配になる。

玉川徹氏、安倍前首相の「桜を見る会」に関する疑惑は「立件しないと、現職の総理の時にはウソついたら逃げられるってなっちゃう」
https://news.yahoo.co.jp/articles/c735a09bca1d3f024b1404c0b56db098c4a20be1
玉川徹氏、菅首相のGoTo見直しに「PCR検査をただでできるようになれば、GoToなんていらない」
https://news.yahoo.co.jp/articles/105900bf6f267aa126dbe279e0171057471992f1
「桜」聴取、政治責任問う 立憲の枝野代表
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112300388&g=pol
活動家の周庭、黄之鋒両氏を収監 香港当局、民主派弾圧強化
https://www.chunichi.co.jp/article/158903

クリックすると元のサイズで表示します

さて「朝鮮民主主義共和国(北朝鮮)」なんて国もそうだが、国家体制が社会主義を国なのに『民主主義』と命名してしまう感覚は、本当に不思議でならない。(民主党系政党も同様だが?)「その辺の感覚ってなんだろ?」と、いつも思う。ならばナチスドイツのように、その与党が「国家社会主義ドイツ労働党」であらば、そのままなので解りやすいだろう。そこで『中華人民共和国』だが、完全に共産党支配となっては、英国流のキザな感覚が残る嘗ての香港も幻だ。実に嘆かわしい。そこで日頃、「民主主義」だの「人権」だのと騒ぐ日本の左派系政党や団体はまやかしなのも今更ながらだ。中日新聞は共同通信の記事を引用し「活動家の周庭、黄之鋒両氏を収監 香港当局、民主派弾圧強化」と伝えたのだが残念な事だ。それによると「昨年6月に香港政府の「逃亡犯条例」改正案に反対し、警察本部包囲デモを扇動したとして、無許可集会扇動などの罪に問われた民主活動家、周庭、黄之鋒両氏ら3人の公判が23日、香港の裁判所であり、裁判官は保釈の継続を認めず、3人は収監された。3人とも有罪判決を受けており、量刑は12月2日に宣告される」との事。最悪な結果にならない事を願うしかないが、この件に対して日本の左派系政党及び、その手の人権団体はだんまりを決め込む。「九条の会」も、そんな時こそ何等かの声明でも挙げれば株も上がるだろうが、勿論、そんな事はしない。左翼やリベラルも同様だ。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ