心に深く届けば、  コラム



人気ブログランキングへ 

詩人の相田みつさんは自身の詩について、「いくら多くの人に読まれても、ただ読まれるだけじゃ意味が無い。たった一人でいいから、その人の心に深く届けば、それでいいんだよ」と言っていた。メッセージとはそう言うものだ。昨日は休みだったのだが、朝から用事が在ったので、あまり落ち着く事もなく、世話しない1日だった。取り敢えずやるべき事はやったのだが、まだ事態は未消化だ。しかし少しは良いようだ。次の休みは午前中から作業が出来るので、朝からゆっくりしたいものだ。昨日何気にネットのニュース記事を眺めていたら「タレントの岡本夏生さんが、イベントのステージで同業のふかわりょうさんから強引にキスされるわいせつ行為を受けたとして損害賠償などを求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であった」と時事通信の記事にあった。まだ“タレントの”とあるので、岡本夏生さんはまだ引退はしていないようだ。その内容は「やはり芸能人は、何かが足りないんだな?」と思われる内容だった。

クリックすると元のサイズで表示します

木下優樹菜が恐喝事案で引退した時に指原莉乃さんがテレビで「『昔ヤンチャしてました』みたいな人がテレビに出て売れたりとか、『一般常識ないですよ』みたいな人が売れたりとか」」と芸能人の常識の無さを認めていたが、確かにそれが目立つ。「だから芸能界にしか居場所がない」とは、よく言われた事でもある。元々芸の世界に生きる者は『河原乞食』等と蔑まされたものだが、汗を流しながら働く庶民から見れば、そんな事をせずとも稼げる事から「楽な商売だ」と罵られるのは理解が出来る。だがそんな河原乞食を嘗ては「スタア」と持ち上げた。それが映画俳優だった。これは虐げられた時代からの脱却だが、その扱いが日常化すると勘違いするのも理解が出来る。斯くして世の中の動きも解らない、天上の存在みたいな事になる。だから「スタア」とはよく言ったもの。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし映画産業が衰退すると嘗てのスタア達がテレビに降りてきた。そのうち歌手にまで「スタア」扱いをするようになった。それでも素人のオーデション番組(「スター誕生」や「君こそスターだ」等)が在った時代はピンでやれる才能の在る人だけが、その世界に行く事が出来たのだが、更に時代が進むとターニングポイントになる番組が始まる。フジテレビの「夕やけニャンニャン」だ。これはグループアイドルの先駆けでもあった訳だが、そこから発生したのが「おニャン子クラブ」だった。(それでもまだピンのアイドルを目指したものだった。)だがこれで芸能界の仕組みが明るみになった事から、芸能人が何等、特別な存在でもない扱いになってしまった。ちょうどその頃に岡田有希子さんの自殺騒動があったので、いつの間にか天上に輝いていた筈のスタアが居た芸能界は「怖い世界」になってしまった。それから現在がある。「人の噂も七十五日」なんて言葉があるように、そのうち当時の事が風化してしまった。だから業界の枕営業の実態をバラしたマリエさんの告白は、ひとつのカンフル剤になった。昨年は芸能人がネットでやらかしたハッシュタグ騒動もあり、やはり芸能人には一般的な常識を求める事自体が無理なのが今更ながら理解が出来た。「自分達で業界の首を絞めている現状にいい加減、気づけよ!」とは思うが、相変わらずの事が続いている。思えば芸能界の闇は、戦前に若き日の映画俳優の長谷川一夫さんが松竹から東宝に移籍の際に起きた暴漢に頬を切りつけられた事件から変わりない。酒井法子の覚醒剤常習により逮捕された事件も然りである。

クリックすると元のサイズで表示します

ふかわりょうさんに賠償命令 イベントで「暴力的キス」 東京地裁
https://news.yahoo.co.jp/articles/6095b280e8bff25e05e400bcc472590962210325
指原莉乃、木下優樹菜の引退を語る「芸能界ってめっちゃ恐ろしい」
https://news.mynavi.jp/article/20200712-1141076/
細野豪志議員がサンモニに抗議「全く前提知識のない人を知識人としてコメントさせる弊害」
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3043574/

クリックすると元のサイズで表示します

続いてテレビ番組の話だ。現在、自民党所属で衆議院会派「自由民主党・無所属の会」の議員である細野豪志氏が、18日に自らのTwitterでこう批判した。「サンデーモーニングの処理水についての目加田説子氏のコメントがひどい」と。その上で「『海洋放出以外の方法やコストを検討していない』→ALPS小委で散々やった 『処理水の放出を認めたら燃料デブリもしそう』→同列に扱うわけがない」。そして真髄を突いた。「全く前提知識のない人を知識人として地上波でコメントさせる弊害」があると。流石に民主党政権時代に『原発事故及び再発防止担当大臣』を務めていた。これが元閣僚を務めた事がある者の真っ当な意見だろう。それにしても日本の媒体はもう駄目だ。特にテレビ局は解りやすい。総務大臣は矢鱈と威勢がいいが、残念ながらハッタリだった。あのフジテレビの件ではガッカリである。現在では主要大手テレビ局では殆ど意図的にとしか思えない事が行われており、(たぶん意図的だろうが、)韓国のニュースを冒頭に置き、区別なく国内ニュースを流すので大きな事故等の場合は勘違いする。凶悪な事件もごちゃ混ぜにして流すのだから当然間違う。それが狙いなのだろう。国内ニュースだと勘違いさせ「ひでーな!」と思わせれば気が済むのだろう。そんな事を考えたりする。

0
タグ: メッセージ



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ