知らない事。  コラム



人気ブログランキングへ 

現パナソニック(松下電器)の創業者である松下幸之助氏は言う。「知っていても実行しなければ知らない事と同じ」だと。それは言える。だが知識と言うものは、必要な時にこそ必要なものではある。つまりTPOに合わせてだ。それで良いと思う。さて「巷では?」だが、タンクに溜めた福島原発(東京電力管理)の冷却水の件だ。御存知の通り、東日本大震災の際、津波による浸水が元で冷却装置が停止した事が原因で水蒸気爆発をしたが、その後、廃炉までの対応として、水で冷却をしており、その汚染水をタンクに入れ、敷地に並べてあるのだが、その処理が曖昧なまま、10年を迎えた。そこで希釈をして海へ放出をする事になった。現状、それをしなければ先がないのだ。まづは出来る事から処理をしないと方が付かないだろう。これは現実逃避する訳にはいかないのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

とは言うものの、福島原発が可動していた時も、原発を冷却する為に使った後の汚染水は希釈して、海に放出していたのは事実だ。だから行く行くはそうなる事を当時から幾度と無く説明をしていたのだが、あれから10年だ。すっかりそれが頭から消えたかのように「聞いてないよー!」てな話となった。しかし避けられない現実だ。そこで思えば思えばだ。ベント作業をサッサと済まさなければならない時に訪問した当時、総理の菅直人の行動は軽率だ。結局邪魔をしたようなもので、アノ水蒸気爆発だ。だからそれに関しては「人災だった」と言われても仕方がない。だがその元民主党政権の面々は他人事だ。下野後には復興が進まないのを自民党政権たる安倍内閣や菅義偉内閣に文句ばかりだ。すっかり当事者である事を忘れている。大体、有事に関する対応には与野党の区別はないのだ。なのにアノ始末だ。こんな政党は要らないだろう。国の為にも国民の為にもならない。

福島第一原発の処理水、海洋放出を政府が決定
https://www.bbc.com/japanese/56728227
処理水放出「世界基準に合致」 米政府が評価
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021041300414&g=int

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみにBBC Newsによると「国際原子力機関(IAEA)は、各国のほかの原発で行われている排水放出に似ているとして、この計画を支持している」。として「IAEAのラファエル・マリアーノ・グロッシ事務局長は、「海洋放出はどこでもやっている。目新しいことではなく、スキャンダルでもない」と話した」との事。そりゃそうだ。国際基準で定められた事だ。それで「科学者も、水に残留している放射性物質は、大量に接種しなければ人体に影響はないと説明。希釈した処理水には科学的に検知できるリスクはないとしている」と。それを引っ掻き回しているのが特亜諸国であり、特定野党なのだ。その目的も野暮だろう。結局、風評被害を招いているのも、そんな国家や政党だ。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ