使い方が非常に重要  独り言



社会・政治blogランキング

経済評論家で現在、情報商社(株)第二海援隊の社長を務める浅井隆の明言に「お金は貯めるだけでなく、その使い方が非常に重要だし資産が増えると共に「謙虚」さや「気品」と言った人間としての「器」も大きくしていかなければならない」と言うものがあるが「地獄の沙汰も金次第」なんて言葉もある位なので(お金の)使い道は如何に大事かだ。生きるも死ぬも、その価値観が解ればこそである。さて今日は休みだ。昨夜にようやくパソコンが復活したので久々にテキストに打ち込んでいるが、やはりスマートフォンでの作業とはスピードも違い、文章の見通しが楽だ。とは言え、そろそろこのパソコンも限界で、春先までお金を貯めて新調する予定だ。「コロナ禍」の為、お金の使い道も限定出来るので割とお金を貯めやすいのだ。そんなこんなでBGMにG・マーラーの交響曲第3番をヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮するロンドン交響楽団のレコードで流しながらの打ち込みだが快適だ。余談だが、この作品、"角笛交響曲"との異名があり、ホルン好きには堪らないのだ。てな感じでリラックスした状態でのblogの更新だ。たまにこんな日があった方がいい。休みのスケジュールは余裕があっても良いのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

だが碌な話題もないのもいつもの事である。今日もそんな感じで進めて行こう。通常国会が始まった。しかしながら東京新聞によると「 野党は「桜」夕食会の費用補塡について説明責任を果たすよう安倍氏の証人喚問を求め、菅政権による日本学術会議の会員任命拒否問題も追及する構えだ」との事。これもいつもの事だが、この国難の最中にも関わらず、これを「国民の声」等と言い、追及をするのだが、「そんな事をいつ国民が言った?」と不信感しかない。立憲民主党の蓮舫議員は、その菅義偉総理の所信表明演説の原稿を自らのTwitterで晒したが、こんな事をしても媒体では咎める事はなく逆に擁護しそうだ。随分と野党も狂ったものだ。そんな善悪の違いも解らない人が政治家だ。刑事事件で捜査をしているものや、その可能性のあるものについては国会ではなく、告訴をして裁判所で争ってほしい。国会は裁判所ではないのだ。最優先すべきは「コロナ対策」である。それは医療の面も経済も然りである。国会でヒステリー状態の野党議員の罵声なんぞ、朝のテレビニュースで見とうない。そのコロナ対策がイマイチなのを総理になった菅氏が官房長官時代のような情報量がないので対応に苦慮しているなんて記事を時折見るようになったが、それも何処から聞いてきた話か解らん。もしそれが本当だったとすれば、その情報を受け取ってる筈の加藤官房長官が如何に無能か批判を(菅総理が)しているようなものだ。「関係者」とか「与党議員から」や「総理に近いベテラン議員は」との常套句もどうせ嘘だろうから聞き飽きた。

蓮舫氏の首相演説ツイッター投稿、立民が謝罪
https://www.sankei.com/politics/news/210118/plt2101180028-n1.html
【政界マル秘紳士録】枝野幸男・立憲民主党代表 何をしようとするのかまったく見えず 「国民の信」が得られなければ党首交代は必至
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210115/pol2101150001-n1.html
総理首席秘書官が3か月半で異例の交代 近づく官邸崩壊の足音
https://www.news-postseven.com/archives/20210117_1628266.html?DETAIL
新型コロナの政府対応が焦点 安倍前首相の「桜」夕食会の事件でも論戦へ 18日に通常国会が開幕
https://www.tokyo-np.co.jp/article/80318

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ