知らない有益な思想  独り言



人気ブログランキングへ 

柳生新陰流現宗家の柳生耕一平厳信氏の名言に「自分がまだ知らない有益な思想があったら、知っている人に謙虚に学びなさい。兵法をやっているからと言って自慢気に技を披露して相手を打ち負かすような事をやってはいけない。ただ自身の成長のみを目的にして、日々人格や品性を高めていきなさい」と言うものがある。これも「能ある鷹は」だが、確かにみっともない。しかしながらスキルを現す事がその向上に繋がる思想もあり、どちらが良いとも言えないが、何も出来ない人が単に世渡り上手なだけで出世する事もよくあるものだ。その才能の表し方だが、「出来る事を主張すると仕事量が増えるから出来る事を主張しない」と言う考えもある。それもよく解る。世知がない世の中だ。そこで有り勝ちなのが、そんな出来る人に仕事を任せ、自身の手柄ではないのに、それを元に出世をする人が居る。ズルいものだが、その程度の格でも上に上がるのも世の中である。これは自身の手を患う事なく権力を得る方法でもある。だがそんな歓迎出来ない行為も罷り通るのだから、世の中を舐めて掛かる人も居るのも悔しいが現実だ。「悪い奴ほど」なんて言葉もあるが「さもありなん!」である。

クリックすると元のサイズで表示します

また妙な話の枕だが、そんな事はフと思うものだ。さて今日は休みだ。朝からやっている事は前の休みに作ったシネスコスクリーンのシワやたるみを軽減する内張りにスクリーンを貼ったり、パソコンのデーター整理が主だ。午後は母が出掛けるので足の弱った父の介護だ。その間には何も出来ないのだが、それもそれだ。いつの間にか小生もそんな歳になってしまった。その「来るべき世界」でもないが、時事面では、日米共に親中派による政権があり、国体の維持が心配だ。陰謀論については、現在の旧媒体がすっかり信用を失った事から浮上しやすいなんて意見もあるが、その割にはそんな論法通りに事が進んでいるのだから「やっぱり?」と言う事になる。だから危惧する。それにしても、あの「新型コロナウイルス」によって失われたのが日米の「反特亜政権」なのだから『中国の陰謀」なんて示唆をされても当然な処もある。「だからこうなったのか?」と。どうも休みの日はblogの更新も気が乗らない。BGMに高中正義の「虹伝説」を鳴らしているが、気分はイマイチだ。後から気が向いたら改めて時事に触れよう。「これからの日米がどうなるか?」と心配でならないのだ。逆に言えば、「トランプ、安倍」政権以前の日米関係に戻るだけだが、そんな単純な事でもないと思う。基準がかなり変わるだろう。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ