人がこの世に生まれて来る事  社会・政治



社会・政治blogランキング

ながれおとや(なぞなぞ作家&研究家でダジャレ&回文研究家)さんがこんな事を言っていた。「人がこの世に生まれて来る事に、大した意味はない。だが、自分が生まれて来た意味を自分の力で作り出す事は出来る」と。そうだ。ないものは作れば良い。その無いものだが、小生の場合は趣味が正にそうで、散々こちらのblogで紹介をしているので今更か?その今更だが、日本のテレビ局の外資率が高いのも、番組ではまるで隠す気すらないのだから重症だ。民放各局の国内感覚が狂っているのも今更だ。これも番組を見れば解る。総務省は、ようやく重い腰を上げて調査となったが、麻生政権はそれをやろうとしたらカルテルに潰され、民主党政権になってしまった。しかし民主党政権時代に民放各局は愚か、NHKまでもが異常な韓国推しを(今まで以上に)した為に仕掛けなるものを勘づかれてしまった。そりゃあ各局の名物番組が韓国一色に染まったのだから「どうして?」と思われても仕方なかろう。

クリックすると元のサイズで表示します

それから再び自民党政権が復活。安倍内閣が始まると、急に日本推し番組だらけになった。(これは反日の裏返しだ。)だから「これでもか!」と言う程にやらかしたので、逆に気味悪かった。しかし続かなかった。そりゃ本心で作った番組ではないのだから当たり前だ。それから「モリカケ」「桜」なのだから、とても解りやすい。ずいぶん端折った経緯だが、今思えば、完全に利権側の野田聖子氏が総務相に任命されたのも、特亜に優しい二階幹事長の鶴の一声だったのかも知れない。てな事を思ったりする。「なんか変だな?」と思ったら大体合ってる。テレビでは日常の習慣まで朝鮮風になっている。ちなみにこの日本テレビのポスターでは朝鮮由来の御辞儀であるコンスを披露している。これだけあからさまに韓国に侵略をされた事を明かすのだから如何に根の深いものかが解るだろう。

総務省の接待問題で「東北新社」が先に締め上げられたが、一連の流れから見ると、やはり立憲民主党等の特定野党がやらかした事は薮蛇だった。今度は総務省が本気を見せなければならない。しかしながら見て見ぬフリをしたのも総務省で、こちらも相当な(特亜系の)帰化人が入り込んでいると思われる。法曹界すらそうなのだから、こっそりと工作員が活動をしていても不思議ではない。この案件が「スパイ防止法」施行の布石となれば良いのだが?

バイデン政権も「中国への強硬姿勢は正しい」と、脱中国に挑む
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/03/post-95958.php
中国外相、ミャンマーめぐりASEAN主体の事態収拾への関与強調 「助力提供望む」 
https://www.sankei.com/world/news/210405/wor2104050011-n1.html
フジHD「徹底調査」 外資規制違反、全放送局確認―武田総務相:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021040600441&g=eco

クリックすると元のサイズで表示します

此処でミャンマー情勢だ。すると早速、中国が馬脚を現した。産経新聞によると「中国外務省が5日発表した王毅国務委員兼外相のメディアとのインタビューで、王氏はミャンマー情勢について「中国は、東南アジア諸国連合(ASEAN)のために必要な助力を提供することを希望する」と強調した。ASEANが主体となったミャンマーの事態収拾に関与する姿勢を改めて示した形だ」との事だ。これでは「ミャンマー軍に手を貸したのが中国だ」と言っているようなものだ。正に「雉も鳴かずば撃たれまい」だ。黙っていれば「ミャンマー軍が勝手にやらかしたクーデタで話が終わってだろうに」と。では現在、親中とされる米国のバイデン政権だが、Newsweekによると「新国務長官のアントニー・ブリンケンは1月に行われた上院外交委員会の指名承認公聴会で、「中国に対して強硬姿勢を取った点では、トランプ大統領は正しかったと考える」と明言した」と報じられている。更にはブリンケン氏は「トランプが多くの分野で採用した手法には全く同意できないが、原理原則は正しかったし、わが国の外交政策に有益だったと私は思っている」との事だ。「ちょっと甘い顔を見せれば調子に乗りやがって!」てな感覚か?

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ